新潟 県 長岡 市 コロナ。 伝統行事 牛の角突きが再開 新潟 長岡 山古志地区 新型コロナ

新潟県長岡市初のコロナウイルス感染者は誰?(受け入れ先)入院先の病院はどこ?感染経路は?│ひつまぶしブログ

新潟 県 長岡 市 コロナ

新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少を背景に中小企業の経営を圧迫する賃貸料など固定費の負担を軽減させるため、貸主に対して事業所の賃貸料の減額や猶予をお願いするとともに事業の継続に向けた支援金を給付します。 申請要領【支援対象拡大版】• 交付申請書兼請求書(家賃+水道料金)• 交付申請書兼請求書(固定資産税+水道料金)• 交付申請チェックシート(家賃+水道料金)• 交付申請チェックシート(固定資産税+水道料金)• 固定資産税相当額の算出における納税通知書の見方について• 水道・下水道料金相当額の算出について• 申請フロー図• 制度概要【支援対象拡大版】• 長岡市事業継続緊急支援金FAQ• [拡充版]FAQ(想定されるご質問) 対象者• 中小企業信用保険法(昭和25年法律第264号)第2条第1項第1号、第2号、第5号及び第6号に規定する中小企業者で市内に主たる事務所又は事業所を有するもの。 令和2年2月から5月までのいずれか1か月における売上額が、前年同月の売上額より30パーセント以上減少していること。 (前年同月に事業を行っておらず売上がない場合は、令和元年11月から令和2年1月までのうち事業を行った月の売上平均額を比較します。 雇用の維持や事業継続のための意思を有していること。 対象経費及び助成額.

次の

【長岡】新型コロナウイルス感染症について

新潟 県 長岡 市 コロナ

新潟県長岡市山古志地域に伝わる闘牛「牛の角突き」が21日、同市山古志南平の闘牛場で開幕した。 5月に予定していた初場所が新型コロナウイルスの影響で中止になり、感染防止対策をした上で1カ月半遅れの開催となった。 主催する山古志闘牛会は新型コロナ対策として、闘牛場の収容人数を通常の1500人から500人に減らした。 観客はマスクの着用と検温、手の消毒、氏名・連絡先などの記入をして入場。 客席では1メートル以上間隔を開けて座った。 21日は16番の取組があった。 一番一番、角を突き、激しくぶつかり合う牛たちに、観客は大きな拍手を送った。 角突きは11月まで、あと7回の開催を予定している。 闘牛会の松井富栄会長は「皆さんに感染防止の協力をしていただきながら、これから先につなげていけるように頑張りたい」と話した。 【新井敦】.

次の

事業者への経営支援(新型コロナウイルス感染症対応)

新潟 県 長岡 市 コロナ

発表を行う新潟大学大学院の榛沢和彦特任教授 新潟大学大学院の榛沢和彦特任教授は20日、新潟県庁内で、新型コロナウイルス感染症対策として、アウトドアウェアの開発・生産などを手掛けるオンヨネ(長岡市)と協力し、ウイルス低減効果があり、繰り返し洗って使える布製マスクを開発、販売にこぎつけたことを発表したほか、次亜塩素酸水を活用した新型コロナウイルス対策について説明した。 オンヨネと共同企画・開発したマスクは、一般的な布・ガーゼマスクの内側に装着するインナーマスクと、単体で同様の効果があるハイブリッドマスクのほか、野外活動用の制菌バンダナ、フェイスマスクの4種類だ。 これらマスクは20日午後4時からで確認可能であり、5月16日を目途に新潟県内の5か所で先行販売し、同23日を目途に全国で販売開始予定だという。 このインナーマスクは、防塵性の生地とウイルス低減効果がある生地の2重構造となっている。 このうち、ウイルス低減効果がある生地には、酸化チタンやドロマイト水和物、酸化銀、金など複数の金属をナノレベルまで粉砕して練りこませることで、電荷が生じて繊維が帯電する光触媒繊維を使用した。 これにより、発生した電荷やOHラジカルなどにより、繊維に接触したウイルスを死滅又は不活性化する構造だ。 さらに、単なるコーティングではなく、繊維に金属を練りこませることにより、約100回洗濯しても、8割程度の効果が見込めるという。 国内外協力企業と500万枚の生産が可能であり、これら企業とOEM提携を進め増産体制を構築する見通しだ。 新潟県や群馬県、大阪府、経済産業省には既に働きかけ原価+送料で提供予定で、一般の販売価格としては1200円(税別)だという。 一方、ハイブリッドマスクは、内側の生地にインナーマスクと同等の機能を持つ光触媒繊維を使用したものと、制菌繊維を使用した2種類がある。 こちらもインナーマスクと同様、約100回洗濯しても、8割程度の効果があるという。 このハイブリッドマスクは直近で2万枚販売可能で、最大1日当たり5000枚の生産が可能であり、5月末までに合計12万枚までの生産体制が可能だという。 一般の販売価格は光触媒繊維のものが2200円(税別)で、制菌繊維のものが2000円(税別)だという。 このほか、野外活動用の制菌バンダナは2500円(税別)で、フェイスマスクは3300円(税別)となっている。

次の