ブドウ 虫 成虫。 ぶどう(きょうほう)の茎にいる害虫駆除について

ブドウ虫 エビヅル虫 鱗翅目スカシバガ上科スカシバガ科

ブドウ 虫 成虫

このページの画像は奈良県病害虫防除所が所有する画像です。 無断転用を禁止します。 ハマキガ類 若芽、葉、果実を食害する。 コカクモンハマキは年4~5回発生する。 ブドウスカシバ 幼虫が被害枝の中で越冬し、5~6月頃より羽化し、新梢に産卵、食入する。 樹幹は紫色に変色し枯死する。 コウモリガ 幼虫が株もとから樹幹に食入し、カミキリと同様の加害をする。 赤褐色の糞を外部に排出する。 果実吸汁ヤガ類 アケビコノハ、アカエグリバ、ヒメエグリバなどが多く、7月~9月の各品種の熟期との関係が強い。 夜行性で果実が熟すると果汁を吸汁加害する。 アオズキンヨコバイ フタテンヒメヨコバイ 園内の落葉、畦畔の雑草等に成虫で越冬する。 翌春4月中旬頃から現れ、6月中旬~7月上旬に第1回の成虫、8月上中旬に第2回成虫、9月中旬に第3回成虫が出る。 幼虫、成虫とも葉を吸汁加害し、かすり状にする。 カメムシ クワコナカイガラムシ 果房に寄生するとスス病を併発する。 クワコナイカイガラムシが多い。 アザミウマ類 チャノキイロアザミウマが主に加害し、落花期に入ると寄生が多くなり、初めは果梗に接する部分を加害するが、果実が肥大すると果面を加害する。 被害部はコルク化し、果実の肥大が悪くなる。 ブドウトラカミキリ 秋から翌年5月まで幼虫で茎内で越冬し、7~8月頃幼虫が現れて、新梢または時には旧梢に産卵する。 コガネムシ類 幼虫で、土中で越冬し、ドウガネブイブイは成虫が6月中旬~7月、マメコガネは5月~7月、ヒメコガネは6月~9月に現れて加害する。 サルハムシ.

次の

ブドウ虫 エビヅル虫 鱗翅目スカシバガ上科スカシバガ科

ブドウ 虫 成虫

もう木々の葉も殆ど落ち、陽の射す暖かい日に飛んでいる虫も、と位になってしまった。 ・・・と思っていたら、先日トリバが1頭ヨロヨロと飛んで来た。 別に寒さで弱ってヨロヨロしているのではない。 トリバの翅は、何故か余り飛行に向いていない構造をしているので、ヨロヨロとしか飛べないのである。 今年は外庭のヤブガラシを放置したせいか、ブドウトリバ(葡萄鳥羽)が多い。 しかし、今頃まだ生きているのだろうか。 それとも別のトリバか。 少し意外であったので、Internetでブドウトリバの越冬形態を調べてみると、何と、成虫越冬するとのこと。 ブドウトリバはトリバガ科に属す。 この科の蛾の越冬形を図鑑その他で調べてみると、何も書かれていない種類の方がずっと多い。 しかし、記載のある場合は全て成虫越冬であった。 この仲間は成虫越冬が一般的なのかも知れない。 しかし、その時は全体に焦点を合わせる為に絞り込んで撮ったので、高解像度は高くなかった。 其処で、今回は解像力を少し上げて(絞りを開く)翅の後縁にある羽毛状の部分を撮ってみた。 一言で「羽毛状の翅」と言っても、部分によりかなり太さや長さに差があるのが認められる。 しかし、まだこの程度ではまだ解像力が足らない。 そこで、もう一度更に絞りを空けて撮ろうと思ったら、トリバ君、身の危険を感じたらしく、またヨロヨロと飛んで、木々の枝の間に逃げ込んでしまった。 屹度、このブドウトリバもこの辺り、と言うか、我が家の庭で越冬するのだろう。 ヒョッとすると、春までにまた会えるかも知れない。

次の

ブドウスズメの成虫 : 育て方.jp|花、野菜の育て方など

ブドウ 虫 成虫

ブドウトラカミキリ ブドウスカシバ コウモリガ、 キマダラコウモリ 被害状況 被害芽周辺表皮が黒変。 萌芽が遅れ、水滴が侵入部から。 5〜6月、 枝折れ、新梢が30〜50cmで枯死。 枯死蔓側に幼虫。 太枝樹皮下の環状食害も。 5月中旬〜6月中旬、新梢が紫赤色となり、先端枯死。 細枝侵入節表皮は 秋に赤褐色に肥大。 枝や葉が元気をなくし萎れたり、時には早くに紅葉しやがて枯死する。 虫糞と木屑を集めてつづる糞塊が次第に大きくなり、目立つ。 産卵、孵化、幼虫、成虫 7月上旬〜10月上旬に新梢節部と2〜3年枝粗皮下に、白米状1mm。 孵化最短5日、9月上旬が最盛期。 枝の皮下に浅く食入し、虫糞を外に排出しない。 少し育って越冬に入る。 体長1〜2センチで白く、頭と胸は褐色。 成虫体長1〜1. 5センチで、腹部に黒地で黄色の横縞模様。 新梢先端付近 7〜12節目の腋芽または頭樟などに 1卵ずつ玄米状1mm。 約10日でふ化。 6月中だけ転食。 7月から8月に一旦脱出し基部、2〜3年枝、 太枝、幹に食入。 被害部の付近から排出する虫糞は糸状につながる。 幼虫 体長3〜4センチ、うすい黄色で、頭は褐色。 蛹の殻は半分ほど外に出る。 成虫体長2センチで、黒地に黄色の横縞模様。 8月下旬〜10月上旬産卵。 株もとから樹幹に食入し、カミキリと同様の加害をする。 赤褐色の糞を外部に排出。 多被害品種 デラウェア、ナイヤガラ、コンコード、キャンベル・アーリー、巨峰、ネオ・マスカット、ベリーA デラウェア、ナイヤガラ、コンコード、キャンベル・アーリー、巨峰、ネオ・マスカット、ベリーA 耕種的防除 冬期剪定時に削って枝内の幼虫を刺し殺す。 剪除枝を 焼却するかビニールで覆い、高温に。 萌芽期 3月末〜4月半ば に水滴節を削り取る。 針金でつつき出す。 5月末〜6月中旬、半体露出蛹を朝8時までに。 6月新梢食入時に捕殺。 夏に衰弱した枝の元近くに幼虫がいるので ナイフで刺して殺す。 剪定時に残す枝を曲げ、 ふくらんだ枝を取り除く。 2年枝以上はほとんどふくらまないから注意。 剪定枝冬季焼却。 食入孔に針金を入れて捕殺。 ヨモギ、イタドリなどの除草 出典凡例 『果樹の病害虫』 農文協 土屋恒雄 『ブドウ』 岩松清四郎 NHK出版 『ブドウ』 芦川孝三郎 NHK出版 『原色樹木病害虫図鑑』 保育社 南信州農作物 大阪府園芸植物 奈良県病害虫防除所 島根農試 へ.

次の