小田 和正 年齢。 小田和正の年齢にネット騒然 「嘘」「衝撃」「驚がく」/芸能/デイリースポーツ online

小田和正と共に、昭和と平成を懐かしみながら令和を歩む

小田 和正 年齢

古希とは思えない、エネルギッシュさとハイトーン 「知っている曲があったら積極的に、でも隣の人に迷惑がかかるほど大声では歌わないようにしながら、楽しんでほしいと思います」 そう観客に投げかけた小田。 全29曲のセットリストには、「言葉にできない」を始め、「Yes-No」や「YES-YES-YES」など、オフコース時代の楽曲も多数含まれていて、オフコースをリアルタイムで体験している40~50代のファンを中心に、会場からは大合唱が響き渡る。 ソロになって以降の楽曲は、「ラブ・ストーリーは突然に」を始め、「こころ」や「キラキラ」「今日もどこかで」、最新シングル収録の「会いに行く」など、90年代以降の代表曲がピックアップされていた。 令和という新しい時代になって始まったこのツアーで、昭和と平成を懐かしみながら、そしてまた令和を共に歩もうという、小田の思いが込められていたように思う。 曲によってアコースティックギターとエレキギターを持ち替えて、ときにはピアノを弾きながら歌う小田。 ひとたびハンドマイクを持てば、とにかく走り回る。 右へ左へと、360度を埋め尽くす観客の元に走って駆けつけ、まったく息切れすることなく透明感のある美しいハイトーンを響かせた。 古希とは思えないエネルギッシュさには、とにかく驚かされる。 「ダイジョウブ」を歌った際には、観客一人ひとりの笑顔を確かめるように、ゆっくりと歩きながらファンの歌声に聴き入った小田。 〈きっと ダイジョウブ〉という小田からの優しいエールは、横浜アリーナを抱きしめるような大きさで観客を包み込んだ。 「追加公演をやると聞くと、昔は、そんなのは最初からやることが決まっていたんだろうと散々悪口を言ってきました。 同ツアーは、福岡、三重……と続き、7月に愛媛でファイナルを迎える。 ファイナルを迎えたそのとき、小田は、今度は何を思うのか? 小田のことだから、さらに追加公演をやるということはきっとないだろう。 でも、求められればどこへでも飛んで行き、歌で聴く人の肩を優しく抱きしめるはずだ。 求められ続ける限り、小田和正のアンコールはいつまでも続いていく。 オールジャンルに対応し、これまでにインタビューした本数は、延べ4,000本以上。 日本工学院専門学校ミュージックカレッジで講師も務めている。 2 current.

次の

小田和正の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

小田 和正 年齢

小田和正さんの年齢は現在70歳、ハリのある声は健在! 小田さんは2018年9月に71歳の誕生日を迎えます。 年を重ねるごとに高い声は出なくなっていくもの。 71歳を間近に迎えてハイトーンボイスが衰えていないのは、本当に凄いことですよね。 同じく声を仕事にされている声優さんでも70歳を過ぎると活舌やハリが衰えるものですが、小田さんの歌声はまだまだ健在です。 また、声に衰えがないのは当然小田さん本人の努力によるところが大きいようですが、昨年3月に出演したNHKの番組では歌声を維持し続ける理由や、そうするようになったきっかけなどもすべて語ったそうで、後々紹介したいと思います。 小田和正さんのプロフィール。 生年月日は? 1947年9月20日生まれで現在70歳。 この記事を書いているのが9月10日なので、あと10日で71歳を迎えられます。 肩書は、ニューミュージックシンガー、シンガーソングライター、音楽プロデューサー。 元オフコースのリーダーでボーカル。 株式会社ファー・イースト・クラブ代表取締役社長。 身長172cm。 血液型はA型。 会社経営などもそうですが、アクティブな方なんですね。 小田和正さんが年齢70を超えてもオリジナルキーで歌う理由 昨年9月に古希を迎えた小田さん。 3月に出演したNHK『おはよう日本』では、インタビュアーの阿部渉アナからの「アーティストの方は年を重ねるにつれてキーを下げて歌ったりされる方が多いですよね」と質問に、「オリジナルに近い感じでファンの方は聞きたいわけだから、その期待は裏切りたくない。 キーを下げなきゃ歌えなくなったら、潔く身を引くのがいいなってぼんやり思っているんだけど」と、現在もオリジナルのキーのまま歌うこだわりを語られました。 引退についてたずねられると「へへへって書いておいて下さい」といたずらっぽく笑ったそうです。 小田和正さんが声やファンを大切にする理由とは? 1998年に小田さんは自動車事故に遭い、重傷を負います。 その際にファンから「とにかく生きてくれているだけで良かった」といった内容の手紙がたくさん届き、それをきっかけに小田さんの考え方は大きく変わったそうです。 事故は災難でしたが、きっかけは素敵ですね。 小田さんは「こんな風に思ってくれるんだから、喜んでもらわなきゃと。 そんな風に考えたことなかったけど、そこで初めてそういう考えになった」と、当時の心境をあらためて振り返ったそうです。 その後、小田さんはファンとの距離を縮めるためにさまざまな試みを行っているそう。 コンサートで花道を作ったり、コンサートで流す「ご当地紀行」という、会場周辺の名所を小田さん自らが訪ねるVTRを作ったりするなど、ファンの方に喜んでもらえるような工夫をされているんだとか。 これほどファン想いであれば当然、同じようにファンからも愛されるのも納得です。 最年長でアリーナツアー敢行! 昨年、小田さんが今年5月から全国21会場48公演のアリーナツアー『KAZUMASA ODA TOUR2018』を開催することが発表されました。 2011年には史上最年長63歳で全国ドームツアーを成功させた小田さんが、古希を迎えて大規模なツアーに挑戦されるようです。 5月4日のグランメッセ熊本公演を皮切りに、ファイナルとなる10月30・31日の横浜アリーナ公演まで計40万人を動員予定で、68歳でめぐった全国ツアーの動員34万人を上回る見込みだそう。 同年代でこれだけの規模のツアーを行っている方はおらず、最年長といえます。 「地方で、各地でまた会いましょうと、みんなの顔をみてたらつい約束したくなっちゃってね。 またそんな機会がきっと来ると信じていたいと思います」と昨年のライブでの小田さんの約束を実現する今ツアー。 毎度恒例のようですが、CD化されていない初披露の曲を引っ提げて、各地を訪れているそうです。 小田和正さんは意外にも破天荒!エピソード1 番組中につまらなくなったからと言って仕事中に本を読み始め、数年前には番組で女子アナに「君は学校で何を学んだの?」と言い放って泣かせたことがあるそう。 また、レコード会社の重役が訪れたコンサートで新曲を歌わななど、小田さんは意外にも破天荒。 しかも、松山千春さんに「コーラスやろうか?」と言われて「お前が歌うと拳が入るから要らない」と答えたり、タモリさんを無視したり、意外にもちゃきちゃきのべらんめぇ口調だったりと、普段は人間関係糞くらえな破天荒ぶりなんだとか。 悩める現代人も、これ程まではいかずとも参考にした方が良いのかも? 小田和正さんは意外にも破天荒!エピソード2 小田さんの破天荒伝説は70~80年代のオフコース時代から、園遊会を断ったり、故・ムッシュかまやつ氏が楽屋に挨拶に来ても無視したなど…。 現在も歌声と同じように破天荒さも健在のようです。 ファンの方は大切にしていますが、同じ業界人で、己が認められない節がある方にはとことん厳しいみたいですね。 ベストアルバムの快進撃 小田さんが2002年にリリースされたベストアルバム「自己ベスト」。 これはオリコンアルバムチャートでは初登場1位を記録し、同時に、自身が持つ1位獲得最年長記録を54歳8カ月に更新した同アルバムは、オフコース時代の名曲や、「ラブストリーは突然に」などのドラマタイアップ曲などを収録した名盤だそう。 小田さんが自転車に乗って収録曲をメドレーで歌うCMでも知られています。 リリース以来、2013年6月まで、通算500週もオリコンチャートインを果たした小田さんの「自己ベスト」は、2007年には「自己ベスト2」がリリースされたことに付随したパッケージ変更によって、126位から14位に再浮上しました。 2004年12月に、累計売上げ枚数が200万枚を突破し、2010年11月の段階で300万枚に到達した小田さんの「自己ベスト」。 まだまだ新規ファンが増え続けているという小田和正さん。 そろそろ、400万枚達成もあるかもしれませんね。 TBSの音楽番組の観覧チケットがプレミア化? 小田さんの音楽番組「クリスマスの約束」は、2001年から毎年12月25日深夜TBSで放送されている、380人の観覧募集に日本全国から10万人の応募が殺到するという超人気番組。 年に一度の番組というだけあって、かなりのプレミアチケットのようです。 年に1度のお祭り、という点がミソなんですね。 実は、当選者の選考は、応募はがきを無作為に選出しているわけではなく、すべてのはがきに番組スタッフとプロデューサーが目を通しているそうです。 それ故、「クリスマスの約束」への強い想いが綴られた応募はがきは、比較的選ばれやすいそうです。 小田和正さんまとめ 年齢70歳、声が若いのはポリシー 今回は小田和正さんについて紹介しました。 今年71歳を迎える小田さんが、ファンのために高いキーを維持し続ける理由は、とても素敵でしたね。 意外な破天荒ぶりも分かり、ライターとしても面白い記事を書かせていただきました。 現在も慣行中のツアーで歌われているという新曲も、公開が楽しみですね。 あなたにオススメ.

次の

ディスコグラフィ〜小田和正・アルバム〜

小田 和正 年齢

歌手の小田和正(69)が15日、NHKの「おはよう日本」にインタビュー出演。 今年9月で70歳となることや、今もキーを下げることなく歌っていることに、ネットでは驚きの声が上がった。 番組では、オフコース時代から現在に至るまでの小田の映像を流しながらインタビュー。 「こんな風に思ってくれるんだから、喜んでもらわなきゃと。 そんな風に考えたことなかったけど、そこで初めてそういう考えになった」と振り返った。 この経験から、コンサートではファンとの距離を縮めるべく、花道を作ったり、コンサートで流す「ご当地紀行」という、会場周辺の名所を小田自ら訪ねるVTRを作るなどするようになったという。 今年9月には古希を迎える。 インタビュアーの阿部渉アナウンサーから「アーティストの方は年を重ねるにつれてキーを下げて歌ったりされる方が多いですよね」と質問されると「オリジナルに近い感じでファンの方は聞きたいわけだから、その期待は裏切りたくない。 キーを下げなきゃ歌えなくなったら、潔く身を引くのがいいなってぼんやり思っているんだけど」と、現在もオリジナルのキーのまま歌うこだわりを吐露。 引退についてたずねられると「へへへって書いておいて下さい」といたずらっぽく笑った。 この小田の姿に、ネットでは「もう70?」「70であの声」「もっと若いと思ってた」「時間がゆっくり流れてるのかしらと思うぐらい若い」「嘘やろ」「衝撃」「驚がく」と驚きの声が。 阿部アナもインタビュー冒頭で「今年70歳、ホントですか?嘘じゃないですか?」と思わず本人に問いただしていた。

次の