スマホ メモリ 増設。 動作が遅いなら必見! Androidスマホの空き容量不足を解消する方法|TIME&SPACE by KDDI

増設メモリ対応 パソコンメーカー一覧 メモリダイレクト

スマホ メモリ 増設

SDカードとは? SDカードの正式名称は「SDメモリーカード」。 主にスマートフォンやデジタルカメラなどの外部記憶媒体として使用されています。 スマホ本体内にSDカードを装着してデータの保存先として指定することで、さらに 保存できる容量を増やすことができます。 SDカードが使えるのはAndroidスマホだけ スマートフォンでSDカードを使用する際に、必ず覚えておきたい大前提があります。 それは SDカードが使えるのはAndroidスマホだけということ。 iPhoneではSDカードを使用できないのでご注意ください。 iPhoneで保存領域を増やす場合は、iCloudなどのクラウドサービスを活用するのが一般的です。 多くのAndroidスマホの本体には、SDカードを挿入できるスロットが装備されています。 最近のAndroidスマホでは、SIMカードを挿入するSIMスロットがSDカードと兼用になっていたり、SDカード用のトレイが併設されていることがほとんどです。 対応しているSDカードの種類、SDカードの装着場所はそれぞれの端末によって異なるので、事前に確認しておきましょう 最新のAndroidスマホでもSDカードが使えないことがある 最新のAndroidスマホの中には、 SDカードに非対応の端末も存在しています。 Google純正の人気Androidスマホ、Google Pixelシリーズを例に説明すると、「Google Pixel 3・3a」は、Googleフォトが上限無制限で利用できるユーザー特典がある反面、 SDカードは非対応です。 一方、人気のAndroidスマホ「Xperia 1」は内蔵ストレージが64GBと少ないものの、最大512GBまでmicroSDカードで容量を補うことができます。 近年、スマートフォンのカメラ機能の進化に伴い、撮影した画像・動画のデータが大きくなっていたり、スペックが向上したことでゲームアプリなども大容量化。 そのため、スマートフォン本体のROM容量は増加の傾向にあるように感じられます。 最新スマホとはいえ、購入前にSDカードに対応しているかどうか、しっかりと確認しておいた方が懸命です。 SDカードの選び方 SDカードを選ぶ際には 規格に気をつけなければいけません。 スマホやタブレット本体が対応している規格にあったカードを選ばないと使えなくなってしまいます。 カードの形状・大きさ、容量の大きさ、転送スピードという3項目に分けてみていきましょう。 カードの形状・大きさ 出典: SDカードにも大きさがあり、 標準サイズ、miniSD、microSDの3サイズがあります。 最近の携帯端末に挿入するSDカードは microSD(マイクロSD)という最も小さなタイプ。 古いスマホ用にSDカードを買う場合は、注意してください。 最近のスマホは「micro」サイズのSDカードを使う カード容量の大きさ 32GBまで対応のSDHC 64GB以上対応のSDXC データ容量を表す規格として、 SDカード、SDHCカード、SDXCカードと呼び分けられる規格があります。 これらは単純に、最大容量で分かれていると思っていれば問題ありません。 SDカードのデータ容量の違い SDカード: 128MBから2GBまでの容量 SDHCカード: 4GBから32GBまでの容量 SDXCカード: 64GBから2TB(およそ2048GB)までの容量 また、SDカードだけでなく スマホ本体の対応規格も確認しておかなければなりません。 例として、ファーウェイのスマホ・P8liteの仕様を確認してみます。 外部メディア最大容量のところには 最大32GBと記載されています。 現行モデルでこのケースはほとんどありませんが、この場合はSDHCカードまでの対応であり、原則的に SDXCの規格のカードは認識しない、もしくは動作保証しないということを表しています。 次に同じファーウェイのスマホ・P30 liteを見てみましょう。 これであればどの容量の規格でも認識することがわかります。 SDXCカードの最大容量は2TBなのに128GBまでしか使えないのか?と思いますが、現在一般的に購入できる容量のカードが128GB程度です。 転送スピード クラス表記をされているものもあれば、実速度が書かれているものも もう一つ大切な要素は、 転送スピードです。 スマホやデジカメで写真や動画を撮影するとどんどんSDカードに保存することになりますが、転送速度が追いつかなければ撮影ができなくなってしまいます。 転送スピードには主にクラス、UHSクラスという数字で表されています。 ちなみにUHSはUltra-High Speedの頭文字。 クラス表記の場合、数字が「C」の文字に囲まれている クラスの場合は以下のものがあります。 しかし、最低転送速度というのがくせ者です。 メーカーサイトなどを確認し、 実質的な転送速度を把握しておくことが大切です。 データの書き込み速度、データの転送速度で数字が異なることが多いので、よく注意しておきましょう。 UHSクラス表記。 数字が「U」の文字に囲まれている より大容量のデータを書き込むことが想定されるUHSクラスの場合はこちら。 特に4K動画などを録画するときにはUHS クラス3のmicroSDがあると安心ですね。 UHS自体にはIとIIという規格がありますが、これは最大の転送速度の違いです。 SDカードの使い方 SDカードを購入したら実際に使用してみましょう。 カードの挿入、データの保存・移動方法などを見ていきます。 SDカードを挿入する スマホによってSDカードの挿入場所は様々です。 スマホに挿す際には、マニュアルを確認しつつSDカードの向き、表裏をよく確認してください。 以下に例をあげておきます。 SIMカードスロットとSDカードスロットが共用となっているものも SDカードスロットがカバーを外して挿入するタイプも。 向きなどはマニュアルで確認しよう このようにスマホによって挿入場所が異なるため、メーカーのWebサイトや説明書をよく読んで確認しておきましょう。 データを保存する/保存先を設定する みなさんが最もよく使うのは、おそらくカメラアプリではないかと思います。 撮影した写真で本体容量がいっぱいにならないためにも、 保存先を「SDカード」に設定しておきましょう。 カメラアプリ内にはたいてい設定画面があり、そこで「保存先」を指定できるようになっています。 多くのスマホが、SDカードを挿入すると自動的に写真データの保存先がSDカードになりますが、ここが「本体」になっているのであれば、SDカードに変更しておきましょう。 カメラアプリの設定画面から「保存先」を確認しておく データを移動する 一部アプリは、 アプリそのものをSDカードに移動することができます。 本体の容量が少ないスマホでも負担を一部SDカードに移すことができるため、より多くのアプリを使えるようになります。 スマホの設定アプリから「アプリ」を選択。 スマホによって表記は若干異なる アプリの一覧から、SDカードにプログラムを移動したいアプリを選択 「SDカードに移動」をタップすれば、アプリがSDカードへ移動する ただ一般的に、アプリは本体ROM(内部ストレージ)にあった方が高速に動作します。 ROMの少ない端末を上手に使いたい時などに使いましょう。 覚えておきたい!SDカードの利用にまつわるあれこれ まとめとして、SDカードに関する注意点やその他の使い方をご説明していきます。 Android 4. xのバージョンは要注意 前述したアプリの移動ですが、 Android 4. xのバージョンでは利用できません。 Android 4. xのスマホにはアプリをSDカードに移動させる機能がないため、ROM容量の小さなスマホを工夫して上手に使いたい人には向いていないOSバージョンとなってしまっています。 どうしてもSDカードにアプリを移動させたい場合はバージョンアップを期待するか、Android 5. x以降が搭載されているスマホへの買い換えが必要になります。 Kindleの本データはSDカードに移動しない? Kindleでマンガを購入 電子書籍アプリのKindleをSDカードに移し、その後比較的データの大きい約50MBのマンガを一冊購入してみたのですが・・・ ストレージを購入前・後で確認しましたが、 SDカードの使用量は変わらず、本体の使用量が約50MB大きくなっていました。 どうやらSDカードに保存できていないようです。 Kindleアプリが購入書籍のSDカード保存化に対応してくれるとありがたいですね。 そのほかのアプリでも、データ保存先をSDカードに指定できるかどうか、設定画面から確認しましょう。 「設定」の「ストレージ」から「本をSDカードにダウンロード」がオンになっているかを確認してみましょう。 ただし、Android OSの場合は非対応となりますのでご注意ください。 パソコンにSDカードのデータを取り込む SDカードのデータを直接パソコンに取り込むには、二つの方法が主に挙げられます。 1)スマホをUSBでパソコンに接続し、SDカードの情報をひらく 2)SDカードアダプターを使い、SDカードを直接パソコンに接続する スマホをUSBでパソコンにつなぐと、パソコンからはSDカードもフォルダーとして見られます。 あとは自由にファイルをコピーなり移動なりできますね。 SDカードアダプター SDカードアダプターを購入する際には、前述したSDカードの大きさ、規格などを注意しておきましょう。 特に、SDカードのサイズと手持ちのカードがSDXCだった場合にカードアダプターもSDXCに対応しているかの確認は重要です。 以上の注意を確認しつつ、SDカードを使いこなしてスマホの容量節約を試してみてください!.

次の

Androidスマホのメモリ空き容量を増やす(開放する)方法

スマホ メモリ 増設

Xperia XZ SOV34の場合 キャッシュデータは定期的に削除 容量不足が原因で OSの動作が不安定になると、Androidは状況を改善するために強制再起動を行うことがある。 その主な 目的はキャッシュデータの削除だ。 スマホやPCでインターネットページにアクセスすると、2回目以降、同じページにアクセスした時のデータ読み込みを効率化するために、端末にそのページのデータを残すようになっている。 それがキャッシュデータだ。 定期的に削除して、少しでもストレージ容量の回復を図ってみよう。 キャッシュを削除することにより、データを再読込するときに少し時間がかかってしまうが、Wi-Fi環境下ならストレスを感じるほどでもないだろう。 またキャッシュを削除しても大切なデータが消えるわけではないので安心してほしい。 方法は、先ほどと同じ手順で[設定]>[ストレージとメモリ]>[内部ストレージ]と進むと、[キャッシュデータ]という項目がある。 これをタップすると「キャッシュデータを削除しますか?」と表示されるので、「OK」をタップすれば完了だ。 Xperia XZ SOV34の場合 データを削除せずに残しておきたい場合は? ここまで不要なデータの削除について解説してきたが、残しておきたい思い出のデータもある。 そんな場合の保存方法を紹介しよう。 削除するのに迷ったら、写真もメールも、microSDに保存しよう。 ただし、古いスマホの場合、メモリーカードがmicroSDではない場合もあるので、事前に自分の端末を確認してほしい。 方法は、すでにmicroSDカードをAndroidに挿入している場合、[設定]>[ストレージ]と進むと[SDカードへデータ転送」のメニューが表示される。 メニューをタップすると、転送できるデータジャンルが表示されるので、 転送したいデータにチェックを入れて「転送」をタップすればOK。

次の

Androidスマホとタブレットの内部ストレージを増やす方法

スマホ メモリ 増設

せっかく新しいスマホに買い替えても、プレインストールアプリが予想外に入っていて実際に使えるメモリが少ない場合があります。 このような場合は、工夫しながら使っていく必要があるでしょう。 アンドロイドではメモリを増やせる? スマホではメモリが足りなくてアプリが動かなかったりデータが追加できなくて困った...という方も多いでしょう。 ここではメモリについての基本的な考え方について紹介します。 メモリは自分で増設できる? パソコンではメモリを買ってきて自分で増設したりできます。 同様に スマホでも後からメモリを追加して増やせるのでしょうか? 結論からいえば「パソコンのようにメモリを自由に増設」というのは 難しいです。 スマホの場合は、本体サイズを小さくするためにかなりいろんな部品をギューギューに詰めて作られています。 そのため「ハードウェア的な拡張性」ができるようにはほとんど作られていません。 SDカードを入れれば増設できる? 大容量のSDカードをさせば増設できるのでしょうか。 最近のSDカードは何ギガもデータをおくことができます。 実はSDカードに置けるのは動画や音楽などのデータがメインです。 システムやアプリは基本的にはおけません。 またアプリによってはSDカードにデータをおけないようにしているものもあります。 理由の一つとしては、SDカード自体の耐久性がそれほど高くないこともあります。 SDカードは、あくまで 動画などのファイルをおいておくためのものと考えておいたほうが良いでしょう。 プレインストールのアプリは削除できる? メモリもそこそこあるので安心して購入したスマホ。 しかし、使いだしてみてメモリの少なさに驚く場合があります。 機種によっては いろんなアプリが最初から入っているからです。 しかも使わないアプリでも削除できないようになっていたりします。 以前のアンドロイドでは、いろんな裏技を使ってプレインストールを削除したりできたようです。 しかし最近ではそのような裏技はことごとくつぶされており、現在ではプレインストールアプリは削除できないと思った方がよいでしょう。 プレインストールアプリは、アプリを入れてくれる代わりにソフト会社がメーカーへお金を払っているケースがあります。 そのため、入れたアプリを削除されると非常に困るわけです。 通常こうなると、空いているストレージでなんとかやりくりするしかありません。 もしこれから購入ということであれば、プレインストールアプリが何MBぐらい占めているかショップさんに確認してから購入したほうがよいでしょう。 メモリを開けるには? 上述のように、基本的にはメモリを追加で増やすというのはできません。 使わないアプリを削除したりして、上手にやりくりするというのが原則となります。 メモリの空きを確認する まずはメモリをどのぐらい利用しているか確認しておきましょう。 メモリが十分に空いていれば、わざわざ下記の作業をしなくてもよいでしょう。 設定>アプリなどで実行中のメモリを確認することができます。 不要なアプリを削除する 不要なアプリをアンインストールする 不要なアプリをアンインストールしましょう。 「アプリの設定」を実行し、アプリの一覧を表示。 各アプリをクリックすると、「アンインストールボタン」があります。 これは基本やられていると思います。 ただし必要と思っていたものが、ここ1カ月間で一度も使っていない!というアプリが案外あると思います。 そういうものは、一度思い切ってアンインストールしておくとよいでしょう。 使ってないアプリの調べ方は以下を参照ください。 残念ながらプリインストールされているものは削除できない場合がほとんどだと思います。 その場合は後述のようにアップデートに気を付けるようにしましょう。 アプリのキャッシュをクリアする アプリは使えば使うほどキャッシュといって、一時的に利用するファイルをたくさん使うようになります。 こまめに削除しておくと、空き容量を確保できます。 「アプリの設定」を実行し、アプリの一覧を表示 各アプリをクリックし、「キャッシュのクリアボタン」を押します。 たまに使うアプリならブラウザで見る ツイッターやフェイスブックは、アプリもあります。 しかしクロームやサファリといったインターネット閲覧アプリからログインして、アクセスすることができます。 もしもたまに見る程度のものであれば、アプリをインストールせずにブラウザだけで済ませもいいかもしれません。 アプリを毎回アップデートしない アプリでは、「最新版があるのでアップデートしてください」という通知がよくでます。 しかしアップデートするたび、どんどん容量を食う場合があります。 セキュリティに関係のあるアプリ(銀行や証券取引など)の場合は、安全のためのアップデートの場合もあり、最新版にしておく必要があります。 そうでなければ、無理にアップデートしないほうが無駄な容量をとりません。 特にプリインストールされていて、まったく使わない無駄なアプリについては、アップデートしないほうが容量的にいいでしょう。 小さいアプリを選ぶ 同じ機能のアプリならサイズの小さいものにしておく バッテリーの消耗表示、アプリのクリーナー、ウイルス対策など、定番としてどうしてもいれておきたいアプリがあります。 大抵は同じ機能で複数のアプリがリリースされています。 この場合、まずいくつか同時にインストールします。 次にアプリの設定で、それぞれのアプリがどのぐらい容量を食うかチェック。 容量をあまり使っていないアプリを選び、他のアプリを削除します。 オールインワン型ではなく個別型のアプリを選ぶ 容量チェックやアプリのアンインストールなど、多くの機能が入っているユーティリティアプリを入れた方が、かえって容量を削減できる場合があります。 あるいは、不要ファイル削除アプリなど単機能のアプリをいくつか入れた方がファイルサイズが少なくて済む場合があります。 この辺りは、使いたい機能によってどちらがいいか分かれるところでしょう。 しかし、全部入りか、個々か、入れるアプリを選ぶことで容量を削減できる場合があります。 SDカードを活用する アプリによってはSDカードへ移動できるようになっています。 アプリごとにチェックして、SDカードへ移動しておきましょう。 「アプリの設定」を実行し、アプリの一覧を表示。 各アプリをクリックし、「SDカードへ移動」ボタンが表示されれば、それを押します。 アプリをインストールした段階で、すぐそのアプリをチェックする癖をつけておきましょう。 すると、後でどれを移動してどれをまだ移動していないか、... と迷わなくて済みます。 メモリ増アプリを使ってみる SDカードと通常スマホで実行時に利用されているメモリとは扱いが異なります。 そのためSDカードが1GBでたっぷりあっても、実際の利用可能メモリとは別の話です。 ところが便利なアプリはあるもので、SDカードの空きを実際に利用できるメモリとして認識させるアプリがあります。 「Swapper for Root」は無料で、SDカードをメモリ代わりに使ってしまうためのアプリです。 使い方は、まずアプリをインストールします。 その後タップして起動します。 「Active swap on boost」をチェックします。 利用するサイズを指定して(とりあえず初期値200そのままで問題ないと思いますが)「Save」します。 アプリの管理で見てみたら変化がありませんでしたので、念のためスマホを再起動。 アプリの管理をみてみたらやっぱり変化なしでダメかと... 思って、一応「実行中」のメモリを見てみたら、... こちらはなんと増えていました。 ただし、SDカードを強引にメモリ代わりに使用しているので、アプリの実行速度が遅くなる可能性もあります。 注:最近のアンドロイドでは使えなくなっている可能性もあるので注意してください。 apicode.

次の