フレンチトースト の 美味しい 作り方。 フレンチトーストを美味しく作るコツ♪

フレンチトーストの簡単な作り方 カリふわ美味しい基本の時短レシピ♪

フレンチトースト の 美味しい 作り方

自宅でつくるフレンチトーストの簡単レシピ まず用意するものは2人分で食パン(4枚切りなど暑さのあるタイプ)2枚、卵3個、牛乳もしくは豆乳180cc、砂糖大匙3杯、あればバニラエッセンスやバニラオイル適量、バター適量を用意します。 次に食パン以外の材料を全てボウルに入れて混ぜ、食パンは卵液がしみ込みやすいように半分に切って耳を取ります。 そして最初に作った卵液を金属以外で出来たバット、もしくはお皿に流しいれ食パンを浸します。 よく卵液に無理やりパンを漬け込む方が居ますがそうするとフワっと出来上がりませんので通常はこのまま放置してパンに卵液をしみ込ませていくのが美味しく作るポイントなのですが、時短テクニックとして電子レンジに皿(バット)ごと入れて500wの場合片面1分ずつひっくり返しながら温める事で卵液をパンにしっかりとしみ込ませる事が出来ます。 そしていよいよフライパンで焼いていきますが、このとき極弱火でフライパンを温めバターが焦げないようにしてから卵液に浸けたパンを入れ蓋をして5分間蒸し焼きにします。 綺麗な焦げ目がついたらひっくり返し、同じように蓋をして5分間蒸し焼きにします。 この際、決して上から押し付けたりせずに自然な状態で蒸し焼きにしましょう。 そして最後にお皿に盛り付けお好みでメイプルシロップ、パウダーシュガーをかけて完成です。 フレンチトーストの人気レシピを紹介します 最近は名店のような味を再現するレシピやホテルの朝ごはんに出てくるようなフレンチトーストを作る事が出来るレシピなど沢山のレシピがあります。 中でも人気があるのが、ひと手間加えるだけで見違えるほどおいしくなるレシピ、本場フランス風のバゲットを使ったレシピ、また変わり種でホテルでも採用されている車麩を使用したレシピなどが人気ですが、特に参考にする方が多いのが有名ホテルのレシピです。 こちらは4人前作るのに厚切り食パン4枚、卵6個、牛乳370cc、砂糖62g、バター・サラダオイル適量を準備し、食パンと油類を除いた材料を全てまぜそこに食パンを丸1日浸します。 次に弱火にかけたフライパンにバターとサラダオイルを入れて浸したパンを両面15分かけて蓋をしながら蒸し焼きにするだけです。 このレシピのポイントは卵液にじっくり浸す事と、ゆっくり時間をかけて焼いて中身を膨らませる事だけですがとても美味しく出来上がると話題のレシピです。 フレンチトーストが評判の人気店を紹介します 絶品フレンチトーストが売りの人気店として、まずスキレットでアツアツのまま出してくれる「自家焙煎珈琲 みじんこ」や福岡で人気の専門店「アイボリッシュ」、表面カリ中身フワのフレンチトーストを目当てに行列ができる「パンとエスプレッソと」などがあります。 まず自家焙煎珈琲 みじんこのフレンチトーストは世界中のフレンチトーストに精通したグルメライターが東京で一番おいしいと絶賛したことで注目されたのですが、その食感はまるでパンプディングのような食感で一度食べたや病みつきになるそうです。 そしてアイボリッシュのフレンチトーストは家庭ではマネが出来ない味と食感と言われテレビ番組にもよく登場しているのですが、こちらはフレンチトースト専門に開発された食パンを使用し、トッピングも多く1皿で満腹になってしまうほどのボリュームです。 またパンとエスプレッソとのフレンチトーストは雑誌によるランキング「美味しいパン10」に選ばれた「ムー」というパンを使用していますのでパン自体が美味しく、リピーターがとても多いメニューです。

次の

ふわふわジューシー!お店みたいな本格フレンチトーストを作るための科学

フレンチトースト の 美味しい 作り方

冷めても美味しいトンカツの作り方 3つのポイントを押さえることで、失敗なく、冷めてもサクサクしたおいしいトンカツにすることができます。 そのポイントとは ・油の量は2㎝の深さまで注ぐ。 ・180度の温度確認を必ずする。 ・揚げ物を入れたら箸で動かして油を対流させる。 という点です。 この3つのポイントは、その他のフライを作る際にも共通することで、変わってくるのは下ごしらえと揚げる時間、余熱の時間だけです。 フライ全般に共通する揚げ方のコツと仕組みは下の記事に詳しくまとめているので、今回は割愛してとんかつの揚げ方を詳しくご紹介しますね。 ボウルに卵を割り入れ、小麦粉、水を加えて箸ではなく手で混ぜ合わせる。 手を使うとだまにならず、素早く混ぜることができます。 ホットケーキミックスより少し柔らかい程度が目安です。 2、バットにパン粉をたっぷりと広げる。 具材をバッター液にドボンと漬け、パン粉の上に置く。 上からたっぷりとパン粉をかぶせ、優しく押さえる。 3、鍋に2㎝の深さまで油を注ぎ入れる。 熱したら菜箸で混ぜ合わせ、対流させて温度を均一にする。 かき混ぜることで温度を均一にすることができます。 4、粗塩を加えて音をチェックし、180度になっていることを確認する。 それから2を寝かせるようにそっと油の中に入れる。 衣が固まるまでの最初の10秒間は触らず、強火で加熱する。 5、10秒待ったらゆっくりと菜箸で動かし、油をゆらゆらと対流させながら揚げる。 表面が色づいたらひっくり返す。 きつね色になるまで、厚み1㎝のトンカツの場合両面を約1分半ゆらゆらさせながら揚げる。 6、揚がったら立てて油を切る。 余熱で約3~4分火を通せば完成です。 まとめ 揚げ物は大人から子供まで好きな方が多いと思いますが、家庭で揚げたてのサクサク感をキープするのって結構難しいと思っていました。 この作り方だとお肉もしっとり仕上がり、時間がたっても衣もサクサクっとした食感がキープされます。 とんかつは試験の前や運動会の前などに作るご家庭も多いと思います。 3つのポイントを押さえるだけなので、是非作ってみて下さいね。 おすすめ関連記事 同じ方法でこちらのレシピも作ることができますよ。 是非試してみて下さね。

次の

ホテルニューオータニが「フレンチトースト」のレシピを公開!【ポイントは砂糖の使い方!?おうち時間を贅沢に】

フレンチトースト の 美味しい 作り方

美味しいフレンチトーストを食べるために私がしていること パンを漬け込む卵液は、甘さ、バニラ エッセンスの有無などお好みで調整 してください。 ただ、砂糖が多いと焼く時に焦げやすい ので、甘くしたい場合は焼きあがってから シュガーやシロップで甘さを足すと良いでしょう。 それでは、早速ポイントです。 いつもやっている方には当たり前の ことかもしれませんが、ホテルオークラ のレシピには載っていませんでした。 (当たり前過ぎて省略されているのかも…) そのひとつが、 漬け込む前に卵液を漉すこと です。 これだけ? とお思いでしょうが、一度漉すことで仕上がりの 舌触りが格段に滑らかになります。 プリンや茶碗蒸しを作る時にも卵液を漉すのは 大きなポイントになります。 これは多くのレシピにも書かれていますね。 フレンチトーストを食べた時に、卵液が染みこんで いない白い部分があると、がっかりしてしまいます。 (そしてそのガッカリはイラっとに変わるのであった。。 ) 子どもの頃から我が家では金曜や土曜など、 休日前の夜から漬け込んで、学校が休みの 日の朝食にゆったりと頂いていました。 足りないよりは余った方が良いの精神で、 卵液はたっぷり目に用意し、ひと晩(8~12時間) は浸します。 スポンサードリンク そして焼く時のポイントは 蓋をして弱火でじっくり焼く です。 軽く熱したフライパンにバターなどを溶かし、 卵液に浸したパンを入れます。 弱火寄りの中火(これもご家庭の火加減 で異なります)で片面を焼いて裏返したら 蓋をして気持ち火を弱めて焼きます。 使うパンについてですが、食パンの場合は、 縦横十字に4つに切ったものを卵液に浸して います。 こうすることで、 表面積が若干増えて卵液が浸透しやすく、 また食べやすく、焼いた後に切って食べる のに比べると切り口が潰れてしまう率が 低下します。 厚さは4枚切りくらいの厚みがある方が、 ふわとろ感を満喫できます。 フランスパン(バゲット)を使っても、食感に 変化があるフレンチトーストを楽しめます。 写真のようにカットしたものを、更に半分に すると、表面積が増えて、卵液が浸透しやすく、 また、焼き上がりのカリカリ部分が増えます。 (仕上げに表面を焼いてカリっとさせる時には フライパンの蓋は外します) 材料がシンプルなので、パンそのものの味も 仕上がりに影響を与えます。 できれば上質なパンを使うと、より美味しい フレンチトーストになります。 そして… これはあくまで私の好みなのですが、 カットしたパンを、卵液に浸す前に、 空気にさらして(つまり放置して)パンの 水分を飛ばしています。 つまり、 しっとりしたパンではなく、乾いて カサカサになったパンを卵液に浸すのです。 パン自体の水分が少なくなった所に卵液が 入るので、味が濃くなるような気がしてこの 方法を取っています。 画像クリックで詳細をご覧頂けます(Amazon Amazonでの商品画像クリックで、本の中を 覗くこともできます。 (なか見!検索) チラ見してみたところ、 人気店のフレンチトーストレシピが紹介 されていました。 どれも美味しそうで、無性に フレンチトーストが食べたくなりました^^ しかし、 美味しいパンを買うと、どんどん食べてしまって フレンチトーストまでもたない我が家。。。 ^^; まずはフレンチトースト用のパンをキープ するところから始めないとですね^^.

次の