言うてますけどmore。 「日本が嫌なら日本から出ていけ」とか言うけど、すでに若者たちはこんな形で日本から出て行ってる: GOSSIP速報

[B! 戦争] 「戦争の悲惨さ」って言うけど

言うてますけどmore

12日に放送されたtvN土日ドラマ「」第8話では病院から停職となったムン・ガンテ(キム・スヒョン)の姿が描かれた。 この日、ムン・ガンテはコ・ムンヨン(ソ・イェジ)がいい加減に切った髪の毛をきちんと切ってあげた。 ショートカットに変身したコ・ムンヨンを見ながらムン・ガンテは「綺麗だ」と言い、コ・ムンヨンは微笑みながら「私はもう首輪を切ったから。 お母さんの言うこと聞かなくても良い。 私はもう自由だ」と話した。 これにムン・ガンテは「おめでとう」と答えて、褒めて欲しいというコ・ムンヨンの頭を撫でてあげた。 翌朝、ムン・サンテはショートに変わったコ・ムンヨンを見て、「長い髪はどこへ行ったのか。 長い髪が綺麗なのに。 なぜそうしたのか。 どうして? 切らないで。 切っても何故そんなに切った」とぶつぶつ言った。 これにコ・ムンヨンは「あなたのお兄さんはとても空気が読めない」と言い、ムン・ガンテは「正直なんだ」とかばった。 コ・ムンヨンは出勤するムン・ガンテに「退勤したらすぐにまっすぐ帰ってきて私と遊んで。 これからも私の髪はあなたが切ってちょうだい。 私もあなたのお兄さんと同じだ。 あなただけ触れて」と話し、ムン・ガンテはムン・サンテと喧嘩せず上手くやると話した。 以降、ムン・ガンテはムン・サンテ、コ・ムンヨンと古い中華料理店でちゃんぽんを食べた。 ムン・ガンテは「どうしてこんな所で食べるのか」という言葉に、「母とよく来た所だ」と話しながら、母と一緒に食べていた頃を思い浮かべた。 昼食を食べた後、コ・ムンヨンはムン・ガンテに「コーヒー飲もう。 10分なら良い」と話した。 ムン・サンテはバイトに行くためバスに乗り、この姿を車の中からムン・ガンテが見た。 カフェでコ・ムンヨンは自分のファンだと明かしたCEOのダニエル(チェ・ダニエル)と同席し、ムン・ガンテは2人を見ながら嫉妬した。 カフェから出たムン・ガンテはコ・ムンヨンに「創作をしないと。 どうして営業をするのか。 どうして連絡先を誰にでも教えてあげるのか」と腹を立てた。 すると、コ・ムンヨンは「あなた、まさか嫉妬してる? 」と微笑んで、ムン・ガンテは「ねちねちしてたくせに、格好いいとはとんでもない」と、独り言を言って病院に戻った。 コ・ムンヨンはダニエルが使っていた万年筆を見て「素敵だ」と話した。 病院でイ・サンイン(キム・ジュホン)に出くわしたムン・ガンテは「ファンに笑うたびに本が一冊ずつ売れると言ったんだって? だから誰でも見て笑って格好いいと言うじゃないか」と怒った。 家に帰ってきたムン・サンテはコ・ムンヨンが持っている悪夢人形を見て、「これは僕のものだ」と人形を欲しいと言い、コ・ムンヨンは「もう私のものだ」としてあげなかった。 結局人形は2つに割れ、2人はもみ合った。 家に帰ってきたムン・ガンテは喧嘩している2人の姿を見て、「静かに」と大声を出した。 ムン・ガンテはムン・サンテに「先に話せなくてごめん。 兄さんが使わないから。 必要な人にあげた」と話した。 これにムン・サンテは「必要な人に全部あげてしまったら、僕は何が残る? 」と聞き、ムン・ガンテは「兄さんは僕がいるじゃないか」と答えた。 すると、ムン・サンテは「ガンテじゃなくマンテ…マンテ」と言い、ムン・ガンテは悲しい表情を浮かべた。 ムン・サンテと争ったコ・ムンヨンはムン・ガンテに「いつもどうやってそんなに耐えていたのか」と気にして、ムン・ガンテは「僕が我慢すれば良いから」と答えた。 コ・ムンヨンはムン・ガンテを心配し、「だからあなたと私はよく合う」と明るくなり、ムン・ガンテの側で眠った。 ムン・ガンテは眠っているコ・ムンヨンの手に慎重に触れたが、すぐに離した。 翌日、コ・ムンヨンは童話授業が再び開かれる病院を訪れ、オ・ジワンはコ・ムンヨンに「ひょっとして、あのパク・オクランと知り合いか」と尋ねた。 これにコ・ムンヨンは「私の授業を受けた人だ」と答えた。 その時、ムン・ガンテはイ・アルム(チ・ヘウォン)とこっそり恋愛するチュ・ジョンテ(チョン・ジェグァン)と言葉を交わした。 チュ・ジョンテは「私は兄さんのように忍耐心がないのでとても大変だ。 他の人に笑う姿を見てもたまらない」と本音を伝えた。 これにムン・ガンテはコ・ムンヨンに感じる感情に混乱した。 コ・ムンヨンも真の愛だけが傷ついた魂を治療してあげる事が出来ると話すイ・アルムの言葉にムン・ガンテを思い出した。 授業を終えたコ・ムンヨンはイ・アルムを訪ねて来た前夫の横暴を見て、ただ見過ごせず、前夫はコ・ムンヨンの頬を打った。 この姿を見たムン・ガンテは興奮して、前夫にパンチを放ち、周囲の人々が止めてようやく興奮を沈めた。 ムン・ガンテはすぐコ・ムンヨンに近づき、大丈夫かという言葉をかけ、コ・ムンヨンは「いいえ、痛い」と答えた。 この一件でムン・ガンテは停職となった。 これにムン・ガンテは幸せな表情でコ・ムンヨンに駆け寄り、「僕は停職をくらった。 給料も出ず、告訴もされる恐れがあるって。 完全にめちゃくちゃだよ。 僕は君と遊びに行きたい。 今だ」と手を差し出した。 これにコ・ムンヨンがムン・ガンテの手を握って微笑んだ。

次の

「~というわけではないけど…。」って英語でなんて言うの?

言うてますけどmore

12日に放送されたtvN土日ドラマ「」第8話では病院から停職となったムン・ガンテ(キム・スヒョン)の姿が描かれた。 この日、ムン・ガンテはコ・ムンヨン(ソ・イェジ)がいい加減に切った髪の毛をきちんと切ってあげた。 ショートカットに変身したコ・ムンヨンを見ながらムン・ガンテは「綺麗だ」と言い、コ・ムンヨンは微笑みながら「私はもう首輪を切ったから。 お母さんの言うこと聞かなくても良い。 私はもう自由だ」と話した。 これにムン・ガンテは「おめでとう」と答えて、褒めて欲しいというコ・ムンヨンの頭を撫でてあげた。 翌朝、ムン・サンテはショートに変わったコ・ムンヨンを見て、「長い髪はどこへ行ったのか。 長い髪が綺麗なのに。 なぜそうしたのか。 どうして? 切らないで。 切っても何故そんなに切った」とぶつぶつ言った。 これにコ・ムンヨンは「あなたのお兄さんはとても空気が読めない」と言い、ムン・ガンテは「正直なんだ」とかばった。 コ・ムンヨンは出勤するムン・ガンテに「退勤したらすぐにまっすぐ帰ってきて私と遊んで。 これからも私の髪はあなたが切ってちょうだい。 私もあなたのお兄さんと同じだ。 あなただけ触れて」と話し、ムン・ガンテはムン・サンテと喧嘩せず上手くやると話した。 以降、ムン・ガンテはムン・サンテ、コ・ムンヨンと古い中華料理店でちゃんぽんを食べた。 ムン・ガンテは「どうしてこんな所で食べるのか」という言葉に、「母とよく来た所だ」と話しながら、母と一緒に食べていた頃を思い浮かべた。 昼食を食べた後、コ・ムンヨンはムン・ガンテに「コーヒー飲もう。 10分なら良い」と話した。 ムン・サンテはバイトに行くためバスに乗り、この姿を車の中からムン・ガンテが見た。 カフェでコ・ムンヨンは自分のファンだと明かしたCEOのダニエル(チェ・ダニエル)と同席し、ムン・ガンテは2人を見ながら嫉妬した。 カフェから出たムン・ガンテはコ・ムンヨンに「創作をしないと。 どうして営業をするのか。 どうして連絡先を誰にでも教えてあげるのか」と腹を立てた。 すると、コ・ムンヨンは「あなた、まさか嫉妬してる? 」と微笑んで、ムン・ガンテは「ねちねちしてたくせに、格好いいとはとんでもない」と、独り言を言って病院に戻った。 コ・ムンヨンはダニエルが使っていた万年筆を見て「素敵だ」と話した。 病院でイ・サンイン(キム・ジュホン)に出くわしたムン・ガンテは「ファンに笑うたびに本が一冊ずつ売れると言ったんだって? だから誰でも見て笑って格好いいと言うじゃないか」と怒った。 家に帰ってきたムン・サンテはコ・ムンヨンが持っている悪夢人形を見て、「これは僕のものだ」と人形を欲しいと言い、コ・ムンヨンは「もう私のものだ」としてあげなかった。 結局人形は2つに割れ、2人はもみ合った。 家に帰ってきたムン・ガンテは喧嘩している2人の姿を見て、「静かに」と大声を出した。 ムン・ガンテはムン・サンテに「先に話せなくてごめん。 兄さんが使わないから。 必要な人にあげた」と話した。 これにムン・サンテは「必要な人に全部あげてしまったら、僕は何が残る? 」と聞き、ムン・ガンテは「兄さんは僕がいるじゃないか」と答えた。 すると、ムン・サンテは「ガンテじゃなくマンテ…マンテ」と言い、ムン・ガンテは悲しい表情を浮かべた。 ムン・サンテと争ったコ・ムンヨンはムン・ガンテに「いつもどうやってそんなに耐えていたのか」と気にして、ムン・ガンテは「僕が我慢すれば良いから」と答えた。 コ・ムンヨンはムン・ガンテを心配し、「だからあなたと私はよく合う」と明るくなり、ムン・ガンテの側で眠った。 ムン・ガンテは眠っているコ・ムンヨンの手に慎重に触れたが、すぐに離した。 翌日、コ・ムンヨンは童話授業が再び開かれる病院を訪れ、オ・ジワンはコ・ムンヨンに「ひょっとして、あのパク・オクランと知り合いか」と尋ねた。 これにコ・ムンヨンは「私の授業を受けた人だ」と答えた。 その時、ムン・ガンテはイ・アルム(チ・ヘウォン)とこっそり恋愛するチュ・ジョンテ(チョン・ジェグァン)と言葉を交わした。 チュ・ジョンテは「私は兄さんのように忍耐心がないのでとても大変だ。 他の人に笑う姿を見てもたまらない」と本音を伝えた。 これにムン・ガンテはコ・ムンヨンに感じる感情に混乱した。 コ・ムンヨンも真の愛だけが傷ついた魂を治療してあげる事が出来ると話すイ・アルムの言葉にムン・ガンテを思い出した。 授業を終えたコ・ムンヨンはイ・アルムを訪ねて来た前夫の横暴を見て、ただ見過ごせず、前夫はコ・ムンヨンの頬を打った。 この姿を見たムン・ガンテは興奮して、前夫にパンチを放ち、周囲の人々が止めてようやく興奮を沈めた。 ムン・ガンテはすぐコ・ムンヨンに近づき、大丈夫かという言葉をかけ、コ・ムンヨンは「いいえ、痛い」と答えた。 この一件でムン・ガンテは停職となった。 これにムン・ガンテは幸せな表情でコ・ムンヨンに駆け寄り、「僕は停職をくらった。 給料も出ず、告訴もされる恐れがあるって。 完全にめちゃくちゃだよ。 僕は君と遊びに行きたい。 今だ」と手を差し出した。 これにコ・ムンヨンがムン・ガンテの手を握って微笑んだ。

次の

[B! 戦争] 「戦争の悲惨さ」って言うけど

言うてますけどmore

特にラオスは物価が安く、環境も良く、現地人が非常に怠け者のため、日本で中の下〜下の下レベルの人でも十分生活できます。 — ヤングギドラ 海外遊牧民 古生物ネットショップ経営・副業 スピ 筋トレ💪反タバコ・反JT🚭 YoungGhidorah 最近の日本を憂いているので、自分の子達も子どもを持って幸せに生きていかれるか不安です。 結婚願望があまりない若者が増えているような気がしていますし。 生きにくいから、生きないし、産めなくなっちゃったんだね。。 — harukaty harukaty 本当にそう。 日本で子供を産むのは子供に申し訳ない。 5年くらい前までは産むつもりでしたが、年々劣化していく国を目の当たりにして無駄なことだと諦めましたよ。 40代ですが、40年後には自分世代の人口が一番多くなる。 すでに手遅れです。 海外移住も検討中です。 せめてこれから産まれてくる子たちの為に 世の中をみんなで変えたれたらと……。 ただ調べれば調べるほど 世の中が狂ってた まだ間に合うならみんなで変えたい— そら aozorairo0716 そんな現状をどうにかしたいものです。 皆が心地よく日本で暮らせるように。 — モセリイ eCKTEwxHca6d1V7 26歳です。 金があっても日本で子育てする気にはなりません。 自分は偶然くじ運が悪くて今の日本に産まれたものだと思っています。 自由で開放的な国、または先進的な国に飲まれても別に構わないです。 愛国心?特に教育されてません。 — エシャロット pCE2Ib3oSa2iXKN 横から失礼します。 私も数年前から子どもたちに『孫欲しい』とは言わなくなりました。 こんな世の中に生まれて来る方が可哀想だと思うからです。 私の両親も『自分達が楽しく生きていけるならそれで良い。 生きててくれれば良いんだ。 』と言うようになりました。 — akatuki hachicoh1 仰る通りです。 うちの19歳の息子の周りでは、自殺は流石に憚られるから、どこかで事故に遭って死んじゃうのがいいという話が最近よくあると言う。 — 山﨑範子 AsbMJA2qPHxgUcc わたしも子どもを日本人のパートナーと日本で産み育てたいとは思わないです。 先輩方の話を聞いているととても大変そうで… 幸い仕事で海外に行くことが多いので、子どもを産み育てるのは海外が良いです。 日本の文化とシステムで生きていくのはとてもじゃないけど大変すぎると思います。 何かを考えるのもイヤになっている人が本当に多い…— (ねこプラ)@ネコの額の庭でお茶してやる altozano435 10年程前の若いご夫婦は、自分たちの生活をもっと大事にしたい、子供がいると子育てで大変になるから生活を楽しめない、だから子供は持たないという人たちが多かった気がしますが、今はそもそも子供を産み育てる環境が最悪な為に子供を持たない人たちが多いのでは?と危惧します。 このままでは日本終了— T・T piko TT15573396 これは凄い視点ですね。 自らの民族性を否定するために、確かに私たち日本人はあらゆる方法で繁栄の道を絶っていますね。 かつてこの国が繁栄してバブル景気に沸いたのは、もう30年以上前の話ですからね。 だって、税金だらけで給料安くちゃ結婚どころじゃないでしょ。 一人でそこそこ生きていく方が気楽。 — kaka kaka19730323 そうそう。 少子化対策なんていっても、よく聞けば都合のいい奴隷がもっとほしいだけ、みたいな内容だから。 — Brother Corn brothercorn 出て行く金すらないのでしょうがなく過ごしています。 — smallstream2 smallstream2•

次の