ライン 使い方。 コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

LINEをパソコンにインストールする方法

ライン 使い方

LINE Keep(ラインキープ)とは? LINE Keep(ラインキープ)は、LINEが2015年にリリースしたストレージサービス。 平たく言うと、LINEが独自に展開する「データの保管庫」です。 トークが活発に行われていると、気になった内容などを後でさかのぼるのはけっこう大変なもの。 LINE Keepを使うと、LINEトーク内でやり取りした文章やURL、動画、画像などを簡単な操作で一か所にまとめて保存し、あとで見返したり取り出しやすくなります。 保存できるデータの上限量は1GBで保存期間は無期限(50MBを超えるデータは30日間限定)。 スマートフォンの容量を消費することなくデータを保管できるので、容量パンパンでスマホを使っている人にも大変心強いサービスです。 Keepする方法 それではLINE Keepの使い方をご紹介しましょう。 1を使用しています。 まず、Keepしたいトークを長押しし、「Keep」をタップ。 「保存」をタップ。 これでKeepされました。 ごくごく簡単です(笑)。 もう1つの方法が、Keep画面に直接保存する方法。 自分のプロフィールページを表示し、「Keep」をタップ。 するとKeep画面が表れます。 「+」をタップし、保存したいデータの種類を選択(ここではテキスト)。 テキストを入力したら「保存」をタップして、完了です。 Keepしたデータを見る方法 ホーム画面から自分のプロフィールページを表示し、「Keep」をタップ。 Keepしたデータの一覧ページが表示されます。 初期設定ではKeepしたデータが時系列で表示されますが、サイズや名前などによる並び替えや、グリッド表示に切り替えることもできます。 また、「写真(動画もこちらです)」「テキスト」「ファイル」の3種類によるカテゴリー表示も可能です。 Keepしたデータの使い方 Keepしたデータは自分で見返すだけでなく、再びトークで共有することも可能です。 送信したいファイルを選択し、「決定」をタップ。 送信したい友だち、グループを選択し、「送信」をタップ。 友だちは複数選択もできます。 LINE Keepをホーム画面に置いておくとさらに便利! スマホ端末のホーム画面に「Keep」を設置しておけば、Keepのホーム画面に1タップで移動できるので、使い勝手が格段に向上します。 「確認」をタップ。 ホーム画面に「LINE Keep」が設定できました! LINE Keep(ラインキープ)のメリットまとめ 冒頭でも少し触れましたが、LINE Keepのメリットを最後にまとめておきましょう。 保存期間が無期限 トーク画面の写真や動画はずっと保存されるわけではありません。 (以前は14日で保存期限が切れる仕様でしたが、現在はそれ以降も残っているデータもあるよう。 しかし、いつ消えるかわからず順次アクセスできなくなるようです) その点、キープしておけば無期限で閲覧可能!(50MBを超えるデータは30日間限定) スマホの容量を消費せずに保存できる キープしたコンテンツはLINEのクラウドに保存されるため、スマートフォンの容量を消費することなくデータを保管できます。 情報をすぐ探せる 情報をキープしておけば、トークをさかのぼることなく見たい動画や写真がすぐ閲覧できます。 店舗情報などもシェアも簡単! さらに、キープした機種変更しても受け継がれるのもうれしいポイント。 友人との待ち合わせ場所やおいしかったお店のURL、上司やクライアントから送られてきたデータ(ワードやエクセルファイルもKeepできます)、ちょっとしたアイデアメモなどをKeepしておき、あとで簡単に見返せるので非常に便利です。 使い方はとっても簡単なので、ぜひ活用してみてください。

次の

LINE(ライン)の使い方ガイド・LINE・PC!

ライン 使い方

【2020年版】LINE(ライン)とは?使い方や始め方を解説! 公開日時 : 2020-01-02 13:29 更新日時 : 2020-02-03 15:47 スマホを持っている小学生からおじいちゃん、おばあちゃんまで、みんな使っているコミュニケーションアプリ、LINE。 国内のMAU(Monthly Active Users)は2019年9月時点で8,200万人以上と、日本人の7人に5人が月に1回使っているってことになります。 スマホを持たない人口を考えれば、もうスマホを持つほとんどの日本人はLINE使っているといってもいいかも。 とはいえ、これからスマホデビューする人や、もちろんLINEを使ったことがない人もいます。 それに、LINEのすべての機能を使いこなしている人がたくさんいるかと言えば、決してそうではないでしょう。 使っていない機能が見つかれば、もっと便利に使えるかもしれません。 これからLINEを使ってみたい!という方も含め、トーク・友だち登録など基本的な使い方から学んでいきましょう。 LINEあらまし LINEはスマホやパソコン、タブレットなどで利用できるアプリケーションです。 LINEアプリのユーザー同士で、無料でメッセージのやり取り、音声通話、ビデオ通話ができます。 これは国内、海外、通信キャリア問わずできるので、世界で230以上の国と地域で広まっているゆえんです。 基本機能 LINEのメイン機能と言えば以下のとおり。 トーク チャット、音声通話、ビデオ通話ひっくるめたトーク機能。 個人間、複数人問わずこれらを利用したコミュニケーションが楽しめます。 テキストやスタンプ、写真、動画、音声、位置情報、音楽といったコミュニケーションに必要なあらゆる情報がトーク画面でやり取りできます。 送金の依頼や贈り物の授受もこのトーク画面でできるので、面と向かっては言えない無心のお願いもサラリと言えちゃいます。 タイムライン 個人やグループのトーク画面です。 自分から相手に話しかけたり、友だちの投稿をチェックしたり、ストーリー機能を使って今山上ってんだ、的な状況をシェアできたりもします。 ホーム 家のマークを押すとそこはホームタブ。 ここで自分の友だちリストを見られます。 また公式アカウントやLINEのスタンプ、着せかえといったサービスコンテンツにアクセスできます。 このあたりはLINEを使う際に閲覧がマストではないので、使わない人はまったく使わないかもしれません。 ニュースタブ 日本ならLINE NEWSがみられます。 え?こんな機能あったんだ!?と驚く人も多い機能の一つかもしれません。 まあ要は、ニュースがLINEアプリでみられるから、ブラウザやほかのニュースアプリ開く必要ないよね、というやつです。 LINEウォレット ここポイント。 LINE Payの利用や、モバイル送金、決済などを行う機能がこちらです。 それだけではなく、お金関係の管理も可能。 LINE家計簿、LINEほけん、スマート投資といった機能が用意されています。 スタンプ スタンプ機能はLINEのトーク機能をより発展的なものにしてくれる点で、結構大きなインパクトがあります。 スタンプだけのトークなんて、ザ・LINEですよね。 既存のキャラクターをスタンプにしたり、自分でイラストを書いて販売したりと、ビジネスの場にもなるほどです。 着せかえ LINEのトークルームやタイムラインなど、LINE全体のデザインを変更できる機能です。 使いこなしている人はあまり多くないかもしれません。 サービス ショッピングやスマート投資、ほけんなどのサービスが利用できます。 LINEショッピング LINEほけん LINEに登録しよう! 一通りLINEの機能を説明しました。 まだ使ったことがないという方、ぜひ使ってみてください。 便利だから。 難しくありません。 これから一緒に登録していきましょう。 step1. まずは登録 LINEアプリをダウンロードしてきてください。 iPhoneを使っている人はこちら 初めて利用する場合は新規登録をタップします。 もしパソコンなどでLINEアカウントを作っている場合は、ログインをタップしてください。 登録の際は、電話番号もしくはFacebookアカウントのどちらかが必要になります。 人によってはFacebookのアカウントでログインして、Facebookの友人が勝手にLINEに登録されたらどうしよう、と不安に思っているかもしれません。 しかし、それは杞憂です。 Facebookアカウントを使っても、LINEに勝手に同期されることはないので、安心してください。 step2. 友達を追加する 次にトークしたい友達を追加しましょう。 初心者は「友だち自動追加」をオンにして、自分の電話帳から自動的にLINEを使っている友だちを追加したほうがラクかもしれません。 オンにしておけばダダダーッとホーム画面に友だちが追加されてくるので、そのまま友だちの画像をタップして、話しかけてみてください。 「LINE始めました!」という感じでいいと思います。 勝手に追加するのもなんだかイヤだな、悪いな、と思う人は、友だち一人ひとりに電話かメールをして、LINEで友だちになっていいですか?と聞きましょう。 step. 3通話 トーク画面でここの受話器のマークをタップすれば、相手を呼び出して通話ができます。 しかも、無料です。 step4. トーク 文字やスタンプを駆使してコミュニケーションをとってみましょう。 テキストだけでやり取りしてもいいですし、親しい人ならスタンプだけで手短にコミュニケーションをしてもOK。 仕事中や移動中など、通話ができない人とコミュニケーション取りたい人はトークで、話したいなら通話で、といった使い分けができます。 スタンプは誰もが知っている有名なキャラクターからマイナーなキャラクターまで、いろんなものが揃っているので、お金に余裕があれば購入してもいいでしょう。 無料のものもあるので、別にお金をかける必要はありません。 トークの既読をチェック ちなみにトーク画面で相手にメッセージを送ると、相手がそれを読んだ場合に「既読」と表示されます。 既読が付くなんて言い方しますけど、既読になれば「ああ、メッセージを読んだな」と判断できるので便利です。 逆にメッセージが来た時にその画面を見ていると、相手に既読がつくので、読んでないよ?見てないよ?といった言い訳はできません。 いろんなものがトークで送れる テキストだけでなく、画像、動画、音声(3分まで)も送れます。 会社で使う資料を送りたいときもここからできますし、町内会の資料を写真に撮って、近所の人に見てもらいたい時もここから送れます。 ほかにもLINEアカウントや位置情報なども送信できるので、挑戦してみてください。 step5. グループトークにチャレンジ! 家族や、いつも遊ぶメンバーなど、よくコミュニケーションを取る人がいれば、グループを作ってそこでトークをすることもできます。 臨時で、旅行へ行くメンバーをグループ化したり、イベント開催のためのグループメンバーを作ったりと使い方はいろいろ。 グループの作り方は簡単。 グループトークは通知をオフに LINEのトークはメッセージが来ると音で知らせる機能がついていますが、通知をオフにすれば音は鳴りません。 グループトークはたくさんのメンバーからメッセージがきますので、ひっきりなしに音が鳴ることもあります。 うるさくてしょうがない方は、通知をオフにしましょう。 連絡先を交換する方法 電話帳に登録していない友だちで、LINEを使っている人も少なからずいるでしょうし、新しい友達ができたときにLINEの連絡先を交換したいという方もいるでしょう。 その方法を紹介します。 ふるふる なじみのない方にはちょっと信じられないかもしれませんが、連絡先を交換したい人同士でスマホをふるふると振ってみるとアラ不思議、交換できるんです。 ふるふるの画面を表示させて、いっしょにふるふるするだけなので、簡単です。 SMSで招待 ショートメッセージを使って招待する方法がコレです。 メニュー左の招待をタップし、SMSを選びます。 アドレス帳にある電話番号とLINEの登録名が出てくるので、追加したい人を選びましょう。 するとQRコードと追加用のURLを送付する画面になるので、そこから送ってみてください。 メールで招待 SMSと同じフローで「E-mail」を選択します。 SMSではなくメールでQRコードと追加用のURLを送付して招待できます。 QRコード 友だち追加メニューから「QRコード」を選びましょう。 QRコードリーダー画面で交換したい相手が表示したQRコードを読み込んで、友だちに追加できます。 LINE IDや電話番号の検索 相手に自分のLINE IDや電話番号を検索してもらい、そこに出たあなたのアカウントを追加してもらってもOKです。 LINE IDはあなたのアイコンの下にある文字列です。 これを相手に教えて、検索してもらいましょう。 IDで追加してもらう場合は、事前にあなたのLINEの設定を変える必要があります。 歯車マークをタップし、「IDによる友だち追加を許可」をオンにしておきます。 トークで送る 友だちに別の人のLINEを教えたい場合に行うやり方です。 LINE ライン のトーク・ブロック機能・設定について LINEを活用するメインとも言える、トーク画面ですが、色々な機能が追加され便利になっています。 しかし、便利な機能も活用できなければ宝の持ち腐れというもの。 また、色々な人とトークできるという事はそれだけトラブルに合う可能性もあるという事です。 そういった場合のブロック機能、友だち削除などの手順も確認しておいてください。 LINE ライン の引き継ぎ・バックアップについて スマホを機種変、乗り換えする場合に大きな落とし穴になる、可能性があるLINEの引き継ぎ。 最近はセキュリティ面からも誰かに勝手にログインされないよう、色々工夫されています。 しかし、何点かあるポイントだけ押さえれば決して難しくはありません。 急なLINEの引き継ぎになっても慌てる事がないよう、事前に確認して頂くことをおススメします。 LINE ライン のホーム・タイムラインについて LINEを利用するうえで、気になるホーム画面の設定と、タイムライン。 設定しない方、利用しない方も勿論いますが、楽しい機能なのは間違いありません。 逆に利用したくない、といった非表示の方法も知っておいて損はありませんよ。 LINE ライン のアプリ・機能について もはやLINEは単にトークができるアプリ、というだけではなく様々な便利な機能が追加されています。 漫画、音楽、動画などなど上手く活用すれば、ライフスタイルも一変するかもしれません。 同じLINEのアカウントを活用できますので、登録の方法も便利だと思います。 それぞれ詳しく解説しまとめてあります。 LINE ライン のPC版について LINEはスマホで活用するもの、確かにメインはその通りなのですが、実はPCでもログインできる事をご存知でしょうか。 PC版の意外なメリットも解説しています。 まとめ ここまで、LINEとは何かというところから、その基本機能、使い方などをご紹介しました。 何より便利で、使いやすく、タダで通話やビデオ通話もできるし、場所や言語問わず誰とでもコミュニケーションできるLINE。 まだ使っていない方はぜひ使ってみてください。

次の

第1回 正しく知れば怖くない! LINEの第一歩は初期設定から (1/2)

ライン 使い方

スタンプショップのEVENTから無料スタンプを取得する スタンプショップの中には、企業や団体などを友だち追加する事で取得できる無料スタンプが用意されています。 その無料スタンプを取得する操作もとても簡単です。 まずLINEを起動したら、画面右上の財布上のマークを押して、LINEウォレットの画面を表示します。 その後、スタンプショップをタップしてください。 スタンプショップをタップすると、今度は画面右上の『EVENT』をタップして下さい。 無料スタンプの一覧が表示されます。 『友だち追加でスタンプGET!』と表示されているものは、その企業やサービスと友だちになる事でスタンプが取得可能となります。 今回は試しに一番上のコーセープロビジョンをタップしてみましょう。 あとは画面上部の緑色の友だち追加ボタンを押すことで、画面中央のダウンロードボタンが押せるようになって取得可能となります。 有効期間が180日とあるように、これらのスタンプの使用期限はおよそ半年です。 ずっと使えるわけではないのでご注意下さい。 友だち追加以外に条件が設定されている事もある ほとんどの無料スタンプは友だち追加が条件となっていますが、中には他に条件が設定されているものもあります。 ゲームを遊ぶ、アンケートに回答するといった内容ですので、もちろん条件を満たしてスタンプを取得することは可能です。 スタンプ取得後は不要ならブロックをしよう 無事、スタンプのダウンロードが終わったら友だち追加した企業や団体をブロックしましょう。 ブロックしておかないと、キャンペーン等のお知らせが入ってくる為です。 もちろん、お知らせが必要ならばブロックする必要はありませんが、お知らせは思った以上に入ってきますので、早い内にブロックしておいた方がオススメです。 Playストアから無料スタンプを取得する LINEのスタンプショップ以外にも、実は無料スタンプを取得できる所があります。 そこはアプリを取るのにお世話になるPlayストア。 ここで『LINE スタンプ』でも『無料スタンプ』等で検索してみましょう。 LINEに使える無料スタンプが、たくさんヒットします。 後はこのアプリをインストールして、送りたい画像をスマホ本体に保存してLINEで送ります。 厳密にはスタンプではない この無料スタンプアプリで送れるスタンプは、厳密に言うとLINE専用のスタンプではなく、ただの画像で『スタンプっぽく見える画像をLINEで送っている』だけだったりします。 なので、LINE以外のSNS、例えばMessengerやEメール等でも送れますし、画像をダウンロードしているなら、スマホのフォトやアルバム等のアプリからでもスタンプの画像が見ることが出来ます。 ただ、正確にはスタンプとは違うと言ってもスタンプの様に使えるのは事実ですし、動きを付けたり無料で使える割には相当な数を用意していたりと、通常のスタンプより劣っている訳ではありません。 送り方も通常のスタンプとは異なり、アプリを起動して送りたい画像をスマホ本体に保存した後に、LINEから通常の写真や画像を送る操作で相手に送信します。 他にもお手軽にスタンプを取得できる手段は多い 無料でスタンプを取得できる代表的な方法は、今回ご案内したスタンプショップのEVENTと、Playストアの無料スタンプアプリです。 最近では缶コーヒーのおまけでLINEのスタンプが取れる事もあります。 周囲を見渡せばLINEのスタンプは、色んなところから無料か安く手に入りますので、是非取得してLINEを華やかに使ってみてください。

次の