子供 みぞおち 痛い。 胃が痛い・みぞおちが痛い・背中が痛い原因|にしやま消化器内科

みぞおち(胃?)に周期的な痛みがあります。

子供 みぞおち 痛い

みぞおち(胃? )に周期的な痛みがあります。 こんにちわ、気になったので質問させていただきます。 2日前くらいからみぞおち(胃? )に周期的な鈍痛があります。 最初は夜、寝ようと横になったら痛む程度だったのが、 今は10秒から20秒おきに背中から前に移動するように 鈍痛が広がる? (説明下手ですみません)感じになりました。 胃薬を飲んで多少は良くなったかなと思うと水を飲んだだけで少し痛みがあったり… 胃に何か入っていても痛いですが、空腹時が一番痛みます。 ネットでいろいろ調べてはみたのですが、痛み方が少々違ったりと理解できませんでした。 今度うまく時間が取れたら病院に行こうと思うのですが、 皆様からのご意見も頂きたいと思い、投稿させていただきます。 何か大きな病気なのでしょうか? 拙い文章で申し訳ありませんでした。 ご意見、頂けるととても助かります(><) こんばんは。 お辛いですね。 質問者様のみぞおちの痛みは、胃痛の可能性が有ります。 下痢を伴わない胃腸痛は、薬局で販売されていて、病院でも処方されてます、「ブスコパン」(胃腸の痛みに効くお薬)が、大抵の痛みに効果が有りますので、ぜひお薦めします。 次に質問者様のお辛い胃腸痛に効く、体操をお教えします。 次に、右側も同様にマッサージします。 お腹の内側から時計回りに外側に向かってマッサージします。 背中を押して、痛い所が有りましたら、マッサージして下さい。 大抵は、これで良くなりますので、ぜひ、試してみて下さい。 特に、押さえて痛い箇所は、悪いので、多めにやって下さい。 マッサージにより血行が良くなり、症状が改善されます。 これで改善されませんでしたら、消化器内科、胃腸病院の受診をお薦めします。 参考になりましたら、幸いです。 お大事になさって下さい。

次の

喉の奥に違和感が!みぞおちが痛い胃のあたりの痛みの原因チェック

子供 みぞおち 痛い

まずは痛み方を知る事が大事 子供の場合には言葉での説明が難しい場合があります。 しかし、直接患部を見る事で腫れているもしくは青あざが出来ている事でもある程度のけんとうをつける事ができます。 何もしていない場合にも痛みの内容を精査する事が必要です。 痛みが強くて歩けない程なのか何となくしくしくした痛みなのか、あるいは痛みが強く成ったり弱く成ったりするのかなどを聞いてみる必要があるでしょう。 みぞおちが痛い原因や対処法は? みぞおちに痛みが出る場合の内臓系の原因は心臓、胃そして腸なども考えられます。 緊急として心臓ではないかどうかを切り分ける方法としては子供の顔色や唇の色などを観察する事と子供の様子で立って居られない様子かどうかを確認します。 顔や唇が青白く冷や汗が出ている状態で 意識もハッキリしていない場合は救急に連絡して受診する必要があります。 または救急車を呼ぶ方法もあります。 それ以外の場合は時間的にじっくりと観察します。 熱があるかないか、食欲や便通などの様子を確認します。 ウィルス性腸炎や便秘などにも腹痛を伴う事が多くみぞおちの痛みに繋がります。 外傷の場合には受診する場所は病院の整形外科も考えられますが、子供の場合にはそれを含めて 病院は何科と迷う時は【小児科】と言う事で解決出来ます。

次の

胃が痛い!みぞおちの痛みや吐き気がする原因

子供 みぞおち 痛い

胃が痛い!みぞおちがキリキリするのはなぜ? 胃の痛みの原因に多いのは、食生活やストレスと言われています。 特に日本人は近年の食生活が欧米化しているので米や野菜などの消化のよい食事から、肉などの脂肪や塩分や味の濃い食事に変化してしまい、 体質に合わずに体や胃に負担がかかってしまっているようです。 ストレスでの胃の痛みは食事や運動、睡眠などの普段の生活習慣の乱れが原因となっています。 なので胃痛が発生したら普段の生活習慣を見直すのがいいでしょう。 ストレスが続くことで胃だけでなく別の病気になってしまう危険もあるので注意が必要です。 吐き気などの症状が伴う原因は? 胃痛とともに吐き気や下痢などの症状が伴うこともあります。 これはなぜ起こるのでしょうか。 食べ物を口に入れると、食道を通って胃に入り十二指腸に流れていきますが、これは蠕動と呼ばれる筋肉の運動により行われます。 しかし、何かしらの原因によってこの蠕動が逆に働いてしまい、食べたものが胃酸とともに逆流してしまい、それによって吐き気をもよおします。 吐き気を伴う胃痛の場合は、食べ過ぎや飲み過ぎの際に感じることが多いのですが、この場合は食べ過ぎや飲み過ぎによって胃に負担がかかり、 胃の粘膜に炎症が起こるためです。 胃痛とともに吐き気を伴う主な病気• 急性胃炎• 逆流動性食道炎• 消化性潰瘍• 虫垂炎、腹膜炎 胃やみぞおちの痛みは病気の可能性 胃やみぞおちに痛みを感じたときは病気の可能性があります。 胃の痛みを感じた場合の、可能性として挙げられる病気とはどんなものがあるでしょう。 機能性ディ• 消化性潰瘍• 胃アトニー• 胃アニサキス症• 胃粘膜下腫瘍• 胃がん• スペプシア• 胃痙攣 こういったものが該当します。 また、みぞおちに痛みを感じた場合には次のような病気にかかっている可能性があります。 消化性潰瘍• 逆流性食道炎• 食中毒• 胆石症• 急性膵炎• 心筋梗塞• 急性虫垂炎• 心身症 これだけ様々な病気にかかる危険性がありますから、胃やみぞおちに痛みを感じた場合には注意が必要です。 できるだけ早めに病院へ行って診察してもらうことをおすすめします。 胃やみぞおちの痛みの代表的な病気 胃炎 胃炎は日常で胃痛やみぞおちの痛みの最も多い原因で、胃炎には 急性胃炎と 慢性胃炎の2種類あります。 急性胃炎の主な原因は、食べ過ぎや飲み過ぎです。 いきなり食べる量を減らすのは難しいかもしれませんが、少なくとも味の濃いものや刺激の強いものを摂取するのは控えるのようにしましょう。 また、熱すぎるものや冷たいものも極力控えるようにしたほうが良いです。 胃やみぞおちの痛みがひどい場合は慢性胃炎である可能性があります。 慢性胃炎の主な原因は禁煙や過度の飲酒であり、年齢を重ねるほど慢性胃炎になりやすくなります。 また、慢性胃炎は一度かかると 再発しやすい傾向があります。 胃潰瘍 みぞおちに強い痛みを感じたときには胃潰瘍の可能性が高いです。 胃潰瘍は食事中や食後にみぞおちの痛みや吐き気、腹痛など症状が現れます。 主な原因はストレスであり、ストレスがひどいと胃潰瘍どころか胃に穴が開くこともあります。 胃潰瘍の場合であれば薬で治療することができますが、穴が開いてしまうと手術をせざるを得ません。 胃がん 胃やみぞおちに強い痛みを感じた場合、胃がんの可能性も考えられます。 胃がんは日本の男性の死亡数第2位、女性の死亡数第3位の病気です。 初期症状は胃炎と同じなので、 診察を病院で受けるまで気づきにくい病気でもあります。 特にたばこを吸う方は胃がんになる確率がかなり高くなりますので、喫煙者は病院で診察してもらうようにしましょう。 喫煙者でなくても胃やみぞおちに頻繁に痛みを感じる場合はただちに病院へ行きましょう。 軽い症状の予防や対処法とは。 病院へ行って診察してもらうのが一番良いですが、自分でできる対処法もあるので書いていきたいと思います。 胃薬を飲む 痛みを止めるなら市販の居薬や痛み止めを購入して対処しましょう。 胃痛は日本人は特に多いので、家に置いててもよいかもしれません。 備えあれば患いなしですからね。 絶食する 食事しないことで胃は食べ物を消化しようと働かずに済むため、休むことができます。 痛みを感じているときに食べ物を口にしてしまうと、胃に刺激を与えることになるため、さらに症状が悪化してしまう可能性があります。 また胃に痛みを感じていなくても適度な絶食であれば胃の疲れをとることができますし、老廃物を出し切ることができます。 絶食することで消化、吸収の働きを止めて排泄に身体のエネルギーを使うため 胃や腸のリセットにもなりますし、デトックスにもなります。 「完全に何も口にしないのはちょっと、、、」という方は食事を食べ物ではなく、野菜ジュースや生姜紅茶など 健康に良いドリンクに置き換えてやってみると、良いかもしれません。 入浴する 胃の痛みの改善には入浴も効果的です。 5分湯船につかり5分休憩を3回程度繰り返しましょう。 高い温度の湯船に入浴すると胃液の分泌を抑えてくれるので、胃酸も少なくなるので胃の痛みを軽減できます。 しかし胃の痛みの原因がストレスである場合には、お湯の温度は高温ではなくぬるめの温度にしましょう。 お湯の温度をぬるめにすることでリラックス効果を得ることができ、ストレス解消になるため、胃の痛みを軽減できます。 胃の痛みの原因がストレスでなくても、日中は高い温度で短時間湯船に浸かり、夜はぬるい温度でゆっくりと浸かるのが良いでしょう。 胃を休ませる 横になっても大丈夫な環境であれば、毛布などで体を冷えないようにして横になり、楽な体勢で身体を休ませましょう。 場合によっては 数十分で痛みが解消される場合があります。 衣服を緩めたり、パジャマなど楽な服装で横になるなど楽な体制をとりましょう。 また、急性胃炎の場合は程度にもよりますが、胃を休めて安静にしていれば数日で治ります。 スポーツドリンクなどを飲んで水分補給をしたり、胃を休めるためあまり食べ物を食べないようにしましょう。 深呼吸してみる 深呼吸も効果があります。 姿勢を伸ばしてゆっくり深呼吸することで、血行が促進され痛みが緩和されます。 リラックス効果もあるため完全にではありませんが、効果的です。 ツボを押す 胃に効くツボを押すことで胃の痛みを緩和させることができます。 どこでもできるツボなので試してみる価値はあります。 合谷(ごうこく) 手の甲の親指と人差し指の骨の合流する部分から少し人差し指寄りを触ってみると、くぼんでいる部分があります。 これが合谷です。 合谷は万能ツボと呼ばれていて、全身の痛みを和らげる効果があります。 合谷を押すとその刺激が脳に伝わり、脳内にエンドルフィンというモルヒネ同様の脳内麻痺が起こり、脳が感じている 胃の痛みを麻痺させて和らげます。 押し方には注意が必要で、合谷のツボは骨の下深くに神経が通っているため、くぼんだ骨の部分を親指で力を込めてグーッと押すか、くぼんだ骨の下の部分を押すように骨の外側から押さないと脳に刺激を与えることはできません。 胃兪(いゆ) 胃兪は背中のほぼ腰の高さで、背骨から指2本分横の位置にあり左右に2点あります。 お腹の張りや胸焼け、胃痛や胃炎などに効果があります。 腰を掴むように親指を胃兪に当てて、数分程度気持ちよく感じる程度に押します。 急な胃痛にも焦らず対処しよう! 急に胃痛やみぞおちが痛くなったら怖いですし不安ですよね。 胃の痛みは全て病気が原因というわけではないので、焦らず対処しましょう。 胃の代表的な病気• 胃潰瘍• 胃がん 胃が痛いときの対処法• 胃薬を飲む• 胃を休ませる• 絶食する• 入浴する• ツボを押す 胃やみぞおちの痛みによる病気は日本人は特に多く、死亡する原因にもなります。 少しでも気になる症状がある場合は、なるべく早く 病院で診察してもらいましょう。 合わせて普段の生活習慣も見直していけばさらに改善されるでしょう。

次の