はめふら 7話感想。 『はめふら』7話の詳しいあらすじや感想などまとめ!見逃し配信が見れるサービスも紹介|インドア大学

『はめふら』7話の詳しいあらすじや感想などまとめ!見逃し配信が見れるサービスも紹介|インドア大学

はめふら 7話感想

はめふら:アニメ第9話のあらすじ カタリナの世話係のアンは、幼い頃からカタリナに仕え続けています。 今回はそんなアンの過去がついに明かされます。 女子たちのパジャマパーティーも開催されるのでお見逃しなく! はめふら:アニメ第9話のネタバレ ここからは第9話のネタバレとなっております! 赤い箱 学園でのテストも終わり、 カタリナは無事進級できました。 意気揚々と世話係のアンに報告します。 アンはカタリナを大事に思っているので、カタリナにお礼を言われて嬉しそうです。 カタリナは他の人にも報告に走っていきましたが、アンはそのままカタリナの自室にとどまっています。 部屋の中にある机の上には何やら 赤い箱がありました。 アンはその箱を開けて、何を考えているのかわからない顔で中身を見つめていました。 アンの分析 一部から人気のあるカタリナ 笑 出典: 今回は アン目線が多めのようです。 カタリナは庭で皆に進級の報告をしていました。 そこを洗濯ものを抱えた働き者のアンが通りすがります。 アンはそんなカタリナを分析していました。 カタリナはひどい問題児だが、 一部からは人気があるとアンは考えています。 カタリナがジオルドの好意に気づかないため、普段から振り回されているアン。 寿命が縮む思いをしたこともあるとか 笑。 また、ジオルドのみならずキースも分かりやすいほどカタリナに好意を寄せていますが、全く意に返さないカタリナ。 キースが落ち込んでいるところもアンは何度も目撃していました。 アランもカタリナに弱いようで、はたから見ればカタリナに好意を寄せているのは明白ですが、これは アラン自身もまだ自分の気持ちに気づいていません。 アンだけはずっと気づいています。 メアリも分かりやすいほどにカタリナが好きで、メアリの恐ろしい計画もアンは見透かしていました。 ある日の事、メアリとカタリナは自分が王子の妃など荷が重い、と意見が一致。 メアリはその勢いで、一緒に遠くへ逃げましょう!と息巻いたのです。 カタリナもそれにかなり乗っていますが、メアリが本気だとは気づいていませんが、アンだけはそれが本気だと気づいています。 ニコルも表情を変えることはあまりないですが、 カタリナの前では笑顔を浮かべます。 ソフィアは兄の気持ちを知っていて、カタリナにアピールしていますがカタリナは全くその意図には気づきません。 マリアもカタリナのために多くのデザートを作っており、カタリナのことが大好きなのは明白です。 全ての気持ちに気づいているのは、アンだけなのでした。 男子会は採用? カタリナのどこに魅力があるのか?それはすでにアンが一番よく知っていることでした。 アンは洗濯物を抱え、井戸に向かいました。 袖をめくると何かの痣が見えます。 その痣とカタリナが関係しているようですが、一体どういう事情なのでしょうか? アンがそんなことを考えているなど露知らず、カタリナたちは今夜 パジャマパーティーをするようでいきいきとしています。 女子たちだけで開くようで、カタリナは「男子は男子会やったら?」と提案しますが・・・キースは全く乗り気ではありません 笑。 しかし、ニコルとアランは男子会に興味津々です。 その様子にキース大慌てですが、どちらの意見が採用されるのでしょう 笑。 そしてその話に反応していたのはソフィアです。 「朝まで男子会」という響きに何か感じたのか、今にも妄想を広げるような顔をしていました。 パジャマパーティー開催! ナスのパジャマ姿 出典: 自室に戻ったカタリナは、今夜のパジャマパーティーで着るパジャマを選ぶのに夢中になっていました。 服で散らかった部屋を見てアンは驚愕します。 しかし、私はカタリナが ナスのパジャマを着ていることに驚きました 笑。 しかもナスの服で行きたいと言い出します。 アンは「お似合いですが他の候補は?」とそれとなく別の服にするよう促します。 次にカタリナが選んだのは、 暗い部屋の中で光るパジャマです。 アンは「もう少し落ち着いた服がいいかと」とこれも却下 笑。 結局水色のパジャマに黄色の羽織という、女の子らしいパジャマが採用されました。 集まった人達は、早速恋バナから始めました。 カタリナの破滅フラグ回避のための大事な話です。 まあ皆はカタリナが好きなので、いないと答えます。 カタリナは一安心です。 次は 「恋人ができたら何をしたい?」との質問。 カタリナは育てた野菜で料理を作ってあげること、マリアはお菓子とご飯を作ってあげること、メアリは一緒にご飯やお風呂を入りたい、ドレス交換などを候補にあげました。 メアリはカタリナへの愛が隠しきれてませんね。 ソフィアは本の内容を一緒にしたい、とのことでした。 ソフィアだけぶっ飛んでますね 笑。 生まれ変わったら? 話はアンの方にいきました。 そろそろアンにも縁談の話が来る年ごろということで、相手の話に興味津々です。 しかし、 アンは結婚願望がない、とそれきり黙ってしまいました。 カタリナが話を変え、 「生まれ変わったら何になりたい?」とこれまたベタな話題に。 ソフィアはその質問に目を輝かせながらこんこんとしゃべり続けます。 メアリはジオルドよりも地位の高い男性を所望。 生まれ変わってもカタリナと恋に落ちる予定です 笑。 長引きそうなので、カタリナはアンを先に帰すことにしました。 そこから、 アンの生い立ちの回想が入ります。 アンの回想 アンはシェリー男爵とその使用人の間に生まれた子でした。 母は男爵に好かれようと、アンに良い振る舞いを求めました。 そんな生活を送っていたある日、 火事で母を亡くしたアン。 そのとき、腕に怪我を負ってしまいました。 男爵は「その傷では政略結婚の道具として使えないから出ていけ」と言いました。 アンは 最初から道具としてしか見られていなかったのです。 そして、遠縁のクラエス家に仕えることに。 男爵にしていたように、自分の気持ちを押し殺し仕えることを決意していました。 しかし、カタリナが記憶を取り戻してからはそうはいきませんでした。 成長を見るにつれ、道具としてだけではいられなくなっていきました。 カタリナの部屋に戻ったアンは、 赤い箱を笑顔で見つめました。 それはカタリナからもらった初めての誕生日プレゼントでした。 アンはその瞬間、カタリナに永遠の忠誠を誓っていたのです。 そしてとある日、アンに縁談がきました。 男爵は偉そうに迎えに来ましたが、アンは行きたくないようで動けません。 そこに幼いカタリナが飛び込み、アンを引き留めました。 男爵にアンがどれだけ必要な存在なのかひとつひとつ説明しました。 アンはそんなカタリナに勇気をもらい、男爵に結婚を断る旨を伝えました。 男爵は憤慨しましたが、結婚話はなくなりました。 カタリナの傍にいることこそが、アンの至上の幸せなのです。 野菜の収穫と園芸用ばさみ 朝になり、ジオルドのもとに手紙がきました。 それは カタリナからの手紙で、裏庭にきてほしいと書いてありました。 カタリナらしくなく怪しいのですが、ジオルドはついに想いが通じ合ったのかと舞い上がりながらプレゼントを用意することまで考えています。 しかし、裏庭に行ってみると友人たちが全員集まっていました。 そう、 カタリナは全員に手紙を書いていたのです。 野菜の収穫祭を行う、ということで全員に手紙を書いたカタリナは、全員分の作業服も完備していました。 ジオルドは不服そうですが、プレゼントは自分だけだろうと 園芸用ばさみをプレゼントします。 以前、カタリナが「はさみの切れ味が悪い」と言っていたからです。 しかし、考えることは皆同じで、カタリナはすでに両手に抱えきれないほどの園芸用ばさみをプレゼントされていたのでした。 今回も一枚上手とはいかなかった、ジオルド王子でした。 はめふら:アニメ第9話の感想 管理人の感想 今回はアンを中心としたお話でした。 アンは今まではあまり存在感がなかったので、アン視点から見たカタリナたちも新鮮でしたね。 また、アンの過去も明かされました。 アンもまた複雑な事情を抱えていたので驚きましたね。 まさか男爵の娘だとは思いませんでした。 そんなアンにカタリナがいつも寄り添ってあげたことで、アンは元気を取り戻していっていたのですね。 カタリナは相当鈍いのでは?• アンの過去に触れる• アンにとっての幸せは? 今回はアンにスポットを当て、彼女の過去も見ることが出来ました。 すでに主要キャラクターの過去がどんどん暴かれていますが、未だにシリウスだけはまだアクションがないですね。 地味に気になっているのですが、皆さんどうでしょうか? また、今回もみんなのカタリナへの愛が爆発している回でした 笑。 次回からも激しくなるのでしょうが、果たしてカタリナが振り向くのは誰なのかも気になるところですね! 以上、『はめふら』第9話のネタバレ・感想まとめでした! 次回予告.

次の

【はめふら】第12話感想 有終の美を飾るとはまさにこのこと!

はめふら 7話感想

出典:「」公式ページ 夏休みも終わり、カタリナたちは魔法の実技試験を受けることに。 実技試験の会場として訪れた「古の遺跡」の奥に置かれた「魔力を宿す石」を持ち帰れば合格と言うが…。 カタリナは、ジオルド、キース、ソフィアの3人と、様々なトラップが仕掛けられ、入り組むダンジョンへと入るのだった。 出典:「」公式ページ 夏休みが明け、魔法学園では実技試験が行われることに。 それは、ダンジョンに潜り、魔力の石を見つけてくるというもの。 カタリナ一行は、(主にカタリナに)危険が降り注ぎますが、各々使える魔法を駆使してトラップを潜り抜けていきます。 すると突如トラップにかかったカタリナは姿を消してしまいます。 人一倍心配するソフィアは、今朝「知らない世界の友人同士の悲しい別れ」の夢を見ていました。 無事に試験はクリアされたのですが、カタリナの周りには黒い影が見え隠れしていました。 出典:「」公式ページ 物語は前世から始まります。 あっちゃんが歩いていると、突然空から降ってきた女性。 その人こそ、「カタリナの前世」である女子中学生だったのです。 カタリナの前世とあっちゃんは、それから友情を深めていき、無事同じ高校に合格することができました。 カタリナの前世は、あっちゃんと仲良くなったことで乙女ゲームにはまることになったのです。 毎日楽しく過ごす二人でしたが、そんな日常は突然終わりを迎えてしまいます。 カタリナの前世は、登校中交通事故に遭ってしまったのです。 悲しみにくれるあっちゃんのスマホに残されたカタリナの前世からの最後のメッセージは、腹黒ドSが攻略できないというものでした。 ーーーという夢を見ていたのは、「ソフィア」でした。 悲しい夢を見たと報告するソフィアを、カタリナは優しくなだめるのでした。 出典:「」公式ページ 夏休みが明け、魔法学校ではテストが開始されます。 実技試験は遺跡の探索。 魔力の石を見つけることが本試験のゴールですが、どうやら危険がありそうな様子……どうなってしまうのでしょうか? カタリナの実技試験チームには、ジオルドとキースとソフィアがいます。 (中々の強メンツです) ダンジョンに潜入したカタリナチーム。 しっかりダンジョンのトラップにかかっていくカタリナに皆はタジタジになってしまいます。 トラップを潜り抜け、待ち受けていたのは氷の壁。 そんな壁に、ジオルドは「炎の魔法」を使用し、潜り抜けていきます。 その先には暗号文のようなものがありましたが、抜群の知識でヒントを見つけるソフィアのおかげで更にダンジョンを進んでいくカタリナチーム。 次の部屋には底なし湖が待ち受けていましたが、「土の魔法」をキースが発動し、突破します。 全く魔法で活躍できていないカタリナを、ジオルドとキースは魔法で守り続けます。 二人がトラップに立ち向かっていると、カタリナは壁扉で一人地下へ落ちてしまいました。 ポンコツキャラあるあるの偶然手にしてたヤツ! 『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』第7話のTwitterでの評判・口コミ 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」7話。 もう失いたくない。 その言葉が意味する記憶の存在。 次元を超え再び紡がれる友情…このスケールならではの感動が味わえると良いね。 あなたのためなら毒をも食らう…女性陣の愛の重さが素晴らしいのです。

次の

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(はめふら) : あにまんch

はめふら 7話感想

はめふら6話のあらすじ 順調?に破滅フラグを回避しているカタリナ達もついに夏休みに突入。 蛇のおもちゃの投擲練習、畑仕事…今後のフラグ回避のためにも準備を進めるカタリナは夏休みを満喫していました。 畑仕事をしているとジオルドに湖にデートに誘われたり、キースと思い出の場所を訪れたり、ソフィアと初めてお買い物に出かけたり。 アランの演奏会に参加したりとてんこもり内容でしたが、最後はやっぱり宿題が終わらずキースに手伝ってもらっていましたね。 最後のカタリナの夢の中では 前世の話もしていましたが、これは7話の伏線なのかドキドキしてしまう内容でしたね! 乙女ゲームの破滅フラグ~ 6話感想S3. 技能試験はトラップ多数の洞窟でお宝探し• カタリナトラップに突っ込みまくります…• カタリナついに1人はぐれる…そしてカタリナの背後には黒い影が迫る!• カタリナ以外のメンバーが集まりみんなで捜索する。 ニコル、ソフィアの風の魔力によってカタリナを見つける• 最後はカタリナがはぐれたたまたま見つけたのが課題の石でみんなハッピーエンド? 今回はいつもとは少し違う ソフィア視点多めのお話でとても新鮮でした。 が、下校中に突然木の上から女の子が落ちてきて踏みつけられ…そして女の子はいいます 「ごめんなさい、お願い死なないで!お尻で人を殺してしまうなんて〜ごめんなさい〜」とあれこのデジャヴ感。 第一話で幼いカタリナがキースに同じことをしていましたね。 なぜ木登りをしていたのか聞くと 「木の魅力に誘わて…」 とりあえず相手も大丈夫だったか尋ねると 「私は大丈夫。 佐々木さんは優しいんだね」見ず知らずのはずなのに名前を知っている事に驚きました。 7話 クレマチスの花言葉 「美しい精神」「旅人の喜び」 蝶は復活と輪廻転生、木は孤独とカタリナの象徴。 初めて出会ったとき2人は木に挟まれているが、最後の別れ際は草木が塀と柵に遮られている。 背景は緑が茂っていて、ソフィアとカタリナの再会を祝福している。 私たち同じクラスじゃない」彼女はクラスメイトだという。 いまだにクラスの人の顔も名前も覚えてなかったのでもっとびっくり… 彼女は改めて自己紹介を…はアニメでは描かれていませんでした。 しかし、それ以来仲良くなった2人はお互い共通の趣味を見つけます。 佐々木あつこことあっちゃんはどんどん明るい性格になっていきます。 それから高校受験の勉強を教えていると約束をします。 「あっちゃーん、私はもうダメだ…」と始めて10分だれる友人。 あっちゃんは呆れ顔で高校浪人になるよ…などといい頑張らせようとするも、 「この参考書には眠たくなる呪いがかけられているんだ〜」というので1つ提案をします。 その勢いもあってなのか、二人は同じ高校に合格します。 その後高校でも仲良く過ごす二人… あっちゃんは約束どうり秘蔵の乙女ゲーム「 Fortune Lover」を貸すと友人も大ハマりしたようで、ある時の帰り道いつも通り下校してあっちゃんは家に遊びに来るかと尋ねるが 「今日中に腹黒ドS王子を攻略したい」ということで友人は急いで家に帰りました。 当たり前に続く日常だと思っていた。 そんな翌日、友人は死んでしまった。 あの子はもう戻ってこないー 葬儀の帰り道、最後のメッセージを見るとマリアのアイコンで深夜3時に 「あっちゃん。 腹黒ドS王子が攻略できない〜 泣 」という、陽気なメッセージが… それをみてあっちゃんは「最後のメッセージがこれって…。 」と言いながら泣き出してしまいます。 どんな夢かは覚えていないが悲しい夢だった気がする。 ソフィアは明け方いつものように畑仕事をするカタリナのもとを訪れ夢のことを話します。 覚えていない夢だからこそ最後の悲しい部分ばかりがちらつくことを。 そして小さい頃よりも昔の夢だった気がする…ソフィアも言っていることはよくわからないと言いながらもカタリナにありのままの話をします。 話してから変なことを言っている…と困りカタリナに気を使わせてしまったと思うソフィアだが、 カタリナは「緊張していると夢見が悪いことがあるんだよね」 というカタリナにソフィアは緊張するものに首を傾げます。 カタリナは今日からテストが始まること思い出して 「でも大丈夫、緊張しているのは私もおんなじよ。 一緒にテストを頑張りましょう」 とソフィアの手を取りいうとソフィアもにっこりと微笑みます。 問題点は違う気もするけれどカタリナらしく解決したようでした。 再びカタリナ脳内会議 「テストなんて嫌〜ずっと遊んでいたい…」 とここで始まるカタリナ脳内会議。 今回の議題はテストについてのようですがいつになく嫌がるカタリナ、対する真面目議長は進級について話します。 「はめふら」7話 ソフィア、お前あっちゃんなのか?これが今後のストーリーの中心になる?? 試験ではカタリナが大活躍!トラップにひたすら嵌り、皆が転んでしまいそうなちっさい穴を土ボコで塞ぎ、毒々しいキノコを集めて皆に振舞おうとするw あと、石もみつけてた! 次回こそ事件起こりそう? — こたつ猫 fkotatsuneko しかし、大切なのはこの先破滅を迎えないようにすることの方が大切だと主張するカタリナ。 今のところマリアが片思いしている人はいなさそうと話す気の弱いカタリナ。 お気楽カタリナもマリアの話に…マリアの今後は観察をつづけるという結論に。 それよりも、今はカタリナのテストの会議が必要だ。 もし、進級できないようなことがあれば…。 と真面目カタリナがいうと。 突然お怒りのカタリナお母様… これは、ある意味破滅フラグ…そして、脳内会議結論は母が怖いのでテストに集中することに。 「「「「異議なし!」」」」 前の話はこちら 次の話はこちら ついに試験開始 そしてついに試験が始まります。 実技試験は古の遺跡の探索。 そこでは魔力の宿る石を見つけ持ち帰ったら合格ということ。 しかし、遺跡にはかつて大魔法使いが仕掛けたトラップが多数あり危険だそうで…なんてところに生徒を放り込むのかしらと突っ込むカタリナ。 本当にその通りですね。。 試験の補佐官には教師二年生からは会長とニコルの姿が。 チームごとに分かれて試験が始まります。 チームは• カタリナ・キース・ソフィア・ジオルド• マリア・アラン・メアリ に分かれます。 なろう系では珍しいストーリー途中の長い現世シーン。 現世カタリナは夜中3時までゲームをやってたから朝に車に轢かれたのでは…。 あっちゃんは現世で天寿を全うして転生してきたのかな。 不気味な気配と話すソフィアとカタリナに「手を繋ごうか?」という紳士なキースに「婚約者は僕ですから」とカタリナを巡っていつもの光景に… そんなことも気にせずどんどん進むカタリナの目の前には明かに押してはいけない赤いボタンが…がカタリナは押します(笑) すると、背後から驚きの声が…見るとジオルドとキースが水浸しに。 カタリナ一行は大きな岩に追われて慌てて逃げます。 逃げながら、キースとジオルドに危ないから変なところんに触れないようににと嗜められます。 木の魅力に誘われて木登り… こいつは何を言ってるんだ。 テストはやなの。 一緒に遊びたいの。 別の異世界に飛ばされそうなスイッチを、 何かな? とか言いながら押すな なの。 メアリを助けるアラン、応援してるの。 カタリナは はぐれてんのに、 呑気にキノコ採取してやがるの。 ジオルドは不適な笑みを浮かべて突破できるか試されている。 といい3人の前に立つジオルド。 それが心配なのだと思うメアリ。 婚約者にまで嫉妬するメアリがが可愛かったですね~ その時、マリアは何かを見つけてメアリとアランを引き止める。 それは魔力を宿す石だと思ったメアリとマリアはかけよって石を手にします。 しかし、何かに気づいたアランは止めますが時すでに遅し…二人が手に取ったものは偽物でメアリのてから消えてしまいます。 そしてその石はトラップのスイッチで石があった部屋は崩壊してしまいます。 あ慌てて逃げ出す二人しかし、メアリは転倒。 絶体絶命…その時、マリアの横をかけぬけてメアリのもとへ行くアラン。 アランはそのままメアリをお姫様抱っこして3人とも部屋を無事脱出。 部屋を脱出してアランはまずメアリに怪我はないかと尋ねます。 目の前の石には古代文字で正解の道を書いてあるようだけれど… 勉強が苦手なカタリナにはちんぷんかんぷん… 古代文字なら授業で習ったでしょとツッコミを入れつつ読んでくれるキース… 本当にできた弟だ… しかし、古代文字も古いせいか途中かすれて読めない。 そこに、古代文の内容をしっていたメアリによって、無事解決。 はめふら7話アニオリ回 これまで、キースの土人形、カタリナの土ボコとマリアに嫌がらせしていた令嬢の火魔法ぐらいしかみてないので、魔法を使えることが再確認できてよかった。 でも、さすがにこのダンジョンは危険すぎな気が… 冒険者養成学校やないんやで。 面白いからいいけれど — アニ熱(アニメ紹介サイト) aninetsu しかし、先に進んだものの目の前に現れたのは先が見えないほどの川。 「泳いで渡ればいいのよ!」とカタリナはいうが。 明かに水中で出会ってっはいけない生き物の影が…どうしようかと頭を抱えそうになった時。 しかし、弓の襲撃に気を取られた3人はカタリナが壁の反対側に行ってしまったことに気付けなかった。 3人は慌ててカタリナを探すが… 一方1人はぐれたカタリナ。 背後には何か黒い影が近づいて… カタリナははぐれた仲間を探します。 ゲームとは関係ないとはいえうっかり破滅フラグを踏んでしまったカタリナ脳内会議が開かれます。 しかし、マイペースなカタリナ。 空腹に耐えきれず食料探しを始めます。 そして何やら怪しげな紫キノコを集め始めるカタリナ。 「ここで破滅してなるものですか」というポジティブカタリナ。 脳内会議の結果。 きのこを集めながら進むことにしたカタリナ。 しかしまたしても背後に黒い影が…カタリナは何かの気配に気付いて影を追いかけます。 一足先に合流したのは? またまた、一方その頃ソフィアたちは試験官である兄ニコルと合流。 しかし、ニコルはそこで閃きます。 風の魔力でカタリナの声を探せるのではないかということに。 早速、ニコルは風の魔力でカタリナを探します。 ニコルに加勢するようにソフィアも一緒に探します。 (ニコルとソフィアのツーショットは美男美女すぎてつい見惚れてしまいました) カタリナはその頃影に誘われて螺旋階段の上のようなところにたどり着きます。 影の気配は消えたものの目の前にはまたしてもキノコが…喜びのあまりカタリナは 「また見つけたわ!キノコ!」 この声を見つけたソフィアたちは安堵するが、キノコという言葉に不安になる男子メンバー。 一同は急いで声のするところに向かうことに 7話 みんなの制服似合ってるし、安易に女子をミニスカにしなかったの評価できる! もれなくついてくるキースww モブ令嬢のカタリナ様ヘイト 原作じゃ霞みがちな魔法使ってくれたり、みんな見せ場あってよき。 ソフィカタ尊い(二度目 見た目に反して食べられるきのことはさすカタ! — 蒼星黒月 アオクロ plasmaspark78 カタリナとソフィア カタリナはそんな心配もよそにキノコ収穫に勤しんでいました。 少し手の届かないところのキノコを取るためカタリナは手近にあった石でどんどんキノコ狩りを進めます。 ある程度集めたところディまたしても影の気配が…影を追いかけようと歩を進めたその時地面が崩れてカタリナは奈落の底に落ちそうになんとか落ちないように岩につかまるもその岩も崩壊…もうダメかと言うところでソフィアが手をつかんでくれます。 しかしソフィア1人ではソフィアまで落ちてしまう。 📺 7話 カタリナ 前世 と友人のあっちゃん。 友のいない世界で悲しむ彼女…異世界ものでこの手の描写は珍しい。 同じいのりんボイスで、ソフィアに繋がりがあるようだけど、想像にお任せしますってことかな。 その時奈落のそこから竜巻が…カタリナとソフィアは竜巻に飲み込まれますが、台風の目状態なのか二人はなんとか無事助かります。 そしてそのままもとの場所に戻された二人お互い無事を確かめた時ソフィアの中の緊張の糸が切れたのかカタリナに抱きついて涙を流します。 「もうどこにも行かないでください、カタリナ様」というソフィアにカタリナは感謝を述べると共に「もうどこにもお行かない」と約束。 そして先ほど助かった魔力はソフィアのかと聞くがソフィアはきょとん… 何が起きたのかわからないままだったがその下では例の影?と思しき人影が去って行くシーン…果たしてこれは誰なのか?謎が深まりますね。 試験は無事に終了 無事二人が再開したところで他のメンバーたちともついに合流できたカタリナ。 すると、アランがカタリナを見ていいます。 「お前その石は…」それはカタリナがキノコ狩りに使っていた緑色の石でした。 第7話。 思った以上に普通にダンジョン攻略してて転生物感凄い回だった。 カタリナは遭難したことで意識を取られていたようでした(笑) どこで石を見つけたのかと聞くマリアに、キノコ狩のことを説明すると、大爆笑のアランと「さすが姉さん…」苦笑いなキース、「どんな状況にあってもカタリナはたくましいですね」と褒めるジオルド、それに同意するニコルだった。 しかし、その時マリアにはカタリナの背後に迫る何かをみてしまう。 一瞬でなにかわからずのままに終わってしまう。 相変わらず元気いっぱいのカタリナは拾ったキノコでキ「きょうはノコパーティよ」というカタリナに「それをたべるのか!?」というアランと「なんだか毒々しい色をしてますけど…」と引き気味のジオルド達男子組にたいして、メアリは「カタリナ様のお御誘いならば命を賭してでも…」それに賛同するソフィア。 — わぎ kurodorawan.

次の