いぬ や しき 映画 ネタバレ。 いぬやしきのネタバレ最終回。獅子神が公園にいた理由とは?

【ネタバレあり】映画いぬやしきにて最後のシーンにてあの終わ...

いぬ や しき 映画 ネタバレ

ようこそ! 漫画「いぬやしき」がアニメ化&実写映画化! 「いぬやしき」は「GANTZ」で有名な奥浩哉さんが「イブニング」で連載している作品ですね。 私がよく通う某大手レンタルショップでも「人気のコミック」としてずっと紹介されていたので、今回のメディアミックスは「ついに来たか!」という感じです。 肝心の内容はというと、設定こそ異なるのですが「GANTZ」の要素がかなり色濃く残っている印象。 とはいえ「GANTZ」に比べれば難解さやグロテスクさが減っているので、よりとっつきやすくなっています。 「GANTZ」ファンはもちろん楽しめるし、「GANTZはちょっとね…」という人も一見の価値あり! 今回はそんな漫画「いぬやしき」のあらすじやネタバレについてチェックしていきたいと思います。 実年齢は58歳だが、高校生の娘・麻里の友達からは「おじいちゃん?」と言われるほどヨボヨボしている。 その結果、壱郎は家族内でのヒエラルキーが低く、妻や娘、中学生になる息子からはすっかり疎まれてしまっている。 せっかく一戸建ての家を買っても「小さい」と家族から馬鹿にされ、街中で横暴にふるまう若者を注意することもできない。 そんな灰色の毎日の中、ついに壱郎は胃がんで余命3カ月の宣告まで受けてしまう。 家族を病院に呼ぼうと電話してみても、みんなめんどくさがって電話に出ない。 「ちゃんと話せば…みんな泣いてくれるのかな…」 悲しみに暮れる中、壱郎は愛犬のはな子を連れて夜の散歩に出かける。 そして『それ』は起こった。 眩しい光が瞬いた次の瞬間、まるで隕石が降ってきたかのような衝撃が壱郎を襲った。 ??「この星の知的生命体を2体破壊してしまいました…」 ??「復元可能か?」 ??「不可能です」 ??「では、すみやかに表面的にだけでも復元しろ」 ??「兵器ユニットしかありませんが…」 ??「まて、この星が滅びてしまうぞ!」 ??「知るか!できるだけ早く離脱するぞ!」 確実に命を落としたはずの壱郎は、小さな宇宙人たちに改造されてよみがえった。 腰痛が消えている。 胃がんもなくなった。 壱郎は精神を保ったまま「機械の体」になってしまったのだ。 困惑する壱郎だったが、若者にリンチされているホームレスを助けたことで己の使命を悟る。 壱郎「僕が命を救った…僕は人間だ…心がある人間だ…生きている感じがする…」 壱郎「これから…1人でも多くの人の命を救っていくんだ…それが…僕が人である証だ…」 一方、同じく機械の体にされた高校生・獅子神皓(ししがみ ひろ)は、その力を壱郎とは真逆のことに使おうとしていた…。 俺…生きてる感じがする」 無関係な人間の家にランダムに押し入り、一家全員を体に内蔵された銃で仕留める。 世間を賑わす連続事件の犯人は獅子神皓だった。 獅子神にとって重要なのは家族や親友の安堂直行らだけであり、無関係な人間の命はどうでもいい。 車を操って交通事故を起こす。 安堂をイジメていたクラスメイトを銃で撃って始末する。 ATMを操作して不正に大金を手に入れる。 獅子神は手に入れた力を悪事のために使っていた。 一方、壱郎は機械の聴力によって助けを求める声を拾い、正義のために力を使っていた。 火事の家から取り残された人を救出する。 現代医療では治療不可能な末期患者を治す。 暴力団幹部が集まる集会に乗り込み、構成員を全滅させる。 いくら殴られても、何発銃で撃たれようとダメージはなかった。 逆に、壱郎や獅子神に内蔵された兵器ユニットは恐ろしいほどの破壊力を有していた。 人間では勝てない。 壱郎と獅子神に対抗できるのは、お互いだけ。 壱郎の存在に気がついた安堂は、獅子神を止めるために力を貸してほしいと依頼する。 安堂「僕はあなたの助けになりたい…一生かけてもいい。 僕をアシスタントにしてください…協力したいんです」 壱郎は安堂の提案の元、機械の力を上手くコントロールするための特訓を始めた。 親友を失った獅子神にとって、最も大切な人は母親だった。 獅子神は不正に手に入れた大金を使って豪華な新居に母と引っ越し、機械の力で母親のガンを治す。 獅子神は母親を幸せにしたい気持ちでいっぱいだった。 しかしある日、数々の犯罪を繰り返してきた獅子神のもとに、ついに警察が乗り込んできた。 もちろん獅子神は簡単にその場を脱出。 しかし、獅子神は本名と顔写真付きで全国に指名手配されてしまう。 避難場所として、自身に好意を寄せるクラスメイト・渡辺しおんの家に潜伏する獅子神。 だが無情にも、世間からの非難と罪の意識に耐えかねて獅子神の母親が自ら命を絶ってしまった。 荒れる獅子神は手始めに、メディアの人間や母親を悪く言う2ちゃんねるスレの住民をことごとく始末していく。 そんな獅子神に再び希望を与えたのは、渡辺しおんだった。 しおんは獅子神が最悪の犯罪者で機械の体を持っていることを知っても、なお獅子神を一緒にいたいと泣き叫んだ。 しおん「うちに居て…ほしいの…。 行っちゃやだぁ!ああああぁ!」 獅子神はしおんと一緒にいることを決意し、犯罪行為を止めて人を救うことに力を使うと約束する。 獅子神「じゃあ、これから…人の命を…なくなりそうになっている命を…俺がなくした数だけ…救っていくよ…。 それで…いいだろ…」 それから獅子神は全国を回って重病者を治療していった。 しおんやしおんの祖母と一緒に笑いながら食卓を囲む毎日。 獅子神に再び幸せな日々が訪れていた。 だが、その幸せの日々も警察特殊部隊SATの突入によって脆くも崩れ去る。 巻き込まれて撃たれてしまったしおんとしおんの祖母をつれて逃げる獅子神。 2人はなんとか蘇生することができた。 復讐に燃える獅子神はSATを全滅させただけでなく、警察署を襲撃し全滅させる。 獅子神「警察自体…機能しなくなるように無くしてやるよ」 警察署を出た獅子神は大勢の警察特殊部隊に取り囲まれる。 容赦なく続く発砲により意識を失う獅子神だったが、自動迎撃機能により部隊を全滅することに成功。 そして獅子神は街頭モニターをジャックし「日本」という国に対して宣戦布告する。 獅子神「この国がある限り僕は追われ続けます。 なので滅ぼすことにしました。 ハッキリ言います。 日本と僕の戦争です」 獅子神は国民の全滅を宣言。 手始めにランダムな100人を始末する。 獅子神「明日からは1日1000人に増やします!みなさん楽しみにしてください」 翌日。 獅子神は複数の飛行機を遠隔操作して地上に落とし始めた。 甚大な被害が街に出る中、壱郎が対抗して複数の飛行機を無事に着陸させる。 そして、ついに2人が出会う。 獅子神「おまえか…誰だ…おまえ…。 俺と同じなのか…!?」 獅子神「俺が悪役で…じじいがヒーロー…か」 なぜ自分が悪で、こんなじじいが正義なのか。 どうしてこうなってしまったのか。 獅子神が壱郎に殴りかかり、最強兵器同士の戦いが始まった。 だが、壱郎は火事の高層ビルに取り残されている娘を助けにいかなければならない…時間がない。 2人の戦闘は熾烈を極めた。 壱郎も火器の使い方が上手くなっており、実力は互角。 空中戦へと発展する。 先に決定打を決めたのは壱郎だった。 至近距離での一斉放射により獅子神に大ダメージを与える。 獅子神は意識を失い、自動迎撃モードに移行。 続いて、反撃を受けた壱郎も意識を失い自動迎撃モードに移行する。 プログラムによる最強兵器同士の戦い。 最後に勝利したのは…壱郎だった。 獅子神は両腕をもがれ地面に激突。 壱郎も機能停止し落下したが、運よく川に落ちたことで助かった。 意識を取り戻した壱郎は急いで娘・麻里のもとへと向かう。 ようやく壱郎が到着した時…麻里はもう事切れていた。 壱郎「あああああ!いやだああああ!麻里!帰ってきて、お願い!!」 懸命に心臓マッサージを繰り返す壱郎…しかし反応はない。 諦めかけたその時… 「こふっ」 麻里が息を吹き返した。 壱郎は急いで麻里を治療。 麻里は一命をとりとめた。 続きも随時更新していく予定なので、またチェックしてみてくださいね。 結末に向けて気になる要素と言えば、さらりと報道されていた「直径50km以上の巨大な小惑星が地球に接近している」というニュース。 果たして壱郎と獅子神はどうなる!? 結末は!? ここからさらに面白くなっていきそうですね。 まとめ 漫画「いぬやしき」に大注目! 2017年秋クールにはノイタミナ枠でアニメ化、そして2018年には実写映画化されることが発表されました。 「GANTZ」の作者・奥浩哉さんの新作だけに、面白さは折り紙付き! 今回はそんな漫画「いぬやしき」のあらすじ・ネタバレについてお届けしました。 アニメや映画では躍動する人体兵器を使ったアクションシーンが楽しみですね。 また、アニメの声優陣や実写映画のキャストも気になるところ。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 1 ・アニソンや声優コンテンツも充実 31日間 ・ 海外ドラマが充実 ・オリジナルドラマも多数 ・見放題作品5万本 2週間.

次の

映画いぬやしきラストのネタバレと感想!衝撃の結末に一同騒然!

いぬ や しき 映画 ネタバレ

家族の為に頑張ってきた犬屋敷だったが威厳も何もないまま、家族にはぞんざいに扱われ、ただ生きてきただけだった。 腰の痛みを訴えた犬屋敷が健康診断を受けるとなんと医者からガン宣告を受けるのだった。 一人ショックをうけた犬屋敷は公園にいた。 犬屋敷ともう一人高校生くらいの若者もその公園にいたのだが、そこへ宇宙船が落ちてきて、犬屋敷と少年は吹き飛んでしまうのだった。 いぬやしきのあらすじは? 家族の為に一生懸命働き、コツコツお金を貯めた犬屋敷壱郎58歳、見た目は80ぐらいのお爺ちゃんにしか見えません。 やっと立てた一戸建ても家族を驚かせようと連れてきたはずなのに、大きな家の裏に建っている小さな家だとわかった家族にバカにされる始末です。 お腹がすいたという家族は三人でファミレスへと向かい、犬屋敷は残って一人で荷物を開け始めました。 家族への威厳というものはなく愛されていないこともわかっていました。 荷を開けていると腰に痛みを感じ犬屋敷は病院へ行くのです。 そこで健康診断の結果、体にガンが見つかり、がん告知を受けてしまいます。 途方に暮れた犬屋敷が一人公園で愛されていない自分の家族の事や今後のことを考えていました。 公園にはもう一人高校生くらいの男の子が一人でたたずんでいます。 そこへ急に空が光ったかと思うと宇宙船が公園に落ちてきたのです。 犬屋敷と少年は木っ端みじんに吹き飛んでしまいました。 しかし謎の生命体によって修復され犬屋敷の体はロボットとして修復されたのでした。 謎の生命体による高度な技術によって、どんな銃で撃たれても切られてもぶつかっても、傷はすぐ修復されてしまうくらいの超人になってしまうのです。 正義感溢れる犬屋敷は修復によって耳がよく聞こえるようになります。 遠くで助けを求める声がきこえれば背中からジェットを出し飛んで駆けつけるのです。 パンチ力もすごいので、武闘派と呼ばれる男と戦った時も負けません。 見た目の弱さとはうらはらに、100人くらいの男たちに囲まれ銃を撃たれても倒れない犬屋敷でした。 犬屋敷の能力は他にもあります。 病気を治す力があるのです。 腫瘍のある子どもの解析をしてその悪い細胞を取り除くことができるのです。 命を救えることに喜びを覚える犬屋敷でした。 人を救う時犬屋敷は生きているという実感を得るのです。 何の罪もない子供も簡単に殺してしまうのです。 生きている実感を得るために、自分を試すように人を殺していく獅子神は、まさに犬屋敷と対極の存在のようになっていくのでした。 そんな獅子神も変われるチャンスはあったのです。 自分の母親がガンになった時、その力を使って直します。 しかし、指名手配され始めた獅子神の親として、世間から叩かれ自殺してしまいました。 その後も、傷ついた獅子神を優しく迎え入れてくれた少女とその家族の存在によって、獅子神の心は段々と変わろうとしていたのですが、少女の家に押し入られ、優しくなろうとしていた獅子神はプツッと頭のねじが切れたのです。 そこから獅子神の無差別攻撃が始まりました。 高度な技術の結晶体である獅子神は、インターネットのモニター越しに相手を撃ち殺していきます。 そして飛行機を操ってビルに次々に落下させていく獅子神、ビルには犬屋敷の娘、麻里が閉じ込められていました。 「助けてお父さん!」と犬屋敷に電話してくる麻里は犬屋敷がヒーローであることにうすうす気が付き始めているのでした…。 犬屋敷と獅子神が対峙するときがやってきました。 とにかく異色のお爺ちゃんのような主人公犬屋敷壱郎が、段々カッコよく見えてきてびっくりしますよ。 犬屋敷と獅子神が出会ってしまったことで、もうそろそろ完結するかもしれませんね。 人の命を救う時だけ生きている実感がするという犬屋敷を前にして、人の命を奪うことに固執する獅子神が哀れに見えました。 悲しいけれど、獅子神は利己的で感情のままに動いていました。 いいことに力を使えていれば…と思わずにはいられなかったです。 命を救えるほどの力を持った謎の生命体の技術が恐ろしいのですが最後はどうなっていくのでしょうね? 獅子神も救われるような展開が待っているといいなと思うのですが…。 続きが気になって仕方ない『いぬやしき』はとても読みごたえがあって面白いので是非読んでみてほしいと思います。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の

実写映画『いぬやしき』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

いぬ や しき 映画 ネタバレ

解説 「GANTZ」の奥浩哉による人気コミックで、テレビアニメ化もされた「いぬやしき」を、木梨憲武&佐藤健主演、「GANTZ」につづき奥作品の実写化を手がける佐藤信介のメガホンで映画化。 会社や家族から疎外されている、定年を目前に控えた初老のサラリーマン・犬屋敷壱郎。 医者から末期がんによる余命宣告を受け、虚無感に襲われた犬屋敷は謎の事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わる。 犬屋敷と同じ事故に遭った高校生の獅子神皓も犬屋敷と同様に人間を超越した力を手に入れていた。 自分に背く人々を傷つけるためにその力を行使する獅子神。 獅子神によって傷つけられた人たちを救うためにその力を使う犬屋敷。 強大な力を手に入れた2人の男たちのそれぞれの思いが激しく交錯していく。 犬屋敷役を木梨、獅子神役を佐藤が演じるほか、伊勢谷友介、斉藤由貴、本郷奏多、二階堂ふみらが出演。 2018年製作/127分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 奥浩哉原作、佐藤信介監督の組み合わせによる2度目の映像作品は、東京を舞台にした悲哀と迫力の入り交じる新感覚のアクション映画になった。 もの哀しい中年男性が、ある日突然ヒーローになって街を救うカタルシスに、鬱屈を抱えた高校生が悪役になってしまう悲しさ。 同じ力を得た同士、未来あるはずの若者が世界を破壊する側に周り、家庭でも会社でも疎まれてきた中年が世界を守る。 先の見えない鬱屈感は、今の若者が何となく感じているものではないだろうかとも思うし、その意味では社会批評的な面もあると思う。 見せ場はやはり新宿上空での空中戦。 繁華街で大規模なロケを敢行して、迫力ある見せ場を作っている。 少し不満を上げれば、迫力はあるけど、個性的なアクションになりきれてない点。 原作では本人たちが気を失うと、自動防衛装置が起動して本人の意思と関係なく戦闘を行うのだが、クライマックスでは二人とも気絶しているのに戦闘しているシュールなシーンがあるのだが、そこはカットしてほしくなかった。 二文字違い!惜しい! ですが、どうなるんだろと引き込まれて観入ってあっという間でした。 木梨憲武さんのお父さん役よかったなぁ… ほっとするイメージを感じられます。 家族から蔑ろにされ家庭に居場所が無いよくある設定なんですが毎回切なくなってしまいます。 娘が父親の匂いなどを嫌う事は近親相姦を避ける生物のしくみだと知っていても辛いものです💧 オヤジ狩りスルーを一番見られたくない娘に見られるなんて…💧💧💧 偉大なるチカラ 能力? を持った者の善か悪か への別れ道があって、経験や置かれた環境次第で変化してしまう。 自分的には終始どうしたらヒロ 佐藤健 を説得できるのかなぁと考えながら観ていて、でも悪への加速が止まらなくて…。 本当は母思いの、弱い友達思いのいい子なんですよ皆さーん! って、、 なぜ警察がヒロにたどり着けた?とか銃弾が無いんだからトボケたらわからないんじゃとか気になりました。 原作漫画があるようでそちらに描かれているのでしょうか… 戦闘シーンのピンチでは、いつサイボーグ化された はな 柴犬 が登場するかと期待していましたが、可愛い犬🐕のままでした💧 最後のシーンがちょっと救いかなぁ… 勘違いで観始めましたが、楽しめました🌱 ネタバレ! クリックして本文を読む CGの製作は申し分なかった!ストーリーも面白かった。 強いて言えば、前半の弱いジジィの部分はもっと短く、後半家族に見返してやるところをもっと膨らませられるとよりいい。 特に能力と共に、精神的にも成長できたとこの描写がほぼなく、最後までネチネチ、弱々しいところは、人間の本能に合ってない。 自分の容姿や能力、他人からの評価によって、社会的な立ち位置が変わる。 こういった心の変化が現れてなかったから、物足りなさが残る。 ハリウッド映画なら、息子の同級生を奴蹴るとか、奥さんに感動させ、娘に反省させるなどのシーンを出すだろう。 伏線を回収し切ってないところはもったいなかった。 キャスティングはよかった。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の