ポケモン レイド 性格。 【剣盾】【不満】レイドメタモンの性格がランダムだから、性格遺伝がかなり面倒すぎるwwww

【ソードシールド】性格とステータス補正一覧|遺伝の仕組みや厳選方法も紹介【ポケモン剣盾】

ポケモン レイド 性格

効果 バトルでの効果• 相手のわざで、、になったとき、相手も同じになる。 フィールドでの効果• シンクロを持つポケモンがであっても効果が適用される。 のポケモンには効果がない。 エメラルドでは、にも効果がない。 およびの森で捕まえたポケモンには効果がない。 では、グループのポケモンをNPCから貰うときも効果が適用される。 では、グループに限らず、すべてのポケモンについてNPCから貰うときも効果が適用される。 では、手持ちの先頭にシンクロのポケモンが出ていれば呼ばれた仲間ポケモンに対しても効果が発動する。 ただし、バグのためバトルの最初のときに先頭にいたポケモンの性格と同じになる効果となっている。 シンクロを持つポケモンがであっても効果が適用される。 で出現するポケモンには効果が無い。 伝説のポケモンやNPCから貰うポケモンには効果が無い。 説明文 どく まひ やけどを あいてにうつす ・・ どく まひ やけどを あいてに うつす。 どく まひ やけどを 相手に うつす。 ・ じぶんが なってしまった どくや まひや やけどを あいてに うつす。 自分が なってしまった どくや まひや やけどを 相手に うつす。 しかし発動が相手依存なので、他に有力な特性があるポケモンならシンクロが選ばれないことも多い。 以降、が無効に仕様変更されたことや、状態異常を防ぐが登場したことなどから、状態異常そのものが世代を追うごとに弱体化しているため、そのメタ特性のシンクロの発動機会も減っている。 育成においては狙った性格のポケモンを探しているときなどに非常に有効な特性(以降)。 特性の仕様 バトルにおいて• まではになった場合相手に返すのはただのであったが、からはきちんと区別されてもうどくにされた場合は相手ももうどくになるようになった。 状態・状態に対してシンクロは発動しない。 以下の要因による状態異常に対してはシンクロが発動しない。 やによって自ら状態異常になった場合の、。 を踏んでなった、。 以下の要因によりシンクロが発動しても相手を状態異常にすることはできない。 相手がすでに状態異常になっている。 タイプに対するなど、が状態異常に耐性を持っている。 どく、もうどく 、 まひ などのを持っている。 ・タイプのに守られている 以降。 ではを無視する。 状態に守られている。 シンクロの効果によって返される状態異常には以下のような特徴がある。 状態を無視する。 特性の追加効果によって受けた状態異常も有効。 特性によって受けた状態異常も有効。 タイプのによって受けたも有効。 タイプのによって受けた状態異常も有効。 ・・・・シンクロにより受けた状態異常に対しても有効 ただしシンクロに対して発動した場合、相手もすでに状態異常である。 タイプのによって受けたどく・もうどくは無効。 自身・対象共になどを回復するはシンクロの効果が発動してから消費する。 でシンクロのポケモンを状態異常にした場合、まではサイコシフトで治癒されてからシンクロが発動するため、サイコシフト使用者は再び状態異常になる。 以降はシンクロが発動してからサイコシフトで治癒されるため、完全に状態異常は移し替えられる。 フィールドにおいて• 以下のポケモンに対しては、フィールド上での効果が得られない。 逃げ回るポケモン 、、など。 に出現するポケモン。 でを置いている間に出現するポケモン。 イベントでとして直接配信されるポケモン。 はふしぎなおくりもの経由ではないためか、シンクロが適用される。

次の

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナの厳選方法とおすすめの性格・努力値【ソードシールド】

ポケモン レイド 性格

【良いところ】• エルレイドは攻撃種族値が高く火力があります。 さらなる攻撃力UP手段として「つるぎのまい」「ビルドアップ」を習得できます。 エスパー技に耐性のある鋼・悪タイプも「インファイト」で効果抜群がとれます。 エルレイドは特防種族値が割と高いです。 特殊技なら弱点を突かれてもそうそう落ちません。 耐久無振りのエルレイドは、 ・特攻特化リザードンの「エアスラッシュ」で79. 7~93. ゲンガーは最速にするためおくびょうが多いので性格補正無しで計算、個体値はVを仮定 耐久無振りでもタイプ一致の弱点攻撃をこれだけ耐えるので、特殊耐久はそこそこ安定していると言えるでしょう。 エルレイドに効果抜群である飛行、ゴースト特殊技の威力が低いというのもポイントです。 ただ、耐久無振りエルレイドの場合、特攻全振り性格補正無しサンダースの「10まんボルト」でも中乱数2 個体値はVを仮定 と、確定数だけで言うならあまり過信しない方がいいかもしれません。。 「さいみんじゅつ」「あやしいひかり」「おにび」「みちづれ」など、個性的な補助技を覚えることができます。 「さいみんじゅつ」「あやしいひかり」で相手の攻撃回数を減らし、その間に「つるぎのまい」を積むこともできます。 ハートゴールド・ソウルシルバーではタマゴ技に「アンコール」が追加されたので、相手が積み技を使ってきたらその技を「アンコール」で縛り、その隙に「つるぎのまい」を積みましょう。 【悪いところ】• 物理耐久がなく、素早さもそこまで早くありません。 相手が物理アタッカーだと、「きあいのタスキ」や「さいみんじゅつ」がないとキビシイです。 素早さは激戦区の80族なので、調整が難しいです。 そこまで気にしなくてもよいと思いますが、メインウェポンのエスパー技と格闘技がどちらも、ミカルゲ・ヤミラミに無効です。 相手がこれらのポケモンに交換してきたら、単純なフルアタエルレイドでは基本的に勝てません。 エルレイドの型 性格 : いじっぱりorようき 努力値: 攻撃252、素早さ252、HP6 耐久・素早さは調整でも可 持ち物: こぶしのプレート、いのちのたま等火力UP系orラムのみ メイン: インファイト、サイコカッター サブ技: じしん、れいとうパンチ 補助技: つるぎのまい、さいみんじゅつorおにび、あやしいひかり エルレイドは元々攻撃力が高いですが、「つるぎのまい」でさらなる決定力を得ます。 エルレイドは物理耐久はないので、なるべく特殊アタッカー相手に出しましょう。 一度「つるぎのまい」を積めれば、相手が物理アタッカーでも、エルレイドより遅ければ先制で突破しやすいです。 「つるぎのまい」1回使用後の「インファイト」では、エルレイドがようきならHP振りメタグロス超低乱数1、いじっぱりなら中乱数1という感じです。 個体値はVを仮定 場に出したら「さいみんじゅつ」や「あやしいひかり」で相手の行動を制限しつつ、「つるぎのまい」を積みます。 相手が物理アタッカーに交換してくると読んだら、「おにび」でもOKです。 相手の特性「こんじょう」には注意 エルレイドの「さいみんじゅつ」で相手を眠らせたままにすれば、「つるぎのまい」を3回積めることもありますが、催眠は嫌われることも多くあまりオススメはできません。 特殊耐久は無振りでも結構あるので、相手が特殊アタッカーなら「あやしいひかり」でも十分だと思います。 技構成は、「つるぎのまい」「インファイト」「サイコカッター」「選択肢」という感じです。 つるぎのまいを積めるだけ積んだら、あとは「インファイト」と「サイコカッター」で攻めるのみです。 【物理フルアタ型】 性格 : いじっぱりorようき 努力値: 攻撃252、素早さ252、HP6 耐久・素早さは調整でも可 持ち物: こぶしのプレート、いのちのたま等火力UP系orこだわりスカーフorきあいのタスキ メイン: インファイト、サイコカッター サブ技: じしん、ストーンエッジ、かみなりパンチ、れいとうパンチ、ほのおのパンチ、リーフブレード、つじぎり、かげうち 補助技: なし エルレイドは優秀なサブウェポンを数多く覚えるので、サブウェポンの多さを生かしてフルアタにしてみました。 「インファイト」と「サイコカッター」を入れると残りスペースが2つなので、仮想敵に合わせてサブウェポンを決めましょう。 「サイコカッター」は入れなくてもよいです。 サブウェポンはいろいろあるので、パーティの天敵を狩れるものを揃えたいところです。 持ち物とサブウェポンを変えることにより、倒せる相手が変わります。 自分より速い物理アタッカー相手にはキビシイので、特殊アタッカーOR自分より遅い物理アタッカー相手に出します。 また、素早さを補うために「こだわりスカーフ」を持たせて、弱点を突ける相手に出していくという使い方もあります。 攻撃全振り・性格補正無し「じしん」でHP振りジバコイルを確1。 攻撃全振り・性格補正無し「ストーンエッジ」で耐久無振りギャラドスを「いかく」込みで確2。 攻撃全振り・性格補正無し「かみなりパンチ」で耐久無振りギャラドスを「いかく」込みで確2。 「いかく」がなければ確1。 攻撃全振り・性格補正無し「れいとうパンチ」で耐久無振りガブリアスを高乱数1。 攻撃全振り・性格補正無し「ほのおのパンチ」でHP振りハッサムを中高乱数1。 攻撃全振り・性格補正無し「リーフブレード」でHP振りラグラージを確1。 攻撃全振り・性格補正無し「リーフブレード」でHP振りミロカロスを確2。 防御特化ミロカロスは確3。 攻撃全振り・性格補正無し「つじぎり」で耐久無振りゲンガーを低乱数1。 攻撃全振り・性格補正ありでも中高乱数1。

次の

【ソードシールド】性格とステータス補正一覧|遺伝の仕組みや厳選方法も紹介【ポケモン剣盾】

ポケモン レイド 性格

効果 バトルでの効果• 相手のわざで、、になったとき、相手も同じになる。 フィールドでの効果• シンクロを持つポケモンがであっても効果が適用される。 のポケモンには効果がない。 エメラルドでは、にも効果がない。 およびの森で捕まえたポケモンには効果がない。 では、グループのポケモンをNPCから貰うときも効果が適用される。 では、グループに限らず、すべてのポケモンについてNPCから貰うときも効果が適用される。 では、手持ちの先頭にシンクロのポケモンが出ていれば呼ばれた仲間ポケモンに対しても効果が発動する。 ただし、バグのためバトルの最初のときに先頭にいたポケモンの性格と同じになる効果となっている。 シンクロを持つポケモンがであっても効果が適用される。 で出現するポケモンには効果が無い。 伝説のポケモンやNPCから貰うポケモンには効果が無い。 説明文 どく まひ やけどを あいてにうつす ・・ どく まひ やけどを あいてに うつす。 どく まひ やけどを 相手に うつす。 ・ じぶんが なってしまった どくや まひや やけどを あいてに うつす。 自分が なってしまった どくや まひや やけどを 相手に うつす。 しかし発動が相手依存なので、他に有力な特性があるポケモンならシンクロが選ばれないことも多い。 以降、が無効に仕様変更されたことや、状態異常を防ぐが登場したことなどから、状態異常そのものが世代を追うごとに弱体化しているため、そのメタ特性のシンクロの発動機会も減っている。 育成においては狙った性格のポケモンを探しているときなどに非常に有効な特性(以降)。 特性の仕様 バトルにおいて• まではになった場合相手に返すのはただのであったが、からはきちんと区別されてもうどくにされた場合は相手ももうどくになるようになった。 状態・状態に対してシンクロは発動しない。 以下の要因による状態異常に対してはシンクロが発動しない。 やによって自ら状態異常になった場合の、。 を踏んでなった、。 以下の要因によりシンクロが発動しても相手を状態異常にすることはできない。 相手がすでに状態異常になっている。 タイプに対するなど、が状態異常に耐性を持っている。 どく、もうどく 、 まひ などのを持っている。 ・タイプのに守られている 以降。 ではを無視する。 状態に守られている。 シンクロの効果によって返される状態異常には以下のような特徴がある。 状態を無視する。 特性の追加効果によって受けた状態異常も有効。 特性によって受けた状態異常も有効。 タイプのによって受けたも有効。 タイプのによって受けた状態異常も有効。 ・・・・シンクロにより受けた状態異常に対しても有効 ただしシンクロに対して発動した場合、相手もすでに状態異常である。 タイプのによって受けたどく・もうどくは無効。 自身・対象共になどを回復するはシンクロの効果が発動してから消費する。 でシンクロのポケモンを状態異常にした場合、まではサイコシフトで治癒されてからシンクロが発動するため、サイコシフト使用者は再び状態異常になる。 以降はシンクロが発動してからサイコシフトで治癒されるため、完全に状態異常は移し替えられる。 フィールドにおいて• 以下のポケモンに対しては、フィールド上での効果が得られない。 逃げ回るポケモン 、、など。 に出現するポケモン。 でを置いている間に出現するポケモン。 イベントでとして直接配信されるポケモン。 はふしぎなおくりもの経由ではないためか、シンクロが適用される。

次の