五月雨式で構いません。 【警察でおもてなし講演会??・・・・】 :: おもてなし女将

私の恥ずかしいプログラム

五月雨式で構いません

・1キャラあたり多くても200文字(数行)程度が目安。 ・逆にめっちゃ短くてもいいです。 「強い。 」とか「使いこなせない」とか。 ・投稿してくれた人の名前付きで掲載します。 ・送付先はのDMや返信、、ブログコメントなど、僕宛とわかるところならなんでもいいです。 ・ 締め切りは厳守してください。 ・下記の一覧表は自分のに基づいて適当に切った参考程度で、興味ないものは飛ばして構いません。 ・例えば、全部すっ飛ばして現環境でのエースの使い方についてだけ書くとかでも構いません。 ・五月雨式に送ってもらっても構いません。

次の

「五月雨式」ってどんな雨?

五月雨式で構いません

世の中上手くいかない。 まあ、個人の思惑など、 どうでもいいのだろう。 あ~あ、 五月雨式に来てくんないものか、 せめて、OL,OLで、来て欲しいものだ。 とりあえず、御勘弁を。 週末は下準備ですでに無くなりました。 来月のワークショップの日程は 少なくなる可能性もあるかもです。 調整するので、8月の日程は もう少し待ってね。 でもまあ、現場で会えると良いのですが。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 声優養成所「IMTAC」の養成所生募集について 入所説明会 予約は必要ありません。 説明会に参加したことで入所しなければ ならないような事はありません。 大切な声優人生のために自分の目と耳で 確かめてください。 少人数制の養成所だからできる、 事務所所属率の高さをお確かめください。 お気軽に 直接、会場へお越しください。 2か月に一度の割合でオーディション実績があります。 そんな、実践の場だからこそ、声優の近道なのです。 そして、プロデューサーと監督が教える、一味違う声優養成所。 キャスティング権を持つ役職の方が教えるから、 リアルな声優を目指せます。 また、実践の場だからこそ、 他の養成所ではできない授業が受けられます。 詳しくはホームページを参照してください。 ) 「来るもの拒まず去るもの追わず」みたいな感じの ワークショップなので、お気軽に参加してみてください。 6月7日(日)17:30~20:30 第6会議室 マイクを使ったオリジナルシナリオによる演技の練習 6月20日(土)13:00~16:00 第6会議室 マイクを使ったオリジナルシナリオによる演技の練習 6月21日(日)17:30~20:30 第6会議室 マイクを使ったオリジナルシナリオによる演技の練習 6月27日(土)17:30~20:30 第6会議室 マイクを使ったオリジナルシナリオによる演技の練習 6月28日(日)17:30~20:30 第6会議室 マイクを使ったオリジナルシナリオによる演技の練習 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ワークショップに初めて参加される方にはワークショップが 始まる前に悩み事の相談をさせていただいております。 ご希望の方はワークショップ参加メールを送られるときに その趣旨をお伝えください。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ もし、声優を辞めたいと 思っているあなた、 声優の事で悩んでいるあなた、 とりあえず、うちのワークショップに参加 してみてください。 「こんなに丁寧に教えていただけるとは!」 「あのヒット作を仕掛けた方だとは!」、 「今放送中のあの作品を企画した方だとは!」 「もっと早く来ればよかった!」 「初めて、役者らしい授業を受けました!」など、 お世辞でも正直、うれしいです。 迷っているなら、参加してみてくださいね。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 服装は普段着で結構です。 アフレコではないので、(アフレコ実習もやる時もありますが) 絹ずれは気にしなくていいです。 持ち物は筆記用具でしょうか? 録音機器もご自由にどうぞ 新規の方はなるべく早いワークショップの回に 参加してください。 顔と名前と声を早く覚えたいのでお願いします。 ottiws.

次の

五月雨式弐式のGER・2RB日記

五月雨式で構いません

大混乱プロジェクトに人員を追加すると、「ブルックスの呪い」のため、必ず遅れが拡大します。 ブルックスの呪いの正体は、「コミュニケーション・パスの急激な増加」「助っ人の教育」「作業の再配分」の3つです。 前回「」では、この中で「コミュニケーション・パスの急激な増加」に対する対処法を述べました。 今回は、最も厄介な「助っ人の教育」に正面から切り込んでいきたいと思います。 「助っ人受け入れ」の実際 大混乱しているプロジェクトに人員を投入した瞬間、どんなことが起きるのでしょうか? おそらく、日本中で次のような会話が交わされているに違いありません。 1時半にその連中が来るからそろそろだな……。 阿波君、その人たちの面倒を見てやってよ。 阿波(サブ・マネージャ) 「あっ、熊谷さん。 どんなレベルの人が来るんですかね? それと、足りないエンジニアはどうするんですか?」。 熊谷 「レベル? うーん、よく分からん。 まあ、よろしく頼むわ」(と飛んでいく)。 中野(家電ソフトウェア第1開発部のエンジニア) 「あの、『家ソ1』の中野ですけど、ここへ1時半に来いといわれまして……。 熊谷さんいらっしゃいますか?」。 阿波 「熊谷さんは事業部工程会議に行きました。 今度、お手伝いいただく『家ソ1』の方ですね。 よろしくお願いします。 熊谷さんからお話は聞いています」(といいながら、使えそうなヤツかどうか5人を値踏みし、『こいつらハズレだろうなぁ。 イイやつは出してくれないものね』とガッカリするも、『でも、何かの役には立つだろう』と気を取り直す)。 「ところで、これまでFAX機器のソフトウェア開発を担当された人はいますか?」。 中野 「この蜷川(にながわ)君は、メール・サーバの開発経験がありますが、あとの4人は通信系ははじめてですね」。 では、このプロジェクトの概要を説明しますんで、会議室へ移動してください」。 会議室で、1時間にわたり、阿波がプロジェクトの状況や開発しているFAX機器の機能の概要を説明する。 いまから仕様書をコピーしてきます。 高橋 「パソコンがすぐにはもらえないのか。 ちょっと不便だね。 オレ、メールをチェックしなきゃいけないんで、『家ソ1』に戻るわ」。 蜷川 「じゃあ、オレも」。 追加人員の作業場所と開発環境(特に、メールを送受信できる環境)をすぐに提供できないと、助っ人の効果はなくなり、混乱ばかりが増大する。 助っ人の教育と早期戦力化 経験したことのないソフトウェアを開発する場合、「仕様書を読めば機能が分かる」ことはあり得ません。 まして、ソースコードを渡して、「ロジックを追い掛けて」とお願いしてもそんなことは不可能です。 上記のケースのように、助っ人の受け入れ態勢がまったく整っていない状況では、投入人員が戦力になるには数カ月かかるでしょう。 助っ人の教育に取られる工数を最小限にし、かつ、投入人員の効果を早急に出す最善の方法が「デバッグの支援」です。 前回のコラム「」でも書きましたが、プロジェクトが混乱するのはデバッグ工程以降です。 デバッグ工程は、テスト項目がきちんと設計されていれば、追加されたエンジニアを最も効率よく使える工程です。 以下に、テスト項目をまじめに作っているプロジェクトで、追加人員の教育と、早期戦力化を同時に実施する最良の方法を示します。 各助っ人の担当する機能を決める。 各助っ人に、担当機能のデバッグを実行してもらう。 また、バグがあっても、再現できる。 助っ人は、デバッグの実作業により、開発対象ソフトウェアの操作や機能を自習し、体で覚えられる。 機能や操作を一通り理解したら(1、2週間?)、設計書を読み、モジュールの構造や、各モジュールで実装している機能を理解する。 担当する機能のバグを修正する(ソースコードを読む)。 テスト項目設計の重要性 上記のステップが成功するかどうかは、質の良いテスト仕様書、テスト項目をきちんと作っているかどうかに掛かっています。 高品質のテスト・ドキュメントができているようなプロ集団のまじめなプロジェクトは、当たり前ですが大混乱はしません。 まともなテスト項目を設計していないからこそ、プロジェクトの遅れが後工程にならないと分からず、どうしようもなくなって、爆発してしまうのです……。 テスト項目をきちんと設計していないプロジェクトは、デバッグがどこまで完了したのか、定量的に把握できていないはずです。 テスト項目の総数が分からず、何パーセント終わったか測定できません。 そんな混沌プロジェクトでは、人員投入をする前に、すべての作業をやめて以下を実施する必要があります。 各エンジニアが担当している機能のテスト項目を作成し、ドキュメント化する。 作成したテスト項目の妥当性を第三者がチェックする。 テスト項目の総数をカウントする。 デバッグ工程の進ちょくは、正しく実行できたテスト項目数で管理する。 回帰テストとして、開発するソフトウェア全体をチェックするテスト項目を作成する。 この回帰テストは、バグ修正のたびに必ず実行させるので、自動化しておくこと。 テスト項目の設計は、対象ソフトウェアの「操作説明書」をベースにして、助っ人に作成してもらうことも可能ですが、テスト項目をキチンと設計していないプロジェクトにまともな「操作説明書」があるとは思えません。 世の中の工業製品で、唯一、品質基準や安全基準が存在しないのがソフトウェアです。 実際のソフトウェアの品質制御では、テスト項目の設計が非常に重要ですが、品質管理だけでなく、リスク管理や遅延回復でも、テスト項目をちゃんと設計しているかどうかが非常に重要な鍵になるのです。

次の