火力指数 剣盾。 【ポケモン剣盾】しおふきの効果と覚えるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】努力値調整を考えるために絶対に覚えておくべき基礎知識①

火力指数 剣盾

概要 某wikiにあった決定力ランキングの第7世代版。 大雑把に言えばポケモン単体が事前のサポート無しで1ターン目から出せる火力のランキングです。 某wikiは7世代版に更新されていませんが、Zクリスタルの登場やスキン特性の弱体化により6世代までとは大きく変わることが予想されます。 が、更新の気配なし。 ならば自分でまとめてみようと思い立ったわけなのですが、禁止伝説は選考外、火力指数による比較、特性や技の選考基準など、筆者の独断と偏見によるアレンジが多々あります。 また、個人がやっていることなので見落としや抜けもあることが予想されます。 ご了承ください。 ランキング選考基準 ポケモンについて レートに参加できるポケモンのみ選考対象。 いわゆる禁止伝説は選考対象外。 また、レート未解禁のポケモン、特性についても選考対象外。 性格、努力値は攻撃or特攻上昇補正の性格でAorCに252振りされているものとする 所謂A特化、C特化 技について 技に関しての選定は悩みました。 特に溜め技等の扱いが…。 しかし通常扱いにくい技をZ技して使用するケースが生まれていること、Z技は第7世代の目玉であることから、それらのZ技に関しては基本的に選考対象としました。 反面、某Wikiとは異なり鉢巻ギガインパクトや眼鏡はかいこうせんといった、反動で動けなくなる技の素撃ちは選考対象外に。 ビックリヘッドの扱いは悩みましたが、ラス1同士の対面で両者瀕死になった場合の処理がだいばくはつ等と同様に使用者側の負けになる扱いであることから選考対象 外に。 また、特定条件下で威力が増大する技は条件を満たしていない時の威力を扱う。 なお、ここで扱う火力指数とは、命中率を考慮した期待値ではなく、当たった場合の指数を計算する。 火力指数について 攻撃or特攻の実数値、技威力、タイプ一致補正、特性による補正、天候やフィールドによる補正、持ち物による補正を乗算した数値です。 (命中率は考慮しない) 単純にこの数値が大きいものほど火力が高いということになりますが、ごく僅差だと実際に与えるダメージに差が出ないこともあります(このため某wikiの決定力ランキングにおいて、ドクロッグとベトベトンが同順位になるなどの現象が起きていた。 火力指数はA種族値が1高い分ドクロッグの方が高い) 大雑把な目安として、等倍であれば 火力指数約55000:H振りマリルリを一撃 火力指数約65000:H振りテッカグヤを一撃 火力指数約75000:H振りギルガルドを一撃 火力指数約84000:H振りレジスチルを一撃 となります。 ノーマル決定力ランキング ノーマル物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 メガリザードンY 67860 オーバーヒート ひでり メガストーン 67500 Zふんか ひでり ホノオZ ズガドーン 66900 Zビックリヘッド 非考慮 ホノオZ メガリザードンYはランキング中、メガシンカ勢で唯一のトップ。 Zクリスタルや鉢巻眼鏡が持てない分、単発火力という面ではメガシンカポケモンは他のポケモンに劣りがちなのですが、凄まじい火力です。 キュウコン以上の特攻とZふんかを有し、新たにひでりを得たも3位にランクイン。 非常に高い特攻と専用技を有するズガドーンも3位に。 また、参考記録としてメガリザードンYのブラストバーンは火力指数78300。 ほのおタイプの育成論一覧は みず決定力ランキング みず物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 カプ・コケコ 72055 Zワイルドボルト エレキメイカー デンキZ ゴローニャ アローラ 61234 すてみタックル エレキスキン こだわりハチマキ エレキブル 50400 Zワイルドボルト 非考慮 デンキZ エレキメイカーを有するカプ・コケコが堂々の1位。 アローラゴローニャはスキン特性とZ技がかみ合わず2位、Z技により火力が大きく伸びたエレキブルが3位にランクインという結果に。 参考記録として、ゴローニャは鉢巻ギガインパクト(76545)や鉢巻大爆発(127573)で超火力。 ちなみにZアイスハンマーでも同火力です。 スキン特性の弱体化や連続技とZ技の相性の悪さから、アマルルガやパルシェンは順位を落としました パルシェンのハチマキつららばりの火力指数45280 参考記録として、フリーズスキンの鉢巻ギガインパクトは57103。 フリーズスキンメガオニゴーリの大爆発は火力指数85049。 こおり特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 63270 Zブレイブバード はりきり ヒコウZ ムクホーク 61236 ブレイブバード すてみ こだわりハチマキ ドンカラス 58200 Zゴッドバード 非考慮 ヒコウZ Z技により火力を伸ばしたが1位に。 ちなみにワシボンはゴッドバードを覚えません。 ムクホークはすてみハチマキブレバ>Zゴッドバード のため最大火力は前世代と変わらず。 アーケオスのZゴッドバードは火力指数63300とワシボンを上回りますが、特性「よわき」により残HPが半分以上の場合という条件が付きまとうため参考記録。 また、スキン特性の弱体化によりメガカイロスのギガインパクトは指数61289となりました。 ひこう特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ウツロイド 47040 Zパワージェム 非考慮 イワZ 38640 Zパワージェム 非考慮 イワZ ダイノーズ 33360 Zパワージェム 非考慮 イワZ 第7世代でようやくまともなタイプ一致パワージェム使いであるウツロイドが登場。 ルナトーンもパワージェムを新規習得とだいぶまともなランキングになりましたが、それでもC75のダイノーズがランクインするあたり、特殊岩アタッカーの層の薄さが伺えます。 Z技化しない場合、テクニシャンロズレイドのめざパ岩>ダイノーズのパワージェム メテノは「リミットシールド」によりコアの状態でならZパワージェムで火力指数40080となりルナトーン超え。 いわタイプのポケモン育成論一覧は ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 63720 Zアイアンヘッド はりきり ハガネZ メタグロス 53812 Zコメットパンチ 非考慮 ハガネZ カミツルギ 53760 Zスマートホーン 非考慮 ハガネZ はりきりアイアントが火力を大きく伸ばし1位を守りました。 なお、参考記録として ツンデツンデとダダリンのハチマキジャイロボールは最大威力150の際、火力指数67873。 ナットレイのハチマキジャイロボールは最大威力150の際、火力指数54000。 テッカグヤのハチマキヘビーボンバーは最大威力120の際、火力指数45360。 はがね特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ゴローニャ アローラ 127573 だいばくはつ エレキスキン こだわりハチマキ シルヴァディ 90562 だいばくはつ 非考慮 こだわりハチマキ メガオニゴーリ 85049 だいばくはつ フリーズスキン メガストーン アローラゴローニャが火力指数10万の大台を突破し第1位に。 これは等倍ならHB特化クレセリアを確定で、半減でもH振りサザンドラ程度の耐久なら高乱数 93. また、新たなるタイプ一致だいばくはつ使いであるシルヴァディが第2位に。 第6世代で爆発力トップだったメガオニゴーリはスキン弱体化を受けたものの、ベロベルト(84375)を上回り3位に。 無効化されない大爆発という個性も健在です。 全てのポケモン育成論一覧は.

次の

【ポケモン剣盾シングルシーズン6】火力指数330,240!虫統一でできる超火力ハメコンボ!一刀両断ヤクデアントパレス!

火力指数 剣盾

ダメージ計算式 これがダメージ計算式です。 「各種補正」は道具や天候などの威力補正や、タイプ一致ボーナスや弱点補正などを表します。 00」の部分は"乱数幅"と呼びます。 詳しくは後で説明します。 対戦では基本的にお互いのポケモンのレベルは50なので、この式の「攻撃側のレベル」に50を代入して「乱数幅」と「各種補正部分」を取り除き簡易化すると、 こういった式になります。 始めの画像を見てもらえば分かる通り、ダメージ計算式はほとんど掛け算で構成されています。 威力60の「がんせきふうじ」と75の「いわなだれ」の威力は15しか違わないため、一見大した差が無いように思えます。 しかし、実際に計算してみると1. 25倍、つまり「かえんほうしゃ」と「だいもんじ」の差と同じ程度のダメージ差が出てしまいます。 乱数 対戦をこなしていくと、同じ技を同じポケモンで同じ相手に撃っているのにも関わらず、微妙に異なるダメージが入ったという経験をすると思います。 これは ダメージ計算式にある「乱数」、画像の「0. 00」の部分によって発生する現象です。 85, 0. 86, 0. 87, 0. 88, 0. 89, 0. 90, 0. 91, 0. 92, 0. 93, 0. 94, 0. 95, 0. 96, 0. 97, 0. 98, 0. 99, 1. この16通りの数字のいずれかがダメージの最後に掛け算され、最大値は基本ダメージのまま、最低値は基本ダメージの0. 85になります。 つまり、技によって与えるダメージは常に一定ではなくそれぞれ16通り存在し 同じダメージ量になることもあるため正確には16通り以下 、期待できる最大のダメージは最小のダメージのおよそ1. 2倍にもなります。 上の画像は142 252 ミミッキュが163-95 0-0 ドラパルトに対して「いのちのたま」持ち「シャドークロー」を撃った場合のダメージ計算です。 そして、画像の赤枠で囲まれた部分が与ダメージ量の16パターン、乱数幅です。 この時、ドラパルトのHPは163なので 164,164,166,166,172,172,174,174,179,182,182,187 のいずれかのダメージ乱数が選ばれた場合倒せるということになります。 火力・耐久指数 ここまではただダメージ計算式について説明してきました。 次は上で紹介した Lv. 50時のダメージ計算式を使ってポケモンの攻撃、耐久を評価する値を作ろうと思います。 ポケモンが技を受けて瀕死になるかならないかどうかは技のダメージが受けるポケモンのHPより大きいか小さいかで判定しているので、これを式で表すと、 上のようになります。 この式を攻撃に関する値は左辺に、防御に関する値は右辺に来るよう変形すると、 このようになります。 耐久指数の最大化 あるポケモンを最大限堅くしたい場合、努力値を一切振っていないならばHPと防御どちらにも252ずつ振れば最も堅くなるのは誰にでもわかることですが、すでに他の箇所に努力値を振っていて、そうするわけにもいかない場合はどうすれば最も堅くなるでしょうか?こういう場合に「耐久指数」が活躍します。 努力値をどこに振っても最初は4、それ以上は8ずつ振ると実数値が1上がるという法則は不変なので、任意の努力値を振り分けた際のHPと防御の値の和は常に一定でこれをZとします。 以上のことから、 HPと防御の値が等しくなる時、最も耐久指数が高くなるということがわかりました。 HPと防御の低い方に努力値を振ることで2つの数値が近付き、ポケモンがより堅くなるということですね。 ここに、素早さに性格補正をかけ努力値を252振ったジュラルドンがいます。 このジュラルドンの物理防御を最大にするにはどうすれば良いでしょうか。 努力値256を2つのステータスに振り分けた場合上昇するステータスの合計は33なので、HPの努力値による上昇幅をh、防御の上昇幅をbとすると、 上のように表せます。 ではこの 耐久指数の法則に従った場合とそうでない場合でどれくらいの差が生まれるのでしょうか。 分かりやすくHPが極端に高いカビゴンで計算してみます。 2」より、 防御252振りするとHPに252振りするよりもおよそ1. 2倍堅くなることが分かります。 耐久指数の最大化の時と同様に、努力値をどこに振っても最初は4、それ以上は8ずつ振ると実数値が1上がるという法則は不変なので、任意の努力値を振り分けた際のHPと防御と特防の値の和は常に一定でこれをSとします。 下3つ上の式に代入して変形すると、 といった式が得られ、物理耐久指数は の時に最大となります。 まとめ 今回の内容を要約すると ・ダメージ計算には「乱数」という部分があって、毎回与えるダメージがランダムに決定される 16パターン。 ・耐久指数を最大化するにはHPと防御 or特防 の低い方に努力値を振って、なるべく2つを近付けると良い。 となります。 ポケモンの配分や育成論を考えるときに役立つ知識ばかりなので、ぜひ覚えてほしいです。 part2は 総合耐久指数やHPを奇数にする理由などを話せればと思っています。 最新の投稿を見逃さないためにも、公式アカウント のフォローをお願いします。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の

ポケモン剣盾

火力指数 剣盾

ポケモンの火力って、どうやって比較するの? ヒヒダルマや ウオノラゴンというポケモンは火力がある! そのことは知っていても、この2匹のポケモンはどちらが火力があるか、と聞かれると、答えに詰まる人も多いのではないか。 今回は、主にそんな初級者のために、ポケモンの火力を数値化した 「火力指数」を中心に説明しよう。 火力指数とは何ですか? ポケモンの火力は、かけ算である。 前者なら 物理火力指数、後者なら 特殊火力指数。 火力指数が高ければ高い程、そのポケモンの放つ技は大きなダメージが出やすい。 つまり、火力があるという事だ。 上記のかけ算に、さらにタイプ一致補正やアイテム補正、特性による補正など様々な補正をドンドンかけ算する。 さらにさらに、タイプ相性をかけ算すれば、その指数が2倍になったり半分になったりはする。 ただ、そこまで考慮に入れると混乱するので、まずは等倍を前提として計算してみよう。 火力指数の実践例。 49、つまり ウオノラゴンの方が、ヒヒダルマよりも約1. 5倍の火力である。 という事は、ヒヒダルマに「こだわりハチマキ」を持たせれば、それ以上の火力が出るのではないだろうか、と推測できる。 もちろん、ウオノラゴンが鉢巻を巻けば、その差は再び約1. 5倍になる。 果たしてこの火力でどこまで倒せるのか? さて、算数嫌いの読者のみなさんは、数字の羅列に退屈な思いをしていたことだろう。 もう寝ていて手遅れかもしれないが、なんとかまぶたを引っ張って、目を開けて読んでほしい。 ここからは 「あの堅いポケモンは、どれくらいの火力指数があれば倒せるのか」という話をしよう。 例えば、前述の ウオノラゴンの 54,315は"みんな大好き" ガラルサニーゴにどれほどの有効打を与えられるのだろうか。 1%~58% 乱数2発(96. 8%) あの 堅いガラルサニーゴですら、後出しが不可能な火力である。 対面からなら、「ちからをすいとる」で受けが成立してしまうし、特性のろわれボディで30%でエラがみがだせなくなる不安があるが……。 そして、世の中にはもっと堅いポケモンが存在する。 氷の要塞、 クレベースである。 1%~46. 5% 確定3発 クレベースなら、余裕で後出しが成立してしまう。 ならば鉢巻の出番だ。 火力指数81,472. 陽気頑丈顎・A252"鉢巻"ウオノラゴンの「エラがみ」で、上記のHBクレベースに…… 58. 剣盾で覚えておきたい火力指数 この項では、剣盾で猛威を振るうアタッカーポケモン達の、代表的な火力指数を紹介していこう。 625 なので、火力指数も1. 625倍になる。 威力65以上の技ならば、どんな技でもダイマックス技化で威力が2倍になることはない。 一方で、耐久指数は、ダイマックスで必ず2倍になる。 つまり 通常の状態で確定耐えする威力65以上の技ならば、自分がダイマックスすれば、相手がダイマックスしても確定で耐えることができる。 火力指数・耐久指数を理解すると、ダメージ感覚が身につく。 火力指数と耐久指数を覚えることは、ポケモン対戦でアドバンテージを得ることにつながる。 何故なら、 「ダメージ感覚」が身についていくからだ。 例えば、ウオノラゴンとヒヒダルマの話に戻せば、鉢巻ヒヒダルマならウオノラゴンとだいたい同じ火力だから、サニーゴは2発で倒せるな、といった感じである。 あとは、「2倍の弱点で入れば、ウオノラゴンとかと同等の火力指数になるな 」とか、「今ダイマックスすれば火力指数が1. 5倍以上になるから倒せるな」という感覚でもよい。 今、場で戦っているポケモンの火力で、1発か2発で落とせるな、という「ダメージ感覚」を身に着けることで、ポケモンバトルは確実に上達する。 なぜなら、ポケモンバトルとは、結局のところ、最後に相手を倒しきるか倒しきれないか、で決まるゲームだからだ。 もちろん、ダメージ感覚は一朝一夕で身につくものではないが、ガラルの新ポケモンとバトルする時も、「大体前に使ったあのポケモンと同じ火力指数だな」と、経験として蓄積されていくだろう。

次の