インスタ ライブ動画は停止されました。 インスタライブの保存方法!自分や他人のライブ動画を録画ダウンロード!

Instagramが突然停止される不具合について

インスタ ライブ動画は停止されました

PCで他人のインスタストーリーの画像をこっそり保存する方法 STEP1:保存したいユーザーのストーリー(右側にある)をクリックします。 STEP2:ストーリーを最大化で開いて、空白部分を右クリックして「名前を付けて保存」を選択します。 STEP3:すると、ファイルの保存場所を尋ねられて保存場所を選択します。 次はファイルの種類の右側にある下矢印をクリックして、「ウェブページ、完了」をクリックします。 必要なものだけを残して、不要なものを削除してもいいです。 ご注意• 以上の方法に従ってやれば、Firefoxの場合では、Instagramの画像も動画もダウンロードすることができます。 だが、Chromeの場合では、画像しか保存できません。 関連記事: 「Chrome IG Story」 それらしいアプリ(Web IG Storyなど)がたまに出ても、著作権や安定性の問題でしばらく経つと消えてしまって実際に使いものにならなりません。 2019年11月現在、 利用可能な同様の機能を持った拡張機能といえば、「デスクトップ版Instagram」などがあります。 「デスクトップ版Instagram」は、Chromeブラウザでモバイル版Instagramを直接使用して、Instagramから写真やビデオをアップロードおよびダウンロードできると主張しているが、実際に試してみた結果、動画のカバーイメージを. jpg形式で保存してくれるだけです。 なので、Chrome IG Storyが復活しない限り、相手にバレないようにインスタ動画を保存するのは不可能だと考えても良いと思います。 もしどうしてもバレないようにインスタストーリーの動画やライブを保存したいなら、解決策はただ一つです。 つまり、「アカウントの削除」を実施します。 関連記事: 「VideoProc」でインスタストーリーの動画やライブを録画する方法 STEP4:確認ができたら、右下にある赤い「REC」ボタンをクリックします。 すると、5秒のカウントダウンが始まって、0になると録画が開始します。 VideoProc特徴• 高機能、高品質、低負荷なPC用録画ソフトで、高画質と高音質で画面を録画可能です。 録画画面を好きな位置や大きさに調節したり、音声を録音したり、図形やテキストを表示することも可能。 シンプルで直感的なUIを搭載して、インスタストーリーの動画を1クリックで簡単に録画できます。 2時間以上の長時間録画でも音ズレ、コマ落ちなくスムーズに録画できます。 Androidで他人にバレないようにインスタストーリーを保存する方法 一括でダウンロードする場合、画面上部の下向き矢印アイコンをタップします。 一つずつ保存する場合、ストーリーをタップしてから、画面の下にある下向き矢印アイコンをクリックします。 ここでの良い点は、同じ方法で自分のストーリーをダウンロードすることさえできるということです。 Instagramのストーリーを共有または再投稿することもできます。 「Story Saver for Instagram」を使えば、他人にバレないようにInstagramストーリーをAndroidに保存することができる以外、同じ方法で自分のストーリーもダウンロードできたり、Instagramのストーリーへ再投稿したりすることもできます。 PCの場合では、写真のダウンロードは簡単ですが、動画の保存は少し手間がかかります。 また、iPhoneとAndroidの場合では、 簡単な操作でストーリー内の写真はもちろん、お気に入りの動画も保存できるので便利です。 特に初心者におすすめします。 ご注意• ただし、他人のインスタストーリーたインスタライブを保存して個人用に使うのは著作権法にも、インスタの利用規約にも違反します。 個人的な意見で、著作権やインスタの利用規約を守って、インスタストーリーを楽しんでいきましょう。

次の

インスタライブの保存方法!自分や他人のライブ動画を録画ダウンロード!

インスタ ライブ動画は停止されました

【2020年最新情報】インスタライブの動画は、以前はストーリーズに24時間限定で公開できましたが、2020年4月からアーカイブとしてストーリーズへ残すことができなくなりました。 せっかくライブ配信したのなら、そのライブ動画を長く保存しておきたいと思ったことはありませんか? インスタライブは、 以前は配信した後にストーリーズに24時間限定で動画として公開できましたが、現在は出来なくなりました。 代わりに ライブ動画のシェア先がIGTVに変わり、そちらの方にアーカイブとして保存できるようになったのです! IGTVは「インスタグラムのYouTube版」みたいなもので、動画をシェアするアプリ。 インスタライブも24時間以上保存・公開できるようになっています。 今回は ライブ動画をアーカイブとしてIGTVに保存・公開する方法、そしてIGTVから視聴する方法を解説します。 タイトル:ライブ動画のタイトル 詳細:動画の内容に関する説明 シリーズ:カテゴリー分けのようなもので、自分で好きに設定できる ここでのポイントは 「プレビューを投稿」です。 ここをONにすると自分のフィードにライブ動画の冒頭部分が投稿され、タイムラインに表示されるようになります。 フォロワーやプロフィールに来た人に向けて「ライブ配信もやってるよ」「IGTVもあるよ」と宣伝できますよ。 世界観を作り込んでいる人は世界観が崩れるというデメリットはありますが、気にしない人はONにした状態で投稿しましょう。 一旦編集してからシェアする ライブ動画は「撮って出し」ができますが、ぶっつけ本番なので雑さが気になる人もいるでしょう。 そんな人は自分の動画を一度スマホ端末に保存し、編集してからIGTVに載せるという方法もおすすめです。 後から載せる場合にはIGTVアプリが必須なのでダウンロードしておきましょう。 削除するとIGTV上から動画が消え、他のアーカイブにも残らないため、削除のときはよく考えましょう。 インスタライブをIGTVにシェアしたときの注意点 インスタライブをIGTVに保存できるようになったことで24時間以上経った後でも見返せるようになりました。 しかしその一方で出てきた注意点もあるのでご紹介します。 24時間以上残る(限定性が薄れる) 「24時間以上残る」という仕様の変化には、賛成・反対の両方の意見があるようです。 ずっと残るからいつでも自由な時間に見れるというメリットがある一方で、 「24時間」という縛りにより生まれていた「限定性」が薄れるというデメリットがあります。 限定性が薄れるとその動画の「価値」や「特別感」も失われてしまうため、今までビジネス等で限定性を活かしていた人にとってはあまり嬉しくない仕様変更かもしれません。 質問・コメント・「参加しました」通知は非表示に リアルタイムで配信すると他のユーザーの「参加しました」通知やコメントも画面上で見れていたのですが、IGTVへ投稿するときは、質問・コメント・通知等が非表示になります。 IGTVのコメント欄 このようにIGTVにもインスタの投稿に似たコメント欄はあるものの、ここに寄せられるコメントはリアルタイムなコメントではありません。 コメントも一緒に保存したいときには、別で画面収録機能や録画アプリを使う必要があります。 ハイライトに残せない IGTVの動画をプロフィールハイライトにまとめられない点にも注意しましょう。 ストーリーズの動画をハイライトに残しておき、プロフィールを訪れたユーザーに見せている人も多いでしょう。 IGTVとストーリーズはまったく別の機能ですから、 IGTVの動画を見てもらうためには、面倒ですがIGTVのページに来てもらわないといけません。 IGTVはPCから見る方法が面倒 IGTVにはPC用サイトやツールがありません。 PCからIGTVの保存したライブ動画を見てもらう方法はあるのですが、ちょっと面倒なのが問題です。

次の

【Instagram】インスタライブ動画の録画方法(iPhone・Android)

インスタ ライブ動画は停止されました

Xperiaの 一部端末などにはAndroidでも画面録画機能が搭載されています。 画面録画機能が搭載されている端末を利用している場合には、はじめから端末に搭載されている画面録画機能を利用してインスタライブを録画してみましょう。 ただし、多くのAndroid端末ではiPhoneのように内部音声を直接録音する画面録画機能がありません。 一度スピーカーで出力したものを、外部マイクで拾って録音する方法ですのでiPhoneよりも品質は落ちてしまいます。 韓国のサムスンのGalaxyなどの一部端末では、内部音声を録音する機能も搭載されているので、まずは自分が利用しているAndroid端末の画面収録機能を確認してみてください。 画面収録機能や外部アプリなどを利用して保存したインスタライブを 無断でSNSなどにアップロードすると、配信者の肖像権や著作権を侵害する可能性がありますので、絶対に行ってはいけません。 必ず許可を取りましょう。 また、画面収録機能や外部アプリなどを用いた動画としての録画以外にもスクリーンショットにも注意が必要です。 配信者が配信中の画面のスクリーンショットには配信者の姿や顔が写っている場合があります。 そのようなスクリーンショットを無断でSNSなどにアップロードしてしまうとこれについても、肖像権や著作権の侵害に当たる場合があるため、十分注意が必要です。 また、法律に触れない場合でも配信者意思を尊重してください。

次の