大地震 予言.com。 【地震予知】麒麟地震研究所が大地震の前兆を観測か?しばらくは注意が必要と警戒 │ 防災の種

【地震予知】麒麟地震研究所が大地震の前兆を観測か?しばらくは注意が必要と警戒 │ 防災の種

大地震 予言.com

「1999年人類滅亡大予言」で、一躍その名を世界に知らしめた 大予言者。 は、16世紀に現存した人物である。 医師であり、師でもあったは、優れた知能と霊的感性をもって約400年前から人類の行く末を見通していたという。 画像は「」より引用 これまで、が的中させた歴史的大事件は数知れず。 最近でもは、「トランプの出現」、「火災」まで予言的中させていたのだ。 だが、の予言は四行詩という抽象的な形で表現されたものであり、読み解くのが難解なため、いろいろな解釈ができる。 それゆえ、海外ではさまざまな角度からの予言を研究している研究者が多数いる。 さて、来たる2020年は総合的に見てどのような年になるのだろうか? は次のように予言している。 予言によれば、 株価暴落によるや世界経済危機が訪れ、それによる人々の劇的な感情の低下が起こるとしている。 また、 ハリ、洪水、、火山噴火が起こるが、これは地球気候のバランスを取り直すための浄化であるという。 2020年はたいへん苦難に満ちた危険な年となり、人類を未曾有の厄災が襲うが、しかし、それと同時に神の啓示も受けるという。 によれば、 2020年は人類にとって終わりでなく再生の年となる。 そして、我々の世界の根本的な価値観が変化し、新たなレベルの精神性に移行するというのである。 これはつまり、 「をする」時というのではなかろうか。 1,水星逆行6月18日〜7月12日に巨大 日本が巨大に飲み込まれる はカでの巨大を予測している。 2019年7月は、で、6や7の巨大が立て続けに起こった。 カなので日本は関係ないと思うなかれ。 1700年に、米国北西部の「カスケード沈み込み帯」(北部からカナダの南部)で起きた9のは、日本にも甚大な被害をもたらしたという。 この周期は平均270年とされており、2020年はその周期を上回る。 つまり、今日明日にでも起こってもおかしくはないのだ。 「カスケード沈み込み帯」では今、スローが起きているとされている。 近年、頻発するカリフォルニアのは超巨大の前触れなのだろうか? 師でもあるは、 「が起きるのは、水星が逆行する6月18日〜7月12日」と予言している。 水星逆行とは、西洋においては特に気をつけなければならない時期とされている。 水星が実際に逆行しているのではなく、地球から逆行してみえるということである。 過去のを読み解くと、、、など水星逆行が始まる10日以上前に起きているので、必ずしも水星逆行の期間に大が起きやすいわけではないようだ。 また、水星はコミュニケーション、交通、商売などを司り、水星逆行の時期はこれらのことにトラブルが生じやすいとされている。 水星逆行によるコミュニケーション不全で人々のイライラが大地に影響を及ぼし、エネルギーを引き起こす可能性はあるかもしれない。 画像は「Getty Images」より引用 2,海面上昇で 大阪と名古屋が消失 映画『ウォーターワールド』の世界が現実に については、2019年9月23日、「国連気候サミット」での環境活動家グレタ・トゥンベリが若者を代表し怒りの演説をしたことで話題になった。 は、による急激な海面上昇を予言し、地球が映画『ウォーターワールド』のような陸が海に水没してしまった海洋惑星化することを危惧している。 2019年5月、「米科学アカデミー紀要(PNAS)」は、今世紀末までに界面が2メートル上昇し、二億人が住居を失うという予測を発表した。 これは国連が発表した予測の倍となる。 南極や北極での極地での氷の融解による海面上昇は、人類の予測を上回るスピードで起こっているようだ。 海面が上昇すると、日本でも海岸線に位置する都市の大半が水没し、名古屋と大阪が消失の危機にさらされるという。 海面上昇に備えて、カでは30年前から内陸部への引っ越しを行っているというから、海岸線に住む人々は内陸部への移住を考えたほうが良さそうだ。 さらに、 はによる海面上昇がを引き起こすと予言しているのだ。 画像は「Getty Images」より引用 3,とテロの脅威 はによる海面上昇により、資源現象、水と食糧の危機、多くの難民を引き起こし、それが世界的な紛争に結びついて大戦にな可能性があると予言している。 2019年10月26日、米軍の特殊部隊とCIAがテロ組織ISISの最高指導者バクダディを自爆に追い込んだ。 これにより、ISISの報復テロが懸念される。 は、 将来の最大の脅威は テロリストと 生物学的攻撃 から来ると予言している。 人の存在が明らかに!? は、 と地球外生命体が同盟を結ぶと予言している。 ロシアはかつてメドベージェフ首相が「ロシアの宇宙人極秘ファイル」の存在について暴露したこともあり、UFOや宇宙人の情報開示に積極的である。 2019年は、カ海軍がUAP(未確認航空現象)の存在を明らかにした。 なので、2020年、いよいよ ロシアの手によって、人類に宇宙人の存在が公式に発表されるのではなかろうか? ここに紹介した以外にも、は 「 最高指導者の は退位して ロシアに亡命し、と韓国が合併する」、「 が死去してチャールズが王になる」、「 が退位し、若い新が誕生する」というような、予言もしている。 いかがだっただろうか。 の予言によると、どうやら2020年も人類にとって暗い受難の年となるようだ。 日本も令和の時代となり、変革の時を迎えており、 「」 が開催される2020年がひとつの大きな節目となりそうだ。 新たな価値観がスタートする新時代に向けて旧いものは淘汰され、選ばれた者だけが生き残るのだ。 自分だけは大丈夫とおごり高ぶらず、宇宙人と共生できるようにどんどん新しい価値観を受け入れていこう。 変化を恐れない心を持つことが生き残りにつながるのだ。 dream-kb.

次の

【2020年】南海トラフ地震の予言がヤバすぎる件!【都市伝説】

大地震 予言.com

新型コロナウイルスの拡大で、世界経済が大混乱に陥っている。 生産や消費全般が滞り、感染防止で観光や旅行、イベント業界は大打撃。 2020年3月16日のニューヨーク株式市場はまたもや大暴落し、先行きへの不安が一段と高まっている。 いつになったら収束に向かうのか全く見通しがつかない状態だ。 いったい何が書いてあるのか。 いよいよ恐怖の幕が開く 評者は経済について門外漢。 したがって著者の浅井隆さんがどういう人なのか、まったく知らない。 略歴によれば、浅井さんは経済ジャーナリスト。 1954年生まれ。 早稲田大学政治経済学部在学中に環境問題研究会などを主宰。 一方で学習塾の経営を手がけ学生ビジネスとして成功を収めるが、思うところあり、一転、海外放浪の旅に出る。 帰国後、毎日新聞社に入社。 写真記者として世界を股に掛ける過酷な勤務をこなす傍ら、経済の猛勉強に励みつつ独自の取材、執筆活動を展開する。 94年に独立。 この略歴から、おおよその人物像が浮かび上がる。 本書は、自分が作った会社からの出版物ということがわかる。 ではなぜ、2020年に世界大恐慌が起きると考えたのか。 本書は以下の構成。 「次にやってくる危機は、あのリーマン・ショックをも上回る史上最大の経済事件となる可能性は高い。 しかも、その到来は何年も先の遠い将来のことではない」と言い切っている。 背景として、リーマン・ショック後に世界各国で政府による財政出動と中央銀行による大幅な金融緩和が行われ、株や不動産がバブル化していることを挙げている。 もちろんこれは、浅井さんが独自で言い出したことではなく、第一章では、米シカゴ大学のボブ・アリバー教授や、高名な投資家、ジム・ロジャース氏の発言などに同調する形で主張している。 「危機は別な顔をしてやってくる」という格言があるそうだ。 浅井さんも、「次の危機が何をきっかけに起きるか予測するのは難しい」としながらも、「火種はあちらこちらにくすぶっている」。 第一章では、「ハイイールド債の恐怖」「IT銘柄の狂騒」「膨張するETF」などのリスクについて、内外の有力経済メディアのシビアな見方を紹介する。 第二章では、仮想通貨や美術品投資、不動産、株などがすでに異常な水域に入っていることを、これも様々なメディアの情報なども参考にしながら報告している。 「人口が減るのに増え続けるアパート建築」「日銀が作り出す実態をともなわない『官製バブル』」などの国内状況はしばしば指摘されてきた。 「NZオークランドの不動産価格は適正価格の二倍以上」「香港の住宅価格はこの10年で三倍に」など、海外事情も織り込まれている。 感染症の関連本も出していた 冒頭にも書いたように、評者は経済には門外漢なので、浅井さんの主張や分析が正しいかどうかの判断はできない。 ただ、「大恐慌」はともかくも、個別のリスクについては、有力な経済メディアやエコノミストの間でもすでに警鐘が鳴らされている見方を援用しているところが多いと感じた。 ちなみに、浅井さんには、『日本発、世界大恐慌! あなたは財産を守れるか? 日経平均4000円、前代未聞の大不況』(1992年)、『いよいよインフレがやってくる! 』(2004年)、『チャイナ発世界大恐慌』 2008年 、『2012年中国崩壊2014年日本沈没』(2011年)などの予測本がいくつもある。 今回は、理由はともかく、起きている現象としてはかなりストライクゾーンに近いといえるだろう。 浅井さんには一方で、『パンデミック感染大爆発』(2008年)、『ウイルス戦争がやってきた!! 』(2009年)、『新型インフルエンザ生き残りマニュアル』(2009年)など感染症を直視した著作もある。 経済評論家としてはきわめて珍しい。 今回の本に「感染症リスク」についても一章設けておけば、さらに予測に厚みが増し、先見の明を称えられたかもしれない。 BOOKウォッチでは関連して、、、、、なども紹介済みだ。

次の

【すぐわかる】南海トラフ地震は間近?松原照子 予言一覧!【衝撃の真実 !】

大地震 予言.com

2019年日本の予言 2019年の日本について語られている予言を集めてみました。 予言からすると、富士山の噴火や南海トラフ地震の発生など、2019年も様々な恐ろしいことがあるようです。 ダウンローラー千尋氏の予言• ジュセリーノ・ダ・ルース• ノストラダムス• 江原啓之の予言• 木村藤子の予言• 聖徳太子• スズさん• 松原照子• 2041年からのタイムリーパー ダウンローラー千尋氏の予言 ダウンローラー千尋氏は、長野県諏訪在住で小さい頃から時々不思議なメッセージが降りてきて、予知能力を持っており未来を読むことができます。 地震の予言を多くしており、熊本地震も予言しました。 予言の内容 2019年9月に南海トラフ地震が起こる 南海トラフ地震が発生するのは以前から言われていました。 2019年に南海トラフ地震が起こると多くの予言者が言っています。 太平洋の赤道付近から南米沿岸にかけて海水面の温度がいつもより低くなる「ラニーニャ現象」が起こると、日本列島の太平洋側で大地震が発生するケースが多いと言われています。 2017年秋に発生したラニーニャ現象は、2018年春に終息したとされています。 また南海トラフ地震が発生する前には、前兆として西日本で大地震が起きる傾向があります。 最近では、• 熊本地震(2016年4月)• 鳥取県中部地震(2016年10月)• 島根県西部地震(2018年4月)• 大阪北部地震(2018年6月) が発生しており、予言が現実味を帯びて来ている感じもしますね。 スポンサーリンク ジュセリーノ・ダ・ルース ジュセリーノ・ダ・ルース氏は、予知夢で未来を予言するブラジルの予言者です。 未来の出来事を日時まで特定し言い当てるといい、予言の内容は事件や災害などが多いです。 11テロ」や「ダイアナ妃の暗殺」など、世界中の大事件を当て有名です。 予言の内容 南海トラフ地震が起きる 南海トラフ地震など巨大地震が起る前には、霧島連山が噴火すると言われています。 九州にある霧島連山が噴火すると、それに連動して1年以内に巨大地震や富士山噴火が起きています。 霧島連山は、九州南部の宮崎県と鹿児島県県境付近に広がる火山群の総称で、噴火を繰り返す活火山、特に新燃岳と御鉢では活発な火山活動が続いています。 この火山が噴火したなら注意が必要です。 過去には新燃岳が2011年1月26日に噴火。 この噴火はでは溶岩の出現も確認され、約300年ぶりのマグマ噴火となりました。 その後の2011年3月11日には 東日本大震災の巨大地震が起こっています。 2017年にも小規模な噴火がありました。 2018年の噴火は2017年とは違い、溶岩の内部で火山ガスの圧力が高まって爆発したと推定される 爆発的噴火が7年ぶりに発生しました。 降灰により鹿児島空港を発着する78便が欠航したり、噴煙が火口から4500mの高さまで上がり大きな噴石が火口から1800m飛散。 2019年は大地震や富士山噴火に特に警戒したいですね。 ジュセリーノ・ダ・ルースさんが、近年でも次のような予言をしています。 関連記事 ノストラダモスは世界的にも有名ですが、その他にも有名な予言者がいます。 ブルガリアの予言者でヨーロッパを中心としてたいへん大きな影響力を持つとされる、ババ・ヴァンガなど。 2019年は世界では次のようなことが予言されています。 ネパールで巨大地震が起きる• 第三次大戦が起こる• 2019年プーチン暗殺 などが起こるとされています。 詳細はこちらの記事からご覧ください。 関連記事: 江原啓之の予言 スピリチュアブームの火付け役、そして礎を築いた方と言えるでしょう。 江原さんは毎年予言をされています。 多くの人が注目している予言の内容を知っておくと、日本をはじめ世界がどうなっていくのか参考になるでしょう。 江原啓之さんの予言内容を知りたい方は確認してみてください。 予言の内容 娘が見た夢は「山が噴火し、ドンと5回爆発のようなものが起きた」と言っています。 2019年に九州、大分で大地震が発生する。 この予言では、噴火した山はおそらく富士山のようです。 過去の富士山噴火で、直近の噴火である江戸時代中期1707年12月16日の「宝永大噴火」のような 大噴火が起きた場合、 静岡県・山梨県・千葉県の多くと、東京都の大部分で火山灰が2cm以上降り積もります。 そうすると、• 新幹線は運行停止• 東名高速や首都高などの高速道路もスリップの影響で不通• 一般道も渋滞• 除灰作業が完了するまでは通行不可となる可能性がある• 飛行機も火山灰の影響したら航行不能• 火山灰が水道の水源地にも降り注げば、飲料水にも影響がある• 停電が続けば上下水道も停止 溶岩流があれば、東名高速道路や東海道新幹線も溶岩流に飲み込まれる恐れもあります。 富士山の噴火の可能性は以前から言われていますが2019年も気が抜けませんね。 九州、大分で2年以マグニチュード9クラスの地震が発生するようです。 東日本大震災と同じ規模の地震は発生することになります。 それも二年以内の短い期間で。 近頃は西日本に地震が多いのでこんな予言がされていると恐ろしさが増します。 では、他の近年ではどのような予言がされているのでしょうか。 2020年には、日経平均22,000円~20,000円で推移している 為替はオリンピック前後までは、105円から140円で推移している 土ローンを活用し、太陽光発電の点検詐欺が起こる 2019年北朝鮮の予言 2017年は世界が北朝鮮の核ミサイルの脅威に晒されていましたが、2018年には大きな変化があり、4月に南北首脳会談、6月に米朝首脳会談という2つの歴史的な首脳会談がありました。 2019年2月にも、2回目の米朝首脳会談が行われましたが、結果は 決裂。 最初の方は笑顔が見られ和やかなムードに見えましたが、北朝鮮の非核化をめぐって溝が埋まらず、合意文書の署名を見送ることになりました。 これから北朝鮮はどのような動きを見せるのでしょうか。 北朝鮮について語られている2019年の予言をご紹介します。 マイケル・フィリップス• エド・デイムス マイケル・フィリップス マイケル・フィリップスは、2043年生まれで2061年にイギリス軍に入隊し、タイムトラベル実験で2018年に何度も訪れているとの事です。 イスラエル右派政権によるイラン攻撃で始まるアルマゲドンが発生する。 太陽の巨大フレアが地球を直撃する スポンサーリンク 予言している人物 予言を毎年している世界中の方の中から一部を紹介していきます。 この予言者からの語られる内容も気になるところですね。 ジョセフ・ティテル 米国屈指のサイキック(超能力者)。• クレイグ・ハミルトン・パーカー イギリスの霊能力者。• ジョゼフ・マクモニーグル 自称FBI超能力捜査官。 日本のテレビ番組にもたびたび登場している。• ゲリー・ボーネル アカシックレコードにアクセスできる予言者• 比嘉 良丸(ひが よしまる) 自然信仰家。 神人(かみんちゅ。 沖縄における、神の啓示にて祈りを行うシャーマンのこと)• バラート・クラーラ ハンガリーの霊能者、占い師。 占いアプリにもなっている。 まとめ 日本・北朝鮮の予言を集めてみました。 2019年も様々な予言がされていましたね。 実際に起こるわけではない予言もありますが、語られている内容を見ると恐ろしいです。 未来は何が起こるかわかりませんが2019年も心して過ごされて下さい。 スポンサーリンク.

次の