スリープ モード ショートカット。 Windowsでスリープをショートカットキーでする方法

Windows10をショートカットキーだけで素早くシャットダウンする方法

スリープ モード ショートカット

うまくできなかった方、申し訳ありませんでした。 そこで使いやすいフリーソフトを探して検証したところ、以下のソフトで「スリープ」のショートカット作成と実行ができました。 ちゃんと分かりやすいアイコンも用意されています。 ショートカットを「タスクバーにピン留めする」手順は今までと同じです。 まずは「スリープ」を実施できる「ショートカット」を作成します。 デスクトップで何もないところを右クリックして現れるメニューから「新規作成」>「ショートカット」と辿って選択。 「ショートカットの作成」画面の入力ボックスに rundll32 powrprof. dll,SetSuspendState と入力(コピペでOK)して「次へ」ボタンをクリック。 「ショートカットの名前を付けてください」の入力ボックスにたとえば「スリープ」と入力して「完了」ボタンをクリック。 以上でデスクトップに「スリープ」というショートカットができます。 これをダブルクリックすると「スリープ」操作となります。 この「スリープ」のショートカットを右クリックで現れたメニューから「タスクバーにピン留めする」を選択して 「タスクバー」に追加された「スリープ」アイコンをクリックすれば パソコンをワンクリックで「スリープ」にできます。 デスクトップの「スリープ」ショートカットを右クリック、現れたメニューから「プロパティ」を選択。 開いた「プロパティ」画面の「ショーカット」タブ画面で下にある「アイコンの変更」ボタンを選択。 dll を入力(コピペでOK)して「Enter」キーを押す。 一覧表示されたアイコンから、それっぽいアイコンを選択。 「プロパティ」画面で「OK、さらに「プロパティ」画面でも「OK」すれば完成。 「スリープ」のアイコンが「赤い電源」に切り替わります。 これを「タスクバーにピン留めする」わけです。 ピン留めしたアイコンは並べ替えができるので左端など使いやすい場所に設置しましょう。 理解を深めるための「」•

次の

【MacBook Air 2018】スリープのショートカットできない問題の解決方法|KOARAFE

スリープ モード ショートカット

Windowsのスリープが面倒な理由 マウス操作で3クリックも必要ですし、設定ボタンと電源ボタンを間違えたりしてイライラします。 覚えにくいし、一気に押せないのが、これまた面倒なんです。 「メディア取り出しキー」が無いキーボードでも、Macはショートカットキーを自由に割り当てることができます。 メニューにもショートカットキーが表示され分かりやすいです。 Windowsでスリープのショートカットキーを作る WindowsにはMacのような設定はありません。 しかし、無いものは作りましょう! 少し手間はかかりますが、誰でも作れるので手順を紹介します。 ショートカットの作成画面で次のように入力してください。 rundll32 PowrProf. dll,SetSuspendState• ショートカットの名前は任意で構いません。 完了ボタンを押し、デスクトップにできたショートカットアイコンを右クリックしてプロパティを選びます。 ESC、TABなどのキーは設定できません。 以上でスリープのショートカットキーは完成です。 ショートカットアイコンをダブルクリックしてもスリープできるので見栄えをよくするためにアイコンを変更する方法を紹介します。 アイコン情報を持っているファイルを選ぶとアイコンが選べます。 分からない場合は次のものを試してください。 dll ショートカットアイコンをタスクバーに入れることもできます。 これならワンクリックです。 まとめ ショートカットキーのカスタマイズはMacが優秀ですが、Windowsはアクセラレータという考えがあって、メニューをキーボードで操作できるので慣れるとマウスが無くても使えるのが優秀だと感じています。

次の

Windows 10|ショートカットでシャットダウン&スリープする方法

スリープ モード ショートカット

Windowsのスリープが面倒な理由 マウス操作で3クリックも必要ですし、設定ボタンと電源ボタンを間違えたりしてイライラします。 覚えにくいし、一気に押せないのが、これまた面倒なんです。 「メディア取り出しキー」が無いキーボードでも、Macはショートカットキーを自由に割り当てることができます。 メニューにもショートカットキーが表示され分かりやすいです。 Windowsでスリープのショートカットキーを作る WindowsにはMacのような設定はありません。 しかし、無いものは作りましょう! 少し手間はかかりますが、誰でも作れるので手順を紹介します。 ショートカットの作成画面で次のように入力してください。 rundll32 PowrProf. dll,SetSuspendState• ショートカットの名前は任意で構いません。 完了ボタンを押し、デスクトップにできたショートカットアイコンを右クリックしてプロパティを選びます。 ESC、TABなどのキーは設定できません。 以上でスリープのショートカットキーは完成です。 ショートカットアイコンをダブルクリックしてもスリープできるので見栄えをよくするためにアイコンを変更する方法を紹介します。 アイコン情報を持っているファイルを選ぶとアイコンが選べます。 分からない場合は次のものを試してください。 dll ショートカットアイコンをタスクバーに入れることもできます。 これならワンクリックです。 まとめ ショートカットキーのカスタマイズはMacが優秀ですが、Windowsはアクセラレータという考えがあって、メニューをキーボードで操作できるので慣れるとマウスが無くても使えるのが優秀だと感じています。

次の