志村 けん と 沢田 研二。 「志村けんロス」は3カ月経ってもやまない…代役が沢田研二しかない理由

志村けんさんの代役に沢田研二、“天下のジュリー”が『全員集合』で育てた絆

志村 けん と 沢田 研二

沢田研二(71)が志村けんさん(享年70)の代わりに映画「キネマの神様」で主演を務めると発表された。 ネットでは「最高の代役」と喜ぶ声が上がっている。 山田洋次監督(88)が「家族」をテーマに制作する同作だが、志村さんが亡くなったことや緊急事態宣言の影響で撮影が中断している。 各メディアによると、そんななかで制作陣は「作品を完成させることが志村さんへの供養になる」と考え沢田にオファー。 沢田はこうコメントしているという。 「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」 もともと同じ事務所の先輩後輩という間柄だった沢田と志村さん。 テレビやラジオ、そして舞台で何度も共演してきた。 「ブレイクの時期が重なる2人は当時、風貌も似ていると話題でした。 それを活かし、沢田さんが志村さんの鏡に写された姿を演じるというコントもありました。 沢田さんはアイドルにもかかわらず、志村さんの無茶振りにきちんと対応。 そのことが、沢田さん人気をさらに押し上げたのです。 何より志村さんも晩年に『すごかった』と沢田さんのコントスキルを讃えていました。 2人は01年から1年半ほどラジオ番組『ジュリけん』(文化放送)でレギュラーを共にしていましたが、そこでも仲睦まじい様子でした」(芸能関係者) そのため今回の代役にもネットでは《志村さんからジュリーへ! このバトンの引き継ぎはグッとくるものがあるな!》《二人のこれまでの縁、信頼があってこその配役で、志村さんもきっと安心しているんじゃないかなぁ》《志村からジュリーへ!こんな最高な代役ないだろ。。。 ジュリーは男だなあ》と喜ぶ声が上がっている。 沢田にとって14年ぶりの映画出演となる今作。 さらに特別なものとなりそうだ。

次の

志村けんは沢田研二に似てる?若い頃の写真やツイッターでの感想は?

志村 けん と 沢田 研二

以降は二人が似てるのか似てないのか、ツイッターでの投稿をまとめてみます。 山田洋次監督『キネマの神様』の志村けん代役が沢田研二か~しかし若い頃はホント似ている二人だ.. 現在の沢田研二のイメージで、どう役作りしていくのか興味深くはあるキャスティング。 — 惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 YZNlfuMP8Vbaaoj キネマの神様、志村けんさんの代役沢田研二さん ジュリー か。 若い頃は似てたっぽいけど今しか知らないからなぁ..。 個人的にはドリフターズの誰か カトちゃん仲本さんブーさん がよかった。 まぁ似てる似てないじゃないけど。 笑 — お豆 down10mbo 志村からジュリーへ!こんな最高な代役ないだろ。。。 鏡合わせの2人だし、けんさんも「少しの差なのに……」ってコントで言ってたもんね。 妙に納得。

次の

「志村けんロス」は3カ月経ってもやまない…代役が沢田研二しかない理由

志村 けん と 沢田 研二

キネマの神様 志村けん代役 キネマの神様 志村けん代役のニュースは、次のように報道されています。 初主演映画「キネマの神様」(2021年公開予定)のクランクイン前に新型コロナウイルスに感染し、3月29日に死去した志村けんさん(享年70)の代役を歌手の沢田研二(71)が務めることが15日、分かった。 2人はかつて同じ事務所に所属し仲が良く「8時だョ!全員集合」「ドリフ大爆笑」などで共演。 志村さんの遺志を継ぎ、14年ぶりの映画出演を決めたジュリーは「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」と短い言葉に決意を込めた。 出典headlines. yahoo. jp 志村けん 沢田研二 ジュリけん 志村けんと沢田研二は仲が良く、 一緒にコントや、ラジオをやっています。 60~70年代に同じ事務所に所属し、多くのコントで共演。 2000年代に入ってからも文化放送「沢田研二・志村けんのジュリけん」で約2年半に渡って60分のトーク番組を続けてきたほど仲がいい間柄だった。 志村けん主演 キネマの神様 志村けんが主演するだった映画「キネマの神様」は、 ゆかりの深い沢田研二にバトンが渡りました。 映画は3月1日にクランクイン。 無類のギャンブル好きで家族に見放されたダメ親父・ゴウが、かつて映画撮影所で働いていた日々と現在を交錯させる物語で、ダブル主演の志村さんと菅田将暉(27)が2人1役を演じるはずだった。 志村さんが登場する過去パートは4月に撮影を始める予定だったが、3月下旬に志村さんの新型コロナウイルスによる肺炎が悪化。 降板が発表された3日後の29日に帰らぬ人となった。 緊急事態宣言の発出により撮影もストップ。 代役のキャスティングを模索する中で、昭和のスターらしい骨太なたたずまいを持ち、志村さんとのゆかりも深い沢田にバトンが移った。 プレッシャーのかかる役柄だが、オファーを受けた沢田は即決。 「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」とコメントした。 いまだ撮影再開の時期は調整が続けられている。 公開日も当初の今年12月から21年予定に変更となった。 山田監督は「志村さんとは違うゴウちゃん。 沢田研二さんなら、別なゴウちゃんの魅力を引き出してくれると確信しています」と話しているという。 志村さんありきの企画と思って居たので、正直頓挫するものと思って居ました。 また、そうあるべきとも思いましたが、沢田さんのお覚悟を伺い、どのように引き継がれるのか、一映画ファンとしては思いは別として応援致します。 頑張って良い作品にして下さい。 沢田より加藤茶の方がいいが年齢的に体力的にも厳しいからな。 楽しみです。 大丈夫? 映画ではドタキャンしないでね。 期待してる。

次の