労働 保険 集計 表。 労働保険の集計表の書き方|助け合い掲示板|経理初心者おたすけ帳

労働保険年度更新申告書の書き方を詳しく解説(自動計算シート付き)

労働 保険 集計 表

ここでは『労働保険料の算定基礎となる「賃金の範囲」』を、以下の項目に従い、ご紹介させて頂きます。 上記のように、『 労働保険料の算定基礎となる「 賃金( 給与支給額)」』は、• 会社から保険者に「支払う労働保険料」を計算する場合• 会社の給与計算において「控除する雇用保険料」を計算する場合 のいずれにおきましても、「 その計算の基礎となる金額」 として使用されます。 このため、「会社が支払う労働保険料」や「給与計算において控除する雇用保険料」を適切に算定するためには、 その前提として『その計算基礎となる「賃金」』を理解しておくことが必要となります。 従いまして、当該ページにおきましては、 ・この『労働保険料の算定基礎となる「賃金」』には どのようなものが含まれるのか? ・すなわち『労働保険料の算定基礎となる「 賃金( 給与支給額)」 の範囲』につき、詳しくご紹介させて頂きます。 このため、• 「 会社から支給されるもの」であり、• 「 労働の対償として支払われるもの」は、 『労働保険料の算定基礎となる「賃金(給与支給額)」』に 含まれることとなります。 このため、従業員が受け取ったものであっても、それが 事業主( 会社)から 支給されたものでない場合には、『労働保険料の算定基礎となる「賃金(給与支給額)」』には 含まれません。 従いまして、例えば、従業員がお客様等から 直接受け取ったチップなどにつきましては、『労働保険料の算定基礎となる「賃金(給与支給額)」』に 含まれず、 他方、お客様等からチップなどを、事業主(会社)が受け取り、 事業主( 会社) 経由で従業員が受け取った場合には、『労働保険料の算定基礎となる「賃金(給与支給額)」』に 含まれることとなります。 このため、• 会社費用となるものを従業員が負担したことによる「 実費弁済的性格を持つ支給額」• 労働の対償としてではく、会社から「 恩恵的に支給されたもの」など は、『労働保険料の算定基礎となる「賃金(給与支給額)」』に 含まれません。 「 労働保険年度更新 申告書の書き方」• 「 雇用保険事務手続の手引」• 「 雇用保険に関する業務取扱要領」 において、「 具体的な給与支給項目の例示」が示されています。 従いまして、ここでは、まず「労働保険年度更新 申告書の書き方」等で例示されている『労働保険料の算定基礎となる「賃金(給与支給額)」に 含まれる項目』をご紹介させて頂きます。 労働保険料の算定基礎となる「賃金(給与支給額)」に含まれるもの 基本賃金 ・「時給・日給・月給」「臨時・日雇労働者・パート・アルバイト等に支払う賃金」 ・有給休暇日の給与 通勤手当 ・ 課税・非課税を問わず『「 金銭」で支給される 通勤手当』 ・「 定期券」「 回数券」等の『「 現物」で支給されるもの』 法定手当 ・超過勤務手当(早朝手当、残業手当など) ・深夜手当 ・法定休日手当など 任意手当 ・「扶養手当」「子供手当」「家族手当」「住宅手当」 ・「技能手当」「特殊作業手当」「教育手当」 ・「単身赴任手当」「物価手当」「生活補給金」 ・「地域手当」「勤務地手当」「寒冷地手当等」 ・「奨励手当(精勤手当・皆勤手当など)」 ・「宿直・日直手当」( 課税・非課税を問いません。 ) ・「調整手当(配置転換調整手当・初任給調整手当)」 ・「転勤休暇手当」「受験手当」( 実費弁済的なものは 除く) 食事 ・被服 ・住居 の利益 「食事・被服・住居の利益」である「現物給与」につきましては、その 支給状況等によって、 『労働保険料の算定基礎となる「賃金」に 含まれる』場合と 『労働保険料の算定基礎となる「賃金」に 含まれない』場合とがあります。 これにつきましては、別途『』でご紹介させて頂いております。 賞与 賞与を支払う場合にも、労働保険料の算定基礎となる「賃金」に含まれます。 ・このため、賞与を支給した場合には、これに係る労働保険料を 保険者に支払うことが必要となり、 ・また、賞与支給時にも、「従業員が負担する雇用保険料」を 給与計算時に控除することが必要となります。 事業主が負担した 従業員負担分の 公的保険料 源泉所得税 ・「 従業員負担分の雇用保険料」「 従業員負担分の社会保険料」を 事業主が負担した場合、 ・「 従業員個人に課せられる(源泉)所得税」を 事業主が負担した場合には、 これらの保険料額は「賃金」に含まれます。 昇給差額 遡って支払われる昇給差額 前払い退職金 ・ 在職中に、退職金相当額の全部又は一部を 給与に上乗せして支給されるもの (なお、 退職時又は 退職後に支払われるものは、 対象外となります。 ) 休業手当 労働基準法26条に基づいて支払われる休業手当 ( 使用者の都合で 労働者を休業させた場合に支払われる手当) 在職中の 未払給与 在職中において事業主の 支払義務が確定しているが、その支払が未払であったものが、 従業員の離職後に支払われるような場合には、 当該「在職中の未払給与」は、「賃金」に含まれます。 事業主経由の チップ等 お客様から受けたチップ等を、 事業主を経由して支払われた(再分配された)場合には、 労働保険料の算定基礎となる「賃金(給与支給額)」となります。 その他 ・ 労働協約等の定めにより、傷病手当支給 終了後に事業主から支給される給与 (ただし、 恩恵的に支給される場合は 除きます。 ) ・ 労働協約等の定めにより、傷病手当支給前の 待期期間( 3日間)に支給される給与 (ただし、 恩恵的に支給される場合は 除きます。 ) ・「不況対策により賃金から控除された分」が、労使協定等に基づいて、景気回復後等に遡って支払われた場合等の給与支給額 Point! 「税務上の課税対象となる給与・役員報酬」との違い 税務上では「 通勤手当」「 宿直・ 日直手当」は、一定の要件を満たせば、従業員・役員個人の 所得税の課税対象からは 除外されます(「 非課税支給額」となります)。 他方、 労働保険制度の下では、「 通勤手当」「 宿直・日直手当」につき、 上記の税務上のような「報酬」の対象から除外できる等の 特別の措置はなく、 これらにつきましても、「その他の給与支給額等」と同様に、「 賃金」に 含めることが必要となります。 「労働保険年度更新 申告書の書き方」• 「雇用保険事務手続の手引」• 「雇用保険に関する業務取扱要領」 におきましては、『労働保険料の算定基礎となる「賃金」』に含まれないものの具体例も示されています。 従いまして、ここでは、「労働保険年度更新 申告書の書き方」等で例示されている『労働保険料の算定基礎となる「賃金(給与支給額)」に含まれない項目』もご紹介させて頂きます。 恩 恵 的 に 支 払 わ れ る も の ・災害見舞金 ・療養見舞金 ・傷病見舞金 ・結婚祝金 ・死亡弔慰金 ・出産見舞金 個人的臨時的な吉凶禍福に対して支給されるものは、恩恵的に支払われるものとして「賃金」には含まれません。 ・年功慰労金 ・勤続報奨金 勤続年数に応じて支給される慰労金や報奨金などは、恩恵的に支払われるものとして「賃金」には含まれません。 ・海外手当 ・在外手当 その従業員が国内勤務に服する場合に支払われる金額を超えて「海外手当」「在外手当」が支給されている場合には、「その超えている部分」は、恩恵的に支払われるものとして「賃金」には含まれません。 離職後に決定された 給与・賞与 従業員が 離職した後に 決定された給与・賞与は、恩恵的に支払われるものとして「賃金」には含まれません。 そ の 他 休業補償費 労働基準法76条に基づいて支払われる休業補償費 ( 業務上の傷病による 療養のため従業員が労働できない場合に支払われるもの) ・無過失損害賠償責任に基づいて事業主が支払うものであり、「労働の対償」とは認められないため、「賃金」には含まれません。 ・休業補償の額が平均賃金の 60%を超えた場合、その超えた額を含めて「賃金」に含まれません。 解雇予告手当 解雇予告を行わずに解雇を行う場合に支払われる「解雇予告手当」は、「労働の対償」とは認められないため、「賃金」には含まれません。 ・出産手当 ・傷病手当 健康保険法第 99 条、 102条の規定に基づく「傷病手当金」「出産手当」は、健康保険の給付金であって、「賃金」には含まれません。 また、これらの手当金に付加して事業主から支給される給付額は、恩恵的給付と認められるので「賃金」には含まれません。 退職金 労働者の 退職後に一時金又は年金として支払われるものは、「賃金」に含まれません。 ・団体定期保険の保険料 ・生命保険の掛金 ・脱退給付金付き団体定期保険の保険料 ・会社が全額負担する生命保険の掛金 は、福利厚生と認められるため、「賃金」には含まれません。 ・財形貯蓄の 奨励金 ・持家奨励金 ・財産形成貯蓄のため事業主が負担する奨励金 (労働者が行う財産形成貯蓄を奨励援助するために、事業主が一定の率又は額の奨励金等を当該労働者に支払うもの) ・持家奨励金 (労働者が持家取得のため、金融機関等から融資を受けた場合において、事業主が一定の率又は額の利子補給金等を当該労働者に支払うもの) は、福利厚生と認められるため、「賃金」には含まれません。 チップ等 お客様から従業員が直接受けるチップは、「事業主」から支払われるものでないため、「賃金」には含まれません。 ( 特定状況下の) 食事・被服・住居 の利益 「食事・被服・住居の利益」である「現物給与」につきましては、その 支給状況等によって、 『労働保険料の算定基礎となる「賃金」に 含まれる』場合と 『労働保険料の算定基礎となる「賃金」に 含まれない』場合とがあります。 これにつきましては、別途『』でご紹介させて頂いております。 会社から保険者に「支払う労働保険料」を計算する場合• 会社の給与計算において「控除する雇用保険料」を計算する場合 に必要となる理解となります。 このため、『労働保険における「賃金」の範囲』を確認する必要がある場合には、当該ページに記載れている内容をその都度ご確認頂ますようお願い致します。 なお、給与計算の場面等におきましては、 ・『労働保険における「賃金」の範囲』とともに、 ・別途『所得税の課税対象となる「給与等」の範囲』や『社会保険における「報酬」の範囲』に対する理解も必要となりますが、 これら『所得税法における「給与等の範囲」』『社会保険制度における「報酬の範囲」』は、それぞれの制度で別個に規定されるものとなり、『労働保険における「賃金」の範囲』とは別物となります。 従いまして、ここで記載させて頂きました内容は、あくまで『労働保険における「賃金」の範囲』をご紹介したものであるという点、十分ご留意頂ますようお願い致します。

次の

労働保険年度更新申告書の書き方を詳しく解説(自動計算シート付き)

労働 保険 集計 表

毎年6月ごろに、「労働保険料・一般拠出金 申告書在中」と書かれた緑の封筒が送られてきます。 こちらの申告・納付期限は毎年7月10日までとなっております。 (土・日・祝の場合は翌日です。 ) 今回の記事では、継続事業用労働保険年度更新申告書の書き方を解説するとともに、集計した数値を入力するだけで労働保険申告書ができあがる大変便利なシートもご紹介させて頂きます。 労働保険の年度更新• 労働保険申告書の書き方• 集計とるだけ!労働保険申告書の自動計算ツール 労働保険の年度更新 労働保険の年度更新とは、毎年4月1日から3月31日を単位として、前年度分の確定している保険料と概算保険料を精算し、新年度分の概算で計算した保険料を労働基準監督署、都道府県労働局等へ申告することです。 今回は継続事業用の労働保険年度更新申告書の書き方についてご説明させて頂きます。 労働保険申告書の書き方 厚生労働省から送られてきた封筒には、一般的に以下のものが同封されております。 労働保険概算・増加概算・確定保険料一般拠出金申告書• 申告書の書き方• 保険料率表(厚紙)• 常用労働者、パート、アルバイトで雇用保険の資格のある人• 役員で労働者扱いの人• 臨時労働者(上記1、2以外の全ての労働者) 次に、雇用保険(対象者及び賃金)の欄に下記の区分で集計して合計を出します。 常用労働者、パート、アルバイトで雇用保険の資格のある人• 役員で雇用保険の資格のある人• これで、「確定保険料・一般拠出金算定基礎賃金集計表」は完成です。 「労働保険概算・増加概算・確定保険料一般拠出金申告書」の書き方 上記で記入していただいた集計表の番号を、下記の画像を参照にして申告書へ転記していきます。 転記が完了しましたら、申告書に印字されている労災保険・雇用保険・一般拠出金の各料率を掛けて保険料を計算します。 保険料の計算が完了すると、申告書に印字されている申告済概算保険料額と確定保険料との差引額を計算します。 申告済概算保険料額のほうが多い場合は、「充当額」、少ない場合は「不足額」にその差額を記入します。 今期の納付額を入れば、労働保険申告書の完成です。 集計とるだけ!労働保険申告書の自動計算ツール 「とは言ってもやっぱり書き方がよくわかりません」という方もいらっしゃると思います。 そこで自動計算シートを紹介いたします。 厚生労働省が提供している「年度更新申告書計算支援ツール」がベースになっています。 こちらの計算シートは労働保険料申告書と見た目が同じになっていますので、自動計算されて表示されている数値をそのままお手元の申告書に転記していただくと申告書が完成いたします。 簡単に労働保険の申告書を作ることができますので、是非とも活用して下さい。 このシートはGoogleドライブで作成しております。 また、このシートはロックされておりますので、まず画面左上のファイルをクリックして頂き、「コピーを作成」を選択してからご利用下さい。 STEP1 集計表に入力する。 「算定基礎賃金集計表」のシートを選択して頂き、労災保険および一般拠出金(対象者数及び賃金)の欄に下記の区分で集計して合計を出します。 常用労働者、パート、アルバイトで雇用保険の資格のある人• 役員で労働者扱いの人• 臨時労働者 次に、雇用保険(対象者及び賃金)の欄に下記の区分で集計して合計を出します。 常用労働者、パート、アルバイトで雇用保険の資格のある人• 役員で労働者扱いの人• 免除対象高年齢労働者 STEP2 印字されているものを入力する。 還付金の請求を行う場合は、還付請求書を別途作成する必要があります。 赤枠の「充当意思」欄に「1~3」の数字を入れます。 労働保険料のみに充当• 一般拠出金のみに充当• 労働保険料及び一般拠出金に充当 概算保険料額が40万円以上の場合、納付を3回に分割することができます。 あとは、「申告書記入イメージ」のシートをそのまま労働保険申告書に転記してください。 まとめ 今回の記事では、労働保険申告書の書き方をご説明させて頂きました。 最後に紹介させて頂いたシートを利用することにより、簡単に労働保険申告書を作ることができます。 労働保険申告書の書き方で悩んでいる社長や経理の皆さま。 自動計算シートを活用して年度更新作業はパッとかたづけてしまいましょう。 こちらの年度更新申告書計算支援ツール(継続事業用)からダウンロードください。

次の

【令和2年(2020年)度 労働保険年度更新】計算支援ツールが公開されました。

労働 保険 集計 表

毎年6月ごろに、「労働保険料・一般拠出金 申告書在中」と書かれた緑の封筒が送られてきます。 こちらの申告・納付期限は毎年7月10日までとなっております。 (土・日・祝の場合は翌日です。 ) 今回の記事では、継続事業用労働保険年度更新申告書の書き方を解説するとともに、集計した数値を入力するだけで労働保険申告書ができあがる大変便利なシートもご紹介させて頂きます。 労働保険の年度更新• 労働保険申告書の書き方• 集計とるだけ!労働保険申告書の自動計算ツール 労働保険の年度更新 労働保険の年度更新とは、毎年4月1日から3月31日を単位として、前年度分の確定している保険料と概算保険料を精算し、新年度分の概算で計算した保険料を労働基準監督署、都道府県労働局等へ申告することです。 今回は継続事業用の労働保険年度更新申告書の書き方についてご説明させて頂きます。 労働保険申告書の書き方 厚生労働省から送られてきた封筒には、一般的に以下のものが同封されております。 労働保険概算・増加概算・確定保険料一般拠出金申告書• 申告書の書き方• 保険料率表(厚紙)• 常用労働者、パート、アルバイトで雇用保険の資格のある人• 役員で労働者扱いの人• 臨時労働者(上記1、2以外の全ての労働者) 次に、雇用保険(対象者及び賃金)の欄に下記の区分で集計して合計を出します。 常用労働者、パート、アルバイトで雇用保険の資格のある人• 役員で雇用保険の資格のある人• これで、「確定保険料・一般拠出金算定基礎賃金集計表」は完成です。 「労働保険概算・増加概算・確定保険料一般拠出金申告書」の書き方 上記で記入していただいた集計表の番号を、下記の画像を参照にして申告書へ転記していきます。 転記が完了しましたら、申告書に印字されている労災保険・雇用保険・一般拠出金の各料率を掛けて保険料を計算します。 保険料の計算が完了すると、申告書に印字されている申告済概算保険料額と確定保険料との差引額を計算します。 申告済概算保険料額のほうが多い場合は、「充当額」、少ない場合は「不足額」にその差額を記入します。 今期の納付額を入れば、労働保険申告書の完成です。 集計とるだけ!労働保険申告書の自動計算ツール 「とは言ってもやっぱり書き方がよくわかりません」という方もいらっしゃると思います。 そこで自動計算シートを紹介いたします。 厚生労働省が提供している「年度更新申告書計算支援ツール」がベースになっています。 こちらの計算シートは労働保険料申告書と見た目が同じになっていますので、自動計算されて表示されている数値をそのままお手元の申告書に転記していただくと申告書が完成いたします。 簡単に労働保険の申告書を作ることができますので、是非とも活用して下さい。 このシートはGoogleドライブで作成しております。 また、このシートはロックされておりますので、まず画面左上のファイルをクリックして頂き、「コピーを作成」を選択してからご利用下さい。 STEP1 集計表に入力する。 「算定基礎賃金集計表」のシートを選択して頂き、労災保険および一般拠出金(対象者数及び賃金)の欄に下記の区分で集計して合計を出します。 常用労働者、パート、アルバイトで雇用保険の資格のある人• 役員で労働者扱いの人• 臨時労働者 次に、雇用保険(対象者及び賃金)の欄に下記の区分で集計して合計を出します。 常用労働者、パート、アルバイトで雇用保険の資格のある人• 役員で労働者扱いの人• 免除対象高年齢労働者 STEP2 印字されているものを入力する。 還付金の請求を行う場合は、還付請求書を別途作成する必要があります。 赤枠の「充当意思」欄に「1~3」の数字を入れます。 労働保険料のみに充当• 一般拠出金のみに充当• 労働保険料及び一般拠出金に充当 概算保険料額が40万円以上の場合、納付を3回に分割することができます。 あとは、「申告書記入イメージ」のシートをそのまま労働保険申告書に転記してください。 まとめ 今回の記事では、労働保険申告書の書き方をご説明させて頂きました。 最後に紹介させて頂いたシートを利用することにより、簡単に労働保険申告書を作ることができます。 労働保険申告書の書き方で悩んでいる社長や経理の皆さま。 自動計算シートを活用して年度更新作業はパッとかたづけてしまいましょう。 こちらの年度更新申告書計算支援ツール(継続事業用)からダウンロードください。

次の