アルコール チェッカー。 価格.com

アルコール検知器の義務化! | 自動車総合安全情報

アルコール チェッカー

アルコール検知器の保守 運行管理者はアルコール検知器を故障がない状態で保持しておくために、アルコール検知器の製作者が定めた取扱説明書に基づき、適切に使用し、管理し、及び保守するとともに、次の事項を実施しなければいけません。 電源が確実に入ること。 損傷がないこと。 酒気を帯びていない者がアルコール検知器を使用した場合に、アルコールを検知しないこと。 アルコールを含有する液体又はこれを希釈したものを、口内に噴霧した上でアルコール検知器を使用した場合に、アルコールを検知すること。 Q1自家用有償旅客運送者も、アルコール検知器の使用義務の対象となりますか。 A1自家用有償旅客運送者は対象となりません。 Q2個人タクシーや貨物軽自動車運送事業者も、アルコール検知器の使用義務の対象となりますか。 A2個人タクシーや貨物軽自動車運送事業者も対象となります。 Q3アルコール検知器について、国土交通省が推奨する検知器はありますか。 A3アルコール検知器について、国土交通省の推奨は行っておりません。 Q4アルコールの数値ではなく、赤、黄、緑などのランプで表示するものでも問題ありませんか。 A4問題ありません。 Q5アルコール検知器の取扱説明書に0. 05未満は0と表示しますと記載されていますが、このアルコール検知器を使用しても問題ありませんか。 A5問題ありません。 Q6アルコールの測定結果が自動で記録紙に印字できなければいけませんか。 A6自動での記録は必要ありません。 (点呼簿への記載はアルコール検知器使用の「有・無」、酒気帯びの「有・無」、の記載で差し支えありません。 ) Q7アルコール検知器に、自動車に備えられたアルコール検知器(アルコールインターロック装置)は含まれますか。 A7アルコールインターロック装置も含まれます。 Q8車庫に駐車してあるアルコールインターロック装着車両を用いて、酒気帯びの確認をする場合、点呼はどのように行えばよいですか。 A8運行管理者が車庫に出向き点呼を実施する必要があります。 Q9アルコール検知器について、他の事業者、又は他の営業所のものを使用しても問題ありませんか。 A9点呼時に酒気帯びの有無を確認するために使用するアルコール検知器は点呼を受ける運転者が所属する営業所のものに限ります。 なお、遠隔地における電話点呼において、一定の要件を満たす場合には、他の営業所等のアルコール検知器を使用することができますので、詳しくは以下をご覧下さい。 Q10泊まりを伴う運行の場合、電話点呼をしなければなりませんが、その際のアルコール検知器の使用はどのようにすれば良いのですか。 A10電話点呼の際には、携帯型のアルコール検知器を携行し、点呼時に使用する必要があります。 なお、遠隔地における電話点呼において、一定の要件を満たす場合には、他の営業所等のアルコール検知器を使用することができますので、詳しくは以下をご覧下さい。 Q11電話点呼の際、運転者はアルコール検知器の測定結果をどのような方法で運行管理者に伝えればよいですか。 A11電話点呼の際、アルコール検知器使用の「有・無」、酒気帯びの「有・無」、について、運転者が運行管理者に口頭で伝えてください。 Q12アルコール検知器の測定数値を、点呼簿に記載する必要がありますか。 A12測定数値を記載する必要はありません。 Q13アルコール検知器の毎日の点検及び毎週の点検について、実施状況を記録しておく必要がありますか。 A13記録する必要はありません。 Q14食べたもの等にアルコール検知器が反応してしまう場合どのようにしたらよいですか。 A14飲食物(ガム、発酵食品等)、たばこ等の影響によりアルコール検知器が反応することがあります。 この場合には、運転者にうがいをさせる、少し時間をおいてから再度測定する等により、対応してください。 しかしながら、アフターシェーブローション、入れ歯安定剤など、体に付けるものでアルコールを含むものに反応することもあるので、運転者は、これらについてもアルコールを含まないものを使用するなど注意しましょう。 Q15飲食していないにもかかわらずアルコール検知器が反応してしまいますがどうしたらよいでしょうか。 A15飲食していなくても、Q14で回答したように、口の中に飲食物が残っていたりするる場合がありますので、運転者にうがいをさせる、少し時間をおく、アルコールを含まないものを使用するなどの対応を行ったうえで、再度測定してください。 それでも反応する場合は、アルコールが体内に残っている可能性がありますので乗務させないようにしましょう。 しかしながら、アルコール検知器によっては、疾病により体内から発生するアルコール以外の物質(糖尿病患者の体内で産生されるケトン体、体内で発生した発酵ガス)に反応することがあるとされているものがありますので、明らかに酒気を帯びてないと考えられる場合は、医師に相談しましょう。 医師の検査・診断において、疾病により体内からアルコール以外で検知器が反応する物質が発生している可能性があるとされた運転者については、当該疾病の状況が安全運転に悪影響を及ぼさないことを確認した上で、点呼時の酒気帯びの有無の確認においては、アルコール検知器の検知結果にかかわらず、運転者の顔色、声の調子、酒の臭い等から総合的に判断し運行の可否を決定する必要があります。

次の

アルコールチェッカーのおすすめ5選&選び方【警察と同じ精度も!】

アルコール チェッカー

そもそもアルコールチェッカーとは? 2007年9月からは飲酒運転に対する罰則が強化され、2011年5月からは運送事業者が運転者に対し、アルコール検知器を使用することが義務付けられており、個人でも目安としてアルコールチェッカーへの関心が高まりました。 「アルコールチェッカー(アルコール検知器)」は、息を吹きかけるだけの手軽な作業で「呼気中のアルコール濃度」を測定できるというものです。 基本的な使用方法はどのメーカーでもそれほど大きな違いはなく、電源を入れると使用可能のランプが点灯したり音が鳴ったりするので、あとはアルコールチェッカーに向けて息を吹きかけるだけ。 測定が完了すれば結果が数値として表示される…といった感じになります。 アルコールチェッカーの種類 市販されているアルコールチェッカーは以下の2種類があります。 基本使い捨てタイプ 半導体式ガスセンサー (半導体センサー) 高精度タイプ 燃料電池式ガスセンサー (電気化学センサー) …それぞれの特徴やメリット、デメリットは以降の各項目にて解説。 半導体式ガスセンサーについて 一般家庭用のガス警報機にも用いられている方法で、アルコールガスの濃度を半導体センサーの抵抗値の変化で測定するタイプになります。 市販で見かけるのは圧倒的にこのタイプが多いですが、製造コストを抑えた安価で低精度なものも少なくないため特に注意が必要です。 特に精度の低いものはアルコール以外のガス(タバコや歯磨き粉など)にも反応しやすく、測定の仕方による数値のばらつきも大きくなりやすいのがデメリットに。 しかし、半導体式ガスセンサーでもアルコール以外のガスへの反応を低減させた精度の高いものもあるため、一概に切り捨てるのはもったいないかもしれません。 経年変化(年月の経過による性能変化)が起こるため、基本的には1年程度が目安の使いきりタイプとなります。 燃料電池式ガスセンサーについて 呼気中のアルコールを分解して生じる電流の強さからアルコール濃度を測定するタイプで、半導体式ガスセンサーよりも正確な数値を検出できるのが特徴となっています。 半導体式ガスセンサーでは反応しやすかったアルコール以外のガス(タバコの煙や歯磨き粉など)でも反応が少なくなっていますが、全く反応しないというわけでもないので、正確な計測のためにはやはり正しい使い方が必要となります。 燃料電池式ガスセンサーは半導体式ガスセンサーに比べて製造コストが高いため、半導体タイプに比べると本体価格やランニングコストが高額になってしまうのがデメリット。 …どちらがいいかは個人が求める精度の度合いによりますが、価格と精度のバランスから「半導体式ガスセンサーの中から良品を選ぶ」…というのが一般的には多いです。 アルコールチェッカーの精度について アルコールチェッカーの概要でも少し触れましたが、アルコールチェッカーは精度の低いものほど、アルコール以外のガスにも反応しやすくなってしまいます。 センサーのタイプによっても異なりますが、精度を高めるには利用する側でも、反応してしまうようなものを計測前に口にしないなどの配慮が大切なポイントになります。 アルコールチェッカーの使用前に注意しておくべき代表的なものは以下のとおり。 たばこ たばこの煙に含まれる一酸化炭素に反応します。 一酸化炭素は「たばこの三害」に含まれる人体に有害性のある物質でもあり、たばこの不完全燃焼によって生じます。 メントール(メンソール) ミント(和名ハッカ)の成分名がメントール。 食べるとスースーとした感じのする成分で、一部のガム、歯磨き粉、マウスウォッシュなどに使用されています。 キシリトール キシリトールは甘味炭水化物の一種。 これもキシリトールガムなどガムに使用されているのを耳にすることが多く、フリスクなどにも含まれています。 アセトン 体内の脂肪が燃焼されるときに生じるのがケトン体の一種である「アセトン」です。 通常、最初にエネルギーとして消費されるのはブドウ糖ですが、血糖コントロールがうまくできないなどで体内のブドウ糖が不足すると、次に消費される脂肪が燃焼されることで呼気中のアセトンが増加するというわけです。 糖尿病を発症するとアルコールを飲んでいなくても呼気中のアセトンが増加するため、アルコールチェッカーが反応しやすいというわけですね。 他にも妊娠によるつわり、糖質制限ダイエットなどによっても糖質不足を招きやすく、呼気中のアセトン量が増えてしまう可能性があります。 アルコールチェッカーの精度を高めるためには正しい計測方法は大前提となりますので、特に上記一覧のような代表的なものには注意しておきましょう。 ) 精度の低い非認定品には御用心! 飲酒運転の防止を目的としてアールコールチェッカーを購入する人も多いと思いますが、安かろう悪かろうの粗悪品も多く出回っているので注意が必要です。 国民生活センターが2014年に行なった調査によると、調査対象となった商品のいくつかは説明書の表現が曖昧で、吹きかける距離や強さが明確でなく、測定方法により数値が大きく変化したものも確認されています。 また、測定時に距離を離すと測定結果が低くなってしまう…というのはまだ理解できますが、逆に数値が高くなってしまうもの、吹きかける呼気量を増やすと数値が低く表示されたり、測定値が0になってしまうものなどが確認されています。 今回の機能テストは短期間で行なわれていますが、半導体式ガスセンサーは経年変化もあるので、「使用+経年」で考えると比較的短期間のうちに精度が低下する可能性が高くなるということが考えられます。 この認定アルコールチェッカーは、J-BACが策定したガイドラインの要件をクリアしたものだけが認定品となるため、測定精度への信頼度がより高くなります。 ちなみに、J-BACの認定品となったものでもピンキリはあるので、その中でも価格の安いものそれなりの精度だったりしますが、どれを選べばいいのか分からないという場合は認定品から選ぶのがいいかなと思います。 価格と寿命のおおよその目安 通販などを調べてみても1,000円程度で購入できるアルコールチェッカーが出品されていますが、このあたりはかなり精度が不安定な可能性が高いので注意が必要です。 基本的に1,000円台で購入できるものは精度に全く期待しない、お試しやお遊び程度に使うものと考えていいかなと思います。 2,000~3,000円台からはタニタなどの認定品も含まれるため、この価格帯で探すならタニタ製はまずまずといったところ。 しかし、アルコールチェッカーはこの価格帯でも精度はいまいちなので、この価格帯は精度よりもコスト優先ということになります。 7,000~8,000円になってくると、この業界でも大手のソシアックシリーズがあり、こういった機種がやっとコスパのバランスがちょうどよくなってくる印象で、おおよその目安ですが精度を求めるならこのくらいが最低ラインだとも思います。 10,000円以上になってくると精度優先で選択できる機体が増え、20,000~30,000円以上になってくるとさらに高精度な燃料電池ガスセンサータイプといった感じになります。 寿命については「年数もしくは回数」がある程度決められており、アルコールチェッカーのほとんどは購入後1程度(長くて2年)しか使えるものはなく、回数については価格帯にもよりますがおおよそ1,000~5,000回前後といったところが目安になっています。 ) 燃料電池ガスセンサーは定期メンテナンスとして約1年単位で10,000~20,000円(機種によって異なる。 )が必要となってくるため、精度は抜群に高いですがとにかく必要なコストも高いのがネックといえます。 価格や寿命については商品によってちょっとずつ違ってくるので、これはあくまでおおよその目安として書きましたが、こういったことを参考にしながら自分に合ったアルコールチェッカーを探して頂ければと思います。 警察が使っているアルコールチェッカー 警察が使用しているアルコールチェッカーは、ガス検知器などの測定機器、警報機器の製造販売を行なっている光明理化学工業株式会社が製造した「北川式飲酒検知管SE型」。 これを入手できたら手っ取り早いのですが、警察関係者以外には販売されていないため一般人が入手することは不可能となっています。 おすすめのアルコールチェッカーとは? タニタ「アルコールチェッカー EA-100」 先ほども紹介したJ-BACから認定された商品の中でも、知名度が高く比較的低コストなタイプがタニタの「アルコールチェッカー EA-100」です。 タニタというメーカーへの知名度もあってかランキングなどでも上位に食い込んでいる人気の一品となっています。 家庭用アルコールチェッカーとしては初のメモリー機能が実装されており、前回測定値との交互表示、増減比較が可能となっています。 しかし、アルコールチェッカーはコストが精度に直接影響する傾向が強く、個人的な性能評価としてはちょっと物足りない印象。 あくまで「おおまかな目安として」…といった使い方が妥当な一品かと思います。 あまりコスパがいいともいえず、どちらかといえばパフォーマンスよりもコスト重視向け。 中央自動車工業「ソシアックシリーズ」 もうひとつはアルコールチェッカーとしては代表格ともいえる中央自動車工業製の「ソシアックシリーズ」です。 ) ソシアックシリーズの中では最もスタンダードなタイプで低コストなのが「SC-103」。 …そして、さらにアルコールガス以外への反応を低減させ、誤検知を減らせるタイプが「ソシアック SC-402」になります。 「MEMS(メムス)」とは「Micro Electro Mechanical Systems」の略称で、機械部品と電子回路を集積した「微小電気機械システム」をさす言葉です。 価格は1万円ちょっとと高めに設定されていますが、このレベルになるとさすがに納得のできる精度を実感できると思います。 独自のオークションシステムで買取サービスを開始したのが「ユーカーパック」。 6万円で売却成立。 電話のやり取り&実査定は1回だけ!独自オークションで 買取業者との直接交渉をする必要はなく、売り手が少ない手間で高く売りやすいという革新的なシステムが特長。 4件、トヨタ アルファードが29. 1件、ホンダ ステップワゴンスパーダが29. 0件という結果に。 ) 出張査定手数料、オークション出品料、成約手数料など 完全無料で利用できるなどユーザーにありがたいサービス。

次の

アルコールチェッカーのおすすめ5選&選び方【警察と同じ精度も!】

アルコール チェッカー

「口臭」気になりませんか 自分のニオイは自分では分かりにくいものです。 「口臭いかな」と聞いて、正直に答えてくれる人もそうそういないです。 自分の口臭を直接自分の鼻で確認するのは限界があります。 そんな時、【ポータブルニオイチェッカー2】は、自分ではなかなか気が付けない口臭を簡単にチェックできます! 口臭に気づかないかも...。 という不安を解消 電源オンにして、ウォームアップ9秒後に、5秒ほど息を吹きかけると、5段階で「臭い」を表示します。 臭いを、数値で表示されるので、客観的に判断できます。 小型コンパクトで、わずか44gと持ち運びも楽々です。 ニオイが強い食べ物、ニンニクが効いた料理などやタバコの臭いなど、誘惑が多いものは臭います。 臭いが不安な時、役に立ちますよ!

次の