こくしぼう 最後。 【鬼滅の刃】どの鬼が最強!?鬼の強さランキング!

黒死牟(こくしぼう)がかっこいい!強さにこだわる武士の精神が宿っている!?

こくしぼう 最後

ふくふくです。 鬼滅の刃181話で 鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)がついに、竈門炭治郎 かまどたんじろう &冨岡義勇 とみおかぎゆう と出会いましたね!正直、無惨の 強さがヤバいんじゃないかとびくびくしています。 それに、上弦の壱であった黒死牟 こくしぼう のように 最後に見せる 最終形態や、 血気術の強さが凄まじいものと予想します。 ということで、 今回は、【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨について「強さ」、「最後はどうなる?」、「最終形態」、「血気術」を調査していきます!! なお、本ページについては、週刊少年ジャンプで更新されるたびに、鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)編も情報を新しく変えていこうと思います。 【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨の血気術 さて、鬼舞辻無惨の 血気術はどんな技になるのか。 これまでの上弦の鬼が使う血気術は、鬼舞辻無惨の血を濃く受けているほど強い技となりました。 上弦の弐の血気術の前には、柱である胡蝶しのぶ こちょうしのぶ ですら全く歯が立ちませんでした。 なので、鬼舞辻無惨の血気術はどれくらいの威力になるのか想像もつきません。 もしかしたら、柱全滅するんじゃないかと予想しちゃいます。 予想としては、 これまで使ってきた鬼の血気術をすべて使えるのではないかと予想します。 鬼舞辻無惨の血を濃くうけることで、血気術に開眼してきたので、元の血をもつ鬼舞辻無惨ならできそうですね。 鬼舞辻無惨の血気術が分かり次第追記していきます! 【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨の最終形態 黒死牟が最後に最終形態を見せたように、鬼舞辻無惨も 最終形態があると思います。 この絶望感は、なんかドラゴンボールのフリーザーに近いものを感じます。 一体、どんな形態になるのか。 鬼らしい形態になるのでしょうかね。 最終形態についても分かり次第追記します! 【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨の最後はどうなる? 鬼舞辻無惨の最後はどうなるか考察すると、やはり、 弱点である日の光で倒すしかありません。 首を切っても倒せないので、そうするしかないと本編でもわかってます。 鬼滅隊の主戦力としては、生き残った柱と竈門炭治郎&同期組と産屋敷輝利哉ぐらいしかいません。 特に、鬼滅隊の長であった産屋敷耀哉 うぶやしきかがや がやられ、長男である 産屋敷輝利哉 うぶやしききりや もまだ8歳と若く、こちらには期待があまりできません。 となると、柱と竈門炭治郎頼みですが、こちらもこれまでの死闘で鬼舞辻無惨より数段弱い上弦の鬼にかなりやられています。 うーん、倒せるのかな。 鍵は、 珠世 たまよ に投与された人間になる薬がいつ効き始めるのかだと思います。 これが効かなければ、鬼舞辻無惨を倒すことはほぼ不可能と思います。 それか、最悪のシナリオとして、炭治郎の妹である竈門禰豆子 かまどねずこ 以外の全員が全滅して、禰豆子が主人公に変わるというのも考えちゃいました。 というのも、ヒノカミカグラを見ているのが炭治郎だけでなく、禰豆子も見ているのではないかと思ったからです。 13コの型があるヒノカミカグラについて 炭治郎は12の型までしかしりません。 そして、実は禰豆子が13コ目の型だけを知っていて、それを使って最後に鬼舞辻無惨を倒すストーリーを考えちゃいました(笑)うーん、ちょっと飛躍しすぎですかね。 鬼舞辻無惨の最後についても分かり次第追記していきます!! まとめ 【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨について 「強さ」、「最後はどうなる?」、「最終形態」、「血気術」を調査しましたが、いかがでしたでしょうか。 今後の展開が非常に楽しみです!内容については、真実が分かり次第追記していきます。

次の

黒死牟(こくしぼう)の技一覧【鬼滅の刃】!上弦の壱の血鬼術

こくしぼう 最後

【勝利へのこだわりが強い】 黒死牟には「継国縁壱と言う双子の弟」がいました。 弟である縁壱は「鬼狩りの剣技」を扱う達人。 「始まりの呼吸」という「鬼殺隊が扱う呼吸法を確立させた人物」です。 黒死牟が人間の頃、縁壱に剣技教えてもらったにも関わらず、どれほど鍛錬しても「始まりの呼吸」を習得する事が出来なかった。 この事に劣等感に狩られた為、全てを捨て去り旅に出た先で鬼舞辻無惨と出会い、強さを求めるこだわりから鬼となる事を決意。 鬼舞辻無惨の血を分けてもらい「黒死牟」という名で鬼に生まれ変わりました。 鬼になった事でやっと縁壱を越える強さを手に入れた黒死牟だったが、数十年後…縁壱と再会を果たし決闘をすることに。 再開を果たした頃には縁壱は80歳になっており、縁壱は全盛期ではないにも関わらず、黒死牟は敗北した。 死を覚悟した黒死牟だったが、激闘の末、縁壱は黒死牟にとどめを刺す前に立ったまま寿命を迎え絶命した。 なんとか生き長らえた黒死牟は、この経験からさらに勝ちへのこだわりが増し、誰にも負けぬ強さを追い求めるようになる。 6箇所同時に上から降り注ぐように落ちてくる斬撃の技です。 【「鬼滅の刃」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】 「鬼滅の刃」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「鬼滅の刃1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。 登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。 そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。 「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、 1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。 2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。 加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

次の

黒死牟(こくしぼう)がかっこいい!強さにこだわる武士の精神が宿っている!?

こくしぼう 最後

Contents• 時透と玄弥が死亡!? 首を落とされた黒死牟は、弟、縁壱(よりいち)を思い出します。 縁壱が笑う時、いつも自分は気味が悪くて仕方がなかったと黒死牟。 それぞれの呼吸の後継がいないという話をしていた時も、縁壱は突如奇妙な楽観視をし始めて笑い、特別なのは自分達の世代だけと慢心していた黒死牟は、縁壱に気味の悪さと苛立ちで吐き気がしました。 何が面白いと言うのだ。 胴を両断されても刀から手を離さない時透。 人間なのに血鬼術を使う玄弥。 斬られても斬られても失血死しない不死川。 鬼に匹敵する成長速度で限界を超える動きをし続ける悲鳴嶼。 日の呼吸の使い手ではない者達が、刃を赤く染める。 そんな未来を想像して何が面白い、己が負けることなど、考えただけで腸が煮え返る。 自分はもう二度と敗北しない、例え首を斬られようとも。 黒死牟は全身に力を込めて出血を止めます。 悲鳴嶼は不死川に、攻撃の手を緩めるな、畳みかけろと言います。 さらに、時透と玄弥の命を決して無駄にするなと。 その言葉に、涙を流しながら黒死牟を攻める不死川。 悲鳴嶼は時透と玄弥の命を無駄にするなと言いますが、果たして本当に死んでしまったのでしょうか? 確かに、時透も玄弥も瀕死の状態ではありますが・・・。 黒死牟の首が復活 風の呼吸・捌(はち)の型・初烈風斬り(しょれつかざきり)で攻撃する不死川。 岩の呼吸・伍の型・瓦輪刑部(ごりんぎょうぶ)で攻撃する悲鳴嶼。 黒死牟は自分の動きを封じていた、時透の腕を切り落とします。 そして、まだ体が崩れていない、再生できると確信します。 これを抜き去ればまだ死なない、鬼殺隊(きさつたい)の時透と玄弥は死んだ、刀の効力も術の効力もまもなく消える。 首の切断からの死を克服できる考える黒死牟。 悲鳴嶼と不死川の攻撃をかわし、黒死牟の首が再生ます。 再生はしましたが、その姿はもう完全に鬼の姿で、以前にも増して醜い顔になっています。 今度こそ黒死牟死亡!? 黒死牟の首が再生したことを悔しがる不死川。 首が落とされた直後で体が脆いはず、攻撃を続けるよう不死川に指示を出す悲鳴嶼。 無惨(むざん)ほどの速さでは再生していないため、何度も首を狙うぞと悲鳴嶼は言います。 首の切断からの死を克服した黒死牟。 これでどんな攻撃も無意味、太陽の光以外は、これで自分は誰にも負けることはないと確信しますが、不死川の刀に映った自分の姿に、何だこの醜い姿はと感じます。 縁壱の言葉を思い出す黒死牟。 (兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?) (俺も兄上のようになりたいです) (俺は) (この国で二番目に強い侍になります) これが侍の姿か?と考える黒死牟。 これが本当に自分の望みだったのか。 その瞬間、時透に刺された場所から体が崩れ始める黒死牟。 技が出せない、血鬼術も使えない、まだ再生できるはずと考える黒死牟ですが、体が崩れていきます。 黒死牟は、自分はまだ負けではないと言いますが、再び縁壱の言葉を思い出します。 (おいたわしや 兄上) 黒死牟は思います。 首を落とされ、体を刻まれ、潰され、負けを認めぬ醜さ。 生き恥。 こんなことの為に自分は何百年も生きてきたのか? 負けたくなかったのか? 醜い化け物になっても、強くなりたかったのか? 人を喰らっても死にたくなかったのか? こんな惨めな生き物に成り下がってまで。 違う、私は、私はただ 縁壱、お前になりたかったのだ。

次の