スエード 生地。 スエード生地の洗濯方法やお手入れとは?季節や特徴についてもご紹介!

スエードとは|フェイク vs. 本皮|コントラードブログ

スエード 生地

強度の理由 自動車のシートや靴のインソールなどにも使用されている人工スエードは摩擦に非常に強く、強度もある。 同等の厚みの本革と比べてもその強度に引けを取らないばかりか、比較する革によっては人工スエードの方が高い強度を示すこともあるほどだ。 また、この生地は革と同様にほつれることがない。 革は繊維が複雑に絡み合うためにほつれないことは知られているが、この生地がほつれない理由は何か。 その答えは生地の構造にある。 一般的な生地である布は経糸と緯糸により織られて構成されているが、ボンセーヌをはじめとする人工スエードはポリエステルが原料の超極細繊維が複雑に絡み合い構成される一層構造。 ここでいう超極細繊維の1本あたりの繊維の太さは髪の毛の数百分の1ほどしかなく、電子顕微鏡で見ないとわからないほどに細く長い。 それらが束になりようやく目視できるくらいの1本の繊維となる。 その繊維をそれぞれ異なった役割を持たせた3つの層に分けて構成させ、さらに様々な処理を行い一枚の生地に仕上げる。 長い繊維を立体的に絡ませて作るため、いわゆる「織っていない布」となり、織っていないために布の端がほつれることがなく、どこを裁断しても綺麗な断面を形成することができる。 この高級感が生まれる理由は毛足が整っていることに起因する。 超極細繊維を絡み合わせて人工的に毛羽立たせた構造は高級なスエード革特有の、生地表面を指で撫でた際に毛の方向が変わり、色が変わったよう見える『フィンガーマーク』が出る。 指先で触れただけでもわかる滑らかな肌触りは感触も良く、それが高い上質感につながっているのだ。 また、この起毛は「カード段でカードの出し入れがスムーズに行える」といった機能的な一役も買っている。 プラスチックのカードにありがちな天然皮革のオイル成分や、合成皮革であることが原因のカードと素材が貼りついてしまうといった心配もない。 このように本来、人工スエードは財布の内装に適した素材なのだが内装用の生地に採用するには価格が高いため、使用することはあまり一般的ではない。 こういった細かな素材の使い方も財布を選ぶ際には一緒に調べてみると面白いかもしれない。 強度の理由 自動車のシートや靴のインソールなどにも使用されている人工スエードは摩擦に非常に強く、強度もある。 同等の厚みの本革と比べてもその強度に引けを取らないばかりか、比較する革によっては人工スエードの方が高い強度を示すこともあるほどだ。 また、この生地は革と同様にほつれることがない。 革は繊維が複雑に絡み合うためにほつれないことは知られているが、この生地がほつれない理由は何か。 その答えは生地の構造にある。 一般的な生地である布は経糸と緯糸により織られて構成されているが、ボンセーヌをはじめとする人工スエードはポリエステルが原料の超極細繊維が複雑に絡み合い構成される一層構造。 ここでいう超極細繊維の1本あたりの繊維の太さは髪の毛の数百分の1ほどしかなく、電子顕微鏡で見ないとわからないほどに細く長い。 それらが束になりようやく目視できるくらいの1本の繊維となる。 その繊維をそれぞれ異なった役割を持たせた3つの層に分けて構成させ、さらに様々な処理を行い一枚の生地に仕上げる。 長い繊維を立体的に絡ませて作るため、いわゆる「織っていない布」となり、織っていないために布の端がほつれることがなく、どこを裁断しても綺麗な断面を形成することができる。

次の

【楽天市場】[合成皮革] 特徴で選ぶ > スエード(人工皮革):レザー生地販売 「布百選」

スエード 生地

スエード生地とは? 驚くべきことに、ほとんどすべての動物の皮からスエード革を作ることができますが、最も一般的なのは子羊であり、ヤギ、鹿、豚、子牛です。 動物の種類は、スエードの仕上げに影響を与えます。 歳をとった牛と鹿の厚い皮を使用する場合は、繊維の性質により、通常馴染みのあるスエードほど柔らかくはない「毛羽」を持ちます。 生地の「毛羽」とは、テクスチャーの盛り上がった表面のことです。 スエードの使用用途は? 耐久性がないため、実際は室内装飾品やアウターウェアには適した素材ではありません。 ではスエードは何に使用されているのかと疑問に思うかもしれません。 スエードの特徴である美しく柔らかくかつ軽い素材は、衣類やバッグ、靴などを含む高品質のファッションアクセサリーに最適であり、丈夫な革製品の裏地に使用されます。 スエードの最も一般的な用途の1つは、伝統的なウエスタンレザージャケットです。 フリンジがあしらわれたジャケットは見たことがありますか?また、エルヴィスのブルー・スエード・シューズはご存知でしょうか。 スエードとは? 動物の皮は旧石器時代から衣類や家庭用品を作るために使用されてきたため、革には長い文化的歴史があります。 革の製造に不可欠な新しい種類のなめし剤が利用するようになった産業革命時に劇的な変化が起こりました。 20世紀に、スエードはその繊細で豪華な性質によりファッション業界で人気を博し、地位を築きあげてきました。 スエードは多用途な素材です-生地の特徴は、キャットウォークでのパキン、ジバンシィ、エルメスなどのハイファッションデザイナーのお気に入りになることを意味します。 実際、今日でもデザイナーは皮なめし業者と協力して、コレクションのために独自のレザーを作っています。 「スエード」という用語は、実際にはフランスに由来し、「ガーント・ドゥ・スエード」と呼ばれるスウェーデンから輸入された特定の種類の非常に柔らかい手袋がフランスで人気となり、スエードと呼ぶようになったそうです。 最終的にこの言葉は、起毛仕上げのレザーベースの素材を指すようになりました。 スエード vs フェイクスエード 多くの人々が実際本物よりもフェイクのスエードを好むのが現実です。 フェイクスエード、または「スエード」は、本物の革を選択するより幅広いメリットをご提供します。 動物に優しい代替品として、ほつれや潜在的な艶消しのデメリットなしに、加工技術の進化に伴い、柔らかいブラシをかけられた表面までスエードの外観と質感を表現します。 お手入れもより簡単です。 本物のスエードは水に弱いですが、フェイクスエードは通常、撥水加工のため、安全かつ簡単にお手入れができます。 汚れを簡単に寄せ付けないフェイクスエードの特徴により、頻繁に洗う必要もありません。 お値段もより安価でご提供できます。 スエードレザーの種類 使用される動物の皮により幅広い種類の革とさまざまな種類のスエード革が利用可能です。 シープスキンスエード 主に子羊の皮から作られており(以前の子羊よりも軽くて柔らかい)、このしなやかでベルベットの毛羽立ちのあるスエードは、最も軽量で繊細なスエードとして広く利用されています。 前述のように、スエードは防水性ではありませんが、シープスキンのスエードは、冬の間は冷たい風や湿気を防ぐのに優れています。 ピッグスキンスエード ピッグスキンはシープスキンほど人気がなく、テクスチャーがより丈夫で硬いのが特徴です。 スエードの製造にも使用できますが、表面のソフトナップがはるかに短く、通常は他のスエードよりも長持ちします。 牛革スエード 羊のように、子牛は完全に成長した牛よりもはるかに柔らかい皮になります。 牛革の表面を バフ研磨(ヤスリがけ)して起毛させて作られる牛革スエードは非常に耐久性のある素材です。 スエード生地のメリットとデメリット スエードの特徴として、メリットとデメリットをご説明しましょう。 メリット — 厚手のスエードは耐久性がある — ソフトで豪華な感触 — 起毛面 — 長持ちする デメリット — 水を簡単に吸収 — 汚れやすい — 回復力がない — 高価 スエード生地にオリジナルプリント 「スエードとはどんな素材?」という質問に対して、お分かりいただけましたでしょうか。 オリジナルのフェイクスエード生地を作成しませんか。 オンラインで簡単にデザイン作成可能です。 実際のご注文前に、先ずはできます。 実際に手に取って、仕上がりを確認してみてください。 また、最初のご注文にお使いいただける割引クーポンも進呈いたします。 生地見本パックはフェイクスエードを含む100種類以上の生地を実際に手にとって確認できますので、是非お試しください。

次の

当店で取り扱う生地をご紹介します!

スエード 生地

強度の理由 自動車のシートや靴のインソールなどにも使用されている人工スエードは摩擦に非常に強く、強度もある。 同等の厚みの本革と比べてもその強度に引けを取らないばかりか、比較する革によっては人工スエードの方が高い強度を示すこともあるほどだ。 また、この生地は革と同様にほつれることがない。 革は繊維が複雑に絡み合うためにほつれないことは知られているが、この生地がほつれない理由は何か。 その答えは生地の構造にある。 一般的な生地である布は経糸と緯糸により織られて構成されているが、ボンセーヌをはじめとする人工スエードはポリエステルが原料の超極細繊維が複雑に絡み合い構成される一層構造。 ここでいう超極細繊維の1本あたりの繊維の太さは髪の毛の数百分の1ほどしかなく、電子顕微鏡で見ないとわからないほどに細く長い。 それらが束になりようやく目視できるくらいの1本の繊維となる。 その繊維をそれぞれ異なった役割を持たせた3つの層に分けて構成させ、さらに様々な処理を行い一枚の生地に仕上げる。 長い繊維を立体的に絡ませて作るため、いわゆる「織っていない布」となり、織っていないために布の端がほつれることがなく、どこを裁断しても綺麗な断面を形成することができる。 この高級感が生まれる理由は毛足が整っていることに起因する。 超極細繊維を絡み合わせて人工的に毛羽立たせた構造は高級なスエード革特有の、生地表面を指で撫でた際に毛の方向が変わり、色が変わったよう見える『フィンガーマーク』が出る。 指先で触れただけでもわかる滑らかな肌触りは感触も良く、それが高い上質感につながっているのだ。 また、この起毛は「カード段でカードの出し入れがスムーズに行える」といった機能的な一役も買っている。 プラスチックのカードにありがちな天然皮革のオイル成分や、合成皮革であることが原因のカードと素材が貼りついてしまうといった心配もない。 このように本来、人工スエードは財布の内装に適した素材なのだが内装用の生地に採用するには価格が高いため、使用することはあまり一般的ではない。 こういった細かな素材の使い方も財布を選ぶ際には一緒に調べてみると面白いかもしれない。 強度の理由 自動車のシートや靴のインソールなどにも使用されている人工スエードは摩擦に非常に強く、強度もある。 同等の厚みの本革と比べてもその強度に引けを取らないばかりか、比較する革によっては人工スエードの方が高い強度を示すこともあるほどだ。 また、この生地は革と同様にほつれることがない。 革は繊維が複雑に絡み合うためにほつれないことは知られているが、この生地がほつれない理由は何か。 その答えは生地の構造にある。 一般的な生地である布は経糸と緯糸により織られて構成されているが、ボンセーヌをはじめとする人工スエードはポリエステルが原料の超極細繊維が複雑に絡み合い構成される一層構造。 ここでいう超極細繊維の1本あたりの繊維の太さは髪の毛の数百分の1ほどしかなく、電子顕微鏡で見ないとわからないほどに細く長い。 それらが束になりようやく目視できるくらいの1本の繊維となる。 その繊維をそれぞれ異なった役割を持たせた3つの層に分けて構成させ、さらに様々な処理を行い一枚の生地に仕上げる。 長い繊維を立体的に絡ませて作るため、いわゆる「織っていない布」となり、織っていないために布の端がほつれることがなく、どこを裁断しても綺麗な断面を形成することができる。

次の