みなし ご 救援 隊 犬 猫 譲渡 センター。 NPO法人 犬猫みなしご救援隊 【公式サイト】

保護活動団体の一覧(都道府県)

みなし ご 救援 隊 犬 猫 譲渡 センター

2020. 中小企業へ出る東京都の感染拡大防止協力金も、NPO法人は除外となっております。 とはいえ、当センターが無くなってしまえば、今ここにいる保護犬猫の行き場がなくなってしまう事に繋がり、それは避けなければなりません。 様々な状況を鑑みまして、心苦しいのですが東京支部は感染拡大防止策を徹底しての開場とさせて頂きます。 これは来場を促すものではありません。 犬猫たちは人間を癒してくれる存在ですが、里親希望者や散歩ボランティア. 相談等を優先し、不要不急の来場はお控え下さい。 また、徒歩や自転車. 自家用車での来場をお願いし、公共交通機関を使ってのご来場は極力お控え下さい。 入場時は、下記をお願いしております。 スタッフも消毒体調管理等を徹底して参ります。 東京支部ページ下部のGoogleカレンダーにて、その日の営業時間はご確認をお願い致します。 皆さまどうぞご協力のほどよろしくお願いします。 2020. なお、一階のトリミングサロンは感染予防対策をし、営業致します。 7日以降の営業は、おってお知らせ致します。 犬猫たちのお世話はスタッフがおりますので、ご安心下さい。 自粛を乗り越え、この事態が一刻も早くおさますよう、願っています。 2020. 一日でも早く保護犬猫たちに、あたたかな里親さんを探してやりたい… 団体運営としても休んでいてはこれからどうなるのだろう… が、 今は己の事ばかりでなく世界全体を考え行動するべき時、一刻もはやく正常化するには急がば回れだと考え、臨時休業とする事としました。 いま世界中で、不安のなか前線で戦われている医療従事者の方々には頭が下がる思いです。 皆さんも団結してコロナを乗り越え、またカフェの保護犬猫たちに会いに来てやって下さいませ!•

次の

索引「みな」13ページ目

みなし ご 救援 隊 犬 猫 譲渡 センター

【以下転載】 【AFP=時事】(更新)エネルギー革命をもたらすと考えられてきたLED(発光ダイオード)照明が広く利用されることが、世界中で過剰な光による「光害」の拡大に拍車をかけているとの研究論文が22日、発表された。 光害の増加により、人間と動物の健康に悲惨な結果がもたらされるという。 米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に発表された今回の論文が根拠としている人工衛星観測データは、地球の夜の明るさがますます増しており、屋外の人工照明に照らされた範囲の表面積が2012年~2016年に年2. 2%のペースで増加したことを示している。 専門家らは、この事態を問題視している。 夜間の光は体内時計を混乱させ、がん、糖尿病、うつ病などの発症リスクを高めることが知られているからだ。 動物に関しては、夜間の光は昆虫を引き寄せたり、渡り鳥やウミガメの方向感覚を失わせたりなどで死に直結する可能性がある。 論文の主執筆者で、ドイツ地球科学研究センター(German Research Center for Geosciences)の物理学者のクリストファー・カイバ(Christopher Kyba)氏は、同じ量の光を供給するために必要な消費電力がはるかに少ない、より効率的な照明のLED光自体だけが問題なのではないと説明する。 そうではなく、人間がますます多くの照明を設置し続けることが問題なのだと、カイバ氏は今回の研究について議論する電話会議で記者らに語り、「以前は明かりがなかった場所に新たな照明を増やすことがある程度、節約分を相殺してしまう」と指摘した。 専門家らが「リバウンド効果」と呼ぶこうした現象は、低燃費の自動車にもみられる。 必要な燃料がより少ない車を買うと、車をより頻繁に使うようになったり、より遠くから通勤することにして通勤時間が長くなったりする可能性がある。 VIIRSは、2011年10月から地球を周回している米海洋大気局(NOAA)の地球観測衛星「スオミNPP(Suomi NPP)」に搭載されている。 研究チームは、休暇シーズンの光量の増加を回避するために、各年の10月の夜間光量に限って分析した。 論文によると「南米、アフリカ、アジアなどの全域でほぼ例外なく、照明の増加が発生した」という。 照明が減少した地域はほとんどなかったが、シリアやイエメンなど戦闘で荒廃した国々では照明の減少が顕著だった。 イタリア、オランダ、スペイン、米国などを含む世界で最も明るい地域の一部はみな比較的変化が少なかった。 これは、例えばイタリアでは2012~2016年の期間に、ミラノでLED照明への切り替えによる放射光の減少がみられたとしても、国内の他の地域で光の増加が起きたということだ。 また、衛星は多くのLED照明で顕著な青色の波長を捕捉できないため、衛星データでは夜間光全体が過小評価されている可能性が高いと、研究チームは注意を促している。 今回の研究には参加していない南カリフォルニア大学(University of Southern California)建築学部のトラビス・ロングコア(Travis Longcore)助教(建築学など)は、夜間照明面積の年2. 2パーセント増加について「持続不可能」と表現した。 解決策としては、光量が低い照明を使用する、人がいない時は照明を消す、動物や人の健康への悪影響が最も大きい傾向のある青色や紫色の代わりに黄橙色のLED光源を選ぶなどが挙げられる。 また、夜間照明が治安を向上させるなどの世の中の思い込みについては疑う必要がある。 ロングコア助教は、AFPの取材に「照明を増やすと犯罪が減るという決定的な証拠は存在しない」と語り、「実際、照明の追加によって人々が何をしているかを犯罪者が見やすくなるために犯罪が増加することを示す部分的な証拠がある」と続けた。 「必要と思い込まれている多くのことはまったく不要だ。

次の

広島で活動している動物保護団体の『みなしご救助隊』を知ってください。

みなし ご 救援 隊 犬 猫 譲渡 センター

有料 また、それと並行して、 2013年度からは広島市動物管理センターに持ちこまれた殺処分対象の猫全頭と、一般譲渡が難しい老犬・咬みつき犬・野犬等の引き出しを開始。 2015年度からは呉市動物愛護センターに持ちこまれた殺処分対象の猫全頭の引き出しを開始。 2016年8月から広島県動物愛護センターに持ちこまれた殺処分対象の猫全頭の引き出しを開始。 これにより広島県内にある殺処分機の稼働を停止させることに成功しました。 殺処分問題の根本的解決に向け、広島本部内と栃木拠点内にそれぞれ付属の動物病院を開設しました。 一般の方のTNR活動の協力を行いながら、2013年からは、全国野良猫対策連合会に所属する動物愛護団体ちばわんと協働して、日本各地を回り、地元で活動しているボランティアと一緒に《全国TNR一斉手術》も行っております。 活動の目的 NPO法人 犬猫みなしご救援隊は【終生飼養】と【譲渡活動】を基盤に、動物愛護の啓発活動を行い、動物の適正飼養の推進と生命尊重の情操教育を広め、ひいては動物と人間が共生する明るい社会の構築に寄与することを目的としております。 有料 治療・看病・介護,虐待等の心のケア,各種ワクチン予防薬の接種投与,不妊 手術等,配餌,衛生管理,美容等,不幸な境遇にある犬猫が生涯快適に暮らせるよう,生活全般の世話を行う活動をしています。 世話や一般家庭で引き取ってもらえるよう、愛情を持ってお世話しています。 また、全国を対象に専用のバスを使って獣医師と共にTNR一斉手術を行ったり、広島市と地域の自治会と協働して【地域猫活動】を行っています。 学校長や保護者等からの依頼を受け、命の尊さを考える授業や、自作演劇の上演や、各テーマに沿った講演を通じて、小さな命が人間により傷つけられ、小さな命が消えていく現実と、逆に、人間の善意で助けられ育まれている様子や現状等を児童・生徒に、正しく知らせる、情操教育 命の大切さ の一助を担う活動を行っています。 高齢者の飼養に関する悩み、将来的な不安等の相談にのる活動を行っております。 身体的・精神的機能低下を余儀なくされた独り暮らし等の高齢者らから依頼を受け,動物病院・ペット美容店への搬送,散歩等の世話,飼養に関する不安等 の相談にのる活動を行っています。 犬猫をつうじてのご縁を大切にし,安否確認も兼ねた連 絡の取り合いを行い,社会的に孤立しがちな高齢者らが伴侶動物である犬猫と安 心して暮らしていける社会づくりに貢献する活動を行っています。 飼い主のいない猫のことで困っている人からの相談受付,飼い主のいない猫 への適正な餌の与え方のアドバイス,公園等の公共施設内での置き餌の後片付け ・糞の後始末活動等の実施を通して,他人(の立場)を慮り相互理解を深めることにより,人にも動物にも優しく,かつ美しい町づくりを目指す活動を行っています。

次の