ターミネーター 2 子役 現在。 アメリカの人気子役の現在!可愛かったあの子は今どこに?

あれから25年!ターミネーター2出演者たちの現在

ターミネーター 2 子役 現在

解説 ジェームズ・キャメロン監督による大ヒットSFアクションのシリーズ第2作。 前作から10年後の1994年。 未来に起こる機械と人類の戦いを知ったサラ・コナーは精神病院に収容され、後に人類のリーダーとなる息子ジョンは里親のもとで不良少年へと成長していた。 ある日、未来から2体のターミネーターがやって来る。 1体は人工知能スカイネットがジョンを抹殺するために送り込んだ最新モデルT-1000型、そしてもう1体は10年前にサラの命を狙ったターミネーターと同じT-800型で、ジョンを守るため未来の彼自身が送り込んだものだった。 前作では悪役だったアーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800が、本作では人間の味方として登場。 ジョン・コナー役をエドワード・ファーロング、サラ・コナー役を前作に続きリンダ・ハミルトンが務めた。 のちに続くシリーズ作品を含めても屈指の人気と評価を誇る一作。 1991年製作/137分/アメリカ 原題:Terminator 2: Judgmant Day 配給:東宝東和 スタッフ・キャスト 新たに送り込まれた新型ターミネーターからコナー親子を守る為に、旧型ターミネーターが戦う物語。 ターミネーターの2作目です。 CG技術が格段に進歩したなか、ターミネーター同士の闘いの迫力は『流石』の一言です。 パワーや頑丈さだけではなく液体化する身体を持つターミネーターを「どのように仕留めるのか?」 迫力ある闘いへの興奮と合わせて、興味が尽きません。 前作で人気爆発したシュワルツェネッガーを人間側に持ってくる設定にもそれ程違和感はなく、秀逸だと思います。 ただ、生身の人間が必死に戦い生き抜いた前作と比較すると、私には見劣りするように感じます。 CGの洗練された迫力より、必死にショットガンを放つ人間に魅力を感じます。 タイムリープパラドックスを感じる部分が多々あったことを含めて、若干だけ評価を下げました。 Powered by• 2019年• 2017年• 2015年• 2009年• 2003年• 1991年• 1984年 ターミネーター2• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

【あの人は今】『ターミネーター2』の “ジョン・コナー” はどうしてるんだ!? → 15歳上の女性と交際し酒とクスリに溺れるもホラー映画で活躍中!

ターミネーター 2 子役 現在

『ターミネーター2』の子役ジョン・コナーについて ジョン・コナーは前作『ターミネーター1』でターミネーターと死闘を繰り広げたサラ・コナーの息子です。 サラはジョンにサイバーダイン社との核戦争に備え、武器やハッキングの知識など様々な教育をほどこします。 それによってジョンは後々に人類側の抵抗軍のリーダーとなる道に進むのですが、それを危惧したサイバーダイン社がジョンを殺そうと、ターミネーターを送り込むのです。 ジョン・コナー役の2人の役者 ジョン・コナーは幼児期と青年期で、2人の役者が存在します。 その可愛らしい幼児期は、サラ役のリンダ・ハミルトンの実の息子です。 そして青年期を演じたのが、『ターミネーター2』の公開後、日本でも瞬く間に有名になったエドワード・ファーロングです。 彼は一体どうして『ターミネーター2』に出演することになったんでしょうか。 エドワード・ファーロングの経歴 エドワードの本名はエドワード・ウォルター・ファーロング。 1977年、アメリカのカリフォルニア州出身です。 『ターミネーター2』公開当時は、まだ14歳でした。 驚くことに、彼の役者人生が始まったのはこの『ターミネーター2』からで、それまで演技は全くの未経験でした。 バスケットボールをしているところを、偶然キャスティングディレクターの目に留まったことでデビューが決定しました。 アメリカを凌ぐ日本での人気ぶり エドワード・ファーロングの出演作品 『ターミネーター2』の出演以降はどのような作品に出演していたのでしょうか。 代表的な作品をあげておきます。 エドワードは幸せな4人家族に暮らしながらも、クラスメートの少女殺害容疑をかけられてしまう息子を演じています。 家族の愛や罪の重さについて、エドワードを含めたリーアム・ニーソンやメリル・ストリープといった豪華キャストを揃えて描かれた作品です。 「I love ペッカー」 1999年に日本でも公開されたアメリカの映画。 内容はなんと、監督であるジョン・ウォーターズ自信を描いた自伝的な作品です。 エドワードは主人公ペッカーとして、ハンバーガー・ショップで働きながら周囲の街並みや少し変わった人たちを写真におさめるカメラ小僧を演じています。 この時点で『ターミネーター2』から大人になったエドワードが「美しい」と、日本でも話題になった作品。 「アメリカン・ヒストリーX」 こちらは1998年にアメリカで公開された人種差別をテーマにした作品。 白人至上主義の兄弟。 ところが兄は、3年の刑務所での服役を経て公平な人間へと成長します。 しかし弟はその間にどんどん白人至上主義へと傾倒していたのです。 その弟役を演じるのがエドワード。 兄役はエドワード・ノートンがつとめています。 兄を純粋に崇拝する弟が、兄の経験を知り徐々に変化していく様子に、高い評価が集まっています。 その他以下のような作品に出演しています。 2013 ウォールストリート・ダウン 2019 ターミネーター:ニュー・フェイト エドワード・ファーロングのその後は? 2006年にエドワードは、映画『Jimmy and Judy』の撮影で知り合った女優レイチェル・ベラと結婚。 その年には第一子を授かっています。 それだけ聞くとまるで順風満帆な役者人生を歩んでいるようにも思えますが、実はそれまでもそれ以降も何度となく逮捕歴があります。 アルコール依存症や薬物中毒、無免許運転や飲酒運転に加えて恋人へのDV。 実は2006年に結婚した女優からは、その3年後の2009年に離婚を申し立てられているのです。 離婚を申し立てられたあとも元妻や子どもに執拗に近づこうとして、接近禁止命令まで出されています。 そんな背景から『ターミネーター3』をはじめとするいくつもの新作映画から、主演や配役を下ろされいるのです。 それでもエドワード・ファーロングに高まる期待 偶然の出会いからとんとん拍子に駆け上がっていった役者人生を、自ら壊してしまったエドワード。 それでも未だに、過去の出演作品には彼を慕う声が多く見受けられます。 そして2019年公開の『ターミネーター:ニューフェイト』に、ジョン・コナー役で28年ぶりに出演することが決定しています。 どんな感じで演じられているのか非常に楽しみですね。 そしてこれからのエドワードの活躍にもぜひ期待したいと思っています。 気になった方は、過去の作品を一度見返してみてもいいかもしれません。 映画『ターミネーター』の動画を無料視聴する方法 映画『ターミネーター』シリーズは、U-NEXTで無料視聴することができます。 ターミネーターシリーズは1から5まで全て配信中です。 無料で視聴する方法は別記事でご紹介しています。 ネタバレもありますので、ご興味がある方はご覧下さい。

次の

【あの人は今】『ターミネーター2』の “ジョン・コナー” はどうしてるんだ!? → 15歳上の女性と交際し酒とクスリに溺れるもホラー映画で活躍中!

ターミネーター 2 子役 現在

『ターミネーター2』にてジョン・コナーを演じ、シュワちゃんとの共演が話題となった エドワード・ファーロング(39)が、お久しぶりにご登場 『ターミネーター2』当時はイケメン天才子役と呼ばれ、将来を約束されていたエドワードファーロング。 木曜日に彼女のモニカ・キーナと、LAにてお買い物を楽しむ姿をパパラッチされたその姿からは、かつてのイケメンの面影が消えておりました。 なんにせよ、かなり太ったご様子。 髪も数日洗っていない様子で、とてもハリウッドでお仕事をする俳優には見えません… Tシャツが裏表逆さまなのは、敢えてなん 『ターミネーター2』から25年。 25年も経てば、そりゃ誰だって体重が増えたり劣化するって? んが。 エドワードファーロングの場合は、ただの老化で劣化したわけではございやせんな。 ドラッグ中毒や離婚、逮捕など、演技以外の問題、ゴシップがいろいろとございやした 売れっ子人気子役になったことでドラッグ依存に陥り、リハビリ施設への入退院を繰り返す日々。 本人も後のインタビューにて、ヘロインとコカイン中毒であったことを告白。 2006年に結婚した元女優のレイチェル・ベラ(本名レイチェル・二ーランド)との間には、現在10才になる息子イーサンをもうけるものの、2009年に離婚。 2012年のLAの空港では、エドワードが当時の交際相手に唾を吐いたとして、家庭内暴力で逮捕。 同年、エドワードファーロングと過ごした後の当時6才だった息子イーサンの体内から、コカインが検出されたという検査報告を裁判所に提出した、元妻レイチェルの主張がとおり、エドワードファーロングは息子への単独での面会・接近を禁じられ、3年間の保護観察処分に エドワードファーロング側は、「息子の親権を取得するために、手段を選ばない女だ」と元妻レイチェルの主張を虚偽だと言い張っておりました。 エドワードファーロングと元妻レイチェル、息子イーサンと飼い犬?のパグ? 2013年の3月には、当時も交際中だった彼女のモニカキーナに暴力を振るったとして再逮捕、180日間の実刑判決に。 同年5月に再逮捕され、ドラッグのリハビリ施設入居と、家庭内暴力に対するカウンセリングを受けることを条件に、刑務所送りを免れるという結果に。 (実際は、約2ヶ月をすでに刑務所で過ごしております) 役者としての現在の活躍はと言いますと… 2005年から2006年にかけて、人気ドラマ『CSI:NY』に5回(5エピソード)出演。 2011年には映画『ザ・グリーン・ホーネット』に出演。 その後もちょいちょいテレビやら映画やらに出演はしているので、仕事はまだあるご様子? ということで本日のスラング用語は a cokehead。 直訳だと頭がコーク(コカイン)の人。 つまりはコカイン中毒の人、ドラッグで頭がイカレてしまっている人をさす言葉です.

次の