モバイル suica pasmo。 モバイルPASMOで注意すること(モバイルSuicaとの共存、オートチャージ、移行)

Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)はどちらがお得!?双方を徹底比較

モバイル suica pasmo

関東の私鉄定期券ユーザーのあいだで話題です。 モバイルPASMOとは、交通系ICカードPASMOの機能をスマートフォンで利用できるサービスです。 スマホをかざすだけで改札を通れるようになります。 すでに多くの人が使う「モバイルSuica」は、私鉄や地下鉄にも乗れるものの、定期券はJRにしか対応していませんでした。 モバイルPASMOの登場によって、私鉄や地下鉄、バスの定期券もカードレスになります。 しかし、人によっては 従来のPASMOカードや モバイルSuicaのほうが向いている人もいます。 それぞれの違いを比較しました。 モバイルPASMOの使い方 モバイルPASMOの使い方は、モバイルSuicaとほぼ同じです。 モバイルPASMOアプリをスマホにインストールすると、モバイルSuicaと同じくスマホを改札にかざすだけで通れるようになります。 年会費などはいっさいかかりません。 都度アプリを立ち上げる必要はありません。 ロック解除前でも、スマホをかざせば読み取れます。 チャージ方法 モバイルPASMOは、 クレジットカードでのチャージが基本です。 あらかじめクレジットカードを登録し、チャージしてから使うプリペイド方式(前払方式)です。 一部のクレジットカードは、 オートチャージにも対応しています。 クレジットカードを持っていない人は、駅のチャージ端末などで 現金チャージも可能です。 モバイルSuicaは、コンビニのレジやセブン銀行ATMでもチャージできます。 特に、セブン銀行ATMですぐにチャージできるのは便利です。 モバイルPASMOもATMでチャージできるようになると、クレジットカードを持っていない人も使いやすくなりそうです。 ちなみにモバイルSuicaは、デビットカードや一部のプリペイドカードでもチャージ可能です。 モバイルPASMOでもこれらが使えるようになれば、 クレジットカードを持っていない人もスマホからチャージできるようになります。 たとえばモバイルSuicaは、現金チャージできるカード「」や、「」などを登録できます。 全国の交通機関で利用できる モバイルPASMOはPASMOカードと同じく、全国のJRや主要な私鉄は、問題なく使えます。 2012年から、主要な交通系ICカードは全国相互利用できるようになっています。 以下の交通系ICカードが使えるエリアでは、どのICカードでも改札を通れます。 PASMO(パスモ)• Suica(JR東日本)• Kitaca(JR北海道)• manaca(名古屋交通開発機構)• TOICA(JR東海)• PiTaPa(スルッとKANSAI)• ICOCA(JR西日本)• はやかけん(福岡市交通局)• nimoca(ニモカ)• SUGOCA(JR九州) ただし、各鉄道会社のエリアをまたいでの利用(いわゆる「エリアまたぎ」)はできない場合があります。 例:JR東日本の駅から乗り、JR東海の駅で降りるなど。 定期券として使える モバイルPASMOは 定期券として利用できます。 財布やパスケースを出さずに、改札でスマホをかざすだけで通勤・通学できるようになります。 定期券の購入もスマホで行います。 モバイルSuicaのように、管理画面から定期の新規購入や継続購入の手続きができると思われます。 定期券を使わなくなった場合の払い戻しも、スマホで完結します。 モバイルPASMOで定期券を購入するには、クレジットカード登録が必要です。 現金チャージのみでは購入できません。 電子マネーとして買い物に使える モバイルPASMOは、 交通系電子マネーが使えるお店での買い物にも使えます。 改札でスマホをかざすのと同じように、レジ横にある決済端末へスマホをかざすだけで支払いが完了します。 セブンイレブンやローソン、ファミリーマートといった主要コンビニは、すべて交通系電子マネーに対応しています。 大手ドラッグストアや家電量販店、飲食店でも、電子マネー決済できるお店が増えています。 電車やバスに乗る交通費と、ふだんの買い物の出費をまとめて管理できます。 モバイルSuicaのほうがおすすめの人 モバイルSuicaも、モバイルPASMOと同じ用に使えます。 しかし現時点では、モバイルSuicaのほうがメリットが多い印象です。 以下3点のメリットが魅力に感じる人は、モバイルPASMOよりモバイルSuicaが向いています。 すでに定期券を持っている人も、モバイルSuicaの新規登録時に移行できます。 モバイルPASMOと同じく、年会費も完全無料です。 ポイントを貯めたい モバイルSuicaには、 JR東日本のポイント還元サービスがあります。 モバイルPASMOには、自社のポイント還元制度はありません。 モバイルSuicaでJR東日本の交通機関を利用したり、特定のお店で電子マネー決済すると、 JREポイントというポイントが貯まります。 JREポイントは、キャッシュレス決済のなかでもかなり高還元です。 関東でJRによく乗る人は活用したいサービスです。 ふだんの移動や買い物で貯まったJREポイントは、1ポイント1円として買い物に使えます。 0%(Suicaカードは0. 5%) JREポイント加盟店で買い物 100円につき1ポイント 1. 0% Suica利用可能店で買い物 100~200円につき1ポイント 0. 5~1. 0% JREモールでネット通販 100円につき1ポイント 1. 0% 特に、モバイルSuicaでJR東日本の電車に乗ったときの 2. 0%還元は、大きなメリットです。 JR東日本が発行するクレジットカード「ビューカード」を使うと、さらにSuica還元率を上げることも可能です。 モバイルSuicaがこれだけポイント還元に力を入れている一方、PASMOには独自のポイント還元制度はありません。 2020年6月までは、政府のキャッシュレス・消費者還元事業によるポイントバックがあります。 それ以降は、ポイント還元なしで利用することになります。 iPhoneユーザー モバイルSuicaは、 iPhone・Android両方のアプリがあります。 対してモバイルPASMOは、リリース時点では Androidアプリしかありません。 iPhoneユーザーがスマホで電車に乗るためには、必然的にモバイルSuicaを選ぶことになります。 モバイルPASMOを利用できるのは、おサイフケータイ機能搭載のAndroidスマートフォン(Android6. 0 以上)のみです。 今後、モバイルPASMOがiPhoneに対応するかは未定とのことです。 PASMOカードのほうがおすすめの人 すでにPASMOカードを使っている人のなかには、モバイルPASMOに移行せずカードを使い続けるほうがよい人もいます。 iPhoneユーザー すでに述べたとおり、モバイルPASMOはまだAndroidアプリしかありません。 iPhoneユーザーは、しばらくPASMOカードを使い続けることになります。 家族にPASMOを貸したい人 家族などでPASMOカードを共有している人は、モバイルPASMOにすると貸し借りができなくなります。 無記名PASMOは、自分以外の人も使えます。 ただし無記名PASMOは、紛失しても再発行できません。 プリペイドカードやiTunes Cardをなくしても、残高が戻ってこないのと似ています。 記名PASMOは、カードを紛失した際に再発行できます。 モバイルPASMOを会員登録なしで利用すれば、無記名PASMOに近い使い方にはなります。 会員登録なしのPASMOは、個人情報を登録せずに使えますが、スマホの故障などが起きても再発行できません。 ただし、モバイルPASMOは会員登録しないと、クレジットカードチャージや定期券購入ができません。 利用できるチャージ方法は、現金のみです。 モバイルPASMOの利用頻度が増えてきたら、会員登録することをおすすめします。 会員登録すれば、スマホの故障時や紛失時の再発行サポートも受けられます。 モバイルPASMOがおすすめの人とは モバイルSuicaやPASMOカードより、モバイルPASMOのほうが向いている人は、 私鉄の定期券を利用中のAndroidスマホユーザーです。 モバイルPASMOでは、私鉄や地下鉄、バスなど19社の路線の定期券を利用できます。 JR以外の主要な路線を網羅しているといえます。 私鉄の種類が多い関東では、JRにほとんど乗らない人も多いと思います。 通勤でJRを経由せず、今までモバイルSuicaを使えなかった人も、モバイルPASMOでスマホ定期券を使えるようになります。 Xperia 1• Xperia 5• Xperia 8• Pixel 4• Pixel 4 XL• Android One S6 上記以外の機種では、モバイルSuicaがインストールされていると、モバイルPASMOをインストールできません。 関東で私鉄の定期券を使わない人は、現時点ではモバイルSuicaで十分だと思います。 モバイルSuicaでも、私鉄やバスには乗れます。 JR東日本の鉄道に乗れば、2. 0%ものポイント還元も受けられます。 ふだんからモバイルSuicaを使って移動すれば、気づかないうちにポイントが貯まるかもしれません。

次の

まるわかり!「モバイルPASMO」のはじめ方

モバイル suica pasmo

あわせて読む: おサイフケータイ対応のAndroidスマホなら、モバイルSuicaとモバイルPASMOの両方で使えます。 ちなみに、モバイルSuicaは、 ケータイ(フィーチャーフォン)にも対応しています。 ただし、2020年2月25日または12月22日に サービスを終了予定です(機種によって終了日に違いあり)。 ほとんどのサービスは利用不可ですが、現金チャージをして、電車・バスの利用、お買い物の支払いには引き続き使えます。 一部機種のみモバイルSuica・PASMOの併用が可能 一つのスマホでモバイルSuicaとモバイルPASMOの併用が可能かどうかは、機種によって違います。 モバイルSuica・PASMOの両方とも、発行可能(併用可)• モバイルSuica・PASMO、どちらかのみ発行可能(併用不可)• モバイルSuicaのみ対応 2020年3月18日現在、 ほとんどの機種でモバイルSuicaとの併用不可です。 SONYのXperia 1やGoogleのPixel 4など、比較的新しい機種のみ併用が可能です。 参照: 併用不可のスマホにモバイルPASMOをインストールしても、下記の画面が出て、アプリ起動ができません。 カード処理でエラーが発生しました。 他の交通系カードが既に発行されております。 詳細はサポートポータルもしくは、をご確認ください。 (F0-08) 併用可能な場合は、おサイフケータイアプリの設定から、モバイルSuicaとモバイルPASMOの切り替えができます。 たとえば、メインカードを「モバイルPASMO」に設定すると、スマホをかざしたときにPASMOが使えます。 メインカードから外れた方は、電車やバス、お店の支払いには利用できません。 手動での切り替えが必要なので「モバイルSuica定期券区間内はモバイルSuica、それ以外はモバイルPASMOになる」など、自動切り替えモードはないです。 発行手数料・年会費は無料 モバイルSuica・モバイルPASMOともに、 発行手数料・年会費は無料です。 カードタイプとは違い、預り金(500円)もかかりません。 モバイルSuicaは登録クレジットカードがビューカード以外だと、年会費が1,030円かかりましたが、2020年2月26日以降から無料になりました。 登録可能なクレジットカード モバイルSuica・PASMOを最大限活用するには、クレジットカードの登録が必要不可欠です。 会員登録時にクレジットカード情報を登録すると、下記の機能・サービスが使えます。 定期券の購入・利用• クレジットカードからのチャージ• スマホ紛失・故障時の再発行 カードタイプのSuica・PASMOでは、残高へのクレジットチャージは、ごく一部の対応カードに限定していました。 手持ちのクレジットカードからチャージしたい人にも、モバイルSuica・モバイルPASMOを利用するメリットは大きいです。 モバイルSuica VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club クレジットカードは1枚のみ登録可能 モバイルPASMO VISA、Mastercard、JCB、American Express クレジットカードは2枚まで登録可能 モバイルPASMOでDiners Clubブランドのクレジットカードを登録できない以外は、ほとんどのクレジットカードに対応しています。 ちなみに、モバイルSuicaとモバイルPASMOでは、海外発行のクレジットカード、ブランドプリペイドカード・デビットカードの登録はできません。 モバイルPASMOは3Dセキュアが必須 モバイルPASMOは3Dセキュア非対応のクレジットカードも登録不可です。 モバイルSuicaは3Dセキュア非対応・非登録のクレジットカードも可能なため、モバイルPASMOはセキュリティ対策を強化している印象をもちます。 3Dセキュアとは、ネット上のカード不正利用を防止する本人認証サービスです。 カード決済時に、カード会社に事前登録したパスワードを入力したり、デバイス情報で認証をしたりすることで、本人確認を行います。 本人認証サービスの名称は、カードブランドごとに異なります。 VISA:VISA認証サービス• Mastercard:SecureCode• American Express:American Express SafeKey• Diners Club:Protect Buy 本人認証サービスは、カード会社の会員サイトから新規登録とパスワード設定ができます。 モバイルPASMOのクレジットカード登録に失敗する方は、登録予定のカードで3Dセキュア認証を済ませているか確認をお願いします。 子ども用定期券は、引き続きカードタイプでの利用になります。 そのため「モバイルSuicaで東京メトロの定期券を購入したい」と思っても、JR線を含まないため、カードタイプのPASMO定期券を利用するほかありませんでした。 今までモバイルSuica定期券の対象外だったPASMO定期券利用者は、モバイルPASMOに切り替えるメリットは大きいです。 一方で、「モバイルSuica定期券を不便なく使っている」という方は、そのままモバイルSuicaを継続したほうが手間がありません。 モバイルPASMOはバス定期券の購入が断然便利 バス定期券は、モバイルSuica・モバイルPASMOのどちらでも使えます。 ただし、モバイルSuicaはアプリから直接バス定期券の購入はできず、定期券窓口で情報を書き込んでもらう必要がありました。 モバイルPASMOなら、スマホから定期券の新規・継続購入が可能です。 定期券窓口の営業時間を気にする必要なく、いつでも発行できるのは助かります。 支払い方法はクレジットカードのみ 定期代の支払い方法は、アプリに登録したクレジットカードのみ使えます。 たとえば、現金でチャージした残高から、定期代の支払いはできません。 PASMO鉄道・バス事業者のなかには、定期券の支払い方法は「現金払いのみ」や「提携クレジットカードのみ」な場合も少なくありません。 一方、モバイルPASMOなら、ほとんどすべてのクレジットカードで支払いができます。 モバイルPASMO定期券なら、定期券代に応じて、クレジットカードの決済ポイントが貯まるため、現金払いよりもお得に定期券を使えます。 カードタイプのPASMO定期券から、モバイルPASMOへの移行(切り替え)はできません。 PASMO定期券を払い戻すか、期限切れになるのを待った後、モバイルPASMO定期券を新規購入する必要があります。 モバイルSuicaでは、新規会員登録時に切り替え手続きが可能です。 モバイルPASMOはバス特の履歴が確認できる 一部のバス事業者では、SuicaやPASMOでバスに乗車・運賃を支払うと、 「バス特(バス利用特典サービス)」が利用できます。 バス特では、毎月のバス利用金額に応じて、バスポイントが貯まります(1円ごとに1ポイント)。 バスポイントが1,000ポイント貯まるごとに、100~330円分の「特典バスチケット」になり、次回のバス利用の際、自動的に支払いへ使われます。 モバイルSuicaやSuicaカード、PASMOカードでは、バスポイント数や特典バスチケット残額の把握が難しく「なんとなく貯まって使っていた」場合がほとんどでした。 モバイルPASMOでは、バス特の累計バスポイントや特典バスチケット残額が、いつでも確認できます。 残念ながら、モバイルSuicaではバス特情報の確認ができません(サービス対象外)。 ふだんからバス利用が多い人にも、モバイルPASMOを利用するメリットは大きいです。 SF(電子マネー)へのチャージ方法 モバイルSuica・PASMOともに、チャージ上限額は2万円です(カードタイプと同じ)。 現金 コンビニやスーパーのレジ、セブン銀行ATM、バス車内などでチャージ。 カードを挿入するタイプの券売機やチャージ機は利用不可。 クレジットカード アプリに登録したクレジットカードから、その都度またはオートチャージ。 チャージ金額は、クレジットカードの利用代金として、後日引き落とし。 チャージ方法は、圧倒的にクレジットカードが楽でお得です。 「残高が減ってきた」と思ったら、アプリからいつでもチャージできます。 (クレジットチャージの利用可能時間は、4時~翌日2時で、共通です) PASMOのクイックチャージが、どのカードでも、スマホで可能なのは、利便性が高いです。 チャージ金額は後払いになり、手持ちのお金が心細いときも、使いやすいです。 クレジットカードの決済ポイントは、利用代金に応じて貯まるため、ポイント還元率が高いクレジットカードの登録をおすすめします。 対応カードの登録でオートチャージも使える オートチャージ対応のクレジットカードを登録した場合、オートチャージも使えます。 SuicaまたはPASMOエリアの改札入場時に、残高が設定金額以下だった場合、自動的に一定金額がチャージされます。 【Suica登録して貯まる】の店は、NewDays(ニューデイズ)、KIOSK(キオスク)、駅ナカの自動販売機、アリオ、イトーヨーカドー、紀伊國屋書店などあります。 JR線や駅チカのお店をよく利用する人にも、モバイルSuicaが向いています。 PASMOキャッシュレス還元サービス キャッシュレスマークのある対象店舗で買い物をするとポイント還元が受けられる(2020年6月まで) 各PASMO事業者のポイント(一例) メトポ:東京メトロ線に乗車、メトロポイントPlus加盟店での買い物でポイント付与 ToKoPo:都営地下鉄や都電荒川線などへの乗車でポイント付与 PASMOキャッシュレス還元サービスとメトポはモバイルPASMOに対応、ToKoPoは非対応です(2020年3月18日現在)。 基本的に PASMO対応のクレジットカード利用でポイントを貯めるのが主流のため、PASMO単体の利用でポイントを貯める機会は少ないです。 これはモバイルPASMOでも同様と言えます。 結論:PASMO定期券・バス利用者以外はモバイルSuicaで充分 現状、モバイルSuicaとモバイルPASMOの併用利用が可能なのは、ごく一部の機種に限られます。 すでにモバイルSuicaを利用しており、今の使い方で特に不満を感じていないなら、無理にモバイルPASMOへ切り替えはしなくても良いと思います。 たとえば、サイト管理人(昼時)は「iPhoneユーザー、モバイルSuica利用者、SuicaはICOCAエリアの電車やバスで利用」なので、モバイルPASMOならではの恩恵を一切受けられません。 モバイルPASMOの利用がおすすめなのは、以下のいずれかの項目に当てはまる人です。

次の

モバイルPASMOで注意すること(モバイルSuicaとの共存、オートチャージ、移行)

モバイル suica pasmo

もくじ• モバイルSuicaとの共存はほぼできない モバイルSuicaとバッティングすると、起動時に下記のような画面が表示されます。 公式サイトによれば、モバイルSuicaと共存できるAndroid端末は下記の通り。 mobile】 902SO(Xperia 8)(Y! mobile) 901SO(Xperia 5) 802SO(Xperia 1) Android One S6(Y! mobile) Pixel 4 Pixel 4 XL 現状では最新機種以外の端末ではモバイルSuicaを削除しない限り使えません。 ということで、1週間前の予測の答え合わせ。 HCE-FではやはりSuicaの変態仕様である200msの壁を越えられず、2枚分入るメモリを持ったセキュアエレメントが搭載された機種にモバイルSuicaとモバイルPASMOの2枚分発行して、メインカードを切り替える仕組みをFelica側に搭載したということっぽいです。 — にゃっかる nyatcal モバイルPASMOはクレカによる都度チャージが可能 PASMOカードはオートチャージに対応しているクレジットカードでなければ都度(つど)チャージはできませんが、モバイルPASMOはオートチャージに対応していないクレジットカードであっても、クレジットチャージは可能です。 モバイルPASMOアプリの会員情報に登録可能なカードブランドは、以下の通りです。 ・ Visa ・ Mastercard ・ JCB ・ American Express (より引用) ただし、チャージによるポイント付与のあるなしという点では、オートチャージに対応したクレジットカードのほうがお得です。 なお、本人認証(3Dセキュア認証)に対応したクレジットカードでなければ登録できません。 モバイルPASMOのクレジットカードによる都度チャージの方法 まずクレジットカードを登録しておきます。 PASMOのオートチャージはPASMO1枚に対してクレジットカード1枚が紐付けられる、つまり1対1の関係、ということですね。 これは多くの人が予想できていたことだと思います。 モバイルPASMOのオートチャージに使えない、PASMO一体型のクレジットカードには次のようなものがあります。 京王パスポートPASMOカード VISA• TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO• ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード• ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)• To Me CARD Prime PASMO• To Me CARD PASMO ゴールド オートチャージが可能なクレカのラインナップ PASMO オートチャージ サービスの対象になりうるクレジットカードのラインナップがこちら。 小田急ポイントクレジットカード• 京王パスポートカード• 京急プレミアポイント ゴールド/シルバー• 京成カード• SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン• 相鉄カード• 東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB など)• 東武カード• Tokyo Metro To Me CARD• 横浜交通hama-eco card• JACCS Shonan Card PASMOにオートチャージできるクレジットカードのポイント還元率は次の通りです。 ただし、その全てがモバイルPASMOの際にも適用されるのかは不明です。 (2020年3月時点) カード チャージ還元率 オートチャージ TOKYU CARD ClubQ JMB 1. オートチャージが利用可能になるには3週間かかる オートチャージサービスへの申し込みはモバイルPASMOアプリ内で行います。 申込みから約3週間で審査結果がメールで通知され、その後オートチャージ設定を実行することでオートチャージが可能になります。 申し込んですぐに使えるわけではないので注意しましょう。 オートチャージに使われているクレジットカードは登録できない 前述したように、PASMOのオートチャージはPASMOとクレカが1対1の関係なので、すでにPASMOカードのオートチャージに使われているクレジットカードはモバイルPASMOのオートチャージには設定できません。 PASMOカードとの紐付けを解約してから改めてモバイルPASMOとの紐付けを申し込む必要があります。 定期券購入には通学証明書を郵送 モバイルPASMOであっても、通学定期券を購入するには通学証明書を郵送する必要がありるようです。 既存の定期券は移行できない 現在使っているPASMO定期券をモバイルPASMOに移行することはできません。 既存のPASMOカード(記名・オートチャージ・定期券)は全般に移行できないようです。 特にモバイルSuicaとの共存は難しいことが懸念されていたので、大方の予想通りほとんどの人は共存できないようで、SNSでも不満の声が挙がっています。 共存に関してはFeliCaチップの容量の問題なので今後どうなるわけでもないと思いますが、モバイルPASMOの爆発的な普及は難しいかもしれません。

次の