港南台 高島屋 閉店。 高島屋港南台が閉店!閉店後の跡地はどうなる?

料理写真 : トントンビゴ 港南台高島屋店

港南台 高島屋 閉店

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 〉)は、にある商業施設。 概要 [ ] の前にある、港南台店(2020年8月16日をもって閉鎖予定)およびをとした商業施設。 当初は 港南台センターバーズと称していたが、現在は 港南台バーズが正規の表記となっている。 建物の正式名称は「相鉄港南台ビル」で、のが管理している。 相鉄主導による開発・高島屋出店までの経緯 (相鉄)など7社により設立された港都開発株式会社(後に日本市街地開発株式会社に変更)はもともと、の埋め立てによる西口再開発を1964年(39年)に計画し以降目指していたが、が取得できずに計画を断念することとなり、同社はその代わりとして1972年(昭和47年)、(現・〈UR都市機構〉)が進めていた「港南台」における民間・地区センター商業施設建設計画に転進させた経緯がある。 1974年(昭和49年)、や、などからなる「港南台センター」の建設計画が決定し、1976年(昭和51年)4月に「港南台センターバーズ」として第一期開業。 同年1月には株式会社横浜髙島屋もに加わり、1983年(昭和58年)の第二期開業の際に「横浜高島屋港南台店」が出店する契機となった。 なお、日本市街地開発株式会社は1999年(11年)10月に相模鉄道(現・)にされている。 施設名称の由来 「バーズ(birds、の複数形)」は第一期開業(1976年)の際に一般公募で採用されたもので、港南台駅周辺にあるが「ひばり団地」や「かもめ団地」など鳥の名を冠していることにする。 歴史 [ ]• 1974年(49年)9月18日 - 港南台バーズの前身である 港南台マート(仮店舗)が相鉄ストア(現・)を中核として、めじろ団地近くにオープン。 1976年(昭和51年)4月14日 - 前の現在地に相鉄ストアを中核とした 港南台センターバーズオープン(第一期)。 バーズの名称はこのときに一般公募で採用された。 1977年(昭和52年)10月22日 - 隣接するダイエー港南台店(現・)とを結ぶ連絡通路開通。 1983年(昭和58年)10月1日 - バーズ第二期部分完成、 港南台店開店。 当時は、高島屋の子会社・横浜高島屋の支店という形態だった。 1987年(昭和62年)9月15日 - 港南台シネサロン()オープン。 1994年(6年)10月 - 隣接地に 港南台214ビル(参照)オープン。 1995年(平成7年)10月1日 - 港南台シネサロンがビデオシアターから上映館へ移行。 2010年(平成22年)• 8月 - 大規模改装のため休館。 11月 - 全館リニューアルオープン。 2013年(平成25年)2月23日 - 港南台シネサロンがフィルム上映からへ移行。 フロア構成 [ ] 港南台シネサロン Konandai Cinesalon 情報 正式名称 港南台シネサロン 開館 開館公演 「」 「」 収容人員 (2スクリーン)206人 客席数 PART1(スクリーン1):103席 PART2(スクリーン2):103席 設備 5. 1ch、 用途 映画上映 運営 株式会社相鉄ビルマネジメント 所在地 〒234-0054 三丁目1番3号 港南台214ビル3階 アクセス 下記参照 外部リンク バーズ [ ] 詳細は「」を参照。 5階 港南台高島屋店 4階 ニトリ港南台高島屋店 3階 カジュアルファッションフロア 2階 サイズオンサイズファッションフロア 1階 ファッション雑貨フロア 地下1階 フーズフロア 港南台214ビル [ ] 港南台バーズの東側に隣接するテナントビルで、バーズ同様相鉄ビルマネジメントが管理している。 バーズとは連絡通路で結ばれ、実質上バーズの別館のような存在となっている。 港南台シネサロンとバーズがバーズから移転したほか、、、などが入居している。

次の

「高島屋港南台店」と「タカシマヤスタイルメゾン」が2020年に営業終了へ

港南台 高島屋 閉店

港南台店は1983年に開店。 正社員は配置を転換するなどして雇い続ける方針という。 米子店は64年に開店。 中心市街地の活性化に取り組んでいる地元企業ジョイアーバンに譲渡する。 JU米子高島屋(仮称)として譲渡後も店の営業は続く。 従業員はジョイ社が雇う。 米子店は本館のほか東館もある。 こちらはすでにジョイ社に譲渡されており、今秋に改装開業する。 高島屋の村田善郎社長は11日の記者会見で、ほかの地方店についても撤退や縮小に踏み切る可能性に触れた。 岐阜店(岐阜市)や岡山店(岡山市)、堺店(堺市)、泉北店(同)の計4店を列挙。 「人口減による地方経済の縮小は続く。 将来にわたって営業黒字が見込めない店は、適切に縮小や撤退を判断していく」と述べた。 (佐藤亜季).

次の

料理写真 : トントンビゴ 港南台高島屋店

港南台 高島屋 閉店

港南台店は1983年に開業して以来、40年近くにわたり営業を継続してきた。 売場面積は8,214平方メートル、2019年2月期の売上高は79億7,900万円だった。 タカシマヤスタイルメゾンは、カジュアルファッションやファッション雑貨を含めた同社初の編集型サテライトショップ。 「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」のテナントとして、同施設の開業に合わせて2015年10月にオープンした。 売場面積は725平方メートルで、既存の高島屋業態では取り扱いのないブランドも展開してきた。 初年度の売上目標には7億円を掲げていた。 2019年2月期の売上高は3億6,500万円だった。 Eコマースの台頭などの消費環境の変化を受け、近年は百貨店業界で閉店が相次いでいる。 今年に入ってからは「」「伊勢丹相模原店」「」が営業を終了。 2020年以降は「新潟三越」「」(2020年3月閉店予定)、の閉店が発表されている。 なお高島屋は同日、同社の連結子会社で「米子高島屋」を運営する米子高島屋の株式をジョイアーバンに譲渡することを併せて発表。 株式譲渡実行日は2020年3月1日を予定している。 また、同店は2020年3月以降「JU 米子髙島屋(仮称)」として営業する。

次の