デシル グルコシド。 デシルグルコシド(化粧品):Cosmetic

洗剤、シャンプーに使われている【アルキルグルコシド】の成分と特徴

デシル グルコシド

粧工連発行「化粧品の成分表示名称リスト」に収載されていることと化粧品への配合可否は無関係です。 粧工連はリストへの収載と国内・国外規制との関係については関知しないとしています。 医薬品の成分は配合禁止です(例外:旧化粧品種別許可基準に収載の成分、2001年4月より前に化粧品の配合成分として承認を受けているものおよび薬食審査発第0524001号「化粧品に配合可能な医薬品の成分について」に収載の成分は医薬品の成分であってもその前例範囲内で配合可能)。 生物由来原料基準に適合しない原料、化審法の第一種特定化学物質/第二種特定化学物質、化粧品基準別表1(ネガティブリスト)の成分は配合禁止です。 化粧品基準別表2(ネガティブリスト)の成分は制限を守って配合する。 防腐剤として使ってよいのは化粧品基準別表3(ポジティブリスト)に収載の成分だけです。 紫外線吸収剤として使ってよいのは化粧品基準別表4(ポジティブリスト)に収載の成分だけです。 タール色素として使ってよいのは「医薬品等に使用することができるタール色素を定める省令」の成分だけです(例外:赤色219号及び黄色204号については毛髪及び爪のみ)。 本情報は化粧品技術者を対象に作成した専門的なものであり、一般の方が理解できるように配慮したものではないことに十分ご留意下さい。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 有 久光工房および参加企業は商品化、商業可能性、使用目的についての適切性に関する一切の保証責任を負いません。 また、過失を含むいかなる場合であっても 有 久光工房および参加企業はこれに起因するいかなる損害について一切の責任を負いません。

次の

ラウリルグルコシドとは…成分効果と毒性を解説

デシル グルコシド

ヨレたくない部分は、そっとおさえるようにお使い下さい。 目元や口元はシートを折りたたんで適用サイズにしてお使い下さい。 後は、いつもの通りメイクして下さい。 〇ご使用上の注意 ・お肌に異常が生じていないかよく注意してください。 ・化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には使用を中止してください。 そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。 1 使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け 白斑等 や黒ずみ等の異常があらわれた場合 2 使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。 ・傷、はれもの、湿疹等異常のある部位にはご使用にならないでください。 ・乳液が目に入らないよう注意してください。 目に入ったときは、直ちに洗い流してください. 異常があらわれた場合には、そのまま放置しますと症状を悪化させることがありますので、眼科医などにご相談ください。 ・ 本品を使用する際は清潔な手でお取りいただき、一度取り出したシートは戻さないでください。 乾燥による劣化、液もれ、ほこりの侵入をさけるため、使用後は 取り出し口を確実に閉めてください。 ・一度使用したシートは、衛生上、再度使用しないでください。 ・開封後はお早めにご使用ください。 ・家具、電気製品等を拭かないでください。 ・強く押されると乳液がしみ出る場合がありますのでご注意ください。 ・乳幼児の手の届かないところに保管してください。 ・極端に高温又は低温の場所、直射日光 のあたる場所には保管しないでください。 ・シートは水に溶けませんので、トイレ等に流さないでください。 〇生産国 日本 〇商品区分 化粧品 〇企画販売 素数株式会社 〇広告文責 素数株式会社 0120-49-5072.

次の

肌ラボ極潤ヒアルロン酸洗顔フォームの成分解析と使用感レビュー

デシル グルコシド

肌ラボ極潤ヒアルロン酸洗顔フォームの基本情報 商品名 ハダラボ極潤ヒアルロン洗顔フォーム メーカー ロート製薬株式会社 製造販売元 ロート製薬株式会社 価格 100g 400円前後(写真は20gです) 特徴• 3種のヒアルロン酸配合• アミノ酸系界面活性剤が主成分• pHは6〜7 肌ラボ極潤ヒアルロン酸洗顔フォームの成分解析 各成分の説明をしています。 アミノ酸系洗顔フォームは技術力が高い アミノ酸系洗顔フォームでも、石けん(ミリスチン酸Kなど)と組み合わせた弱アルカリタイプのものは結構あるのですが、 アミノ酸系のみの洗顔フォームはかなり珍しく、難しい技術なのではと思います。 というのも、アミノ酸系界面活性剤は粘度が出にくいので、液体ボディソープやシャンプーでは使いやすいですが、洗顔フォームにならないのです。 おそらく、粘度調整成分のヒドロキシプロピルデンプンリン酸をうまく使いこなしているのだと思われます。 グリセリンやヒアルロン酸などはあまり保湿効果はない 保湿成分は洗い流されるのであまり意味はないと思います。 ヒアルロン酸の中でも、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムはカチオン性なので、肌に吸着しやすいのですが、原価が高くプチプラ洗顔にそこまで配合量が多くないと思います。 しっとり感はアミノ酸系界面活性剤、油分、カチオンポリマーで演出 しっとりとさせているのは、アミノ酸系界面活性剤、油分のステアリン酸、ポリクオタニウム-7の影響が大きいかと思います。 ステアリン酸やポリクオタニウム-7は洗顔のしっとり感や泡質改善によく使う成分です。 ラウリン酸は意味がわかりませんでした ラウリン酸は、石けん系なら泡立ち改善に必須の成分なのですが、こちらの洗顔フォームに配合する意味がわかりませんでした。 泡質改善や油分として添加するならステアリン酸だけで良いと思うのですが・・・ 肌ラボ極潤ヒアルロン酸洗顔フォームの使用感 泡立ち 4点 使用感は、泡立ちは早く、ボリューム感も出やすいです。 しかし泡のきめ細かさ、弾力感は石けん系と比べて劣ります。 すすぎ性 3点 すすぎのしやすさは、普通くらいです。 アミノ酸系はすすぎのヌルヌルがいつまでも続くのですが、それに比べるとさっぱりすすげます。 石けんに比べるとすすぎは遅いですが。 洗浄力 5点 洗浄力は結構あり、私のオイリー肌でも油が残らないです。 仕上がりの感触 4点 ツッパリ感はなく、すべすべという感じです。 かなり良いのですが、もう少ししっとり感が欲しいところ。 価格 5点 価格はプチプラですので満足です。 肌ラボ極潤ヒアルロン酸洗顔フォームはどんな人にオススメ? 洗浄力はわりとあるので、普通〜オイリー肌の人が良いと思います。 使っている界面活性剤の刺激がマイルドなので、刺激を抑えたい方にも良いと思います。 プチプラで良い洗顔ないかな〜と思っている方は一度お試しください。

次の