星稜 奥川 インスタ。 奥川恭伸は性格が良すぎでかわいい!投手イメージを覆す驚愕エピソード!

奥川恭伸投手(星稜)の父親はどんな人?職業や年齢も気になる! | ホットワードブログ

星稜 奥川 インスタ

猛暑の中、熱戦が続く「夏の甲子園」。 星稜高校、奥川恭伸投手が相手の強力打線から取るわ取るわの23奪三振。 延長14回まで続いた死闘を制したのが星稜高校だった。 その瞬間、日本中の女性の胸に熱いものがこみ上げたのだとか…。 「奥川クンはプロ注目の投手。 その実力を日本中に知らしめる投球となりましたね。 延長戦に入っても150キロを超える速球をバンバン投げ込み、日本一の打線といわれる智弁和歌山のバッターを圧倒しました。 でも、延長戦に入ると足が攣るなどあきらかに疲労が見えました。 球児の体調云々が声高にいわれる甲子園ですから、『もう代えてあげてほしい』『いつまで投げるの?』『勝負より選手の体が大事』と心配の声が大量につぶやかれたようです。 それでも交代する気配はゼロで、これでもかと凄いボールを投げ込んでましたね。 その様子にSNS上は『奥川クンは怪物』『異次元の投手』『凄いんですけど…』と、彼の能力を絶賛するコメントが大半を占めてました」(女性誌ライター) そんな日本中が驚く投球を繰り広げた結果、延長14回に味方のサヨナラ本塁打で決着。 すると、SNS上のコメントがガラリと変わったのだとか。 「あまりに劇的な結末で、智弁和歌山の選手たちは座り込み、星稜の選手たちは歓喜でした。 ところが、1人だけ顔をくしゃくしゃにして泣いていた星稜の選手がいました。 それが奥川クンだったんです。 整列して校歌を歌うときも涙は落ちるまま。 この光景をテレビで見ていた多くの女性たちが一斉に我に返ったようなんです。 つまり『奥川クンは本当に大変だったんだ』と。 そんな女性たちからは『勝ったのに奥川クンが泣いてて胸が締め付けられた』『ずっと笑顔だったのにすごく苦しかったんだね』『私ももらい泣きしてます』『やばい、野球見て初めて号泣』『怪物なんかじゃなくて純粋な野球少年なんですね』と、母性あふれるコメントの嵐となりました」(前出・女性誌ライター) その涙をキッカケに奥川投手の女性人気はうなぎ上り。 そして登板しなかった翌日の準々決勝の真っ最中も、女性ファンが急増しているのがSNS上では明らかだったとか。 「苦しい投球中もそうでしたが、理由は奥川クンの絶え間ない笑顔ですね。 登板しなかった準々決勝でもベンチで常に笑顔。 チームメイトが打てばいちばんのスマイルで迎え、チームの明るい雰囲気が伝わってきました。 その様子に『凄いピッチャーなのに全然テングじゃない』『見てるとこっちまで笑顔になる』『顔は少し田中マー君に似てるけど、奥川クンのほうが少年ぽくて可愛い』『プロに行っても笑顔を忘れないで』と応援の声が続々。 笑顔が可愛いという声は本当に多かったです。

次の

奥川恭伸投手(星稜)のかわいい笑顔の理由がヤバい!プロフィールまとめ!

星稜 奥川 インスタ

【智弁和歌山-星稜】延長十四回裏星稜1死一、二塁、福本 左奥 にサヨナラ3点本塁打を浴び、うなだれる智弁和歌山の池田=阪神甲子園球場で2019年8月17日、久保玲撮影 第101回全国高校野球選手権大会は第11日の17日、第2試合で星稜(石川)が4-1で智弁和歌山(和歌山)を降した。 智弁和歌山の黒川史陽主将は「頑張ってくれたエースの池田を助けることができなくて本当に申し訳ない」と悔やんだ。 また、打線が23三振を喫した星稜のエース奥川投手について「大会ナンバーワン投手」と実力を認めた。 黒川主将の主な談話は次の通り。 【池田直】 (相手のサヨナラ)ホームランの瞬間、(試合を)終わらせたくなかった。 エースの池田は頑張ってくれたが、自分が助けることができなくて本当に申し訳ない。 (星稜の奥川投手は)大会ナンバーワン投手だな、と。 高校3年間で一番気持ちの入ったボール(を経験した)。 甘いボールは逃さないという気持ちだった。 しかし「絶対抑える」という気持ちが伝わってきて、打てなかった。 星稜はすばらしいチーム。 日本一になってもらわないと自分たちは納得がいかない。

次の

星稜・奥川の笑顔が可愛い!マー君にも似てると話題に?【ドラフト】

星稜 奥川 インスタ

ノックをする智弁和歌山の中谷仁監督=阪神甲子園球場で2019年3月18日、山田尚弘撮影 第101回全国高校野球選手権大会は第11日の17日、第2試合で星稜(石川)が4-1で智弁和歌山(和歌山)を降した。 智弁和歌山の中谷仁監督は「3年生は努力を惜しまず、日本一を目指して懸命にがんばった」と選手たちを褒めた。 また星稜の奥川投手については「気迫に満ちており、バントをするのも難しかった」と攻めるすきを与えないピッチングをたたえた。 中谷監督の主な談話は次の通り。 【韓光勲】 悔しい。 こういう試合でいいプレーをさせてあげられなかったのは監督の責任。 負けてしまったのはすべて監督の責任だ。 星稜の奥川投手には想像を上回るピッチングをされた。 チャンスらしいチャンスを作れなかった。 奥川投手はバントすらさせないという気迫に満ちており、バントをするのも難しかった。

次の