あさり の 冷凍 の 仕方。 あさりの砂抜き失敗原因は?食べられるか見分け方と上手な砂抜き方法

あさりの冷凍保存の仕方。美味しく食べられる保存期間も紹介。

あさり の 冷凍 の 仕方

この時に、つっついたり、明るいところに置いたりすると あさりが口を開いてくれないので、なるべく暗い静かなところに置くようにしましょう。 冷凍後のあさりは、砂を吐かないので冷凍させる前に、しっかりと 砂を吐き出させてくださいね。 そうしないと、残念な料理になってしまいます。 砂ぬきがしっかりとできたら、汚れをふき取って、水気をしっかりととるようにしてくださいね。 もし むき身で冷凍する場合は、この後、ナイフなどで口を開き、身の下からナイフを入れて、身をとってください。 そして、なるべく急速に冷凍させてください。 ステンレスのバッドなどで一気に冷凍させると鮮度を保つことができますよ。 そのあと、食べる分ずつ小分けして 冷凍すると、使うときに楽ですし、殻つきでも上手に冷凍でき、1か月くらいもたせることができますよ。 スポンサードリンク 冷凍したあさりはどのように解凍すればいいの? それではこの冷凍したあさり、どのように 解凍すればいいのでしょうか。 それでは次に解凍方法を紹介します。 冷凍した殻付きあさりですが、 自然解凍はしないようにしてください。 自然解凍すると調理した時に口をひらかないあさりがたくさん出てしまいます。 冷凍したあさりを使うときは、自然解凍せず、そのまま調理に使うようにしてください。 そうすると口を開いておいしく食べられます。 自然解凍すると口が開かなくなるって、不思議ですよね。 たしかに、一般的に生きているあさりは口を開いて、死んでいるあさりは口を開かないとイメージがありますね。 あさりが口を開かない理由は、 死後硬直が進んでいるからなんです。 冷凍したあさりを自然解凍すると、死後硬直が進んでしまうんです。 なので、冷凍したあさりを、解凍せず、冷凍のまま高温で調理すると、死後硬直が進まず口が開くんです。 わたしの家でも、毎年この時期になると、潮干狩りに行き、そこで大量にあさりをとってきます。 こんなに食べられないし、どうしようと悩んでいた時に、テレビで あさりが冷凍できるって事を知ったんです!我が家は凍ったままのあさりをみそ汁に入れて、おいしく頂いています。 加熱しすぎに注意! 冷凍したあさりを調理する際には、 自然解凍せず、そのまま調理につかうとおいしく食べられることはお分かりいただけたと思います。 でも、 加熱時間に気を付けるようにしてください!長時間加熱すると、身が固くなってしまいますし、なによりもうまみ成分が逃げ出てしまいます。 なので加熱しすぎないようにしてくださいね。 たくさんとれたあさりを、上手に冷凍するだけではなく、上手に解凍して、最後までおいしいあさりをいただきましょうね。

次の

あさりの保存方法は?冷凍・冷蔵庫・常温の最適な方法や期間も!

あさり の 冷凍 の 仕方

アサリの解凍の仕方 冷凍保存したアサリを解凍する場合は、 自然解凍は絶対に駄目です。 アサリを ゆっくりと解凍すると貝柱の細胞が壊れてしまい、加熱しても口が開かなくなるからです。 上手く解凍するには、 急速加熱をする事です。 一気に加熱をする事で、 口が開かないと言う事はなくなります。 沸騰したお湯に、たくさんのアサリを入れてしまうと、温度が一気に下がりますから、少しづつアサリを入れていきましょう。 レンジで解答する場合 深い耐熱皿にアサリを入れてラップをします。 強弱がついたレンジなら強に合わせ、口が開くまで加熱して下さい。 解凍に失敗した場合 アサリの口が開かなかった場合、 アサリは食べれるのでしょうか。 この場合、 アサリを解凍した時に生きているのを確認出来ていたら、食べられるでしょう。 しかし、アサリの口を自力で開かなくてはいけません。 貝柱が壊れているため、無理やり開くしか方法はありません。 冷凍保存のアサリを買って来た場合は、冷凍前の状態がわかりません。 口を開かないアサリが食べれるかの判断は、 ニオイしかありません。 アサリは 死ぬとスグに悪臭を放ちます。 ニオイを嗅いで、臭いなら食べられません。 それ以外の判断は難しいとしかいえませんね。 気になるなら食べない方が無難でしょう。 アサリが半開きの場合 加熱したが、半開きのままになってしまった場合も、 加熱が足りなかったのが原因になります。 こちらの場合もやはりニオイを嗅いで、悪臭が無ければ、死んではいないと言えます。 アサリは死んでる場合も口を開く よくアサリを加熱しても、口を開かないのは死んでいるから、食べてはいけないと言われませんでしたか? しかし、現実は死んでいるアサリも口を開けてしまう場合があります。 アサリの口は貝柱がバネのようになっていて開閉を行います。 この部分が 加熱により剥がれる場合があり、死んでるアサリでも口を開いてしまう場合があると言う事です。 死んでるかの見分け方 では、どうやったらアサリの死んでるのを見分ける事が出来るのでしょう。 解凍アサリの場合は、解凍する前に確認する必要があります。 アサリの貝殻の部分を擦り合わせて下さい。 貝殻が壊れる程強くなくて平気ですよ。 その時、 生きているアサリなら口をしっかり閉じます。 半開きや少し開き気味のアサリは死んでいます。 市販の冷凍アサリだと、この確認は出来ませんが、自分で冷凍保存したアサリなら出来ますから、お試し下さい。 *冷凍アサリの失敗しない解凍法は、 急速加熱を上手くやると言う事がキーポイントになりますね。 アサリの解凍 解説動画.

次の

あさりの保存方法は?冷凍・冷蔵庫・常温の最適な方法や期間も!

あさり の 冷凍 の 仕方

冷凍あさりのメリット おいしい あさりの旨味成分は「グルタミン酸」や「イノシン酸」です。 グルタミン酸はトマトとか昆布、いわし、チーズなどの旨味成分です。 うま味調味料も人工的なグルタミン酸ナトリウムが多いですよね。 イノシン酸はかつお節や煮干しに入っている旨味成分です。 あさりはこういった天然の旨味成分がしっかり入っているんです。 この旨味成分は普通の状態だと身に入ったままの状態なのですが、細胞が壊れていると流れだして旨味として認識できるようになります。 つまり冷凍したあさりのほうが美味しく感じることが多いということなんですね。 長期間保つ 冷凍することで長く持つので無駄にせずにすみます。 普通に冷蔵庫保存ではせいぜい1~2日しか保ちません。 せっかくの美味しいあさりをダメにしてしまうのはもったいないですよ。 冷凍してしまえば数ヶ月は保ちます。 美味しく食べるには1ヶ月以内に食べたほうがいいですが、それでも余裕があるので食べ切れそうですよね。 あさりの冷凍方法は? あさりの冷凍をするには前準備が必要です。 まず「砂抜き」、次に「塩抜き」それから「冷凍」です。 砂抜き スーパーや鮮魚店で買ったあさりはほぼ砂抜きされていますが、充分ではないことがあるので短時間でも良いので必ず砂抜きしましょう。 潮干狩りで採ってきたあさりは時間かけてしっかり砂抜きしましょう。 あさりは海で育っている貝なので海水濃度の塩水だと喜んで呼吸します。 その時に貝の中に入っている砂をはきだしてくれるんです。 なので海水の濃度に近い 3%の塩水を用意します。 1リットルの水に大さじ2杯です。 まずあさりをざっと洗って塩水の中につけます。 水は多すぎないように殻が少しだけでてる程度がいいです。 この時にできれば貝が重ならないような平らな容器だとなお良しです。 スポンサーリンク 普通のボールだと貝が重なっている状態です、あさりが吐いた砂を下の方にある貝がまたすってしまうことがあるためできれば重ならない容器のほうがいいわけです。 底が平らなバットや大きめの深皿、大きめの鍋とかフライパンでもいいと思いますのでなにか探してくださいね。 食器を洗う時の水切りの容器とかも良さそうですね。 塩水につけているあいだは上に新聞紙をかけておきます。 あさりは夜行性のために薄暗いほうが活動的になりますので、上に新聞紙をかけておいたほうがいいですね。 明るいところだと活動しません。 それに水を吐いて回りに飛び散るので、汚れ防止にもなります。 温度はあまり低くないほうがいいので常温で置いておきましょう。 静かな暗い所が良いのでお風呂場においておくのも良さそうです。 買ったあさりは1時間ほど、採ってきたあさりは3~4時間は砂抜きしましょう。 砂抜きをすることで臭いやくさみもとれて美味しくなります。 塩抜き 砂抜きが終わったら塩抜きをします。 3%濃度の塩水に浸かっていたのでかなり塩辛くなっています。 このままだと調理法によっては味が濃すぎてしまいます。 塩水を捨てて殻をこすり合わせるようによく洗いましょう。 水を変えたり流水でしっかり洗ったほうがぬめりが取れていいみたいです。 その後水から上げて広げて1時間ほどおきます、これでちゃんと塩水を吐いてくれます。 この時も上にキッチンペーパーをかけておくといいですよ、回りが汚れません。 冷凍 冷凍は氷漬けの冷凍、ひとつづつの冷凍法があります。 氷漬け冷凍は水といっしょに冷凍するので乾燥が防げるので美味しさが保たれます。 食べるときは冷凍したものは全部いっぺんに使わなければならないのでそれがデメリットでしょうか。 汁物調理にはこちらの冷凍がいいでしょう。 貝を一つづつ冷凍すると必用な分だけ使えるので便利です。 ただし空気に触れる分味は多少落ちます。 水ごと冷凍する場合はジップロックやにあさりと水を入れて空気をできるだけ抜いて冷凍します。 タッパーを使う場合は大きすぎないものでできるだけ隙間を開けないように水を入れましょう。 貝を一つづつ冷凍するときはバットに並べて冷凍して、それをジップロックに入れて保存します。 冷凍あさりを解凍するには? 冷凍したあさりを調理するときは 解凍しないでそのまま調理してしまいます。 解凍してしまうと殻が開かなくなってまずくなります。 凍ったままの氷漬けのあさりはそのまま鍋に入れて調理しましょう。 たとえばお味噌汁を作るなら鍋にやや少なめにお湯を沸かして、そこに氷漬けあさりを入れましょう。 強火にしておけば氷もだんだん溶けてきます。 あさりは火を通し過ぎないほうが美味しいのでほぼ溶けたら味付けしてしまいましょう。 うまみがたっぷり溶け出した濃厚で美味しいお味噌汁ができます。 フライパンで調理するときも蒸し煮にする感じで一気に火を通すと美味しく食べられます。 一旦火が通ったら取り出して最後に合わせるようにすれば固くならないで美味しく食べられますしね。 あさりは酒蒸し、ボンゴレ、スープ、あさりごはん、パエリア、アクアパッツァなど、いろんな料理に使えます。 冷凍したほうが美味しくなる食材の一つなので、上手に冷凍を利用してみてはどうでしょう。

次の