ケルヒャー k3。 感動!ケルヒャーk3できれいになるビフォーアフター〜外壁やベランダの大掃除〜

【DIY】ケルヒャーK3サイレントベランダを実際に使用してみると・・・

ケルヒャー k3

この記事の目次• 作動音は思ったよりも大きくなく、玄関前や外壁に使用しましたが、コケや汚れがどんどん落ち、「元の色はこんなんだったんだ」と驚きました 笑 高圧ホースはホースが硬いので全て伸ばしてから使用した方がいいです。 また、水しぶきの跳ね返りがあるので、長靴と上半身だけでもカッパを着て作業をした方が、汚れた水の跳ね返りで服を汚さなくて作業しやすいです。 洗剤を入れて高圧洗浄出来るので、次は洗車をしてみようと思います。 オプションのノズルを購入すれば使用範囲は広がります。 出典;Amazon 価格コムのレビューなんかをみても購入した方の評価は概ね高評価です。 特にその静穏性とパワーは皆様満足されているよう。 ケルヒャーのメリットばかり強調されているものが多いのですが、ここはイマイチという投稿も多少はあったのでデメリットとして挙げておきます。 まずデメリットなんですが、ズバリ重さです。 またK3では水冷式という方式を採用していますが、このことが製品の耐久性を上げる一方で重量が増すことになっています。 重量としては、10キログラム程度なのですが、K2などの製品から買い替えられた方など重いと感じられる方が多いようです。 ただ、ARやヒダカ製のものは10キログラム以上重量はありますので、この性能のものを使用するとなると仕方のないことかなあと思います。 >>> ちょっと細かいところでは、ホースをまくのが結構めんどくさく、リールが付いていないがために使い勝手が悪いと感じるかたもいらっしゃいます。 たしかに、ホースって伸ばした後の片づけって面倒なんですよね。 ケルヒャーK3を使い始めるまで ケルヒャーを購入してどの部品をどこに付けて使うの?っていう風になった場合に参考にしたい動画がこちら.

次の

知らなきゃ損。ケルヒャー高圧洗浄機の機種ごとの違いについて解説

ケルヒャー k3

この記事の目次• 作動音は思ったよりも大きくなく、玄関前や外壁に使用しましたが、コケや汚れがどんどん落ち、「元の色はこんなんだったんだ」と驚きました 笑 高圧ホースはホースが硬いので全て伸ばしてから使用した方がいいです。 また、水しぶきの跳ね返りがあるので、長靴と上半身だけでもカッパを着て作業をした方が、汚れた水の跳ね返りで服を汚さなくて作業しやすいです。 洗剤を入れて高圧洗浄出来るので、次は洗車をしてみようと思います。 オプションのノズルを購入すれば使用範囲は広がります。 出典;Amazon 価格コムのレビューなんかをみても購入した方の評価は概ね高評価です。 特にその静穏性とパワーは皆様満足されているよう。 ケルヒャーのメリットばかり強調されているものが多いのですが、ここはイマイチという投稿も多少はあったのでデメリットとして挙げておきます。 まずデメリットなんですが、ズバリ重さです。 またK3では水冷式という方式を採用していますが、このことが製品の耐久性を上げる一方で重量が増すことになっています。 重量としては、10キログラム程度なのですが、K2などの製品から買い替えられた方など重いと感じられる方が多いようです。 ただ、ARやヒダカ製のものは10キログラム以上重量はありますので、この性能のものを使用するとなると仕方のないことかなあと思います。 >>> ちょっと細かいところでは、ホースをまくのが結構めんどくさく、リールが付いていないがために使い勝手が悪いと感じるかたもいらっしゃいます。 たしかに、ホースって伸ばした後の片づけって面倒なんですよね。 ケルヒャーK3を使い始めるまで ケルヒャーを購入してどの部品をどこに付けて使うの?っていう風になった場合に参考にしたい動画がこちら.

次の

ケルヒャー 家庭用高圧洗浄機 K 3 プレミアム N|ホームセンターナフコの公式オンラインストア

ケルヒャー k3

比較項目 ケルヒャーK5 「ヒダカ高圧洗浄機」 HK-1890 価格 62,618円 (送料別) 46,224円 (今なら送料込み) 性能(拭き出す力) 最大12MPa 最大12MPa 消費電力 1,400W 1,200W 本体重量 16. 6㎏ 12㎏ アクセサリー• テラスクリーナー, T 350• 回転ブラシ• フォームノズル• 洗浄剤, ユニバーサルクリーナー 1L• トリガーガン, 簡単ワンタッチ接続• バリオスプレーランス• 高圧ホース, 12 m• クイックコネクト接続(本体)• 洗浄剤散布, プラグ&クリーンシステム• 水冷式モーター• 給水口フィルター(本体内部取付済)• 本体側カップリング• トリガーガン• 10m高圧ホース• ターボノズル• ノズルクリーナーピン• 洗剤散布用ノズル• 3m水道ホース一式 ・3m耐圧水道ホース ・水道ホースカップリング ・ホースバンド• 水道蛇口ワンタッチカップリング一式 ・水道蛇口側カップリング ・水道ホースカップリング) 静音設計 あり あり 高圧洗浄機ケルヒャーK5と「ヒダカ高圧洗浄機HK-1890」を比較すると一目瞭然。 あきらかに「ヒダカ高圧洗浄機HK-1890」のほうが安い(お得)です。 だってケルヒャーK5は性能は良くても、値段比較が高いのがネック。 どうしても5万円以内で抑えようと思って、高圧洗浄機ケルヒャーk2k3も比較していたんです。 高圧洗浄機ケルヒャーK5のシリーズにはK2・K3がありますが、性能的にはK5が最高峰。 したがってケルヒャーK5の値段がいちばん上で、その下にK2やK3があるんです。 しかし 「ヒダカ高圧洗浄機HK-1890」の性能は最高峰のケルヒャーK5と比較しても変わらないのに、値段的に見るとその下のK2・K3のレベルということなんです。 なかなかこの比較に気付かない人って多いみたいですよ。 うちはその高圧洗浄機ケルヒャーK5との比較をしてみて、どう見ても 「ヒダカHK-1890」のほうが安い!と思ったので購入することに。 実際に噴射してみると、かなりの勢いでどんどんキレイになっていくんですね。 本当にうちの駐車場も草ぼうぼうで困っていたけど簡単にスッキリ! レンガの目地に雑草が生えてきて、キレイにしたくてもどうしようもなかったんですよ。 それがかなりの高圧で汚れも雑草もきれいになっていくので、もう病みつき状態であちこち洗浄! 塀とかの黒ずみもなくなって、かなり見た目がサッパリして違いますね。 高圧洗浄機ケルヒャーK5と同じ性能で、K2・K3レベルの値段。 かなり 「ヒダカHK-1890」は比較してもお得でしたね。 この高圧洗浄機の口コミはこちらも参考になるのでおすすめですよ。 しかし家庭用はとうぜんパワーも弱く、そこまでの洗浄力がないんですよ。 高圧洗浄機ケルヒャーK5はジャパネットで販売されていないので公式サイトと値段の比較はできませんが、もし販売されても 「ヒダカHK-1890」には敵わないだろうと思います。 もし 「ヒダカHK-1890」と値段が同じでも、比較すると重量など機能面では敵いませんね。 高圧洗浄機ケルヒャーK5はサイレント機能がある? 高圧洗浄機ケルヒャーK5はサイレント機能になっていて、水冷式静音タイプの高圧洗浄機です。 以前の高圧洗浄機ケルヒャーK5よりも、静音機能がだいぶ向上しているようですね。 しかしサイレント機能については、私が購入した 「ヒダカHK-1890」と比較すると放っておけません。 実際に高圧洗浄機ケルヒャーK5を店頭で実射したことがありますが、そのときのサイレント機能を考えると 「ヒダカHK-1890」のほうが静音性が高く感じますね。 実際に音量を計ったわけではありませんが、間違いなく静か。 同じサイレント機能でも比較してみると違うものですね。 少し重いけど、小さくて耐久性の高い新しいモーター。 比較すると静粛性もよくて近所迷惑になりにくくていいですね。 高圧洗浄機ケルヒャーK5は業務用? 高圧洗浄機ケルヒャーK5は業務用か家庭用か?なんて考えてしまいますが、どっちでもOKです。 私も家庭用を使っていてパワー不足なことで、初めはケルヒャーK5を考えたくらいなので。 とくに業務用と家庭用のを比較してみると、使われている部品などは基本的に同じ。 したがって業務用としても家庭用としても、どっちでも使うことができます。 それにパワーのことを考えても、高圧洗浄機ケルヒャーK5なら業務用に最適。 ケルヒャーの中でもっともパワーのある機種なので、そのへんは業務用として使っても安心ですね。 しかし高圧洗浄機ケルヒャーK5と比較しておすすめなのが、やはり性能面は同じで値段の安い 「ヒダカHK-1890」に軍配が上がります。 高圧洗浄機ケルヒャーK5を業務用に考えるのなら、間違いなく 「ヒダカHK-1890」のほうがおすすめですね。 高圧洗浄機ケルヒャーK5の使い方 高圧洗浄機ケルヒャーK5の使い方はいたって簡単。 基本的には同じなので、この 「ヒダカHK-1890」の動画で確認してみてください。 高圧洗浄機ケルヒャーK5と使い方は同じなので、この通りに進めればOK。 ただ持ち運びがあるので、少しでも軽いのは高圧洗浄機ケルヒャーK5と比較すると 「ヒダカHK-1890」が楽です。 とくに女性には高圧洗浄機ケルヒャーK5よりもおすすめですね。 いちどやってみると、高圧洗浄機ケルヒャーK5の使い方は簡単。 これは 「ヒダカHK-1890」でも同じなので、機種を問わず使い方はすぐにマスターできるはず。 どっちを比較しても使い方は変わりません。 やってみると使い方は意外と簡単ですよ。 高圧洗浄機ケルヒャーK5で洗車できる? 高圧洗浄機ケルヒャーK5で洗車はできます。 あの高圧洗浄機ならではの水圧でどんどんキレイになっていくので、きっと洗車が楽しく感じますよ。 でも高圧洗浄機で洗車をするときに、とくに比較で重要になるのがアタッチメント。 洗車用のアタッチメントがついていたほうが、間違いなく1回の洗車でピカピカになります。 そのアタッチメントですが、これは高圧洗浄機ケルヒャーK5と比較すると 「ヒダカHK-1890」のほうがかなり高性能。 この動画で確認してみてください。 これは 「ヒダカHK-1890」の洗車用アタッチメントを使って洗車している様子ですが、高圧洗浄機ケルヒャーK5には洗車用アタッチメントがないのでこんなふうにはいきません。 こんなにピカピカになるのは 「ヒダカHK-1890」なのでできる洗車風景なんですね。 とくに泡がムース上になって出るアタッチメントなんかは、高圧洗浄機ケルヒャーK5と比較するとかなり洗車好きにはたまらないもの。 高圧洗浄機ケルヒャーK5と比較してみるとわかりますが、洗車用アタッチメントでは完全に 「ヒダカHK-1890」のほうが上。 実際に使ってみると、これがめっちゃ気持ちいいですよ! さらに洗車用のアタッチメントセットなら、もっと安く購入できます。 どんどん車がキレイになっていくし楽なので、何台でも洗車したくなるはず。 うちも家内が洗車をしたがるけど、ぜったいに自分でやるので!笑 高圧洗浄機ケルヒャーK5まとめ 高圧洗浄機ケルヒャーK5を比較した結果、間違いなく 「ヒダカHK-1890」がおすすめ。 同じ性能なのに価格が安くて、そのほか重量・消費電力・静音性を比較しても上なので。 さらにアタッチメントを比較しても、高圧洗浄機ケルヒャーK5よりも 「ヒダカHK-1890」は選ぶことができるし充実しています。 ここまで比較すると、間違いなく高圧洗浄機ケルヒャーK5よりいいですよね。 もし家庭用高圧洗浄機を考えるのであれば、おすすめは 「ヒダカHK-1890」のほう。 高圧洗浄機ケルヒャーK5と比較してみても、どこも劣る部分のない高圧洗浄機です。 家庭用でも業務用としても十分なパワーがあるので、どんどん汚れが落ちていきますよ! うちも購入して損がなかった!と比較して思える商品です。 じつは楽天の高圧洗浄機ランキングを調べてみても、このがトップ3を独占しているんです。 そのあとに高圧洗浄機ケルヒャーK5が並んでいますね。 高圧洗浄機ケルヒャーK5をはじめとしてリョービ・マキタなど有名メーカーが軒を連ねる中で、常に比較上位にランクインし続けている人気商品なんだとか!? やっぱり性能と価格の比較バランスがいいんでしょうね。 さらに、比較性能がいい!ってことで、テレビでも特集されていました。 ちょうど夏休みの子供とテレビ見てたら、うちが使ってるが出ててビックリ! めっちゃ性能がいいですよ!なんて比較紹介されていて、あ~やっぱりいいものだぁなんて。 そして今ならキャンペーンで送料無料! ただでさえ安い 「ヒダカHK-1890」を、送料無料のうちにもっと安く手に入れてください! ただし期間があるので早めにチェックしてみてくださいね。

次の