ソフトバンク光 一軒家。 光コンセントの設置場所はどこがいい?複数設置や場所の移動変更は可能?

ソフトバンク光の評判※キャッシュバックの罠に注意です

ソフトバンク光 一軒家

ソフトバンク光の戸建て住宅の月額料金や初期費用について ソフトバンク光を契約すると当然ですがインターネットを利用する為の月額料金の支払いが必要になります。 また、ソフトバンク光の契約時には契約事務手数料などの初期費用の支払いも必要です。 そこで、まずはソフトバンク光を戸建て住宅で契約した場合の月額料金プラン、事務手数料などの初期費用、そしてなぜ集合住宅よりも戸建ての方が月額料金が高いのかをご紹介したいと思います。 戸建住宅プランの月額料金 ソフトバンク光を一軒家など戸建て住宅のプランで契約した場合の月額料金をご紹介します。 ソフトバンク光 月額料金 (2年自動更新プラン) 戸建住宅 一般的なプラン (1ギガ) 5,200円 (プロバイダ料込) 出典: 上記料金表のように、 ソフトバンク光の 一般的なプラン(最大通信速度1ギガ)の戸建て住宅の月額料金は 5,200円です。 この 「ファミリー・10ギガ」だと月額料金は 24ヶ月間(2年間)は月額5,200円・25ヶ月目から月額6,800円です。 ちなみに、NTTフレッツ光などの場合には月額料金とは別にプロバイダ料の支払いが必要です。 しかし、ソフトバンク光の場合には月額料金の中に プロバイダ料が含まれています。 戸建て住宅の契約時に必要な初期費用 上記ではソフトバンク光を戸建て住宅で契約した場合の月額料金についてご紹介しました。 しかし、ソフトバンク光に限らず全ての光回線のインターネット契約には「契約事務手数料」と「工事費」の初期費用も考慮しておく必要があります。 そこでソフトバンク光を戸建て住宅で契約する際に初期費用として必要な「契約事務手数料」と「工事費」を分けてご紹介したいと思います。 契約事務手数料について ソフトバンク光を契約する際には 「契約事務手数料」という初期費用の料金支払いが必要です。 契約事務手数料 3,000円 出典: 上記のように、 ソフトバンク光の 契約事務手数料は3,000円で初回のみ1度だけ請求されます。 「えっ?契約するのに3,000円も払うの!?」と思った人もいるかもしれませんが、携帯電話やスマホ、その他のインターネット回線を契約する際も契約時にほぼ3,000円程度の手数料の支払いが契約時に必要です。 決してソフトバンク光だけが請求している手数料ではありません。 ちたみに、ドコモ光やauひかりなども契約時に3,000円の手数料を取られます。 ソフトバンク光を契約する際には初期費用として戸建住宅・集合住宅に関係なく、契約事務手数料の3,000円が必要なんですね。 工事費について ソフトバンク光は 「光回線」を使った高速のインターネット接続サービスです。 ソフトバンク光を契約するとインターネットに接続する為に利用する 「光回線」を自宅内へ引き込む工事(開通工事)が必ず必要です。 この 工事費は契約者負担となっています。 工事費 新規契約の場合• 立会い工事が 必要な場合 24,000円• 立会い工事が 不要な場合 2,000円 フレッツ光からの 転用の場合 工事費不要 出典: 現在、NTTフレッツ光が未契約の場合は、新規契約となりますので 光回線を引き込む工事費として 24,000円の支払いが必要です。 (24回分割支払いの場合は月額1,000円) 工事業者が来ない(立ち会い工事が不要な)場合の工事費は2,000円ですが、そのようなケースはほとんどありませんので、ソフトバンク光の工事費は24,000円と考えていてよいでしょう。 しかし、 既に NTTフレッツ光を契約中の場合は、フレッツ光で利用している「光回線」をソフトバンク光でも利用する為に 工事費は不要です。 「ソフトバンク光は 集合住宅よりも 戸建て住宅の方が月額料金が 高い!」 確かに上記の口コミのように、 ソフトバンク光の 月額料金はマンションなどの集合住宅よりも一軒家などの 戸建て住宅の方が高いのは事実です。 ソフトバンク光 月額料金 (2年自動更新プラン) 戸建住宅 集合住宅 一般的なプラン (1ギガ) 5,200円 (プロバイダ料込み) 3,800円 (プロバイダ料込み) 出典: 上記でもご紹介しましたが、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約すると月額5,200円です。 しかし、集合住宅で契約すると月額3,800円です。 戸建て住宅の方が月額1,400円も高いですね。 ソフトバンク光に限らず 戸建て住宅の方が月額料金が高いですが、それには 理由があります。 戸建住宅は「光回線」を独占して利用している ソフトバンク光で利用する「光回線」は、 戸建て住宅の場合は直接引き込まれ 光回線を独占して利用出来ます。 一方、 集合住宅の場合は一度建物の共有部分にある機器に接続され 光回線を各部屋と共有しています。 このように戸建て住宅の方が高い理由は 「光回線」を独占して利用するためなのです。 ちなみに、戸建て住宅の方が高いですが「光回線」を独占して利用できるので、「光回線」を共有して利用する集合住宅よりも速度が安定しています。 詳しくは以下でご紹介します。 ソフトバンク光は戸建ての速度は遅い? インターネットを契約する前に重要視されているのは「速度」です。 速度が遅ければホームページの表示も遅いですし、動画は途中で途切れて見れたものではありませんからね。 そこでここからは、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約すると、インターネットの速度は速いのか遅いのか、速さについてご紹介したいと思います。 戸建て住宅の速度について ソフトバンク光を戸建て住宅で契約すると 「回線の種類」によって速度に違いがあります。 以下の表のように、ソフトバンク光のインターネット接続で利用される 「光回線」には様々な種類があります。 その 光回線の種類によって速さに大きな違いがあるのです。 エリア 回線種類 (回線タイプ) 下り最大速度 IPv6高速ハイブリッド 東日本 エリア ファミリー・ギガスピード 1Gbps 1000Mbps ファミリー・ハイスピード 1Gbps 1000Mbps ファミリー 100Mbps ファミリー・ライト 100Mbps 西日本 エリア ファミリー・スーパーハイスピード 1Gbps 1000Mbps ファミリー・ハイスピード 1Gbps 1000Mbps ファミリー 100Mbps ファミリー・ライト 100Mbps 出典: 東日本エリアの戸建て住宅にお住まいの人で 「ファミリー・ギガスピード」と「ファミリー・ハイスピード」という種類の回線なら 最大速度が1Gbpsです。 一方、 「ファミリー」と「ファミリー・ライト」という種類の回線なら 最大速度が100Mbpsと遅いです。 1Gbps=1000Mbpsです。 その為、1Gpbsとは100Mbpsの10倍の速さという事になります。 速度が違う回線の種類は選べるのか 上記でご紹介したように、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約する場合、 インターネットに接続する回線の種類によって速度に違いがある事がご理解頂けたと思います。 そこで疑問が1つ沸きますよね。 それは 速度が「遅い回線」よりも「速い回線」の 種類を選べるのか?という疑問です。 残念ながら 回線の種類を選ぶ事は出来ません。 回線種類は選べない 例えば、ソフトバンク光を契約する戸建て住宅の近くまで「速度が速い回線」が来ている場合は最大速度は1Gpbsで提供されます。 しかし、戸建て住宅の近くに「速度が速い回線」が来ておらず、「速度が遅い回線」のみが近くに来ていた場合は最大速度100Mbpsで提供されます。 その為、「最大速度が遅い100Mbpsの回線だから、速い回線に替えて欲しい」とお願いしても出来ない、という事になります。 ちなみにソフトバンク光を戸建て住宅で契約する場合の速度ですが、申込後に正確な最大速度が解りますので、気になる人は一度申し込みをして検討してください。 ソフトバンク光の戸建て住宅の工事内容について 上記のソフトバンク光の開通工事費の箇所でも少し書きましたが、ソフトバンク光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスです。 その為、ソフトバンク光を新規契約すると 「光回線」を自宅内へ引き込む開通工事が必要です。 しかし、特に戸建て住宅でソフトバンク光を契約する人は「どんな工事をされるのか」「建物に穴を開けられるのか」と工事内容について心配事があると思います。 そこでここからは、戸建にお住まいの人で心配であろう、ソフトバンク光の工事内容について解りやすくご紹介したいと思います。 新規契約では開通工事が必要な理由 上記でもご紹介したように、 ソフトバンク光は 「光回線」を使ってインターネットに接続します。 光回線を近くの電柱から建物へ繋げる工事 このインターネットに接続する為に使用される「光回線」は、ソフトバンク光を新規契約する 自宅の電柱まで来ています。 その為、 自宅の近くの電柱から「光回線」をまず繋げる工事が必要です。 そして、 電柱から建物と繋げた 「光回線」を自宅へ引き込む工事が必要となります。 ソフトバンク光を新規契約すると戸建住宅へ光回線を繋ぐ工事、そして繋いだ後に光回線を自宅へ入れる麹が必要なんですね。 工事内容その1|建物と光回線を繋げる工事 ソフトバンク光の開通工事は、 まずは 「光回線」を電柱から戸建住宅の建物へと繋ぐ工事が行われます。 この工事をしなければ先に進みませんよね。 建物へ光回線を繋ぐ工事 では、どのようにして「光回線」を電柱から建物へ繋げるのでしょうか? 建物に穴を空けて金具をビス止めする。 電柱から戸建住宅へ「光回線」を繋ぐ工事ですが、 建物の壁などに小さい穴を空けて 「引留金具」をビス止めします。 そして、建物の壁に装着された 「引留金具」を利用して「光回線」を電柱から繋げます。 この工事で電柱から建物へ「光回線」を繋ぐ工事が一旦終了です。 ソフトバンク光の開通工事は戸建住宅の建物に金具を取り付けて、電柱から光回線を繋ぐ工事が行われるんですね。 工事内容その2|光回線を自宅へ引き込む工事 上記のように、ソフトバンク光の工事内容はまず建物へ「光回線」を繋ぐ工事が必要です。 この工事が終了した後は 「光回線」を自宅へ引き込む工事が行われます。 建物の繋いだ「光回線」を自宅内へ引き込む工事 では、電柱から建物と繋がった「光回線」はどのようにして自宅内へ引き込まれるのでしょうか? エアコンダクトなどを利用して引き込まれる 戸建住宅の建物へ繋がった「光回線」は、 既に空いている穴(エアコンダクトなど)を利用して建物内へ引き込まれます。 その為、ソフトバンク光の工事の為に外壁に 室内まで貫通するような穴を空ける工事は基本的に行いません。 特に新築の戸建住宅の人は穴をなるべく空けたくないですよね。 基本的にソフトバンク光の開通工事の際、光回線を室内へ引き込む際はエアコンダクトを極力利用しているようですよ。 ソフトバンク光の戸建て限定の割引やキャンペーンはある? せっかく戸建て住宅でソフトバンク光を契約するのですから、戸建住宅限定の割引やキャンペーンなどはあるか気になりますよね。 残念ながらソフトバンク光は 戸建住宅限定の割引やキャンペーンは実施していません。 しかし、戸建住宅や集合住宅に関係なく、 正規代理店のキャンペーンサイトでソフトバンク光を申し込めば 代理店限定の現金キャッシュバックが貰えますし、SoftBankの携帯・スマホ契約者がソフトバンク光も契約すると 「おうち割 光セット」と呼ばれる割引が適用出来たりします。 戸建・集合住宅問わずお得なキャンペーン ソフトバンク光はソフトバンク公式サイトやソフトバンクショップ、家電量販店の店舗などでも契約申込が可能です。 しかし、 一番お得なソフトバンク光の申込方法は正規代理店の 株式会社NEXTが運営するキャンペーンサイトです。 キャッシュバックがあるお得なサイト 上記のキャンペーンサイトは、SoftBankが正式に ソフトバンク光の申込受付代行を許可している 株式会社NEXTという正規代理店が運営している キャンペーンサイトです。 このキャンペーンサイトからソフトバンク光の 新規契約をすると現金33,000円が正規代理店NEXT社から キャッシュバックされます。 また、フレッツ光からの 転用でも現金15,000円がキャッシュバックされます。 キャッシュバックの条件は戸建て住宅・集合住宅問わず、「ソフトバンク光をこのキャンペーンサイトから契約申込をする事」です。 それ以外に有料オプションに強制加入させられるような悪質な正規代理店ではありませんので、安心してソフトバンク光を申し込めるキャンペーンサイトです。 その他のキャンペーンやおうち割 光セットについては関連記事にてご確認ください。 戸建住宅も集合住宅もお得! 正規代理店のキャンペーンサイト ソフトバンク光は引っ越しに伴う戸建・マンション間の変更は可能か 今まで戸建住宅に住んでいた人がマンションへ引っ越しする事もあるでしょう。 その逆でマンションから戸建住宅へ引っ越しする場合もある事です。 このように住んでいた住宅のタイプが引っ越しによって変更になった場合、ソフトバンク光を「戸建タイプからマンションタイプへ」「マンションタイプから戸建タイプへ」変更する事は可能なのでしょうか? 戸建タイプからマンションタイプへ、その逆も契約変更は可能 ソフトバンク光を契約していた建物が引っ越しに伴い「戸建て」からマンションなどの「集合住宅」へ、その逆の「集合住宅」から「戸建て」へ建物タイプが変更になる場合もありますよね。 建物タイプが変わる引っ越しもある このような建物タイプが変更になる引っ越しの際、ソフトバンク光では 「タイプ変更」という手続きをすれば、解約せずに引き続き 引っ越し先でもソフトバンク光を継続契約が可能となります。 【関連記事】 ソフトバンク光を契約中の建物タイプが引っ越しによって変更になる場合は「タイプ変更」という手続きをすればいいんですね。 ソフトバンク光の戸建タイプを解約すると解約金(違約金)はいくら? ソフトバンク光の契約期間は契約する建物タイプが「戸建タイプ」「マンションタイプ」に関係なく 基本的には2年間(24ヶ月間)契約の自動更新です。 ソフトバンク光の契約が開始された 24ヶ月目に解約しても解約金(違約金)の支払いは不要です。 しかし、24ヶ月目以外の 契約期間中の解約には9,500円の解約金(違約金)の支払いが必要です。 解約金 2年契約自動更新 9,500円 出典: 戸建タイプであってもマンションタイプであってもソフトバンク光の解約金は9,500円です。 ソフトバンク光テレビは戸建て住宅限定のオプション 集合住宅のマンションの人は契約出来ないソフトバンク光の有料オプションがあります。 それは戸建て住宅限定で提供されている「ソフトバンク光テレビ」という有料オプションサービスです。 上記でもご紹介しましたが、ソフトバンク光は「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。 その 「光回線」を使ってテレビ番組が視聴できるようになるサービスが「ソフトバンク光テレビ」です。 この有料オプションサービス「ソフトバンク光テレビ」は 西日本エリアは戸建て住宅限定です。 東日本エリアは戸建て住宅と 光配線方式の集合住宅でのみ提供されています。 この「ソフトバンク光テレビ」は普通に地デジなどを視聴しているだけの人なら料金を払ってまで地デジを見る必要がないので契約する必要はないと思います。

次の

ソフトバンクエアーの契約について教えていただきたいのですが、現在一軒家にて...

ソフトバンク光 一軒家

ソフトバンク光の戸建て住宅の月額料金や初期費用について ソフトバンク光を契約すると当然ですがインターネットを利用する為の月額料金の支払いが必要になります。 また、ソフトバンク光の契約時には契約事務手数料などの初期費用の支払いも必要です。 そこで、まずはソフトバンク光を戸建て住宅で契約した場合の月額料金プラン、事務手数料などの初期費用、そしてなぜ集合住宅よりも戸建ての方が月額料金が高いのかをご紹介したいと思います。 戸建住宅プランの月額料金 ソフトバンク光を一軒家など戸建て住宅のプランで契約した場合の月額料金をご紹介します。 ソフトバンク光 月額料金 (2年自動更新プラン) 戸建住宅 一般的なプラン (1ギガ) 5,200円 (プロバイダ料込) 出典: 上記料金表のように、 ソフトバンク光の 一般的なプラン(最大通信速度1ギガ)の戸建て住宅の月額料金は 5,200円です。 この 「ファミリー・10ギガ」だと月額料金は 24ヶ月間(2年間)は月額5,200円・25ヶ月目から月額6,800円です。 ちなみに、NTTフレッツ光などの場合には月額料金とは別にプロバイダ料の支払いが必要です。 しかし、ソフトバンク光の場合には月額料金の中に プロバイダ料が含まれています。 戸建て住宅の契約時に必要な初期費用 上記ではソフトバンク光を戸建て住宅で契約した場合の月額料金についてご紹介しました。 しかし、ソフトバンク光に限らず全ての光回線のインターネット契約には「契約事務手数料」と「工事費」の初期費用も考慮しておく必要があります。 そこでソフトバンク光を戸建て住宅で契約する際に初期費用として必要な「契約事務手数料」と「工事費」を分けてご紹介したいと思います。 契約事務手数料について ソフトバンク光を契約する際には 「契約事務手数料」という初期費用の料金支払いが必要です。 契約事務手数料 3,000円 出典: 上記のように、 ソフトバンク光の 契約事務手数料は3,000円で初回のみ1度だけ請求されます。 「えっ?契約するのに3,000円も払うの!?」と思った人もいるかもしれませんが、携帯電話やスマホ、その他のインターネット回線を契約する際も契約時にほぼ3,000円程度の手数料の支払いが契約時に必要です。 決してソフトバンク光だけが請求している手数料ではありません。 ちたみに、ドコモ光やauひかりなども契約時に3,000円の手数料を取られます。 ソフトバンク光を契約する際には初期費用として戸建住宅・集合住宅に関係なく、契約事務手数料の3,000円が必要なんですね。 工事費について ソフトバンク光は 「光回線」を使った高速のインターネット接続サービスです。 ソフトバンク光を契約するとインターネットに接続する為に利用する 「光回線」を自宅内へ引き込む工事(開通工事)が必ず必要です。 この 工事費は契約者負担となっています。 工事費 新規契約の場合• 立会い工事が 必要な場合 24,000円• 立会い工事が 不要な場合 2,000円 フレッツ光からの 転用の場合 工事費不要 出典: 現在、NTTフレッツ光が未契約の場合は、新規契約となりますので 光回線を引き込む工事費として 24,000円の支払いが必要です。 (24回分割支払いの場合は月額1,000円) 工事業者が来ない(立ち会い工事が不要な)場合の工事費は2,000円ですが、そのようなケースはほとんどありませんので、ソフトバンク光の工事費は24,000円と考えていてよいでしょう。 しかし、 既に NTTフレッツ光を契約中の場合は、フレッツ光で利用している「光回線」をソフトバンク光でも利用する為に 工事費は不要です。 「ソフトバンク光は 集合住宅よりも 戸建て住宅の方が月額料金が 高い!」 確かに上記の口コミのように、 ソフトバンク光の 月額料金はマンションなどの集合住宅よりも一軒家などの 戸建て住宅の方が高いのは事実です。 ソフトバンク光 月額料金 (2年自動更新プラン) 戸建住宅 集合住宅 一般的なプラン (1ギガ) 5,200円 (プロバイダ料込み) 3,800円 (プロバイダ料込み) 出典: 上記でもご紹介しましたが、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約すると月額5,200円です。 しかし、集合住宅で契約すると月額3,800円です。 戸建て住宅の方が月額1,400円も高いですね。 ソフトバンク光に限らず 戸建て住宅の方が月額料金が高いですが、それには 理由があります。 戸建住宅は「光回線」を独占して利用している ソフトバンク光で利用する「光回線」は、 戸建て住宅の場合は直接引き込まれ 光回線を独占して利用出来ます。 一方、 集合住宅の場合は一度建物の共有部分にある機器に接続され 光回線を各部屋と共有しています。 このように戸建て住宅の方が高い理由は 「光回線」を独占して利用するためなのです。 ちなみに、戸建て住宅の方が高いですが「光回線」を独占して利用できるので、「光回線」を共有して利用する集合住宅よりも速度が安定しています。 詳しくは以下でご紹介します。 ソフトバンク光は戸建ての速度は遅い? インターネットを契約する前に重要視されているのは「速度」です。 速度が遅ければホームページの表示も遅いですし、動画は途中で途切れて見れたものではありませんからね。 そこでここからは、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約すると、インターネットの速度は速いのか遅いのか、速さについてご紹介したいと思います。 戸建て住宅の速度について ソフトバンク光を戸建て住宅で契約すると 「回線の種類」によって速度に違いがあります。 以下の表のように、ソフトバンク光のインターネット接続で利用される 「光回線」には様々な種類があります。 その 光回線の種類によって速さに大きな違いがあるのです。 エリア 回線種類 (回線タイプ) 下り最大速度 IPv6高速ハイブリッド 東日本 エリア ファミリー・ギガスピード 1Gbps 1000Mbps ファミリー・ハイスピード 1Gbps 1000Mbps ファミリー 100Mbps ファミリー・ライト 100Mbps 西日本 エリア ファミリー・スーパーハイスピード 1Gbps 1000Mbps ファミリー・ハイスピード 1Gbps 1000Mbps ファミリー 100Mbps ファミリー・ライト 100Mbps 出典: 東日本エリアの戸建て住宅にお住まいの人で 「ファミリー・ギガスピード」と「ファミリー・ハイスピード」という種類の回線なら 最大速度が1Gbpsです。 一方、 「ファミリー」と「ファミリー・ライト」という種類の回線なら 最大速度が100Mbpsと遅いです。 1Gbps=1000Mbpsです。 その為、1Gpbsとは100Mbpsの10倍の速さという事になります。 速度が違う回線の種類は選べるのか 上記でご紹介したように、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約する場合、 インターネットに接続する回線の種類によって速度に違いがある事がご理解頂けたと思います。 そこで疑問が1つ沸きますよね。 それは 速度が「遅い回線」よりも「速い回線」の 種類を選べるのか?という疑問です。 残念ながら 回線の種類を選ぶ事は出来ません。 回線種類は選べない 例えば、ソフトバンク光を契約する戸建て住宅の近くまで「速度が速い回線」が来ている場合は最大速度は1Gpbsで提供されます。 しかし、戸建て住宅の近くに「速度が速い回線」が来ておらず、「速度が遅い回線」のみが近くに来ていた場合は最大速度100Mbpsで提供されます。 その為、「最大速度が遅い100Mbpsの回線だから、速い回線に替えて欲しい」とお願いしても出来ない、という事になります。 ちなみにソフトバンク光を戸建て住宅で契約する場合の速度ですが、申込後に正確な最大速度が解りますので、気になる人は一度申し込みをして検討してください。 ソフトバンク光の戸建て住宅の工事内容について 上記のソフトバンク光の開通工事費の箇所でも少し書きましたが、ソフトバンク光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスです。 その為、ソフトバンク光を新規契約すると 「光回線」を自宅内へ引き込む開通工事が必要です。 しかし、特に戸建て住宅でソフトバンク光を契約する人は「どんな工事をされるのか」「建物に穴を開けられるのか」と工事内容について心配事があると思います。 そこでここからは、戸建にお住まいの人で心配であろう、ソフトバンク光の工事内容について解りやすくご紹介したいと思います。 新規契約では開通工事が必要な理由 上記でもご紹介したように、 ソフトバンク光は 「光回線」を使ってインターネットに接続します。 光回線を近くの電柱から建物へ繋げる工事 このインターネットに接続する為に使用される「光回線」は、ソフトバンク光を新規契約する 自宅の電柱まで来ています。 その為、 自宅の近くの電柱から「光回線」をまず繋げる工事が必要です。 そして、 電柱から建物と繋げた 「光回線」を自宅へ引き込む工事が必要となります。 ソフトバンク光を新規契約すると戸建住宅へ光回線を繋ぐ工事、そして繋いだ後に光回線を自宅へ入れる麹が必要なんですね。 工事内容その1|建物と光回線を繋げる工事 ソフトバンク光の開通工事は、 まずは 「光回線」を電柱から戸建住宅の建物へと繋ぐ工事が行われます。 この工事をしなければ先に進みませんよね。 建物へ光回線を繋ぐ工事 では、どのようにして「光回線」を電柱から建物へ繋げるのでしょうか? 建物に穴を空けて金具をビス止めする。 電柱から戸建住宅へ「光回線」を繋ぐ工事ですが、 建物の壁などに小さい穴を空けて 「引留金具」をビス止めします。 そして、建物の壁に装着された 「引留金具」を利用して「光回線」を電柱から繋げます。 この工事で電柱から建物へ「光回線」を繋ぐ工事が一旦終了です。 ソフトバンク光の開通工事は戸建住宅の建物に金具を取り付けて、電柱から光回線を繋ぐ工事が行われるんですね。 工事内容その2|光回線を自宅へ引き込む工事 上記のように、ソフトバンク光の工事内容はまず建物へ「光回線」を繋ぐ工事が必要です。 この工事が終了した後は 「光回線」を自宅へ引き込む工事が行われます。 建物の繋いだ「光回線」を自宅内へ引き込む工事 では、電柱から建物と繋がった「光回線」はどのようにして自宅内へ引き込まれるのでしょうか? エアコンダクトなどを利用して引き込まれる 戸建住宅の建物へ繋がった「光回線」は、 既に空いている穴(エアコンダクトなど)を利用して建物内へ引き込まれます。 その為、ソフトバンク光の工事の為に外壁に 室内まで貫通するような穴を空ける工事は基本的に行いません。 特に新築の戸建住宅の人は穴をなるべく空けたくないですよね。 基本的にソフトバンク光の開通工事の際、光回線を室内へ引き込む際はエアコンダクトを極力利用しているようですよ。 ソフトバンク光の戸建て限定の割引やキャンペーンはある? せっかく戸建て住宅でソフトバンク光を契約するのですから、戸建住宅限定の割引やキャンペーンなどはあるか気になりますよね。 残念ながらソフトバンク光は 戸建住宅限定の割引やキャンペーンは実施していません。 しかし、戸建住宅や集合住宅に関係なく、 正規代理店のキャンペーンサイトでソフトバンク光を申し込めば 代理店限定の現金キャッシュバックが貰えますし、SoftBankの携帯・スマホ契約者がソフトバンク光も契約すると 「おうち割 光セット」と呼ばれる割引が適用出来たりします。 戸建・集合住宅問わずお得なキャンペーン ソフトバンク光はソフトバンク公式サイトやソフトバンクショップ、家電量販店の店舗などでも契約申込が可能です。 しかし、 一番お得なソフトバンク光の申込方法は正規代理店の 株式会社NEXTが運営するキャンペーンサイトです。 キャッシュバックがあるお得なサイト 上記のキャンペーンサイトは、SoftBankが正式に ソフトバンク光の申込受付代行を許可している 株式会社NEXTという正規代理店が運営している キャンペーンサイトです。 このキャンペーンサイトからソフトバンク光の 新規契約をすると現金33,000円が正規代理店NEXT社から キャッシュバックされます。 また、フレッツ光からの 転用でも現金15,000円がキャッシュバックされます。 キャッシュバックの条件は戸建て住宅・集合住宅問わず、「ソフトバンク光をこのキャンペーンサイトから契約申込をする事」です。 それ以外に有料オプションに強制加入させられるような悪質な正規代理店ではありませんので、安心してソフトバンク光を申し込めるキャンペーンサイトです。 その他のキャンペーンやおうち割 光セットについては関連記事にてご確認ください。 戸建住宅も集合住宅もお得! 正規代理店のキャンペーンサイト ソフトバンク光は引っ越しに伴う戸建・マンション間の変更は可能か 今まで戸建住宅に住んでいた人がマンションへ引っ越しする事もあるでしょう。 その逆でマンションから戸建住宅へ引っ越しする場合もある事です。 このように住んでいた住宅のタイプが引っ越しによって変更になった場合、ソフトバンク光を「戸建タイプからマンションタイプへ」「マンションタイプから戸建タイプへ」変更する事は可能なのでしょうか? 戸建タイプからマンションタイプへ、その逆も契約変更は可能 ソフトバンク光を契約していた建物が引っ越しに伴い「戸建て」からマンションなどの「集合住宅」へ、その逆の「集合住宅」から「戸建て」へ建物タイプが変更になる場合もありますよね。 建物タイプが変わる引っ越しもある このような建物タイプが変更になる引っ越しの際、ソフトバンク光では 「タイプ変更」という手続きをすれば、解約せずに引き続き 引っ越し先でもソフトバンク光を継続契約が可能となります。 【関連記事】 ソフトバンク光を契約中の建物タイプが引っ越しによって変更になる場合は「タイプ変更」という手続きをすればいいんですね。 ソフトバンク光の戸建タイプを解約すると解約金(違約金)はいくら? ソフトバンク光の契約期間は契約する建物タイプが「戸建タイプ」「マンションタイプ」に関係なく 基本的には2年間(24ヶ月間)契約の自動更新です。 ソフトバンク光の契約が開始された 24ヶ月目に解約しても解約金(違約金)の支払いは不要です。 しかし、24ヶ月目以外の 契約期間中の解約には9,500円の解約金(違約金)の支払いが必要です。 解約金 2年契約自動更新 9,500円 出典: 戸建タイプであってもマンションタイプであってもソフトバンク光の解約金は9,500円です。 ソフトバンク光テレビは戸建て住宅限定のオプション 集合住宅のマンションの人は契約出来ないソフトバンク光の有料オプションがあります。 それは戸建て住宅限定で提供されている「ソフトバンク光テレビ」という有料オプションサービスです。 上記でもご紹介しましたが、ソフトバンク光は「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。 その 「光回線」を使ってテレビ番組が視聴できるようになるサービスが「ソフトバンク光テレビ」です。 この有料オプションサービス「ソフトバンク光テレビ」は 西日本エリアは戸建て住宅限定です。 東日本エリアは戸建て住宅と 光配線方式の集合住宅でのみ提供されています。 この「ソフトバンク光テレビ」は普通に地デジなどを視聴しているだけの人なら料金を払ってまで地デジを見る必要がないので契約する必要はないと思います。

次の

ソフトバンク光を戸建住宅で契約すると料金や速度は?工事内容や解約など戸建てについてまとめてみた!

ソフトバンク光 一軒家

スポンサーリンク テレビの位置を含めて家の中にコンセントは各部屋にいくつ必要?という考え方も大切。 nttフレッツで転用という手続きについても体験をご紹介しています。 この記事では、入居後すぐに、ネットもテレビも電話もすぐに使える環境を作るための体験からの情報を以下の内容でご紹介していこうと思います。 新築一戸建てテレビをすぐ見れる工夫と注意点とは? 新築一戸建てネットを活用するテレビ視聴方法をご紹介 新築一戸建てインターネット回線プロバイダ契約時のコツ体験記 新築一戸建てに住める環境は出来たのに、諸連絡やネットも使えない環境になるのは、正直つらいですよ。 準備を整えて、しっかり入居後すぐから使える用意をしておきましょう。 スポンサーリンク 新築一戸建てテレビをすぐ見れる工夫と注意点とは? 新築一戸建て引越し後すぐにテレビを見れる環境を作る方法は、非常に簡単。 新築一戸建て引越し後のテレビ視聴方法 アンテナ工事を完了させておく 基本的に、テレビアンテナ工事を完了させておけば、引越し当日には、 このように指定の配線をつなげれば、テレビを視聴できますので、コンセント管理はしっかりすぐ出せる状況にしておきましょう。 アンテナ工事をしていない方のためのテレビ視聴方法をご紹介していきます。 新築一戸建て引越し後のテレビ視聴方法 アンテナ工事をしない場合 アンテナ工事をしていない新築一戸建ての場合、そのままの状況では、画像のようなコンセントにつないでも、 テレビで地デジは見れません。 この場合は、ひかりTV、ケーブルテレビなどとの契約が必要になります。 つまりは、 ネット回線を利用したテレビ視聴方法ということになります。 様々なネット回線がありますが、私が今なお利用しているサービスでオススメできる根拠のある方法をご紹介していきます。 新築一戸建てネットを活用するテレビ視聴方法をご紹介 インターネット回線契約を行う事は、新築一戸建ての方なら、多くの方が導入検討すると思います。 でも、多くの方は、まだこんな想像をしています。 インターネット回線契約で、NTT契約をせずにテレビは見れない インターネット契約をしてもテレビのアンテナ工事はしなければいけない こうした考え方はもう必要ない時代なのです。 インターネット回線は、ネットしか使えないのではなく、延長のサービスを利用すれば、地デジも視聴可能です。 ここで重要なのは、 「地デジも」可能なこと。 私がこのあとにご紹介していく方法なら、• ADSLとは違い、長期利用における値引きを受ける事ができる• 回線が遅いという不満や使いにくさを感じにくい• Wi-fi等の回線速度で、スマホやPCを同時使用しても不満を感じることが少ない こうした生活における不便を感じることが、ADSLに比較してかなり違いを実感できました。 インターネット光回線でひかりTVで地デジを見るための費用は? まずはNHK視聴料金をご紹介していきましょう。 地デジを見る契約(口座振替・クレジット払い) 月額支払い 2ヶ月毎の支払い 6ヶ月毎の支払い 12ヶ月毎の支払い 地デジのみの視聴料金です 金額 1260円 2520円 7190円 13990円 1年毎でも毎月1165円 このような費用となります。 続いて、ひかりTVを視聴料金で見ていきましょう。 2700円マイナス1165円=1535円 この金額でスカパーのチャンネル契約になっている大半の物は見れます。 国内ドラマ、韓流ドラマ、海外ドラマ• 映画(洋画、邦画)• 音楽番組(ライブ、ランキング、AKB等の特別番組等)• 子供向けチャンネル(ディズニーチャンネル、アニマックス、キッズステーション等) これだけのサービスを1535円で見られるので、わたし的には、子供のためのテレビ視聴にもかなり重宝しています。 インターネット回線を上手に活用して、地デジで見るチャンネルが少ないのに1165円を払い続ける支払い方法より、新築一戸建てという環境ならではの自宅での快適生活を手に入れませんか? では、この環境を手に入れるためにも、まずはネット回線の契約について注意しておくべきことがありますので、ご紹介していきます。 新築一戸建てインターネットプロバイダ契約時のコツ体験記 プロバイダを選ぶコツをご紹介していきます。 新築一戸建てインターネットプロバイダ契約申請の時期は? まずは、契約していく時期ですが、おおよそ1ヶ月位前に連絡を済ませておきましょう。 新築引渡し日がほぼほぼ確定してくるのもこの時期です。 工期にズレがなさそうか?• 引越準備の外部への連絡を始めていいか?• 賃貸契約解約申請手続きを済ませる時期 こうした時に、インターネット回線工事の依頼を書けるようにします。 次に、プロバイダ契約についてのポイントを紹介します。 新築一戸建てインターネットプロバイダ契約方法のコツとは? インターネットは、光回線を用いて、快適であっても、DNSエラーという表記が出る事があります。 これは、プロバイダとの接続がうまく行かない場合に、接続エラーになります。 私の体験でも、このDNSエラーが頻発したために、プロバイダを解約した事があります。 ですから、プ ロバイダ契約は、1ヶ月無料程度で使い込んで、エラーが出るかを確認する。 この点は、十分にこのページを見てくれているあなたには、注意点としてご紹介していこうと思います。 長期契約の必要なプロバイダ契約をしてしまい、違約金を心配しながら、ストレスを味わいながら、実際は使えていない環境だった。 こんな体験になる可能性のある事はおすすめしません。 私がオススメする新築一戸建てインターネット回線契約を探すオススメ方法 私がオススメする新築一戸建てインターネット回線のいい会社を探す方法をご紹介していこうと思います。 最後に、携帯やスマホのサービスを活用したお得なテレビを見れる環境を作れる為のプロバイダーをご紹介しています。 ・家族がみんなソフトバンクユーザーである方 ・新築一戸建てのプロバイダもテレビもどうせならまとめて考えたい しかし、 私が新築一戸建て購入後に光セット割引を携帯電話会社ごとの比較をしていくと確実にau光セットの方がお得でした。 根拠は?• auだけがスマホの料金設定を問わず割引額が一定であったこと• auの割引率が2年間で比較しても一番高かったこと• auの割引は2年以降の継続でも一番安かった この3点から、新築一戸建て生活に切り替えてからのプランはauで決めました。 こうした 今ある環境を活用したインターネット環境で地デジやBSというサービスを活用した方がお得です。 でも、ひかりTVよりも番組もチャンネル数が多いのが、U-NEXTであることを最近知りました。 新築一戸建てというテレビ環境だからこそ、 ・ネット環境は、最後はより長く節約できるプランを選ぶ。 ですが、 ・テレビ視聴は、「より使いやすくて安く済む環境」を選ぶ この2つを大切に新調に選んでみてください。 あなたの新築一戸建てインターネットとテレビという両者が快適な生活の一部になってくれるように願っています。 もし、ハウスメーカーや工務店からの良く分からない紹介を受けて不安がある こんな体験がありましたら、お気軽に私にご相談ください。 しっかり、ネット回線からあなたの欲しい環境に最適なプランもご紹介していきます。 私たちが購入した一条工務店の評判という視点では、下のページで各記事をまとめてご紹介しています。 では、この記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

次の