エース バーン 種族 値。 エースバーン

「ポケモンソードシールド」エースバーンの育成論、第二の専用技で差をつけろ

エース バーン 種族 値

どれも野良のポケモンを捕まえて育成しておけば問題なく突破できる。 【重要】ストーリー攻略上のおすすめ 上記はあくまでストーリーをスムーズに攻略するうえでのおすすめ評価。 対戦環境の活躍を含めた評価は一切していない。 ポケモンによって相性が変わる場合があります。 それに合わせて、不利な部分をカバーできるように、ポケモンを捕まえていこう。 御三家厳選はするべき? 性別はメスがおすすめ! タマゴを産める ストーリーだけを進めることを考えるとオスでもメスでも問題ないが、後々の厳選でタマゴを産むことを考えると、 最初の御三家はメスがおすすめ。 オスの場合はメタモンが必要になってしまう。 メスが出る確率は低い 過去作品の御三家は、どれもメスが出る確率が低かった。 おそらく今作も同じ仕様なので、メスを出すには粘る必要があるだろう。 だいたい 10回の厳選で1体メスが出るくらいの確率となっている。 性格はミントで変えられる 今作品から「ひかえめミント」などのミントというアイテムが登場した。 これをポケモンに使うと、名称に対応した ステータスの性格補正に変更できる。 後々ミントで性格を変えるというのであれば性格にこだわる必要がない。 御三家のキョダイマックスが登場 最初に選択した御三家が対象 鎧の孤島で第八世代の御三家がキョダイマックスできるようになる。 最初に選んだ御三家がキョダイマックスできるため、御三家選びは慎重に行うのが良い オススメはメッソンorヒバニー 序盤の攻略はもちろんだが、ランクマッチ対戦も加味するとメッソンかヒバニーがオススメ。 サルノリを選んでも攻略に問題は無いので、自分の好きなポケモンを選ぶのが良い。 キョダイマックス御三家の詳細.

次の

【ポケモン剣盾】エースバーンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

エース バーン 種族 値

図鑑説明 通常 を して ほのおの を つくる。 するどいで あいてを もやす。 ちょちゅう 通常 こうしゅに すぐれ おうえんされると さらに もえるが に はしり を まねくことも ある。 ちょちゅう 概要• ルの一体・の最終形態。 第代の以来、の最終形態としては20年ぶりとなる単である。 発祥のであるがとなっており、やんちゃなといった趣の時代に対し、精悍なとでもいうべき姿に成長した。 高速アタッの配分をしており、特攻が僅かとかなり駄を抑えている。 以前にも同じで攻撃が未満だったのがあるが素さはあちらよりも一回り高く、・特殊の違いを除けばよりアタッとして洗練したになっているといえる。 ただし多くの炎が覚える地面・岩技は特殊かつ低威のマッドくらいしかない。 で弱点を突けないは 地面、、炎、飛行、、と較的寄りなが多いが、これは後述のを見越した調整の側面もあるのかもしれない。 2種類のを習得する。 1つはからした際に習得できる「かえん」。 威・命中率・火傷のありの炎技で、この威帯としては破格の性。 単という制約があるからこそ許された性というべきか。 命中率がより低いものの・非接触というは大きい。 2つは補助技「コート」。 敵味方の場の効果を入れ替える効果を持ち、を押し付けたりおいかぜや防御の横取りといった立ち回りが出来る。 よりとの連動で解禁された「」は自信のが技と同じになるというへんげんじざいと全く同じ効果を持つ。 中にもが発動する為高威の技も全て一致補正が付く。 当然ながら炎以外のになればアタッの敵である火傷を効化できなくなるため、不意のおにびには注意したい。 また、変化先のの耐性を活かすという用途でも習得技の都合上本来の弱点であるに耐性を持てないというが存在する。 高速アタッのへんげんじざいの強さはが明した通りで、解禁後での採用率は急上昇し々にの一に君臨。 でに入るほどの間最大速を見せつけ、では「エースバーン」が解禁初日でトド入りする等大いに盛り上がりを見せた。 当初は技範囲が程広くなく癖が強い点が懸念として挙げられていたが、その辺はやいのちのたま等による補強で十分が可。 また、特攻が止まりかつ第8世代にはがい為特殊アタッ向きとは言い難いが、はのとする事で重なとなり得る為などへの対策で採用が検討される例も見受けられる。 のは用で、状況に応じて守備にも攻撃にも参加する選手の事をす。 正にがのエースバーンにはもってこいの名と言えるだろう。 キョダイマックス• エションパス「の孤」にて解禁される。 がのような形状になり、自身の背丈をえるほどにした。 火炎はエースバーンの顔のようなものが付いた「キョ火炎」に変化し、その上に所謂の姿勢でエースバーンが乗っかっている。 この状態で繰り出される炎技は、屈の脚でキョ火炎を蹴り飛ばし敵のを貫通してを与える「キョュウ」という技に変化する。 キョ火炎にはエースバーンの闘志が乗り移り、宛ら意志を持っているかのように敵を追い詰める。 関連動画 関連商品 まだありません 関連項目• エースバーン.

次の

【ポケモン剣盾】エースバーンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

エース バーン 種族 値

こんにちは、ワジです。 さて、今回はタイトルの通り、アタッカー型のエースバーンについて紹介していきたいと思います。 エースバーンの特徴と性能 種族値:H80- A116-B75-C65-D75- S119 特性:もうか (隠れ特性は未解禁ですが「リベロ」) 今作8世代の炎御三家ポケモン。 種族値的にはASが高く他が低いので典型的な高速アタッカーですね。 隠れ特性はまだ解禁されていませんが、「リベロ」がゲッコウガの隠れ特性「へんげんじざい」と同じ仕様になっており、こちらが解禁されると採用率が高くなりそうな気がします。 エースバーンの強い点 ・現環境においてはS119がかなり速い 現環境でS119を上回る素早さを持つメジャーなポケモンは「ドラパルト」と「インテレオン」くらいです。 そのうえ、元々タイプ相性的にもこの2匹には不利ですから、素早さが抜かれていても、そもそも対面で勝負が出来ないという点で意識をあまりする必要がありません。 加えて、素早さに性格補正を掛けなくても、S最速100族(リザードン)を上回ることが出来ます。 そのため、攻撃に性格補正を掛けたうえでS100族近辺のポケモン(サザンドラ、ミミッキュ、リザードン、ウインディなど現在激戦区)を上から叩くことが可能です。 ・攻撃技が優秀 メインウェポンになる「かえんボール」は命中率こそ90%と不安はあるものの、 威力は「120」とフレアドライブと同等で、反動なしで打ち込むことが可能な専用技です。 サブウェポンには、遺伝技にて「とびひざけり」を習得可能です。 炎ストッパーで猛威を振るっている「バンギラス」などに4倍弱点をお見舞いすることが出来るため、技範囲の補完が取れています。 また、対面操作が可能な「とんぼかえり」も習得可能ですので、先発で出して様子見し、とんぼかえりから受けポケモンへと展開する動きも可能です。 エースバーンの弱点 ・メインウェポンの命中不安 メインウェポンになる「かえんボール」は威力は申し分ないものの、命中率が90%と不安が残る数値です。 それを嫌って「フレアドライブ」を採用することも候補に上がってきます。 ・こだわりスカーフに弱い 抜群技を撃たれると不一致技でも基本的には死にます。 そのため、メジャーなスカーフ持ちでないポケモンの攻撃で不意に落とされるケースがあります。 様子見のとんぼかえりの安定択を裏目にされる可能性があるので気を付けましょう。 ・ダイマックスに弱い 有利対面を取ってもダイマックスで覆されてしまうのが第8世代です。 そのため、高速低耐久アタッカーは相手がダイマックスを切ってくるかの択を見極めるのが難しいです。 こちらもダイマックスを切るか、様子見でとんぼかえりをして相手のダイマックスをうまく流してましょう。 鉢巻型エースバーンの型紹介 今回は、エースバーンの強みをいまのところ最大限生かせると考えている「鉢巻型のエースバーン」を紹介していきます。 技構成はこの4つで完結しています。 メイン炎技の「 かえんボール」、補完の取れたサブウェポン「 とびひざげり」、振り対面で上から通す「 とんぼかえり」、先制技の「 ふいうち」の4つです。 ・与ダメ ~かえんボール~ B特化アーマーガア:106. 3%~ (確定1発) B4サザンドラ:50. 2~59. 2% (確定2発) H4ミミッキュ:141. 9~167. 9% (もうか発動で、ダイマックスミミッキュ確定) 抜群を突ければB特化アーマーガアクラスでも確定。 半減でもサザンドラクラスの耐久相手に確2が取れるので、交換先にも大きな負荷を掛けることが出来ますね。 「もうか」が発動すれば等倍相手は全員吹き飛びます。 ダイマックスして耐久を確保すれば、もうかを発動させるようにHPを調整することは比較的容易です。 ダイマックスして「ダイバーン」を使い晴れ状態にすることで、激流インテレオンのような使い方もできるというわけですね。 ~とびひざげり~ H252バンギラス:200. 9%~ (ダイマックス状態でも確定1発) H252ミトム:68. 1~80. 2% 数値の王、ダイマックスバンギを上から縛ることが出来ます。 こちらがダイマックスしてしまうと倒せなくなる点に注意です。 ~ふいうち~ 無振りドラパルト:93. 9~110. 9% (乱数62. 5%) ドラパルトにも対面で大きな圧力をかけることが出来ます。 ハチマキを持つ利点の一つですね。 4~65. 9~37. 4% (陽気なら確定耐え) A252ミミッキュ(いのちのたま)ダイホロウ:85. 8~100. 6% (最高乱数以外耐え) C252サザンドラ りゅうせいぐん:87. 7~104. 5% (低乱数25%で落ち) C252トゲキッス ダイジェット:85. 8~101. 2% (こちらもダイマックスすれば打ち合い可能) 最低限の耐久は持ち合わせています。 炎タイプなのでフェアリー技半減なのがうれしいですね。 このおかげでミミッキュとの対面性能も確保できます。 運用方法 主に抜きエースとして運用します。 7世代の「スカーフランドロス」「バシャーモ」「メガルカリオ」「ゲッコウガ」のような感じです。 基本的には先発で繰り出し不利対面なら「とんぼかえり」で対面操作、または後発でとんぼルチェンから無償後輪させていきます。 サイクル内で相手のポケモンを削っていき、エースバーンの「かえんボール」圏内に押し込み一貫性を取りに行きましょう。 ダイマックスをすれば基本的に攻撃を一発耐えられるので、うまく「もうか」を発動させて火力の底上げを狙うこともあります。 相手の想定以上の火力を繰り出せるようになるので、意外とダイマックスと相性がいいです。 相性のいい味方 ・アーマーガア エースバーンの苦手な地面技を透かせて、後攻とんぼかえりで、エースバーンを繰り出せます。 ・ミトム 水タイプに強い水タイプですね。 特性「浮遊」で地面技を透かせますが、主流の地面ポケモンである「ドリュウズ」には特性かたやぶりで地震の一貫を作られてしまう点に注意です。 エースバーンと組ませるのであれば耐久ベースのロトムにすると繰り出し性能が高く扱いやすいでしょう。 HB型のクッションミトムの記事を書いていますので、よければこちらも参考にしてください。 おわりに いかがでしたでしょうか?今回は「エースバーン」について考察してきました。 素早さラインの低い現環境ではかなり扱いやすい炎アタッカーになっているので皆さんもぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?.

次の