大相撲 宇良 近況。 宇良の近況【平成30年11月場所】の戦績まとめ!

宇良、また右膝負傷、病院で検査へ…朝青龍のおい豊昇龍「謝りたい」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

大相撲 宇良 近況

大相撲では体が大きい力士、外国人力士、イケメンの力士、力強い力士など人気がある力士は様々な特徴を持っていますが、そんな中でも根強い人気があるのが小兵と呼ばれる、力士の中では体は小さいのに大きな力士に打ち勝っていくタイプの力士です。 何となく最近は小兵の力士も増えてきたイメージです。 少し前だと技のデパートと呼ばれ現在はNHKの中継で解説を務める舞の海が有名ですよね。 そんなタイプで人気だった宇良は一時前頭四枚目まで上がりましたが、少し相撲を見ていなかった間にいつの間にか名前を聞かなくなっていたな。 と思う人も少なくないのではないでしょうか? 名前を聞かなくなった宇良はなぜ幕内や十両からいなくなってしまったのでしょうか?現在の成績などについて紹介していきたいと思います。 Sponsored Link 宇良はどうして幕内から消えた? 小兵として注目され活躍していた宇良はなぜ幕内から姿を消したのでしょうか?ずっと相撲が好きで注目していた人は覚えている人も多いかもしれませんね。 実は宇良は幕内の取り組みの中で、けがをしてしまい休場を余儀なくされました。 大相撲は激しい格闘技なのでけがは付き物なのですが、土俵を落ちる時の体制が悪かったのかかなり大きなけがとなってしまいました。 その時の取り組みの相手が、2018年九州場所で初めて幕内最高優勝を飾った貴景勝でした。 二人は昔からの知り合いだったようでお互いに複雑な心境だったかもしれませんね。 実は宇良がけがをした取り組みの後貴景勝も少し調子を崩してなかなか勝てない日が続きましたので、もしかすると精神的なダメージや何か迷いに繋がるものがあったかもしれません。 確かに相撲の取り組みの中とはいえ、相手に大怪我をさせてしまうのはよほど悪い心の持ち主でわざとやる人でもなければ、落ち込んでしまいますよね。 Sponsored Link 前十字靭帯断裂で長期休場 2017年の秋場所2日目の取り組みで、宇良はけがをしました。 当時は自身最高位の西前頭4枚目でその日は貴景勝との取り組みでした。 立ち合いから貴景勝の強い押し込みに土俵際まで追い詰められてしまい、体勢を崩しても何とか右足一本でこらえようとした時に、たぶん力が変な向きにかかってしまって膝から崩れるように倒れてしまいました。 その後は土俵に上ることができず車いすで運ばれています。 痛々しい姿で退場していってしまった宇良は、元々痛めていて古傷だった右膝の靱帯損傷で休場となりましたが、その後精密検査で靱帯断裂している事が明確になりました。 スポーツ選手。 特に大相撲の力士にとっては生命線となる下半身要の膝の大けが。 通常であれば引退も考えないといけないような状態だとは思うのですが、宇良は様々な手段を模索し試行錯誤しながら復帰への道を探ったんですね。 元々、足取りなどを得意としていてどっしりと構えたりガツンとぶつかるというよりも、機動力と比較的奇抜な動きで相手をほんろうするような宇良の取り組みにも、膝はとても重要になります。 宇良の現在の成績は? 宇良はその後、2017年11月に手術をし休場6場所で1年間にも及ぶ苦しいリハビリにも何とか耐え抜き、2018年の9月に秋場所で復帰しました。 休場が続くと段位が落ちてしまう大相撲で、宇良は自身最高位の前頭4枚目から十両、幕下、三段目と落ち、三段目も91枚目まで落ちてしまいました。 大体200人以上に追い抜かれてしまったことになります。 正直、自分だったらどうかな?と考えた時におそらく1年も休場してまた三段目からという事になると、たぶん諦めてしまうのではないかなと思いますが、精神力が強いんですね。 そんな一言で済ませてはいけないのかもしれませんが。 復帰した秋場所では6勝1敗で11月の九州場所では三段目の33枚目まで戻り、その九州場所ではなんと全勝で三段目優勝を果たしました。 当初は、雰囲気を味わってこいと勝ち負けは気にせずに送り出した親方もびっくりしたでしょうね。 心なしか、休場前よりも体が大きくなっていた気がするので、もしかするとリハビリ中の厳しいトレーニングの成果が結果につながっているかもしれません。 この成績によって、2019年の初場所では幕下まで上がるかもしくは三段目でも1桁くらいまでいくと思います。 まだ先は長いかもしれませんが、今の調子だと2019年中に十両や幕内としてNHKの地上波の方の中継に宇良が出場するかもしれませんね。 大相撲にもいろんな取り口の力士はいますが、宇良はたすき反りなどかなり多彩な技と独特の動きで希少な力士の一人だと思いますので、何とか上位まで復帰してほしいです。 Sponsored Link.

次の

宇良じん帯断裂で復帰時期はいつ?番付はどこまで落ちてしまうのか!

大相撲 宇良 近況

元幕内で右膝前十字じん帯断裂から復帰した西序二段106枚目の宇良(27=木瀬部屋)がストレート給金を果たした。 立ち合いで鋭く当たり、すぐに前に出て西序二段101枚目の昴輝(16=湊部屋)を押し出し。 「一発いい形で当たれて飛ばせるかと思ったけど、しっかり追撃というか落ち着いてついていけた」と力強い勝利だった。 5場所ぶりの土俵とあって、3番相撲までは緊張が続いていたが、この日は「なんか分からないが今日は緊張しなかった。 勝ち越しがかかっているのに。 慣れてきたのか落ち着いていた」と平常心で相撲を取り切れた。 序二段まで番付が下がっても、勝ち越しは喜ばしいこと。 「ここから上がっていけるんだなと。 スタートを切ったということですかね。 これまで(番付が)落ちっぱなしだったので、上がれるのはうれしいですね」と自然と顔がほころんだ。 順調な滑り出しで、残りは3番。 「ここから勝った分、番付が上がるから力が入りますね」という。 その中で楽しみにしているのは同じ序二段の弟弟子の奮闘だ。 今年春場所で初土俵を踏んだ木瀬ノ海(18)が同じく連勝を続けている。 そっちの方が気になる」と話し、「これでプレッシャーをかけられる」笑った。 その木瀬ノ海は宇良の9番後に土俵に上がり、土俵際まで攻めたところでもろ差しを許して後退したが、逆転の小手投げで勝ち越しを決めた。 宇良と同じく白星を4つ重ね、「優勝決定戦で当たれれば。 やるとしたら楽しみ」と意欲を示した。 宇良の復活は、若手力士にも相乗効果を及ぼしている。

次の

宇良【大相撲】初場所で序二段優勝!番付とケガの状態・近況は?

大相撲 宇良 近況

大相撲では体が大きい力士、外国人力士、イケメンの力士、力強い力士など人気がある力士は様々な特徴を持っていますが、そんな中でも根強い人気があるのが小兵と呼ばれる、力士の中では体は小さいのに大きな力士に打ち勝っていくタイプの力士です。 何となく最近は小兵の力士も増えてきたイメージです。 少し前だと技のデパートと呼ばれ現在はNHKの中継で解説を務める舞の海が有名ですよね。 そんなタイプで人気だった宇良は一時前頭四枚目まで上がりましたが、少し相撲を見ていなかった間にいつの間にか名前を聞かなくなっていたな。 と思う人も少なくないのではないでしょうか? 名前を聞かなくなった宇良はなぜ幕内や十両からいなくなってしまったのでしょうか?現在の成績などについて紹介していきたいと思います。 Sponsored Link 宇良はどうして幕内から消えた? 小兵として注目され活躍していた宇良はなぜ幕内から姿を消したのでしょうか?ずっと相撲が好きで注目していた人は覚えている人も多いかもしれませんね。 実は宇良は幕内の取り組みの中で、けがをしてしまい休場を余儀なくされました。 大相撲は激しい格闘技なのでけがは付き物なのですが、土俵を落ちる時の体制が悪かったのかかなり大きなけがとなってしまいました。 その時の取り組みの相手が、2018年九州場所で初めて幕内最高優勝を飾った貴景勝でした。 二人は昔からの知り合いだったようでお互いに複雑な心境だったかもしれませんね。 実は宇良がけがをした取り組みの後貴景勝も少し調子を崩してなかなか勝てない日が続きましたので、もしかすると精神的なダメージや何か迷いに繋がるものがあったかもしれません。 確かに相撲の取り組みの中とはいえ、相手に大怪我をさせてしまうのはよほど悪い心の持ち主でわざとやる人でもなければ、落ち込んでしまいますよね。 Sponsored Link 前十字靭帯断裂で長期休場 2017年の秋場所2日目の取り組みで、宇良はけがをしました。 当時は自身最高位の西前頭4枚目でその日は貴景勝との取り組みでした。 立ち合いから貴景勝の強い押し込みに土俵際まで追い詰められてしまい、体勢を崩しても何とか右足一本でこらえようとした時に、たぶん力が変な向きにかかってしまって膝から崩れるように倒れてしまいました。 その後は土俵に上ることができず車いすで運ばれています。 痛々しい姿で退場していってしまった宇良は、元々痛めていて古傷だった右膝の靱帯損傷で休場となりましたが、その後精密検査で靱帯断裂している事が明確になりました。 スポーツ選手。 特に大相撲の力士にとっては生命線となる下半身要の膝の大けが。 通常であれば引退も考えないといけないような状態だとは思うのですが、宇良は様々な手段を模索し試行錯誤しながら復帰への道を探ったんですね。 元々、足取りなどを得意としていてどっしりと構えたりガツンとぶつかるというよりも、機動力と比較的奇抜な動きで相手をほんろうするような宇良の取り組みにも、膝はとても重要になります。 宇良の現在の成績は? 宇良はその後、2017年11月に手術をし休場6場所で1年間にも及ぶ苦しいリハビリにも何とか耐え抜き、2018年の9月に秋場所で復帰しました。 休場が続くと段位が落ちてしまう大相撲で、宇良は自身最高位の前頭4枚目から十両、幕下、三段目と落ち、三段目も91枚目まで落ちてしまいました。 大体200人以上に追い抜かれてしまったことになります。 正直、自分だったらどうかな?と考えた時におそらく1年も休場してまた三段目からという事になると、たぶん諦めてしまうのではないかなと思いますが、精神力が強いんですね。 そんな一言で済ませてはいけないのかもしれませんが。 復帰した秋場所では6勝1敗で11月の九州場所では三段目の33枚目まで戻り、その九州場所ではなんと全勝で三段目優勝を果たしました。 当初は、雰囲気を味わってこいと勝ち負けは気にせずに送り出した親方もびっくりしたでしょうね。 心なしか、休場前よりも体が大きくなっていた気がするので、もしかするとリハビリ中の厳しいトレーニングの成果が結果につながっているかもしれません。 この成績によって、2019年の初場所では幕下まで上がるかもしくは三段目でも1桁くらいまでいくと思います。 まだ先は長いかもしれませんが、今の調子だと2019年中に十両や幕内としてNHKの地上波の方の中継に宇良が出場するかもしれませんね。 大相撲にもいろんな取り口の力士はいますが、宇良はたすき反りなどかなり多彩な技と独特の動きで希少な力士の一人だと思いますので、何とか上位まで復帰してほしいです。 Sponsored Link.

次の