アフィリエイト ドメイン おすすめ。 アフィリエイトサイトのおすすめドメイン3選!【初心者は注意】|作業ロケット

アフィリエイト教材(初心者~中級者向け)おすすめランキング10選

アフィリエイト ドメイン おすすめ

ブログを作るのに ドメイン名考えてるんだけど決められない…• 失敗したくないし、 おすすめの決め方があれば知りたい! …と、こんな疑問・要望をお持ちのあなたにズバリ回答します。 結論から言えば 以下ツイートにあるポイントを守って決めることをおすすめします。 【ドメイン選びのポイント】 🙅避けるべきドメイン ・「日本語. com」みたいな日本語ドメイン ・「. es」「. ブログ月収は50万~100万ほど。 色々とドメインを取得しブログを作っては失敗を繰り返してきました…。 で、その結果「やっぱドメインの決め方はこうだな!」と思ったのが、上記ツイートです。 この記事では上記ツイートを深掘りして解説すると共に、さらに 「稼げるブログの作り方」も解説します! これを読めばドメインの選び方の悩みは解消しますので、ぜひ最後までお読みください。 結論:日本語ドメインはおすすめしない というわけで結論は 「日本語ドメインはおすすめしない」です。 あとは個人的には、日本語ドメインサイトはアフィリエイトサイトのイメージがあって、売り込み臭が強すぎる感じがします。 ちなみに僕は 今まで日本語ドメインは使ったことはありません。 es(スペイン)、. fr(フランス)などの 「海外ドメイン」を使わないこと。 理由は、GoogleのSEO担当者であるマット・カッツ氏が 「本来の意図と違うドメインの利用の仕方はやめておくのがいい」と言ってるから。 指名検索を増やせる(なかのの、とブログ名を検索してもらいやすくする)• ドメイン名を 直接アドレスバーに打ち込んでアクセスできる(ダイレクトにブログに来てもらえる) …というメリットがあります。 ドメインの 信頼性UPにもブランディングにもなりますので、僕の管理するブログやサイトは基本これです。 おすすめはズバリ4つで、 「. com」、「. net」、「. jp」、「. org」です。 これらはよく目にするドメインの代表格。 実際、世界のドメインのシェア率を見ると、 「. com」、「. net」、「. org」の3つだけで全体の8割以上を占めてます。 com」は飛び抜けていて、これだけで全体の72%です。 あとは日本国内のサイト・ブログなら「. jp」が定番中の定番。 よく目にする=違和感がない=信頼性が高いということです。 へたに「. xyz」などを選ぶとドメイン名を見たユーザーが「あれ?このブログ大丈夫かな?怪しいな」みたいに違和感を持たれる…かも。 日本人はアルファベット小文字に馴染みがないので、10文字以上あると 「なんて読むんだ…えぇと…」みたいに 読むのに一苦労で、覚えてもらいづらいです。 そこでギリギリ認識できるくらいの、10文字以内に収めるのがおすすめ。 ブログを初めてやる人はついお金を気にして「ドメインも安い方がいいや!」とキャンペーンで安くなっているドメインを適当に選んでしまいがち。 ですがこれ、長い目で見た時に費用がかえってかさばる可能性があります。 まず、ドメインには 取得費と更新費の2つが存在します。 取得費:一番最初に取得するときにかかるお金のことを言います。 更新費:ドメインの有効期限は1年。 更新する時にお金がかかりますが、この費用のことを言います。 com 980円 1,480円. net 1,160円 1,480円. org 1,199円 1,680円. pw 99円 2,980円. com」と「. なぜなら、多くのブロガーやアフィリエイターが使ってるのはこの3つのどれかだから。 また、選択肢にないものはリプ欄で教えてください。 ご回答&拡散にご協力いただけると幸いです。 この記事はヤバイです。 家でダラダラしかしない私が、ブログ始めちゃうキッカケになった記事です。 ここ見ながらやったら簡単にブログ作れた。 昨日決めて今日スタートラインに立てた。 いよいよ明日スタートだ から — チョーバ 中古買取屋 北海道北見市 reloopkitami WordPress初心者のわたしでも設定できました。

次の

「アフィリエイト向け」独自ドメインの選び方とおすすめのドメイン業者を紹介

アフィリエイト ドメイン おすすめ

ユーザーは検索結果の記事タイトルだけを見てるわけじゃありません。 ブログのドメインもチェックするときがあります。 ブログのドメイン名が、自分が得たい情報に関する名前だった場合。 その記事はクリックされやすくなります。 そう考えると、ブログの方向性と関連性のあるドメインのほうがいいですよね。 自分の名前・ニックネームに関する「名前」 「自分」という存在をブランディングしたい方にオススメ。 自分の名前をドメイン名にすれば、それは多くのページで自分の名前のURLが露出されるということ。 結果的にそれは自分をブランド化することに繋がるわけです。 「指名検索」に繋がるわけですね。 何かに特化するブログというより、自分の考えを情報発信する人には向いているでしょう。 アフィリエイトのドメインで最適な形式は? 次にドメイン名の形式について。 ここで形式というのは• 日本語• ローマ字• 英数字 どれがいいのかということです。 結論から言うと、どれでもOKです。 昔は日本語ドメインを使ったほうが上位表示しやすいと言われていました。 そのため日本語ドメインを推奨しているサイトが多かったように思います。 日本語ドメインのほうがどんなブログか一瞬で判別できるし、注目を引きやすいし、親近感も与えやすい、というメリットがあります。 でも今は日本語ドメインにそんなに力はないと言われているようです。 僕もドメインの形式はそれほどこだわる必要はないと思います。 それでも悩んでしまうという方は「ローマ字」や「英数字」にするのが無難ですね。 それもなるべく、短く、わかりやすいドメインで。

次の

アフィリエイトのドメイン名のオススメは?名前の決め方のコツなど|joism

アフィリエイト ドメイン おすすめ

こちらもCHECK 独自ドメインは費用が安いところで取得するべき! 結論から言うと、 独自ドメインは費用が安いところで取得するべきです! なぜなら、ほとんどのサービスでは、 費用以外の点で大きく変わらないからです。 どのサービスを選んでも、最低限のサービスは受けられるので、できる限りコストを下げられるサービスを選びましょう。 特に、ドメインの取得料よりも、 更新料が安いサービスを選ぶことがポイントです! 取得料は初年度に払うだけですが、更新料は毎年支払います。 つまり、 更新料が安い方がトータルで考えてお得なんですね。 ドメイン取得サービスを選ぶときは、それぞれのサービスの取得料・更新料をすべて比較して検討してくださいね! おすすめの独自ドメイン取得サービス6選を徹底比較! ここでは、今回おすすめする6つの独自ドメイン取得サービスの費用を表にまとめてみました! まずは人気ドメインの取得料と更新料を見てみましょう! 黄色いアンダーラインが引かれているのは、最も安い価格です。 com 取得 780 760 760 1,160 880 -193pt 1,886 更新 1,180 1,280 1,280 1,480 1,180 -259pt. net 取得 1,180 720 599 799 1,180 -259pt 1,886 更新 1,380 1,480 1,480 1,480 1,380 -303pt. jp 取得 2,820 2,300 2,800 2,049 2,360 -519pt 3,982 更新 2,840 2,840 3,040. info 取得 280 299 260 499 380 -83pt 1,886 更新 1,480 1,480 1,480 1,680 1,480 -325pt. biz 取得 1,480 199 299 699 1,580 -347pt 1,886 更新 1,580 1,580 1,580 この表を見ると、とが安いことがわかりますね。 しかしドメイン取得サービスには、それぞれの特徴もあります。 次はサービスごとに見ていきましょう! エックスドメイン ワードプレスで運営する場合、最もおすすめなのはエックスサーバーです。 というのも、エックスサーバーはワードプレスでの運営に特化していて、 動作がめちゃくちゃ軽いんですね。 私も昔さくらのレンタルサーバーでワードプレスを運営していましたが、 エックスサーバーに乗り換えて「こんなにも軽いのか!」と感動したことがあります。 そのため、エックスサーバーを使うのであれば、エックスドメインを使うことをおすすめします! 他にはないエックスドメインの特徴は、3つあります。 無料レンタルサーバーでWordPressが使える• エックスサーバー・WPXレンタルサーバー・シックスサーバーの初期費用が半額• エックスサーバー・WPXレンタルサーバー・シックスサーバーとの連携で簡単設定 エックスドメインで使える無料レンタルサーバーでは、通常のWordPressが使えます。 容量は3GB、 他社ドメインも利用可能と無料にしてはかなり高機能なサーバーです。 無料レンタルサーバーを使わない場合は、エックスサーバー・WPXレンタルサーバー・シックスサーバーと契約すると初期費用半額で設定が簡単になりますよー! ちなみに エックスサーバーで上位プランを契約すれば、独自ドメイン自体が永久に無料になるので、側から申し込むのもおすすめ!• 570種類以上のドメイン• 無料サーバー・格安サーバー• 初期設定代行サービス バリュードメインで 取得できるドメイン数は570種類以上とかなり多いです! 人気ドメインだけでなく、マイナードメインや地域ドメインが多いことも魅力ですね。 また無料サーバー以外に、 月額191円で格安サーバーが使えることも特徴です。 格安サーバーは 100GBの容量で 広告なし、 7日間のお試し期間もあるので、試しに使ってみてから検討しても良いですね。 さらに有料ですが、 初期設定を丸々代行してくれるサービスもあります。 取得したいドメインとレンタルサーバーを選べば、たった 2営業日でサイトが使えるので、難しい手続きをお任せしたい人にはおすすめです!• ロリポップとの組み合わせで割引• 連携できるサービスが豊富• 外部サーバーなしでWordPressが使える まずレンタルサーバーの ロリポップにムームードメイン経由で申し込むと、土日限定ですべてのプランの初期費用が無料になります! さらに、 超高速レンタルサーバーのヘムテル・ ネットショップ作成のカラーミーショップ・ Webアプリ運営のマネージクラウド・ ホームページ作成のグーぺ・ カレンダーアプリのGoogleカレンダーとも連携できます! またムームードメインで取得したドメインなら、外部サーバーなしで通常のWordPressが使えることもポイントです。 WordPressは 年額6,000円で、 容量10GBになります。 ドメインの変更や削除の可能性がない• レンタルサーバーの引っ越しができる• SEOに効果がある• ブランド力につながる• URLが短くなる• メールアドレスも独自ドメインにできる ドメインの変更や削除の可能性がない 無料ドメインや無料ブログのドメインの場合、運営会社の方針でドメインが変更されたり、削除されたりする可能性があります。 最近だと、noteというサービスのドメインが変更されたことが有名ですね。 独自ドメインの場合は、こうした変更や削除の可能性がありません。 ドメインが変更されると、 それまでのSEOの評価が0からやり直しになってしまいます。 長い目で見ると、独自ドメインの方が安全だと言えますね。 レンタルサーバーの引っ越しができる レンタルサーバーを引っ越す場合、 独自ドメインならURLを変えずに済みます。 無料ブログの場合、サーバーを引っ越すとなると、ブログサービス自体を変えることになり、もちろんドメインやURLも変わってしまいます。 長期的な運営の中では、サーバーを変えることもあるので、最初から独自ドメインにしておくと無難ですね。 SEOに効果がある 長い目で見ると、独自ドメインの方がSEOに良い効果があります。 サイト制作の初期段階では、無料ブログのドメインの方が強いのですが、 ドメインが育ってくると独自ドメインの方が評価されるようになります。 これは 検索エンジンが独自のサイトを評価する傾向にあるからです。 つまり、長期的に運営し、サイトのブランド力を高めていくなら、独自ドメインの方がSEOに効果的だということですね。 ブランド力につながる 独自ドメインであることは、検索エンジンだけでなく、 読者にとってのブランド力にもつながります。 もしあなたが読者だったら、無料のサブドメインと、オリジナルの独自ドメインのサイトのどちらにブランド力を感じますか? 読者へのブランド力を示す点でも、独自ドメインの方が効果的です。 URLが短くなる 無料ブログのドメインはサブドメインになるので、独自ドメインの方がURLが短くなります。 小さな差ですが、 読者にサイトのURLや情報が伝わりやすくなります。 URLは、なるべく簡潔な方が良いですよー。 メールアドレスも独自ドメインにできる 独自ドメイン取得サービスによっては、独自ドメインのメールアドレスが使えます! つまり 「 〜〜」の〜〜の部分が独自ドメインになるということですね。 独自ドメインのメールアドレスも、サイトのドメインと同じように、オリジナルな方がブランド力につながります。 個人事業主や法人の経営の場合は、独自ドメインのメールアドレスを使った方が良いでしょう。 独自ドメインのデメリットと対処法 一方、独自ドメインにもデメリットがあります。 そこで今回は デメリットの対処法もあわせて解説しますね! 費用がかかる 独自ドメインは有料なので、もちろん費用がかかります。 だから独自ドメインは費用が安いところで検討した方が良いんですね。 マイナードメインだと格安で手に入るものもありますが、SEOの観点から言うとあまりおすすめはできません。 一番の対策は、 複数のドメイン取得サービスを比較して最も安いところで契約することです。 個人情報公開の対策が必要 独自ドメインを取得すると、 必ず所有者の個人情報を公開しなくてはなりません。 個人情報とは、名前や連絡先、住所などです。 そこで、ほぼすべてのドメイン取得サービスでは、 「Whois情報公開代行」というサービスを提供しています。 これは一言で説明すると、 取得者の個人情報を公開する代わりに、ドメイン取得サービスの情報を公開するということですね。 つまり実際の取得者は個人であるものの、 取得者として情報が公開されるのは、ドメイン取得サービスの名前と情報だということです。 Whois情報公開代行は、ドメイン取得時に契約すれば無料になることがほとんどなので、忘れずに契約しましょう! 独自ドメインは複数のサービスの費用を比較しよう! 独自ドメインは、 費用が安いところを選ぶのが鉄板です! どれを選んでも、必要最低限のサービスは得られるので、こだわりがなければ費用の安さで選びましょう。 特に更新料が安い方が長期的にはお得ですよー! まずは自分の欲しいドメインをピックアップして、サービスの価格を比較することから始めてみましょう! おすすめはワードプレスを運営するなら、安さで選ぶならですね。

次の