パソコン フル スクリーン。 Windows 10パソコンのスクリーンショットを撮る6つの方法

【プリコネ】フルスクリーンのやり方

パソコン フル スクリーン

タスクバーの設定を確認 タスクバーの何も表示されていない部分を右クリックして、「設定」を選択します。 タスクバーの設定画面が表示されるので、「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」を「オン」にします。 これは、タスクバーを自動的に隠してくれる設定です。 マウスポインタをタスクバー付近に持っていくと再びタスクバーが表示されます。 ここでオンにしたりオフにしたりすることで、これまでと同様のタスクバーの働きに戻ることがあります。 タスクバーを常に表示したいとき これまでタスクバーが表示されていても、ゲームや動画を全画面表示にした時にはタスクバーが隠れていたという方や、タスクバーが常に表示されていたほうが便利という方は下記の設定を確認してみてください。 この操作は、1台のPCでディスプレイを複数台使っている方のみが対象です。 さきほどの手順と同様に、タスクバーの設定画面を開いて下の方にスクロールすると「複数のティスプレイ」という見出しが表示されます。 「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」という項目が「オン」になっている場合は「オフ」にします。 逆に「オフ」になっている場合は「オン」にするようにしましょう。 この項目は、デュアルディスプレイにしている時、2画面目にもタスクバーを表示するかどうかの設定となります。 1画面だけだと「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」の項目が活性化されません。 タスクマネージャーが開いたら「エクスプローラー」の項目を右クリックして再起動を選択します。 この時、何かしらのフォルダを開いていないと「エクスプローラー」の項目は表示されません。 「エクスプローラー」が見つからない場合、タスクマネージャーの下部に表示されていることがあります。 エクスプローラーが再起動し、PCの動作が安定したらYouTubeなどで動画を全画面表示にしてみます。 お越しいただきありがとうございます。 電源をスリープで管理しているようですが、再起動したほうがいいかもしれません。 記事には記載していませんが、下記のような手順でもタスクバーが消えることがあります。 YouTubeなどの動画を全画面表示 2. タスクバーが残っている場合、全画面表示した状態でタスクバー以外の場所(動画の中心部分)を左クリック YouTubeの場合、この手順だと動画が一時停止して再度左クリックなり再生ボタンを押す必要がでてきますが、タスクバーがどうしても気になる際に有効かもしれません。 あと、記事ではChromeを使っているので、Firefoxといった他のブラウザでも一度試してみてください。

次の

Webや動画を全画面表示にするショートカット

パソコン フル スクリーン

横幅 No JavaScript 意味 現在値 a1 screen. width ディスプレイサイズ 解像度 横: b1 screen. availWidth ディスプレイの利用可能領域 横: h1 document. documentElement. clientWidth ウィンドウサイズ スクロールバーを除く 横: c1 window. innerWidth ウィンドウサイズ スクロールバーを含む 横: d1 window. outerWidth ウィンドウ全体のサイズ 外枠を含む全体 横: e1 document. body. clientWidth ウィンドウサイズ スクロールバーを除く 横: f1 document. body. offsetWidth ウィンドウサイズ スクロールバーを除く 横: g1 document. body. documentElement. offsetWidth ウィンドウサイズ スクロールバーを除く 横: j1 document. documentElement. height ディスプレイサイズ 解像度 縦: b2 screen. availHeight ディスプレイの利用可能領域 縦: h2 document. documentElement. clientHeight ウィンドウサイズ スクロールバーを除く 縦: c2 window. innerHeight ウィンドウサイズ スクロールバーを含む 縦: d2 window. outerHeight ウィンドウ全体のサイズ 外枠を含む全体 縦: e2 document. body. clientHeight ドキュメント body の高さ 縦: f2 document. body. offsetHeight ドキュメント body の高さ 縦: g2 document. body. documentElement. offsetHeight ドキュメント全体 body の高さ 縦: j2 document. documentElement.

次の

レトロPCゲームをフルスクリーンでプレイする方法(Windows 10版)

パソコン フル スクリーン

タスクバーの設定を確認 タスクバーの何も表示されていない部分を右クリックして、「設定」を選択します。 タスクバーの設定画面が表示されるので、「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」を「オン」にします。 これは、タスクバーを自動的に隠してくれる設定です。 マウスポインタをタスクバー付近に持っていくと再びタスクバーが表示されます。 ここでオンにしたりオフにしたりすることで、これまでと同様のタスクバーの働きに戻ることがあります。 タスクバーを常に表示したいとき これまでタスクバーが表示されていても、ゲームや動画を全画面表示にした時にはタスクバーが隠れていたという方や、タスクバーが常に表示されていたほうが便利という方は下記の設定を確認してみてください。 この操作は、1台のPCでディスプレイを複数台使っている方のみが対象です。 さきほどの手順と同様に、タスクバーの設定画面を開いて下の方にスクロールすると「複数のティスプレイ」という見出しが表示されます。 「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」という項目が「オン」になっている場合は「オフ」にします。 逆に「オフ」になっている場合は「オン」にするようにしましょう。 この項目は、デュアルディスプレイにしている時、2画面目にもタスクバーを表示するかどうかの設定となります。 1画面だけだと「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」の項目が活性化されません。 タスクマネージャーが開いたら「エクスプローラー」の項目を右クリックして再起動を選択します。 この時、何かしらのフォルダを開いていないと「エクスプローラー」の項目は表示されません。 「エクスプローラー」が見つからない場合、タスクマネージャーの下部に表示されていることがあります。 エクスプローラーが再起動し、PCの動作が安定したらYouTubeなどで動画を全画面表示にしてみます。 お越しいただきありがとうございます。 電源をスリープで管理しているようですが、再起動したほうがいいかもしれません。 記事には記載していませんが、下記のような手順でもタスクバーが消えることがあります。 YouTubeなどの動画を全画面表示 2. タスクバーが残っている場合、全画面表示した状態でタスクバー以外の場所(動画の中心部分)を左クリック YouTubeの場合、この手順だと動画が一時停止して再度左クリックなり再生ボタンを押す必要がでてきますが、タスクバーがどうしても気になる際に有効かもしれません。 あと、記事ではChromeを使っているので、Firefoxといった他のブラウザでも一度試してみてください。

次の