レイトン 教授 と 奇跡 の 仮面 攻略。 レイトン教授 雑談掲示板『レイトン教授と奇跡の仮面プラス』|レイトン教授 攻略 回答「ゲームの匠」

レイトン教授と悪魔の箱 攻略飯店

レイトン 教授 と 奇跡 の 仮面 攻略

第六章攻略 3DS用ゲーム レイトン教授と奇跡の仮面攻略メモ 第六章攻略 レイトン教授と奇跡の仮面攻略メモ コインの番号は発見順の通しナンバー。 最初10個持っているので、1個も使わなければ+10で合計数になる コレクションは左上から右に通しナンバーになっている。 十字ボタンでも移動できる 困ったらランドと話せばヒントを教えてもらえる 遺跡を出てしまうと二度と入れない。 アイテムを取り逃さずに進んでいこう 第六章 幻の遺跡アクバーダイン 地下1階 仕掛けのチュートリアルの階。 ランドのアドバイスにしたがって行動しよう 「ひらめきコイン」 182:光る地面 <ミイラマシン> 侵入者を発見すると近づいてくる。 当たってしまうと冒険失敗で少し前からやりなおしになる 縦横の同じラインに入ると発見されるので、できるだけ同じラインに入らないようにしよう レイトンが1歩動くか穴を掘って行動するとミイラマシンも1歩動く 掘った穴に落とせば上を通過できる。 ただしミイラマシンの足元の地面は穴を掘れないので注意 丸い矢印をタッチするかLRボタンで移動せずに方向だけ変えられる。 穴を掘りたい時に利用しよう ちなみにレイトンが階段など高い場所に上るとこちらを見失い、元の位置に戻ろうとする 部屋の仕掛けを解除するとミイラロボは消滅して自由に通れるようになる 地下2階 丸い岩は押して転がすことができる。 引っ張る事はできないので良く考えて転がそう 仕掛けのある部屋では何度でもやりなおして初期配置に戻すことができる コレクション25「達筆なヒエログリフ」(岩の部屋) 「ひらめきコイン」 183:光る地面 184:光る地面 <西の部屋> 丸い岩を転がして出口の穴に落として足場にする 茶色い床の部分はレイトン達は通過できるが丸い岩は止まる。 うまく転がして邪魔な穴を岩で埋めよう <北西の部屋> とりあえず正面の岩は転がしてしまおう 西側から丸い岩を転がそうとしてもミイラにつっこんでしまう ミイラはレイトンの後をついてくる性質があるので、うまく逃げて穴を掘れる場所まで誘導しよう <北の部屋> 右上に階段があるが、右下に行くとコインが落ちている 「ナゾ091」(光る地面) 「ひらめきコイン」 185:光る地面 地下3階 「ナゾ092」(光る地面) コレクション26「うみなりの貝がら」(光る地面) 「ひらめきコイン」 186:光る地面 187:光る地面 188:光る地面 <西の部屋> 岩を転がす方向と順番を考えないと手詰まりになってしまう 埋めたい穴のある位置を確認して、どの岩を転がせばいいか考えよう 岩は崖から落ちるとなぜか初期配置位置に戻ってくる。 困ったら落としてしまおう <北西の部屋> 通常の2倍の速度で動く赤ミイラがいる。 見つかるとあっという間に追いつかれてしまう できるだけ遠い場所で発見させて、すぐに穴を掘って落として退治しよう 右、左、上の順でミイラを誘導して穴に落としていこう 「北の部屋」 岩を転がして足場を作り、階段を上って移動する スイッチは横からは操作できない。 落とす時に逃げる方向を考えないと動けなくなる どのミイラをどの穴に落とし、そこからどう移動するかまで計画してから行動しよう 左下のミイラは倒さなくて良い 地下6階 <南西の部屋> 落ち着いて考えればそれぞれの岩を転がす方向は1つしかない。 順番を考えて転がしていこう <中央の部屋> 結晶が邪魔になっている。 とりあえずどんどん転がして壊してしまおう <西の部屋> かなり難しい。 忘れずに回収しておこう コレクション28「ねどねどくん人形」(光る地面) 「ひらめきコイン」 195:光る地面 196:光る地面 197:光る地面 地下7階 <部屋1> 西側にある岩をうまく転がして足場を作ろう 「ナゾ098」(光る地面) 「ひらめきコイン」 198:光る地面 199:光る地面 <部屋2> 順番が重要。 なかなか難しいので素直にランドのアドバイスを聞こう <部屋3> 足場にするのは右上の岩。 下の岩は動かさない <部屋4> 岩の押し方を間違えると完全に動かなくなってしまう事がある 仕掛けのある部屋と違いやりなおしはできないが、一度地下6階に行けば配置がリセットされる 「ナゾ099」(光る地面) コレクション29「ヒトカラゲ鉱石」(光る地面) 「ひらめきコイン」 200:光る地面 201:光る地面 <部屋5> アドバイスも最初の手順しか教えてもらえず、かなり難しい 順番を考えて結晶をうまく壊さないと手詰まりになってしまう まず右上の岩、次に左上の岩を右に運び、それから2つの岩を右下に運ぶ <部屋6> 大量の青ミイラがいる。 縦横のラインが合わなければ発見されないので落ち着いて行動しよう 1匹ずつ確実に、そして逃げ道も考えながら穴に落としていこう ミイラは5匹、穴を掘れる地面は4つ。 右下、左下、右上の順に穴を使う 一番上のミイラは右側から行くと完全に密着されてしまうので左側から行って2匹同時に誘導する それぞれの小部屋の中央には壊れた柱などがあるのでうまく利用して誘導しよう 地下8階 先に進むとそのまま遺跡から出てしまう。 gamemo. jp 当サイトで公開している文章や図表は、当サイトまたはその文章や図表の著作権者が著作権を持っています 文章や図表の一部または全部を複製して自分のWebページで公開する等、法律で認められていない行為を一切禁じます.

次の

レイトン教授と悪魔の箱 攻略飯店

レイトン 教授 と 奇跡 の 仮面 攻略

過去のレイトンはすべてプレイしていますが、ムービー他随所が3Dになっていて 「おっ、すごい」という感じです。 でも、2Dでも 面白さはかわらない範囲だと 思います。 でも、作中出てくる、立体的なウサギが非常に可愛い。 謎解きもいままでどおりの面白さなので、満足なのですが、セーブデータが1つ しか出来ないのは、ファミリー向けソフトとしては不満です。 これまでセーブデータは3つ作れていたのに、今作は1つ・・・。 しかし、プレイ する人が家族で3人いるからと、ソフトを3つも買う気にはなれません。 もはやいわずと知れたレイトン教授シリーズの最新作。 回を追うごとにヒラメキやトンチが必要なナゾナゾ的問題より、試行錯誤が可能なパズル的な問題が増えてきているような。 いや、個人的にはこっちの方が好みなので全然OKですけど。 立体視に関しては、体験会でプレイしたときは「いやー、3Dボリュームついててよかった。 MAX固定だったらきついよね」とか思っていたけれども、今ではあそぶゲームの悉くを3DボリュームをMAXでプレイしているという。 案外、慣れるもんですな。 ゲームを3D化することについて色々と意見が出ていますが、私は3D化するメリットは「表現力の向上と、それに伴う映像の説得力の向上」であると思う。 これは画像の解像度を上げるの同じで、これまでは2次元をより詳細に映すという方向で表現力と説得力を向上させてきたけれども、それとは別に3次元方向への表現力を獲得することでさらなる説得力を持たせよう。 と、そういう事ではないかと。 3D化することでゲーム性に新たな何かが生まれているかと言われると首をかしげるけど、表現力と説得力の向上というメリットはレイトン教授でも発生していて、3D表示から2D表示に切り替えると、どこか味気なさを感じてしまう。 個人的には3D化は「あり」か「なし」かと問われれば「あり」と答えたい。

次の

ナゾ辞典「141〜160」

レイトン 教授 と 奇跡 の 仮面 攻略

過去のレイトンはすべてプレイしていますが、ムービー他随所が3Dになっていて 「おっ、すごい」という感じです。 でも、2Dでも 面白さはかわらない範囲だと 思います。 でも、作中出てくる、立体的なウサギが非常に可愛い。 謎解きもいままでどおりの面白さなので、満足なのですが、セーブデータが1つ しか出来ないのは、ファミリー向けソフトとしては不満です。 これまでセーブデータは3つ作れていたのに、今作は1つ・・・。 しかし、プレイ する人が家族で3人いるからと、ソフトを3つも買う気にはなれません。 もはやいわずと知れたレイトン教授シリーズの最新作。 回を追うごとにヒラメキやトンチが必要なナゾナゾ的問題より、試行錯誤が可能なパズル的な問題が増えてきているような。 いや、個人的にはこっちの方が好みなので全然OKですけど。 立体視に関しては、体験会でプレイしたときは「いやー、3Dボリュームついててよかった。 MAX固定だったらきついよね」とか思っていたけれども、今ではあそぶゲームの悉くを3DボリュームをMAXでプレイしているという。 案外、慣れるもんですな。 ゲームを3D化することについて色々と意見が出ていますが、私は3D化するメリットは「表現力の向上と、それに伴う映像の説得力の向上」であると思う。 これは画像の解像度を上げるの同じで、これまでは2次元をより詳細に映すという方向で表現力と説得力を向上させてきたけれども、それとは別に3次元方向への表現力を獲得することでさらなる説得力を持たせよう。 と、そういう事ではないかと。 3D化することでゲーム性に新たな何かが生まれているかと言われると首をかしげるけど、表現力と説得力の向上というメリットはレイトン教授でも発生していて、3D表示から2D表示に切り替えると、どこか味気なさを感じてしまう。 個人的には3D化は「あり」か「なし」かと問われれば「あり」と答えたい。

次の