クロード 命乞い。 黒執事Ⅱについてです。クロードはアロイスにたいしてなんの感情もなか...

クロード

クロード 命乞い

命乞いとは、殺されそうになっている者の最後の手段である。 一部のにとってはであり、である。 概要 「、わかったよ、参った、降参だ。 組織の秘密を教えるから許してくれ!! 」とか「いや……死にたくない許して!! もう二度と悪いことしない! だから殺さないで! 」のように殺されそうになっている者が助命を願うこと。 がしたりすると悪いことが多い。 最後まで自分のほうが強いと信じて戦い散りましょう。 一部のにとってはおいしい。 また、「組織の重役にしてやるから許してくれ」とか「(降参したとみせかけて)のようなはに殺されるべきなんだぁー!! 」はである(大抵は「そんなもんいらん」とか返り討ちにされる)。 特に者の場合はその傾向がより顕著で、まだ大したも受けていないのに「待った! の負けだ! 許してくれ! 」として命乞いしたり降参の意を示すが、それをに受けたが立ち去ろうとを向けた間隠し持っていたなどで襲い掛かる、というのも定番のの1つである。 こちらの場合は論み通り相手を追い詰めるか(でも結局倒される)、もしくは全部見透かされていた上でざまにメを刺されるか、のいずれかになる場合が多い。 が、することを要することで有名である。 命乞いをしろ! 諸君もこんな記事を見ている暇があったらを見たまえ。 命乞いをしたキャラの一覧 ドラゴンボール• ドロダボ• ファイアーエムブレム• クロニエ• ヘッツェル• ルド 他、・多数。 その他• アゼンダ()• () 番外 命乞いを要求したキャラ• () 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

「紅花の章」で生徒たちと敵対するときのイベントまとめ【FE風花雪月】

クロード 命乞い

ネクロードとは、に登場するである。 の始祖から「の紋章」を奪い、そのによってとなっている。 そのため生半可なことでは滅ぼすことはできず、本人の性格もあって極めて質の悪い存在。 その昔ビクの故郷を襲って達を惨殺しており、彼からはとして狙われ続けている。 また上記の始祖シ、である一族からも追われており、何かと敵が多い。 更に何かにつけてをにしようとする筋入りのでもある。 後半に訪れるの村で初登場し、村の(15)をにするべく誘拐している。 一応これはの紋章「」を奪うための、ということなのだがを着させていたりまた後述するの事例を見ても恐らくする気は満々だったと思われる。 その後一を滅ぼせる「」を手に入れたビク&ズと再び突。 油断すればの危険もある、流スとも言える中々の強さを見せつけてくれる。 最終的にはし、ビクによって討たれることになるのだが実はこれはであり、本物は傷のままの時代まで生き延びている。 その際死んだ彼の人をとしてらせ精的動揺を誘うなど相変わらずのっぷりを見せつけてくる。 になはなるものの、この時ビクはを持っていなかったため当然倒すことはできず取り逃がす。 その後紆余曲折を経て後半の鉱山ントで再登場。 の (7)を補として誘拐するなど更にしたっぷりを発揮する。 しの時の達には始祖シ、一族、そして&ビクという彼を滅ぼすためび必要な要素が全てっており、彼等の手によってついに追い詰められてしまう。 進退窮まったネクロードは本気で襲いかかってくるが、結局。 最期はシに対してみっともなくをするものの当然受け入れられるはずもなく、ビクによって今度こそ本当に滅ぼされた。 ・・・という中々熱い展開なのではあるが、このには1つの問題がある。 それは・・・・ ネクロードが 弱いこと。 そう、この時戦うネクロードは凄まじく弱い。 その実はかの狂皇子ことはおろか、1の時の彼とべてもかに劣る(注:記事作成者の体感)。 ここまで乗り切ってきた達ならば、に戦えば まず負けない。 一応直前にも戦があるため、回復せずに連戦すると苦戦するかも・・・・ それでもに勝てるが。 更にと言うべきか、この彼との時に流れるはでも の。 彼のをしたこの曲はとてもかっこよく、のをる際に高でになる。 そんなも、彼のあまりの弱さのためにに戦ってしまうとに聞けないまま終わってしまう有様・・・。 いったい彼が何をしたというのか。 ・・・いや色々したけど。 だがもう少し強くしてあげてもよかったのではないか、と思わずにはいられない。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

「紅花の章」で生徒たちと敵対するときのイベントまとめ【FE風花雪月】

クロード 命乞い

戦闘マップ概況 出撃準備のときはマップ東部が一面海になってますが、 TURN1終了時に、 ナデル率いるパルミラ部隊が登場します。 「近距離反撃」によって射程1でも反撃してくる。 攻撃力62・必殺46がとにかく恐怖なので、なるべく反撃を受けることなく倒したい。 スナイパーの「曲射」であれば射程4なので反撃を受けない。 ボウナイトがいるとかなり楽です。 「命中+20」によって命中が145まで伸びてるので、斧殺し持ちユニットでも回避は運ゲーになります。 敵ターンで仕掛けられる前に倒すしかない。 ヒルダ「だけ」を倒すのであれば、魔法で簡単に倒せますが、周辺に敵兵がいっぱいいるので厄介。 2回被弾しないように、回避率を高めて釣る。 ナデル自体の命中はそこまで高くないので、速さが高いユニットに「斧殺し」を付ければOK。 釣り出すことに成功すれば、あとは魔法or天帝の覇剣で簡単に倒せます。 攻略の流れ• 船から降りてくるボウナイトを処理。 飛来してくるドラゴンマスターを処理。 (定期的に増援が出る)• ナデルの攻撃範囲ギリギリに近づいて釣り出し、撃破。 マップ中央、増援箇所を守る敵兵3体を倒す。 敵将を倒す。 ボウナイトとドラゴンマスターの突撃がなかなかに厄介。 ボウナイトは開始地点の東にある茂みに隠れつつ処理。 ドラゴンマスターは海上にいると手が出せないので、移動範囲を計算して確実に迎撃できるように進軍します。 ナデルを倒すまでは敵の増援がキツイので、マップ中央付近に深入りしないほうが無難です。 中央部での攻防がだいぶ激しくなるため、フォートレスが複数いると楽かも。 市街地からの増援を焦って止めようとするとまず返り討ちに遭うので、ナデルを倒すまでは耐えつつ迎撃。 増援箇所を制圧 ナデルを倒すと、中央部にいた敵が続々とクロードのほうへ集まっていきます。 市街地の敵が減るので、一気に制圧。 全て制圧し終えたら、あとはクロードの周辺にいる敵を処理するだけです。 ……といきたいところですが、普通に進軍しても返り討ちにあるだけです。 正面にいるヒルダが怖すぎるので、 赤エリアの中でターン終了はできない。 したら死ぬ。 ヒルダだけでなく、他の敵兵も全員まとめて1ターン処理するには、普通の方法だと無理です。 魔道士の移動力が足りないので。 犠牲ゼロで済ますには、全員で進軍して全員で攻める必要があります。 そこで、切り札を使います。 「神速の備え」で全員突撃 移動力を上げるために、 計略「神速の備え」を使います。 いざという時に便利。 これで術者以外の全員が移動+5になりました。 主人公とアサシンが移動11、エーデルガルトなどが移動10、魔道士たちが移動9。 これだけあれば充分。 計略で敵を掃討 まずはエーデルガルトの「猛火計」で、一般兵を巻き込みつつヒルダを弱体化させます。 エガちゃんは魅力がかなり高めなので、計略の命中が優秀。 続いて、主人公でヒルダにトドメを刺します。 心が痛いけど仕方ない……。 VSクロード 敵を一掃したら、あとはクロードを倒すだけ。 12章で戦ったレアと比べ、守備面がそこまで高くないのでまだ楽です。 撃破すると、クロードが命乞いをしてくるので選択。 初見で「殺す」を選ぶのはなかなか勇気がいりますが、両方の選択肢を検証してみるのも面白そうですね。 ナデルを無視したほうが楽かも YouTubeにプレイ動画を上げました。 ナデルをスルーして進軍してみた結果、意外とうまくいきました。 難易度ハードであっても増援(ドラゴン)は無限湧きではないので、しばらく我慢すれば問題ありません。 マップ東部の方に戦力を割かなくて済む分、こっちのほうが楽かもしれませんね。 参考になれば幸いです。

次の