アドバンス 助産 師 更新。 2022年更新申請

2022年更新申請

アドバンス 助産 師 更新

プレコングレス4 ご受講の皆様へのご連絡 (2022年以降の更新について変更のご連絡) 現在、プレコングレス4の2022年以降のアドバンス助産師更新について「必須研修」としておりますが、web開催に伴いプログラムの時間が短縮となりましたため「選択研修」としての取り扱いとなりました。 変更点は2022年以降のアドバンス助産師更新の取り扱いのみとなり、今回発行しました研修修了証はそのままご利用いただけます。 また、新たに受講いただくことも不要でございます。 ご心配とご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんが、事情ご賢察の上、ご了解の程お願い申し上げます。 国の「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(令和2年2月25日)を受けた 第34回日本助産学会学術集会 の新潟会場(朱鷺メッセ)での開催の中止および Web上でのインターネット学術集会の開催について 2020年3月6日 更新 国の「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(令和2年2月25日発表)を受け、一般社団法人 日本助産学会では、令和2年3月21日および22日に予定していた学術集会の朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンターでの全てのプログラムの開催を中止いたします。 第34回日本助産学会学術集会のプログラムはすでに2月上旬出来上がっておりますので、Web上でのインターネット学術集会を開催いたします。 参加費については、抄録作成など開催準備に要した費用に充当させていただきますが、事前参加登録をいただいた方には、インターネット学術集会を提供いたしますので、ご返金等の対応はいたしかねます(懇親会費は返金いたします)。 当日参加予定だった方に対しましてもインターネット学術集会に参加いただけるよう改めて追加で参加登録をいたしました。 詳細に関しては、検討中でございますので、決定次第引き続き、学術集会ホームページにてお知らせいたします。 なお、演題については、日本助産学会誌学術集会集録としてWeb上で公刊し、抄録の掲載をもって、公表されたものとして取り扱う予定です。 この度は参加者の皆様の安全と感染拡大の防止を考慮しての判断となりましたこと、何卒ご理解いただけますと幸いです。 2020. 2020. 2020. 13 事前登録(2月14日までのご登録)された方へは3月12日(木)に「学術集会参加証(領収書付き)」 を送付しました。 こちらの参加証でインターネット学術集会へもご参加いただけます。 3月16日になってもお手元に届かない場合は運営事務局まで E-mail()にて ご連絡いただきますようお願いします。 2020. 11 を更新しました。 2020. 4 【優秀演題セッション、一般演題(口演・ポスター)演者の皆様へ】 日本助産学会誌学術集会集録に掲載いたします抄録の「著者校正」のお願いメールを2月28日にお送りいたしました。 メールが届いていない方はお手数ですが、運営事務局へ にてご連絡をいただきますようお願いいたします。 2020. 4 の申込みを開始しました。 2020. 15 を更新しました。 2020. 14 を掲載しました。 2020. 31 ページに日程表を追加しました。 2020. 24 、 、 を更新しました。 2020. 9 、 、 を更新しました。 2019. 11 【 演題登録をいただきました皆様へ 】 演題登録をいただいた皆様に、発表日時のご連絡をメールにて送信いたしました。 件名は、「 ご発表日時のご案内(第34回日本助産学会学術集会)」です。 メールが届いていない場合は、運営事務局 E-mail: までご連絡ください。 なお、迷惑メールに振り分けられている場合がございますので、ご確認いただきます ようお願いいたします。 2019. 11 第34回日本助産学会学術集会まで、あと100日となった本日、Facebookページを立ち上げました。 メインテーマ「人生100年時代の助産ケア」にちなんで、100日前から学会の紹介をしたいと思います。 「いいね!」を、よろしくお願いします。 10 を更新しました。 2019. 20 を更新しました。 2019. 23 、、の申込みを開始しました。 2019. 21 を更新しました。 2019. 30 演題募集を締め切りました。 多数のご応募をいただきましてありがとうございました。 2019. 13 演題登録 を 9月30日(月)正午まで延長しました。 再延長はいたしませんのでご注意ください。 (システム上の表記は後日修正いたします。 ) 2019. 6 を更新しました。 2019. 9 を開始しました。 2019. 8 第34回日本助産学会学術集会ホームページを公開しました。

次の

日総研 産前・産後うつ 根拠に基づく正しい判断・対応・ケアセミナー

アドバンス 助産 師 更新

対象者: 2015年・2016年認証取得者のうち更新時期延長期間中の者• 助産実践時間を、最大80時間まで選択研修として計上可能とする。 例 助産実践時間80時間を選択研修として計上し、残り70時間は研修を受講する。 学術集会 学術集会に 3回参加すること。 学術集会とは、プログラムに講演 基調講演、教育講演等 と一般演題発表が含まれる集会とする。 学術集会の分野は不問とする。 注意点• ひとつの研修時間は、必須研修と選択研修に重複して計上できない。 また、分割して計上できない。 講師を担当した研修の時間は、受講時間に計上できない。 ただし、助産実践時間としては計上可とする。 旧要件からの読み替えについて 2021年までの更新申請要件の研修を、 2017年9月1日~2022年8月20日の期間に受講した場合、以下の通り2022年更新申請要件の研修として読み替えできる。 必須研修・ステップアップ研修 旧要件の必須研修およびステップアップ研修は、下表右列に記載のある2022年更新申請要件の必須研修として読み替えできる。 新要件の必須研修としては、読み替えできない。 その他の研修 旧要件の必須研修・ステップアップ研修以外の研修 看護管理者研修、指定研修、WHC研修等 は、すべて2022年更新申請要件の選択研修として読み替えできる。 また、以下のオンデマンド研修は、2022年更新申請要件の必須研修「WHC指定項目から選択」として読み替えできる。 「不妊・不育の悩みを持つ女性の支援」 「女性に対する暴力予防の支援」 「多様な性の支援」 「専門職として身に着けたいウィメンズヘルスケア提供のための基盤能力」 「安全に配慮した早期母子接触と助産師の役割」 よくあるご質問.

次の

愛知県助産師会へようこそ

アドバンス 助産 師 更新

2019年度日本女性医学学会主催 「女性のヘルスケア研修会」開催要項 1.研修会の目的 女性のヘルスケアに関わる医療従事者に対して、女性医学に関する知識の向上を目的として 2019年度から日本女性医学学会主催「女性のヘルスケア研修会」を開催することにいたしました。 これまで日本産科婦人科学会女性ヘルスケア委員会主催で行われていた「女性のヘルスケアアドバイザー養成プログラム」の内容を踏襲しつつ、新たなテーマを加えながら、原則は女性ヘルスケア専門医研修項目に準拠した内容となっています。 一般社団法人日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医取得前あるいは取得後の専門医教育、あるいは薬剤師、助産師、看護師、保健師など医療スタッフの専門教育を目的としています。 また受講者による地域での公開講座開催など「地域への還元」も考慮しています。 2.実施要項• 対象 日本女性医学学会会員(全職種)、日本産科婦人科学会会員、および産婦人科以外の医師• 講義テーマ・講師:別紙カリキュラム表を参照ください。 *講義(一部ワークショップ)受講後、Webにて確認試験を行い、ランチョンセミナーを含む全カリキュラムを受講した場合に修了といたします。 *欠席は理由をWebにて届出の上、ランチョンセミナーを除く、27テーマと1ワークショップのうち15コマまで認めます。 (ただし、病気療養・介護・育児などによる急な欠席により、やむを得ず15コマを超える場合には、委員会で判断いたしますのでその都度ご相談ください) *都合により欠席された場合は、後日Webでの収録動画による受講および確認試験を実施していただき、全カリキュラムの受講を確認してから修了証を授与するものとします。 会場:東京コンべンションホール(東京都中央区京橋三丁目1-1東京スクエアガーデン5F)• 受講料 医師:日本女性医学学会会員6万円、非会員7万円 医師以外:日本女性医学学会会員4万円 *6回分、クレジットカード一括前払い *受講申込者にはお支払い方法を別途ご案内いたします。 新規に学会ご入会の場合は受講料お支払い前に入会手続きをお取りください。 定員250名:応募多数の場合には抽選で受講者を決定させていただきます• 受講申し込み 2019年5月14日(火)から6月5日(水)17時まで 受講決定通知 2019年6月19日(水)までにメールでご連絡いたします• 本講習会受講のメリット *本研修会の全カリキュラム修了の受講生には、日本女性医学学会発行の修了証が授与されます。 *本研修会の全カリキュラム修了の医師には、日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医(医師以外の場合は専門資格)取得に関して以下のメリットがあります。 ただし、今回の募集では原則全講義を受講することとし、女性医学学会会員でない医師以外の皆様には受講枠を設けておりません。 今後 医師以外の皆様には、全て自宅でのWeb聴講による制度も検討中ですので、その詳細が決まるまでもうしばらくお待ち下さい。 その他 *旅費・宿泊費などは各自でご負担ください。 *同じビル内に託児所がございます。 ご利用の際はご自身でご予約をお願いいたします。 ( 同託児所あるいは近隣の施設をご利用いただいた場合には、受講者1人あたり1回2000円を後日補助いたします) なお、満室の場合はご予約出来ない可能性があります事ご了承のほどお願いいたします。 <URL>: 3.申し込み・お問い合わせ先 受講希望者はこちらの専用フォームからお申し込みください <URL>:.

次の