最後 から 二 番目 の 恋。 ドラマ「最後から二番目の恋」の名言まとめ!誕生日のセリフや千明の名言など

「最後から二番目の恋」へのクチコミ(口コミ)

最後 から 二 番目 の 恋

誕生日には、お祝いすることが2つあるんです。 1つはもちろん、あなたがこの世に誕生してきたこと。 もう1つは、今あなたが元気で生きていること。 だから、もうそんなあの~お誕生日やるようなめでたい年じゃないんですとか、 誕生日が来るのがイヤなんですって人がいますけど、あれ絶対におかしいんです。 むしろ逆で、年を取れば取るほどめでたいことなんです。 素晴らしいことなんです! 23歳の誕生日より、46歳の誕生日の方が倍、 いや、それ以上に素晴らしいことで、 めでたいことだって思いません? 胸張ってくださいよ。 あなたらしくもない。 だいたい、このロウソクの数は、 これまであなたが、頑張ってきた証しなんです。 あなたこんなにたくさん頑張ってきたんですよ! それを、10年を太い1本でなんて、そんな大雑把なことできません。 それが、長倉家の誕生日です。 これは主人公である吉野千明の46歳の誕生日のときに、 長倉和平が お祝いの言葉として言ったセリフです。 理屈屋の和平っぽいですが、 心に響く素敵なセリフです。 淋しくない大人なんていない。 人生はいつか終わってしまう事に大人は気付いているから。 その終わりは誰とも分かち合えないから。 だから楽しい時には思いっきり笑いたい。 悲しい時にも思いっきり泣きたい。 どちらも大切な時間だから。 淋しくない大人なんていない。 だからこそ淋しさを埋める為に恋をするのはやめよう。 恋がなくたって素敵な人生は絶対にあるはずだ。 月並みな言葉だけど前を向こう! ちゃんと生きている事が一番大事なんだ。 そう思う。 人生って自分の未来に恋する事なのかもしれない。 自分の未来に恋していればきっと楽しく生きていける。 46歳独身。 人生へのまだ恋は終わらない。 もしこれから誰かと恋をするとしたら、 それを最後の恋だと思うのはやめよう。 次の恋は最後から2番目の恋だ。 その方が人生はファンキーだ。 これは 最終回の千明の語りの言葉です。 同年代の独身女性はもちろん、 既婚女性にも勇気を与えてくれるようなセリフですよね。 これは主人公の千明のセリフでもあり、 脚本家の岡田惠和さんの 視聴者へのメッセージとも取れます。

次の

韓国ドラマ【最後から二番目の恋 】の相関図とキャスト情報

最後 から 二 番目 の 恋

性格は明るく溌剌として姉御肌で誰からも好かれるが、反面かなりの毒舌家。 男勝りで時折ガラの悪い口調になったり突飛な行動をとるせいで、和平から「元ヤンキー」ではないかと疑われている。 読書家で自宅には大量の本が置かれている。 長倉家の面々に対しては名前を呼び捨てにしているが、なぜか和平に対してだけは「長倉和平」とフルネームで呼ぶ。 数々のヒット作を世に送り出してきたが、仕事人間で温かい家庭生活とは全く無縁の人生を送ってきた。 そうした独身生活に一抹の寂しさを感じ、同じく独身の女友達と一緒に鎌倉の古民家に住む約束をするが土壇場で裏切られ、やけを起こし一人で長倉家の隣に引っ越して来る。 それ以来お隣さんとして長倉家と交流することが多くなり、個性的な兄妹たちとの繋がりを持っていく。 非の打ち所のない性格の真平とは恋人同士の関係に発展する。 反対に和平とは些細なことでケンカばかりしている仲だが、なぜか自然とウマが合ってしまう不思議な関係。 また、千明が思いも寄らない人物から熱烈な想いを寄せられることになる。 好きなタイプはスポーツ万能で寡黙な美少年。 恋愛遍歴こそ豊富だが、プロポーズされたことは一度もなかった。 『最後から二番目の恋 2012年秋』(以下、『2012秋』)では手がけたドラマの低視聴率から仕事を干され、すっかり落ち込んでいた。 しかも、名誉挽回のチャンスは苦手にしているドラマの仕事だった。 『続・最後から二番目の恋』(以下、『続』)では副部長に出世するも、現場の第一線から外されたことに鬱屈し、自身の言葉とは裏腹にすっかり「面倒臭くて煙たい上司」に。 ストレスを抱えては和平と深酒する日々を送っていたが元カレの涼太が生活に困窮して家に転がり込む。 涼太に対し、見栄や意地から同居や仕事の世話もするのだが、その口から「ポストイット事件」の真相を聞くことになる。 新ドラマのロケが鎌倉および自宅で行われることに決まり、和平の提案で長倉家に居候することに。 長倉家の長男、典子と双子の姉弟の兄。 性格は生真面目な堅物で理屈っぽく、なにかと説教臭い。 嫌味かつ細かい発言で、千明や典子からは「小姑じみている」「オバサンくさい」と指摘されることが多い。 また、自分にも他人にも厳しい質で、なかなか羽目を外すことが出来ない。 千明に対して人前では「吉野さん」と他人行儀だが、口論で興奮すると「あーたね」と容赦なくなる。 両親を早くに亡くし、一家の大黒柱としての責任感から実直に生きてきた。 口うるさくもあるが兄としては立派で頼もしい。 そうした自分の人生や人柄について「古くさい」「器が小さい」と自嘲しており、年齢には人一倍敏感。 妻に事故で先立たれてからは、として一人娘を育てているが子育てに関しては妻に任せきりだったせいで、を迎えた娘のえりなとの接し方に困って真平を頼るなど、父親としてはかなり情けない。 家庭でも職場でも周囲の個性的な人々に振り回される日々を送っている。 恋愛面では真面目で優等生で可憐な「委員長」タイプが好み。 だが、好みのタイプからはつれなくされるのに、なぜか未亡人にばかり好意を寄せられるというかなり特殊な女難体質。 『2012秋』では元部下が上司に昇進。 鎌倉の一件を巡ってとんでもない事態に陥る。 なお、劇中で51歳の誕生日を迎えた。 『続』では観光大使の一件の責任を取る形で観光推進課と秘書課の課長を兼務する羽目に陥り、癖の強い市長に振り回される。 千明との不思議な関係が平行線を辿る中、未亡人の薫子に興味を持たれ「友人関係」になるが、薫子が「天使」(=真平)と会ったことを知り、誤解から「問題」を招き寄せてしまう。 結婚を機に真平が実家を出て、万理子も仕事で帰りが遅くなるようになったことで、夜はえりなと二人きりの侘びしい生活に。 亡き妻が集めていた桜貝の秘密が意外な人物の口から語られることになる。 をしていたが後にパートに出るようになる。 性格は超マイペースで自己中心的。 他人の話はまったく聞かず、物事を深く考えずノリと勢いに任せて生きている。 さらに口が軽く、余計なことを話す割に肝心なことはなぜか言わない問題児。 性格は浮き沈みが激しく、周囲をとことん振り回す。 家事万能だが、物臭であまり動きたがらない。 また、他人の不幸が大好物でノロケ話には露骨に不快感を示す。 夫と長男から相手にされない寂しさから、頻繁に実家である長倉家に出入りしている。 高校生時代は、教師と交際関係に発展し付き合ったことがあるなどモラルが欠落しており、時折とんでもないことをしでかす。 夫・広行と熟年離婚した後も水谷家で生活していたが、ある事件がもとで水谷家を家出して千明の家に居候として転がり込んだ。 男女関係の話が大好きだが、意外なことに男性遍歴は少なく、話のほとんどは女性週刊誌やテレビのワイドショーがネタ元。 『2012秋』では家族にハワイ旅行を提案するが、同意を得られず落ち込む。 そんなとき、ひょんなきっかけでスクールに行くことになり「事件」が起きる。 『続』では夫の浮気を疑い尾行していたが、不動産屋を訪れる姿を見てマイホーム購入と誤解。 だがそれが勘違いと判明してまたしても離婚の危機を迎え、広行が家を出てしまう。 離婚によりとなった脚本家・栗山ハルカの子守りをアルバイトで引き受けたことがきっかけとなって新たな生きがいに目覚めることになる。 感情を表に出すのが苦手で暗い表情やもっさりした服のセンス、極端な人見知りが原因で周囲にうまく馴染めず、仕事が長続きしない。 また、情緒不安定で打たれ弱く些細なことがきっかけで部屋に引き籠もってしまう。 恋愛経験はゼロで未だ処女。 性格は意外とお茶目で色々なことに興味を示し、機械にも強く、観察力もずば抜けている。 凝り性で興味のあることに夢中になると周りが見えなくなる。 家族も含め全員に対して敬語で接し、「〜であります」が口癖。 和平を「お兄ちゃん」と呼ぶのに対し、典子を「ノリ姉」と呼ぶ。 双子の弟真平と不思議な繋がりを持っており、お互いに考えていることがわかり、片方が調子を崩しているともう片方にも影響する。 「真平がいなくなってしまうのでは」という不安感のせいで不安定な性格になったのではないかと真平は思っている。 だが、千明との出会いと千明への片思いがきっかけで性格も生活も大きく変化していく。 『2012秋』では千明が仕事を干されている間、他局から誘いがかかるも、千明に恋してる理由からチームに残ることを決め、本格的にドラマの勉強を始める。 脚本家の執筆する現場を間近に見るうち、自分の新しい道は脚本家になることだと決断する。 『続』では脚本家として成長させようという千明のはからいで新ドラマの脚本に参加することに。 そのパートナーとして千明の元彼氏・涼太と組むことになるが、なんと一目惚れ。 涼太と触れ合うと鼻血を出すほどだが、千明への想いとの板挟みとなる。 が、涼太が才能の限界を知って辞退したことで、職場復帰した旧知の栗山ハルカとコンビを組む。 ハルカを「先生」とも「先輩」とも呼んで慕う。 新人脚本家コンクールを狙うなど野心も抱くようになった。 自宅を改装しレストランを経営している。 イケメンで楽天的な明るい性格かつ、子煩悩なしっかり者で長倉家においてはの役割を果たしている。 また、で「天使」を自称して世界中の女性を幸せにしたいと思っているため、一人の女性だけを愛さないようにしているとうそぶく。 兄の和平とは心を許せる親友のような間柄。 かつては家族の中心に居た和平の亡き妻を尊敬し、彼女のかわりを果たそうと奮闘している。 実は深刻な病を抱えており、いつ倒れるともわからない状態にある。 そのせいで自動車の運転免許も持たず、特定の女性との深い交際が出来なかった。 こと病気に関しては家族にも徹底した秘密主義。 常に自分の感情を押し殺すように生きてきたせいで、自由奔放な千明を心から愛するようになる。 しかし、和平と千明のように言いたいことをお互いに言い合えてケンカ出来る関係を理想だと思うようになり千明と別れる。 初対面のときからウマが合わず、衝突ばかりしていた知美と鎌倉ロケのリハーサルで恋人役となったことが縁で結ばれる。 『2012秋』では千明とは「元カノ」「元カレ」と呼び合うなど相変わらず仲が良く、デートの最中でも寂しい女性を見ると「天使」の血が騒いでしまうなど、知美をやきもきさせている。 だが、ふとしたことがきっかけで知美に病気のことを知られてしまう。 『続』では知美との結婚を控えて「天使」を卒業したものの、独り身の女性を見ると心が騒ぐのは相変わらず。 その一方でなぜか知美とは関係を持てずにいた。 知美の許しを得て再び「天使」に戻るのだが、それが「セフレ問題」の原因に。 結婚を機に長倉家を出て大橋家で妻・知美、秀子母娘と同居生活を始める。 早朝から夕方の閉店時間まで実家に居るという特殊な生活スタイルになる。 大人びており、性格はクールでドライ。 発言は辛辣そのもの。 和平に対しては特に手厳しく、汚らわしいもの物でも見るような態度で接している。 反面、叔父の真平に対しては素直で可愛らしく、千明には懐いている。 朝のシーンではえりなが「そろそろ遅刻」と席を立つのが終わりの合図となっている。 中学生となった続では蒼太と交際するようになり、学校帰りに大橋家に出入りするように。 薫子から娘のように可愛がられ、千明とは平行線の和平が薫子と再婚してくれないかと願うようになる。 相変わらず辛辣。 水谷家 典子の嫁ぎ先。 長倉家の家族イベントに参加しており、実質的に長倉ファミリー。 夫婦間の会話が減り、職場から帰宅しても挨拶を交わさず自室に入る。 妻に隠れて出会い系サイトを使っていたことが判明し、典子と喧嘩する。 見た目は真面目そうだが、お調子者かついい加減で無責任な性格。 妻に内緒で通いもしている根っからの遊び人。 自分よりも年上ということもあって和平から煙たがられているが、「お兄さん」と一方的に慕っている。 息子とは仲がよい。 続では典子の誤解がきっかけで再び離婚の危機を迎え家出。 仕事も辞め路上生活者に落ちぶれ、真平の結婚式もすっぽかした。 荒野を求めて流離うことに憧れるなどファンキーな人物で、典子との和解後は長年の夢を実現するため役者の道に入る。 水谷典子 長倉家に記載。 水谷 翔 演 - 典子と広行の1人息子。 思春期を迎えて、口うるさく身勝手な典子を煙たがっている。 広行とは仲が良い。 年甲斐もない母親に頭を痛めている。 『続』では高校の陸上部に在籍。 そのことが万理子のピンチを救う。 終盤で和平が下した過去の決断を知り、和平のような大人になることを誓うが、母からは即座に「ちょっとハードルが低すぎない」とつっこまれる。 大橋家 知美と真平が結婚後は長倉家の家族イベントに参加しており、実質的に長倉ファミリー。 『続』にて真平の妻。 和平の部下。 童顔にアニメ声、オカッパ頭が特徴。 自分が思ったことは上司に対してもずけずけ発言し、和平にパソコン操作を教えるなどしっかり者。 性格はいわゆるツンデレ。 こだわりが強く、マイペースかつ我が儘。 対人関係は苦手で人と話をするのはあまり得意ではない。 母親が和平と見合いをする話が出るも、和平が亡き妻に誠実な態度を示したことに好意を抱き告白。 和平を親娘で奪い合う状態になる。 最終的に自分を「女性」とは見てくれず、自然にケンカ出来る仲である真平といい仲になった。 身長差が頭一つ分ある凸凹コンビ。 『2012秋』では「」と呼ばれていたり、「彼女」と思われていなかったりもするが真平との交際は続いている。 だが、真平の病気のことを知って思い悩み、ある人物に相談をもちかける。 『続』では真平との結婚を控えるものの、天使卒業で寂しそうな真平の態度やいつまで経っても「抱いてくれない」ことに思い悩む。 結局、天使を再開するよう真平に働きかけるがそれが思わぬ事態に発展する。 結婚式については色々と考えた末、身内だけのごく慎ましやかな形で長倉ファミリーの心の拠り所である「長倉家のリビング」で行うことを望んだ真平に賛成した。 結婚により改姓したが大橋家で秀子、真平と三人で暮らすようになる。 長倉ファミリーに迎えられ、大家族の一員となったことを心から喜んでいる。 説教臭い和平へのつっこみ役を勉強中。 大橋 秀子 演 - 知美の母親。 娘と2人で暮らしている。 亡くなった夫に対しては貞淑で従順な妻として寄り添うが、散々苦労させられた。 見合いで知り合った真面目で誠実な和平に入れ上げ、娘との間に「三角関係」を生じさせる。 だが、家族や千明の前で見せる和平の素顔に接して唖然となってしまい、身を引いた。 『続』ではハイテンションのはっちゃけキャラが全開に。 真平と知美の結婚を機に長倉家に出入りするようになり、長倉ファミリーの一員に。 その一方で路上生活をする広行とひょんなことで知り合う。 趣味でをはじめた。 JMTテレビ 三井 演 - アシスタントプロデューサー。 千明が仕事上で一番頼りにしているスタッフ。 千明の健康管理から人間関係の調整まで幅広くサポートしており、さながら「賢妻」である。 続でもすっかり「面倒くさい人」になってしまった千明のお守りを担当する。 千明の部下。 付和雷同な性格で千明の機嫌を伺うようにして忠実に従う。 続で昇進してからは千明にかわり「吉野組」を率いるようになった。 飯田 ゆかり 演 - アシスタントプロデューサー。 栗山 ハルカ 演 - 世間が注目しテレビ局が大事にしている新進気鋭の若手脚本家。 不思議キャラかつマイペースで千明とはのせいでなにかと馬が合わない。 脚本の腕もイマイチで仕事も遅い。 実は主婦で二人の子持ち。 万理子のことは「珍獣」扱いだが、それなりに慕っている。 『続』では旦那の浮気が原因で離婚。 職場復帰を果たすことになり結果的に千明のピンチを救う。 子守りを通じて典子とも親しくなり、万理子とのコンビにより仕事ぶりも捗るようになった。 篠原 淳 演 - (第2期) 新人アシスタントディレクター。 素直な性格の新人で、千明の発言に対しては必ず同意するよう命じられ、忠実に実行している。 鎌倉市役所 田所 勉 演 - 観光推進課職員。 和平の部下。 メタボ体型で女性には縁がない。 上司の和平にも歯に衣着せぬ物言いで、毎度掛け合いのようなやりとりをしている。 『続』でも立ち位置とキャラは相変わらず。 大橋 知美 大橋家に記載。 一条 (いちじょう) 演 - 些細な事で鎌倉市役所に電話してくる札付きのクレーマー爺さん。 それでも和平のことは嫌っておらず、度々呼び出しては世間話や猥談をして人生を謳歌している。 恐妻家。 見た目こそ堅物だが、でを立ち読みしたり、でを愉しんでいたり、キャバクラ通いをしているなど、かなりファンキーな人物。 伊佐山 良子 演 - (第2期) 鎌倉市長で前市長の未亡人。 夫の地盤を引き継いで市長となった。 性格は昔気質の生真面目な堅物で貞操観念も強い。 最初は和平をとことん毛嫌いしていたが、次第に心惹かれるようになる。 なにかにつけ和平を振り回していたが、やがてそのことが周囲からとの誤解を受けることに。 見た目よりもずっと素直で涙もろく、恋愛ドラマが大好きという可愛げのある性格のため、和平を除く長倉家の人々や千明からは好感を持たれている。 その他 荒木 啓子 演 - 出版業界で働く千明の独身仲間。 千明同様に仕事人間で家庭生活とは無縁。 悩みを共有する2人とは仲が良く、週末は高級レストランでの食事を愉しんでいる。 『続』では出版業界の事情からへの転勤が決まった。 水野 祥子 (しょうこ) 演 - 音楽業界で働く千明の独身仲間。 千明同様に仕事人間で家庭生活とは無縁。 恋多き女性で男性にときめいては痛い目に遭うことが多い。 門脇 演 - 高橋克明 真平の主治医。 高山 涼太〈36〉 演 - (第2期) 千明の元彼。 第1回JMT新人シナリオ大賞で大賞を受賞した脚本家。 無口で性格は真面目で不器用。 通称・ポストイット君。 脚本家になりたいという野心のために千明に近付き交際関係となったが、良心の呵責に耐えられず、「騙してごめんなさい」「ゴメン、無理」とポストイットに書いてドアに貼りマンションを出て行ったが、前半部分が風で飛んでしまったというのが「ポストイット事件」の真相。 生活に困窮し、恥を忍んで千明を頼る。 再び千明と同居するようになり、脚本の仕事も世話して貰ったものの自らの才能の限界を悟ることになると同時に、万理子の才能に嫉妬を抱き、すべてを謝罪して出て行った。 原田 薫子〈37〉 演 - (第2期) 蒼太の母親。 夫を事故で亡くす。 スタイル抜群で明るく朗らかだが極度の天然ボケ。 家庭的で家事万能な一方、お嬢様気質で超マイペースなど千明とは全く正反対の性格をしている。 息子を通じて、えりな・和平の親娘と知り合う。 男女の友情に憧れ、和平と「友達関係」をスタートさせる。 かねてから興味を抱いていた「天使=真平」と出会い一夜を共にしたが、「肉体関係を持った」と誤解をした和平に激怒。 その後、「セフレも友達」という突飛な提案で和平を困惑させるというのが「セフレ問題」のあらまし。 真平の結婚を機に「カフェナガクラ」でアルバイトを始める。 やがて女の勘で和平を巡るライバルが千明であると見抜き、接触を図る。 原田 蒼太 演 - (第2期) えりなの彼氏で薫子の息子。 琉絆空(るきあ) 演 - 小堀岳(第2期) ハルカの息子。 ハルカが仕事で多忙なときは典子がとして面倒を見ている。 ゲスト 複数話・単話登場の場合は演者名の横の括弧()内に表記。 第1期(2012年) 第1話 たかし 演 - 千明ら独身3人組が集まるレストランのスタッフ。 第2話 畑中 みどり 演 - (第3話 - 第6話) 真平の小学校同級生。 離婚し幼い息子を連れて鎌倉の実家に戻ってくる。 第6話 村上 文也 演 - (第7話) 典子と出会い系サイトを通じて知り合う。 母親に対しての悩みを相談する。 シラースの店員 演 - 第10話 ふゆみ 演 - 和平の初キスの相手。 2012秋 灰田 マモル 演 - サスペンスしか書かない遅筆の脚本家。 サスペンス物に苦手意識が強い千明と仕事をすることになる。 女好きでものぐさ且つマイペース、更に重度のヘビースモーカー。 だが観察眼は鋭く、話す言葉にも含蓄がある。 向坂 緑子 演 - 著名な小説家。 夫に先立たれ、現在は大きな屋敷に独りで暮らしている。 和平が鎌倉市の世界遺産親善大使になってもらうために送ったメールが気になり、連絡を取る。 引き受けるための条件としてとんでもないことを言いだし、物議を醸すことになった。 コア 演 - レイナードリー・フォレスト 講師。 第2期(2014年) 第2話 石田 詩織 演 - (第4・6話) 広行が足繁く通う西口不動産従業員。 第4話 演 - 本人(スペシャルゲスト) 演 - 本人(スペシャルゲスト) 上記2名は千明たち女子友達が酒を飲むレストランのステージで歌声を披露する。 第5話 演 - 本人(スペシャルゲスト) テレビ局のエレベーターから降りるときに千明たちとすれ違う。 第9話 稲垣 輝夫 演 - 千明の小学校時代の同級生。 ストッキングを販売する営業社員。 石原 芽 演 - (第10話) 女優。 千明たちのチームが制作するテレビドラマ『ビターシンデレラ』の主演。 ORICON STYLE. 2012年6月4日. 2012年6月25日閲覧。 中日スポーツ. 2012年6月23日. 2012年6月25日閲覧。 オリコンスタイル. オリコン 2013年10月22日. 2013年10月27日閲覧。 2014年2月18日. 2014年2月18日閲覧。 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」『週刊関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、、2014年8月22日、 22-26頁。 毎日新聞デジタル 2014年5月5日. 2014年5月8日閲覧。 オリコンスタイル 2014年5月5日. 2014年5月8日閲覧。 スポニチ 2014年5月5日. 2014年5月16日閲覧。 ナタリー 2014年5月9日. 2014年5月8日閲覧。 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」『週刊関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、、2014年8月22日、 26頁。 Yahoo! 2016年3月30日. 2016年4月30日閲覧。 関東ローカル、途中「NEWSお台場発」挿入。

次の

最後から二番目の恋

最後 から 二 番目 の 恋

初回2週間無料トライアル• 無料期間:31日間• 無料期間:30日間• 無料期間:登録月• 無料期間:なし• 月額1,500円• 無料期間:30日間• 無料期間:14日間• 無料期間:2週間• 無料期間:2週間• 無料期間終了後:月額540円• 無料期間:31日間• 無料期間終了後:月額500円 配信情報:無し• 無料期間:登録初月• 無料期間終了後:月額2,484円 配信情報:無し• 無料期間:登録初月• 無料期間終了後:月額2,484円 配信情報:無し• 無料期間:30日間• 国内最多クラスのディズニー作品が見放題! 特典、動画、きせかえなど、旬のディズニーが楽しみ放題! 配信情報:無し• 無料期間:なし• 無料期間終了後:月額980円 配信情報:無し• 無料期間:31日間• 無料期間終了後:月額400円 配信情報:無し• 無料期間:30日間• 最新の情報は各動画配信サービスの公式ページにて確認できます。

次の