ポール アレクサンダー。 クリス・ポールがシェイ・ギルジャス・アレクサンダーに施す英才教育「相手のベストガードを抑えろ」(バスケット・カウント)

青木ポール紀和 | 癒しフェア2018 in OSAKA

ポール アレクサンダー

恵比寿にある独自の教室「身技レッスン」で、アレクサンダー・テクニークのレッスンを行っています。 大阪、名古屋でも月に1度、定期的にレッスンを行っています。。。 あなたが結果を出せることを第一に考えています。 わかりやすい説明で、教師の手助けなしでできるまでしっかりと指導。 あなたに役立つ情報と実際の経験を柔軟にカスタマイズしながら伝えます。 個人レッスンで原理を体系的に学び、希望により少人数グループレッスンで応用を学ぶことができます。 一人の教師があなたの変化を継続してみていき、状態やレベルに応じた適切な指導を行います。 都心の恵比寿で駅徒歩9分の場所にあり、週に5日、午前・午後・夜間の好きな時間で学べます。 予約もオンラインでいつでも簡単にできます。 詳細はウェブサイトをご参照ください。 体験レッスン(45分)は4500円で受講できます(東京恵比寿レッスンのみ)。 プロフィール 1973年東京生まれ。 アレクサンダー・テクニーク教師。 身技レッスン代表。 恵比寿でアレクサンダーテクニークのスタジオ「身技レッスン」を運営し、年間300人以上に姿勢・動作を直接指導。 音楽家や音楽指導者、歌手・ボイストレーナー、ダンサー、俳優、講師といったプロの人をはじめ、ビジネスマン、主婦、学生、様々な人の問題改善に貢献。 名古屋と大阪でも定期的にレッスンを行なっている。 LUSHジャパンのスパ施術者研修トレーナー。 ピラティススタジオでも定期的に指導。 アレクサンダー・テクニークを効率的に学ぶための独自アプローチを開発し、2015年にはアイルランドで行われた世界的なアレクサンダーテクニークコングレスで、日本からは唯一人ワークショップを実施。 英語ブログも立ち上げ、海外のfacebookグループへ多く投稿するなど、国内だけでなく海外の指導者達にも独自のアプローチを伝える活動も行う。 alexlesson. com 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-5-5 1F JR恵比寿駅徒歩9分 aoki[at]alexlesson. com 03-6277-4565 教える場所•

次の

サッシャアレクサンダー現在も昔も美人!身長や年齢は?結婚はしてる?インスタ画像&おすすめ出演作情報も!

ポール アレクサンダー

アレクサンダー・テクニークではあなたが身につけた 「不必要で自動的な緊張」を解消します。 この緊張は、家事をしている時も、パソコンをしている時も、趣味やスポーツをしている時も存在していますから、アレクサンダー・テクニークでこの緊張が解消されると幅広い効果があります。 この解消のポイントは、あなた自身が自分の緊張のクセを理解して 自分で緊張をやめて解消できるところにあります。 BODY CHANCE では4年1,600時間以上に及ぶ高度な専門的訓練を受けたアレクサンダー・テクニーク教師があなたの緊張を把握・分析し、 あなたがスッキリと緊張を解消できてもっとラクに効率よく日々を過ごすお手伝いをします。 アレクサンダー・テクニークはその点、治療や施術ではなく、あなた自身が あなた自身にマッチしたラクで効率的な姿勢・動き方・生き方を発見するレッスンつまり教育的なメソッドと言えるでしょう。 *BODY CHANCE を取り上げている主な雑誌 まずは 肩こり腰痛など身体的痛みの解消です。 事故によるケガ等外的要因以外による肩こり腰痛の大半は知らず知らずのうちに身体を緊張させているあなたの癖が原因です。 アレクサンダー・テクニークでは この根本的原因である癖を解消するので、一般的な施術と異なり根本的で長期的な改善効果が得られます。 特に慢性的な腰痛に関しては、医学誌の世界的権威である英国医学雑誌(British Medical Journal が579名を対象に約5年をかけてアレクサンダー・テクニークの有効性が調査され、何と 86%というこれまでにない非常に高い腰痛解消率が報告され、大変注目されています。 アレクサンダー・テクニークは、その痛みなど身体的問題に対する高い効果から、アメリカ/ドイツ/オランダなど 欧米諸国では医師の処方があれば保険の対象にもなっており、社会的にも信頼を得ています。 さらに詳しくアレクサンダー・テクニークについて読みたい方は、BODY CHANCE のメルマガにご登録下さい。 どんな本よりも分かりやすく身近に読める無料のメルマガです。 あなた自身の問題解決のヒントがたくさん得られます。 腰痛・肩こり・膝痛・首の痛み・頭痛などの慢性的な痛みのある人• 疲労がなかなか取れない人• あがり性、緊張しやすい人• 歩き方や姿勢に自信のない人、見直したい人• 特定の動き・姿勢をすると疲れてしまう人 *身体とアレクサンダー・テクニークについての雑誌掲載(一部) 次に パフォーマンス向上です。 歌/楽器演奏/演劇からスポーツまで「身体の使い方」が結果に大きく影響するこれらの分野では世界一流の芸術大学や演劇学校で必須の授業としてアレクサンダー・テクニークが取り入れられています。 オリンピックではドイツ・スペインなどの乗馬代表チーム、野球の米国代表チームのコーチングにおいてアレクサンダー・テクニークが取り入れられる等、スポーツ分野でも注目されています。 BODYCHANCE には多くのパフォーマーが関わっています。 音楽家向けの内容に特化したを配信しています。 パフォーマンス向上を目指す方にとっては非常に価値の高い内容を読む事ができます。 無料です。 楽器演奏・歌手• ダンサー• プレゼンテーションやコミュニケーションスキルの向上を求める人(教師・ビジネスマン等)• セラピスト• 各種スポーツをやる人、コーチ、トレーナー• ヨガ、ピラティスをやる人、インストラクター• フィットネス・エクササイズをやる人、トレーナー 参考: ・管楽器奏者のためのアレクサンダー・テクニークは ・楽器がうまくなる〜練習と上達の秘訣〜は *音楽・ヨガ・フィットネス関係等へのBODYCHANCE掲載(一部) こんな人やスクールが取り入れています アレクサンダー・テクニークを学んだ人たち• ポール・ニューマン(アカデミー主演男優賞 受賞俳優)• ポール・マッカトニー(ミュージシャン)• キアヌ・リーブス(俳優)• スティング ミュージシャン• ニコラス・ティンバーゲン(ノーベル医学生理学賞受賞 動物行動学者)• 鈴木重子 日本ジャズヴォーカル大賞・新人賞 歌手• ロビン・ウィリアムズ アカデミー助演男優賞受賞 俳優• ジョージ・バーナード・ショウ ノーベル文学賞,アカデミー脚本賞受賞 劇作家 アレクサンダー・テクニークを取り入れている学校• ジュリアード音楽院• ニューヨーク・アクターズ・スタジオ• ワシントン大学• 英国王立演劇アカデミー• ロンドン音楽演劇学院• オーストラリア国立演劇学院 など <こんな方がこれまでレッスンを受けています> 主婦の方、一般のサラリーマンやOLの方を始め、下記のような職業の方もいらっしゃいます。 ファッションモデル• 歌手・ヴォーカリスト• オペラ歌手• ピアノ奏者・ピアノ教師• チェロ奏者• ピラティスインストラクター• ヨガインストラクター• メディカルドクター• 整体師• マッサージ師• 中学・高校教員• 研究職• プロスポーツコーチ 「アレクサンダー氏が自身の体の誤用に気づいたとき、彼は人々の観察を始め、そして少なくとも近代西洋社会においては、大多数の人々は、同じように欠陥のあるやり方で立ち、座り、動いていることを学んだ。 」 ニコラス・ティンバーゲン教授、 ノーベル賞受賞者 1973年 ノーベル医学生理学賞授賞のスピーチより) 「私は、アレクサンダー・テクニークを、高度に洗練されたリハビリテーションの一つとして推薦する。。。 個人的な体験から、我々は、アレクサンダー氏や彼の支持者が主張していることを確認できる。 それは、体の筋肉組織に違うように機能することを教えることで、様々な精神的および肉体的な機能低下や病気を、時には驚くべき度合いで、軽減することが可能であるということである。 我々はすでに驚きをもって、高血圧、呼吸、眠りの深さ、全体的な機嫌のよさと意識の明晰さ、外的プレッシャーからの回復力、そして楽器を演奏するなどの洗練されたスキル、などの多様な分野において、驚異的な改善が起こっていることを知らされている。 」 ニコラス・ティンバーゲン教授 1907-1988 ノーベル医学賞受賞者 1973年 1973年 ノーベル医学生理学賞授賞のスピーチより.

次の

青木ポール紀和

ポール アレクサンダー

の伝記を読んでみようと探していたら、翻訳されているものでは、ポール・アレクサンダーの物とドナルド・スポトーの物が見つかった。 原著の発表は前者の方が早い。 そして、アマゾンではアクレサンダーの物がかなり酷評されている。 気になったので、今回読んでみることにした。 ちなみにアレクサンダーは『を追いかけて』の著者でもある。 は、1931年にマリオンに生まれた。 6歳の時、父親の仕事の都合でロサンゼルスに転居。 9歳の時に母を癌で亡くし(父親は後に再婚)、で暮らしていた伯母夫婦の下で育てられることに。 彼は幼いころから様々な芸術に興味を持ち、特に演劇に惹かれていった。 高校を卒業すると、を離れ、父親のいるロサンゼルスへと移る。 しかし、父ウィントンは、息子が俳優を目指すことに反対し、二人の仲は悪化する。 1950年秋、ディーンはサンタモニカ市立大学からUCLAに転校する。 彼はそこで演劇を本格的に学ぶことになるが、学内のオーディションでこきろされたことに反発し、最終的には中退。 在学中に『』のマルコムを演じた際、エージェントの目に留まったことから、プロの俳優として活動することになる。 本書には、ディーンが役を求めていわゆる「」を男相手にしていたことが、はっきりと書かれている。 だが、ロサンゼルスでは数本のテレビドラマに端役として出演しただけで大成せず、ディーンはニューヨークへと向かう。 そして、のいるの入団オーディションを受け、見事合格。 21歳の時だ。 その後『を見よ』という演劇で評価を高め、の『背徳者』を翻案した劇に出演している最中、『』を映画化しようとしていたに発掘され、スターの道を駆け上がっていくことになる。 だが、1955年、自動車事故で死亡。 24歳だった。 彼が『ツ』の後で出演することになっていた『傷だらけの栄光』は、が代わりに出演し、ニューマンをスターにした。 本書の評判が悪い理由の一つは、著者の書き方にあると思われる。 アレクサンダーは、ディーンの内面を感情的な独白調で書いてみたり、ある出来事を描くのに物語風にしてみたりと、「小説 」的な感じの記述を採用していて、いささか客観性に欠けるきらいがあるのだ。 また、ゲイとしてのという側面をことさら強調していることも、反発されている原因だろう。 ディーンがゲイであったということは、アマゾンでの紹介文を見る限りスポトーの本でも触れられているようだが(ちなみに、は『ハリウッド・バビロン』の中で、ディーンがSM好きだったことから「人間灰皿」というあだ名をつけられていた、と書いている)、本書はその書き方がかなり生々しいので、伝記というよりかは「暴露本」として受け止められているのではないだろうか。 ただ、ディーンの人生の流れを知るという点に限って言えば、特に支障は感じなかった。 それにしても、24歳の若さで死んだ人間の人生が一冊の本になるというのはすごいことだ。 ただ、それだけはさすがに分量が足りなかったのか、それとも当初の予定通りなのか、本書ではディーン死後の出来事にもそれなりに書かれている。 財団のごたごたについては、読む価値があるだろう。 著者が老人ホームにいるディーンの父に会いに行く場面も描かれている。

次の