頭 皮脂。 頭皮が脂っぽく、べたつく原因

頭皮が脂っぽく、べたつく原因

頭 皮脂

白い粒は頭皮の脂? 白い粒の正体は 脂です。 角栓様物質と呼ばれていますが、正式な医学用語ではありません。 この脂は食事やシャンプー、整髪料などが原因で出来やすくなります。 もしかしてシラミ? シラミはご存知でしょうか? 最近ではめっきり増えましたが、頭皮に生息する虫です。 頭皮の血を吸って 繁殖します。 普段の生活なら感染することはありませんが、 プールや寝具、ヘアブラシ、マフラー、帽子、タオルの共有などから感染します。 季節に関係なく 感染します。 悲しいことに清潔にしていても、 感染している人と上記のような媒体で伝染ってしまいます。 シラミの卵は、フケとよく似ていて白い粒です。 また茶色がかった色もあります。 異常なかゆみが続いたら、 シラミの可能性があります。 もしも自分の子供が感染していたら、おそらくほかの子供たちも 感染しています。 その場合は、学校にも連絡しましょう。 自分の子供が治っても、また 感染してきてしまいます。 そして、白い粒が シラミの卵だったなら、 スミスリンシャンプーで退治しましょう。 もしかすると牛乳を普段からよく飲んでいないでしょうか? コーヒーに入れていても同様です。 実は牛乳には、 男性ホルモンの テストステロンをたくさん分泌してしまいます。 そのことにより、ニキビが出来やすくなるほど過剰に、肌や頭皮から 皮脂が出るのです。 もし、牛乳をたくさん飲んでいるなら少し控えめにする方が良いでしょう。 それ以外では、いわゆるジャンクフードも皮脂を増やす原因になります。 揚げ物やお菓子、ケーキなども食べ過ぎてはいないでしょうか? 白い粒の原因は脂のとりすぎ? 肌でも同じことが言えるのですが、気になって洗いすぎたり 洗浄力の強いシャンプーを使用していると 体は足りなくなった 脂をどんどん毛穴から出すようにします。 体は皮脂を出すことによって、肌に膜をはって守る役目があるのです。 白い粒が出てしまうのは、シャンプーのしすぎの可能性も高いです。 対策としては、シャンプーを使わない日を決めて、その日はお湯だけで洗いましょう。 シャンプーはすっきりしても、毛穴にシャンプー剤が残っていることが多く、それが皮脂が混ざって 臭いと過剰な 脂のもととなります。 油で皮脂を適度に取る 石鹸の成分に油が含まれているのはご存知の方も多いと思います。 白い粒が多い時は、天然の油で マッサージしてみましょう。 皮脂に最も近い油は、 オリーブオイルや 椿油があります。 特に オリーブオイルは、すぐに手に入るので思い立ったら行動できます。 マッサージをする時には、少量ずつ手に取りこすりあわせ 温めてから頭皮になじませていきましょう。 頭皮自体のこりをほぐすようにまんべんなく マッサージをします。 ブラッシングをこまめにする ブラッシングは、髪の毛のもつれをとくだけではありません。 頭皮に刺激を与え、毛穴のつまりにも効果があります。 また頭皮の血行がよくなるので、たるんでいた毛穴も引き締まってきます。 毛穴が大きいと、たくさんのいろいろな物が毛穴から流れ込みます。 シャンプー剤もたくさん毛穴の奥に溜まっていきます。 ブラッシングは、頭皮の健康を保つに最適なので、髪が短い長いにかかわらず日課にしましょう。

次の

頭皮の硬くて白い粒は皮脂?出ないようにする対策が知りたい

頭 皮脂

目次でパッと理解する• 気になる頭皮脂!髪の毛テカったままでで大丈夫? 自分の頭皮から分泌される頭皮脂が多いのか少ないのか、まじめに真剣に考えたことがあるという人は以外と少ないものです。 しかし、頭皮脂が多くなってくると、まず髪の毛がベトついたり、テカるという悩みを持つようになるので、そうなったら本気で頭皮脂の量を抑えることについて考えてみたほうが良いでしょう。 実はマイナス面ばかりではない!皮脂には役目があった! 肌においても同様のことが言えますが、「皮脂」というとニキビの原因を作りだしたり、メイク崩れを引き起こすなど、何となく抑える必要がある、肌に悪いマイナスなイメージを持たれがちな傾向にあると考えている人が多いのではないでしょう。 しかし、皮脂には非常に重要な役割があり、皮脂があるからこそ健康で若々しい、美しい肌を維持することができているとも言えます。 頭皮も同じで、適切な量の頭皮脂はむしろ頭皮にとって必要不可欠であり、健全な頭皮の状態を保つためには無くてはならないものなのです。 <頭皮脂が果たしている重要な役割>• 頭皮の水分を適切に保ち保湿をしてくれる• 頭皮をホコリや紫外線などの外部刺激から保護、バリア機能、殺菌作用がある• 頭皮を柔軟に保ち、滑らかな皮膚を維持する• 髪の毛が健全に生えてくるサポートをする 頭皮脂には上記で説明したように頭皮のために非常に重要な役割がいくつもあります。 頭皮が乾燥することでさまざまな肌トラブルを生みだしてしまうことを、頭皮脂で保湿をして守っているのです。 健康な頭皮を常に維持するために無くてはならない役割だといえるでしょう。 さらに頭皮脂の分泌が十分でないと、紫外線などの外部刺激を直接的に頭皮が受けてしまうことになり、頭皮だけでなく髪の毛にも悪影響を与えることは間違いありません。 そして頭皮の柔軟性、伸縮性を保つことは髪の毛の生え方に非常に深く関係しています。 頭皮脂が適度に分泌されて髪の毛がテカるということは、頭皮に取って大切なことであり、頭皮脂と頭皮の状態は密接な関係性があるといえるのです。 ただし皮脂の過剰分泌にはケアが必要 しかし、どんなに頭皮のターンオーバーにとって頭皮脂が必要だといっても、過剰分泌してしまうとあまり良い影響ばかりとはいえなくなってしまいます。 むしろ皮脂の過剰分泌は頭皮に悪い影響を与える機会の方が多く、頭皮に取って良くないものとなってしまうのです。 ここからは、頭皮脂が過剰分泌される場合、どうしてその分泌を抑える必要があるのか、過剰分泌された頭皮脂が引き起こす髪の毛のテカリをはじめとした、さまざまなトラブルの例をご紹介していきます。 頭皮脂が引きおこすトラブルとは? 頭皮脂が原因でおこるトラブルはさまざまです。 そのトラブルも自分だけが気になるけれどあまり他人には伝わらないような悩みだったり、髪の毛がテカるような見た目だけで頭皮トラブルがあるということがわかるもの、頭皮脂にまつわるトラブルは非常に多岐にわたります。 そんなさまざまな頭皮トラブルの中でも、ここでは頭皮脂が過剰分泌されることで非常に多くの人が陥りやすいトラブルをいくつかご紹介していきます。 頭の臭いが気になる 自分以外の人の頭から、古い油のような独特のにおいを感じたという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。 頭皮脂が過剰分泌されることで悩む頭皮トラブルの多くが、この頭の臭いが気になるということになります。 男女問わず頭皮が過剰分泌され脂っぽい状態になると、この古い油のような独特の頭の臭いを発するようになってしまうのです。 この臭いが発生してしまう原因は、過剰分泌された頭皮脂が酸化して起こるもの、頭皮脂が多い人ほど臭いはキツくなる傾向があるので、周りの人に嫌悪感を与えないためにも頭皮脂を抑える必要があります。 油っぽいフケがでる フケは頭皮の古くなった角質が剥がれ落ちる現象ですから、健康な頭皮の人でもあるものです。 しかし、頭皮の過剰分泌を起こしている人の場合、このフケも油っぽく、さらにフケの量も非常に多く目立つようになってしまいます。 自分だけでなく人に対しても見た目で不快な思いをさせてしまう頭皮トラブルになるので、フケを抑える必要があります。 髪の毛がテカってる 頭皮脂の過剰分泌は頭皮にとどまらず、髪の毛のテカりまでも引き起こしてしまいます。 見た目も悪く、髪型のセットも難しくなります。 しっかりと洗って頭皮脂を減らしたつもりでも、すぐにまた元のべっとりとした印象の髪になってしまいます。 髪の毛がテカるほど過剰分泌される頭皮脂の原因とは? では、このように頭皮脂が過剰分泌されてしまう原因とはいったい何なのでしょうか。 ここからは頭皮脂が過剰分泌されてしまう根本的な原因と、そのメカニズムについて迫っていくことにしましょう。 不適切なシャンプー 頭皮脂を過剰に増やしてしまう原因の一つに、不適切なシャンプーの使用というものが挙げられます。 頭皮脂をしっかりと洗い流すためには、泡立ちの良い洗浄力が強力なシャンプーでしっかりと洗うのが良いというイメージを持たれがちですが、実はそれが正解とは限らないのです。 頭皮が必要としている皮脂までもごっそりと洗い落としてしまい、不足した頭皮脂を何とか補おうという働きから、過剰な皮脂分泌を引き起こしてしまうことも珍しくありません。 脂質や糖質の多い食生活 昨今の食生活の欧米化による、脂質や糖質の過剰摂取も頭皮脂の分泌を増加させてしまう要因の一つです。 外食が多い方、揚げ物を頻繁に召し上がる方は特に注意が必要となります。 肉類には皮脂分泌量を多くする油分が大量に含まれていますし、炭水化物は体内で糖質に変化し肥満をまねく要因になり、これも皮脂分泌を多くする要因になります。 普段、脂質や糖質が多い食生活に傾いているという人は摂取を抑える必要があります。 ストレスや睡眠不足による生活サイクルの乱れ 現代人に多いストレス、睡眠不足なども頭皮脂の過剰分泌につながります。 現代人に取って毎日が忙しく複雑な生活スタイルを改善するのは非常に難しいことですが、頭皮の状態を考えると、なるべくストレスを溜めないで、抑えるような生活を心がけること、そして睡眠時間をしっかり確保するということが望ましいと言えるでしょう。 頭皮脂を抑えるためのケアとは? このように、適切な量を超えた頭皮脂の分泌は、頭皮だけでなく髪の毛、さらにはその人の第一印象や他人に対する迷惑にまで発展したトラブルを招いてしまいます。 頭皮脂を抑えることは、頭皮や髪の毛だけでなく自分のイメージアップにもつながる必須項目だといえるでしょう。 ここからは頭皮脂を抑えるために試してほしいケア方法をご紹介していきます。 シャンプーの見直しで頭皮脂を抑える まずは髪がテカる程の頭皮脂を抑えるためにシャンプーを見直していきましょう。 前述のように、雑菌などに効く強力な洗浄力を持つシャンプーは使用しないことが鉄則です。 シャンプーに含まれている成分をしっかりと確認し、頭皮に優しいかどうかを最重要視しながら厳選しましょう。 アミノ酸系シャンプーやノンアルコール、ノンシリコンなど頭皮に優しいシャンプーを選ぶようにし、さらに添加物などにも注意が必要です。 頭皮を常に柔軟に保ち、毛穴の汚れをしっかりと落としておくということは、健全な頭皮の状態を維持し、過剰分泌を抑えて、適切な量の頭皮脂の分泌を促すには欠かせません。 自分で定期的にオイルクレンジングを行っても良いですし、ヘッドスパなどにいって行うのも良いでしょう。 頭皮用ローションで保湿 頭皮脂が頭皮の乾燥によって過剰分泌されてしまうという人には、頭皮用ローションでしっかりと保湿するということも非常に効果的な方法になります。 乾燥を何とかしようとたくさん皮脂を分泌してしまうことも抑えることができますし、乾燥状態で敏感になっている頭皮が外部刺激をもろに受けてしまうということも抑えます。 頭皮用ローションをつかって頭皮を保湿することは、皮脂分泌を抑えるだけでなく頭皮を守ることにもつながるのです。 野菜や魚を意識した食事を心がけましょう。 食事によって皮脂が作られる原料となる脂質の摂取を控えること、糖質の過剰摂取による肥満で皮脂分泌をアップさせてしまうことを抑えることは、頭皮の健康だけでなく自分の健康のためにも非常に重要なことになります。 髪がテカるのを抑えるためにサプリで必要な栄養素を補給 バランスの良い食生活と同時に、サプリで必要な栄養素を効率よく吸収するということも有効です。 一日に必要な栄養素、頭皮や髪の毛のことを考えてたくさんの栄養素を取ろうとすると、過剰摂取につながりやすく、バランスの良い食生活が乱れてしまいます。 サプリなら頭皮や髪の毛、体に良い栄養素を簡単に継続して摂取することを可能にしてくれます。 生活リズムを整えて髪のテカリを抑える 皮脂の過剰分泌をまねくストレスや睡眠不足を改善することで、テカリの原因となる頭皮脂を抑えることにつながります。 毎日の生活リズムを整えるだけで、体の内側の部分から皮脂の分泌リズムも同時に整えることができるのです。 脂漏性皮膚炎の疑いがあるなら、すぐに皮膚科で診てもらおう マラセチアという真菌によって脂漏性皮膚炎を引き起こしている場合、セルフケアで何とかしようとしても対処できないことが多くなります。 マラセチアは皮脂を好み、皮脂分泌が非常に多い場所に繁殖しやすいので、頭皮脂が多い人は要注意です。 非常に強いかゆみが続く、赤くなったり炎症を起こしている、頭皮がべらべらと剥がれてしまうような状態になった時には、すぐに皮膚科で診てもらうようにしましょう。 まとめ 頭皮脂を抑え、皮脂の分泌量を適切に保つことは、頭皮や髪の毛の健康を維持するだけでなく、髪の毛がテカって目立ってしまうような、その人の第一印象までをも左右する非常に大事なことです。 頭皮から分泌される皮脂の状態を良好に保つため、さまざまな対処法を行い、頭皮脂の過剰分泌を抑えることで、いつも健康で美しい頭皮を維持するようにしましょう。

次の

寶寶油頭怎麼辦?

頭 皮脂

流行病學 [ ] 有兩個好發年齡段,一個是2周齡到1周歲,一個是青春期到成年期。 徵狀明顯的患者僅占1~3%,多在30~40歲發生。 男性多於女性。 的患病率更高,而且徵狀更重。 在HIV感染的早期,脂溢性皮炎的患病率估計在35%左右,而到了,患病率則激增到85%。 患者常常合併皮脂分泌過多,也容易出現脂溢性皮炎,患者接受治療後皮膚情況也常常得到改善。 發病機制 [ ] 尚不明確,雖然本病好發於皮脂腺豐富的區域,但可以肯定的是患者的皮脂分泌並無亢進,因此,「脂溢性」一詞應該理解為「發生於皮脂溢出區域的(of the sebaceous areas)」,而非「皮脂分泌過多的」。 皮脂分泌是脂溢性皮炎發病的必要條件,可能的原因是皮脂能夠刺激真菌生長。 早在19世紀,人們就觀察到馬拉色菌屬真菌聚集於皮脂溢出區域;隨後,可以治療脂溢性皮炎進一步確定了「真菌假說」的地位;然而,馬拉色菌屬真菌的致病機制尚未完全闡明。 其它可能相關的因素,包括、、以及等等。 對於兒童來說,過度攝取可能會引起脂溢性皮炎。 缺乏 和 和 (也被稱為) 也可能是一個原因。 徵狀 [ ] 頭皮上出現嚴重脂溢性皮炎徵狀的情形 好發於,徵狀包括出現鱗屑,片狀皮屑,瘙癢,以及潮紅。 脂溢性皮炎可能會在視覺上不太舒服,並且稍微感到有點瘙癢,但通常是沒有嚴重危害的。 這些徵狀通常會一直存在,但較容易通過已有的藥物治療來控制。 在治療之後,這些徵狀可能會在幾個月,乃至若干年後復發。 和其它一些有類似徵狀的一樣,脂溢性皮炎通常也會寬鬆的被定義為一種,但是它和其它同樣被定義為濕疹但是徵狀更嚴重的皮膚病是有區別的。 脫髮 [ ] 脂溢性皮炎的其中一種副作用是可能引起暫時性。 如果出現急性暴發,並且長期缺乏治療,則可能因為毛囊損傷而導致永久性脫髮。 可使用含有Minoxidil的生髮水或含有Finasteride的口服生髮藥來治療。 治療 [ ] 普通的和所包含的 一些化學物質(例如 sodium laureth sulfate)可能會在皮膚表層沉積,造成皮膚表層脫水 ,從而使 徵狀突然惡化。 過往坊間會建議民眾定期轉換洗髮水的品牌,透過不同的洗髮水配方來清理皮膚上的沉積物。 但另一方面,其實若有合適的替代辦法會更好。 基於 皮膚科專家 的建議,應該採用含有、(ciclopiroxolamine)、、或者( zinc pyrithione,又稱砒硫鋅)的洗髮水來進行治療。 對於嚴重的病情,需要首先使用諸如、等的來降低角質層的密度,以便後續的治療。 但長期使用皮質類固醇進行局部治療,可能會導致永久性的皮膚改變,例如:和。 此外,有時候也會開出局部使用( Pimecrolimus)的藥方。 局部使用每克含50毫克的水溶性軟膏,也是一種有效的治療方式。 建議補充多種營養素,包括:每天兩次3毫克維生素H , ,每天20到30毫克的 ,以及每天一湯勺。 和兩種紫外線會抑制的生長 ,不過需要特別注意的是,這些紫外線會造成曬傷。 根據美國家庭醫師協會的建議,有一種治療的方式是被證明是可行的,尤其是類固醇或其它洗髮水治療沒有任何效果,同時患者一直忍受著迅速脫髮的痛苦時——採用低劑量的維甲酸(),約每天10到30毫克。 其有效的具體機制並不清楚,但據估計是通過減少油脂分泌來實現的。 油脂分泌過多,被認為是導致脂溢性皮炎的一個重要因素。 如果對患者採取上述治療,則需要每個月對患者的肝功能進行適當的評估。 對於女患者來說,在特定的時期需要特別謹慎,因為這有可能導致胎兒缺陷。 對於慢性的脂溢性皮炎,可以常年採取這種低劑量的治療。 儘管如此,患者需要每6個月停止1到2個月的用藥,以便觀察患者是否還是有類似的徵狀。 其它建議的治療方式包括 增加空氣濕度,以及使用含有或者不含有燕麥成分的潤膚霜。 使用含有的乳液可能有助於清除脂溢性皮炎——患者可以在沐浴時塗上,然後再沐浴完畢前沖洗乾淨。 藥物治療 伊曲康唑 植物療法 [ ]• James, William; Berger, Timothy; Elston, Dirk 2005. Andrews' Diseases of the Skin: Clinical Dermatology. 10th ed. Saunders. Tajima M, Sugita T, Nishikawa A, Tsuboi R. pdf. J Invest Dermatol Nature Publishing Group. Feb 2008, 128 2 : 345—51 [ 2012-02-12]. (英語). Berger RS, Stoner MF, Hobbs ER, Hayes TJ, Boswell RN. Cutaneous manifestations of early human immunodeficiency virus exposure. J Am Acad Dermatol. Aug 1988, 19 2 Pt 1 : 298—303. (英語). Burton JL, Cartlidge M, Shuster S. Effect of L-dopa on the seborrhoea of Parkinsonism. Br J Dermatol. 1973, 88 5 : 475. (英語). Kohn SR, Pochi PE, Strauss JS, Sax DS, Feldman RG, Timberlake WH. Sebaceous gland secretion in Parkinson's disease during L-dopa treatment. J Invest Dermatol. 1973, 60 3 : 134. (英語). Burton JL, Pye RJ. pdf. Br Med J Clin Res Ed. 1983-04-09, 286 6372 : 1169—70 [ 2012-02-12]. (英語). Hay RJ. pdf. Br J Dermatol. Oct 2011, 165 Suppl 2 : 2—8 [ 2012-02-12]. (英語). Johnson BA, Nunley JR. Treatment of seborrheic dermatitis. Am Fam Physician. 2000, 61 9 : 2703—10, 2713—4. Janniger C, Schwartz R. Seborrheic dermatitis. Am Fam Physician. 1995, 52 1 : 149—55, 159—60. Am Fam Physician. 2006, 74 1 : 125—30. Schwartz R, Janusz C, Janniger C. Am Fam Physician. 2006, 74 1 : 125—30. Faergemann J, Jones J, Hettler O, Loria Y. Pityrosporum ovale Malassezia furfur as the causative agent of seborrheic dermatitis: new treatment options. Br J Dermatol. 1996,. 134 Suppl 46: 12—5: discussion 38. Smith J, Wehr R, Chalker D. Corticosteroid-induced cutaneous atrophy and telangiectasia. Experimental production associated with weight loss in rats. Arch Dermatol. 1976, 112 8 : 1115—7. Scheinfeld N. Skinmed. 2005, 4 1 : 49—50. Murray, Michael; Pizzorno, Joseph 1997. "Encyclopedia of Natural Medicine" Revised 2nd Edition Three Rivers Press. Murray, Michael; Pizzorno, Joseph 1997. "Encyclopedia of Natural Medicine" Revised 2nd Edition Three Rivers Press. Murray, Michael; Pizzorno, Joseph 1997. "Encyclopedia of Natural Medicine" Revised 2nd Edition Three Rivers Press. Murray, Michael; Pizzorno, Joseph 1997. "Encyclopedia of Natural Medicine" Revised 2nd Edition Three Rivers Press. Murray, Michael; Pizzorno, Joseph 1997. "Encyclopedia of Natural Medicine" Revised 2nd Edition Three Rivers Press. Wikler J, Janssen N, Bruynzeel D, Nieboer C. The effect of UV-light on pityrosporum yeasts: ultrastructural changes and inhibition of growth. Acta Derm Venereol. 1990, 70 1 : 69—71. Graedon, Joe; Graedon, Teresa, The People's Pharmacy, Atlanta Journal Constitution Evening Edge Atlanta Journal Constitution , 2008-04-17: 15• www. who. int. [ 2008-03-18]. (存檔於2008-04-12). books. google. com. [ 2008-03-19]. 外部連結 [ ].

次の