にゃんこ 河の流れのように 攻略。 にゃんこ大戦争 ほの暗い沼の底から かわわっぱJr.降臨!! 河の流れのように 超極ムズ攻略 ネコックマ(ネコブラックマ)入手ステージ 簡単攻略の追記あり

死霊妖精クオリネム降臨 最後の死者 超極ムズ攻略

にゃんこ 河の流れのように 攻略

ネコカメラマン• ムキあしネコ• ネコバケーション• ムササビネコ• 天空のネコ• 大狂乱の天空ネコ• 攻守両方を役割を果たすネコカメラマンは本能解放で『生き残る確率』をMAXまで上げておきます。 あとは属性を持たない敵を妨害するネコバケーションとジャイにゃんも必須。 もし取得してない場合は『夜は短し夢いよ乙女』・『ブルーインパクト』を攻略してドロップしましょう。 にゃんコンボはネコカメラマン・ネコバケーション・ジャイにゃんをできるだけ多く出撃させるために研究力を強化。 アイテムもネコボンとスニャイパーを使っています。 また戦略として、にゃんこ砲もかみなりに設定しておいてください。 激レア・超激レアでいると便利なキャラ 今回は無課金を中心に編成を組みました。 ただもし『属性を持たない敵』を妨害させるガチャキャラがいれば編成に入れておくと便利です。 例えば やアタタタアシランなど。 敵の烈波が届かない距離から妨害できるのでオススメ。 にゃんこ大戦争『河の流れのように』を攻略する方法【正攻法】 ではさきほどの編成を中心に河の流れのようにの攻略方法を解説していきます。 攻略のポイントは全部で5つあります。 まず1つ目はステージ序盤でお金稼ぎをすること。 研究力を強化した状態でネコカメラマンを量産するので、お金が必要になります。 それからはゴムネコは出撃させないので忘れてください。 2つ目のポイントはにゃんこ砲のタイミング。 ネコカメラマンを量産したまま相手の城を叩くと、ボスキャラが出てノックバックされます。 その瞬間ににゃんこ砲『かみなり』を発動して、敵の侵略を防ぎます。 3つ目のポイントは出撃キャラについて。 かわわっぱが出てきてからはネコカメラマン・ネコゼリー・ムキあしネコは常に出撃。 タイミングは関係なく出していきます。 だから序盤でお金を貯めないといけない 4つ目はジャイにゃんとネコバケーションのタイミングについて。 先ほどの3体と違って妨害キャラはタイミングが大事。 5つ目のポイントはにゃんこ砲の使い方。 2回目以降のにゃんこ砲はネコバケーションでかわわっぱをふっとばした後に使います。 これで動きを止める時間が長くなるので、ネコバケーションの2撃目も当たりやすいですよ。 あとは烈波がどこで出てくるかの運に任せましょう。 妨害するタイミングが合えば意外とすんなり攻略できたりしますよ。

次の

ほの暗い沼の底から 河の流れのように 超極ムズ攻略

にゃんこ 河の流れのように 攻略

もくじ• 出現する敵 まずは出現する敵のおさらいから。 敵キャラ全体のキャプチャーを撮り忘れてしまいましたが、確かこんな感じです。 例のヤツ (白) スリラーズ (ゾンビ) ハサミーマン (エイリアン) かわわっぱJr. (白い敵) 強化されたハサミーマン、地味に攻撃力が高いスリラーズ、そしてなんと言ってもかわわっぱJr. の烈波(れっぱ)の前に高体力の超激レアですらなすすべなく蒸発。 あらゆる戦法を試した結果、大量のリーダーシップとアイテムを失うことになりました。 参考にさせて頂いたのはです。 キャラ編成(参考) 出撃制限攻略のキャラ編成です。 ムキあしネコ ねこランタン 大狂乱のムキあしネコ キモマロにゃん にゃんこ化癒術士CC 使わない 使わない Lv40 使わない Lv40 大狂乱のゴムネコ ネコゼリーフィッシュ ネコカメカー ネコエクスプレス 覚醒のネコムート Lv50 Lv50 Lv50 Lv40 Lv50 とても良い編成です。 と言うよりこれ全部揃えないと出撃制限狙いでのクリアは難しいですね。 にゃんコンボ この攻略ではにゃんこ化癒術士CCの動きを止める効果とにゃんコンボの「動きを止める」効果アップ小中の重ね技でスリラーズを完全停止させる必要があります。 出撃制限攻略の話し さてここからは攻略話です。 最大12体までしか画面上に敵が出ない制限を利用して攻略します。 つまりゾンビのスリラーズを完全停止させて上の画像のような状態を作りだします。 さて、どのように計算するのか?強化されたハサミーマンをネコカメカーでフィニッシュするための小学生レベルの引き算をするだけです(笑) では早速計算してみましょう!下の表は 私の場合(重要)です。 覚醒のネコムートは2回目の攻撃の前に大狂乱のゴムネコを出してハサミーマンの攻撃を防ぎましょう。 そしてネコムートの2回目の攻撃後に大狂乱のムキあしネコで調整しているのがポイントですね。 因みに火力調整はキャラの進化形態を変えて攻撃力を下げるなんて手もあります。 ネコゼリーフィッシュの波動は「例のヤツ」を処理できるので、非常に優秀です。 何度かやっていれば、下の状態は簡単に作りだせるようになるかと思います。 スリラーズを二匹、三匹、、、と十二匹まで数えながら眺めている期間に突入するのですが、スリラーズが停止する前にネコカメカーにダメージが入る事があります。 これがなかなか危険です。 ネコカメカーが粉砕されたらジ・エンドなので、より安定させるためにネコカメカーはLv50まで上げています。 その体力はなんと162,000にもなります!また癒術士も攻撃頻度的に2体で停止させた方が安定します。 2体目出す時は、1体目と攻撃モーションが重ならないように、数秒ずらしましょう。 スリラーズが12体揃ったら、覚醒のネコムートを出して勝ち確定、、、ではないです。 12体重なったスリラーズの攻撃力が半端ないので、一つ目のネコカメカーだけではすぐに粉砕されてしまいます。 ネコカメカーをぶつけてタイミングよく癒術士を出し、そこでスリラーズをうまく停止させる事ができればようやく勝ちです。 入手できるキャラ レアキャラ「ネコックマ」をゲットしました!1回目の勝利では貰えなかったので、2回目以降、トレジャーレーダーを使ってゲットしました(笑) さて、ゲットしたネコックマを見てみましょう。 スリラーズを12体停止させたら覚醒のネコムートを出撃。 スリラーズ復活に備えて、ネコカメカーとにゃんこ化癒術士は出撃可能状態にしておきましょう。 2020年2月 月 火 水 木 金 土 日 2 3 4 5 6 7 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 24 25 26 27 28 29 最近の投稿• カテゴリー• 17 タグ.

次の

にゃんこ大戦争 仄暗い沼の底から 攻略動画集

にゃんこ 河の流れのように 攻略

イベントステージ「」クリア後、低確率で入手できるレアキャラクター。 初の伝説レア以外の極ダメージ持ち。 対応属性である白い敵または黒い敵に絶大なダメージを与えることができる。 ただし、と異なり、射程はたったの140であるため攻撃する前にやられやすい。 幸い攻撃発生が早く量産性もあるため、攻撃間隔の長い敵に潜り込む、停止などの妨害で隙を作るなど工夫すると、攻撃を当てて活躍できるだろう。 第2形態は、神速であるがモチーフである名残なのか、第1形態と比べてやや足が速くなっている。 ネコックマ Lv. 30 ネコブラックマ Lv. 30 体力 13,600 13,600 攻撃力 8,160 8,160 DPS 2,331 2,331 対象 範囲 範囲 射程 140 140 速度 10 16 KB数 2回 2回 攻発生 0. 2秒 0. 2秒 攻間隔 3. 5秒 3. 5秒 再生産 4. 87秒 4. 87秒 出撃コスト 1章 2章 3章 440円 660円 880円 経験値表 Lv. 1 Lv. 2 Lv. 3 Lv. 4 Lv. 5 3,500 6,200 9,800 14,300 19,700 Lv. 6 Lv. 7 Lv. 8 Lv. 9 Lv. 26,000 33,200 41,300 50,300 4,000 Lv. 10 Lv. 11 Lv. 12 Lv. 13 Lv. 14 7,000 12,400 19,600 28,600 39,400 Lv. 15 Lv. 16 Lv. 17 Lv. 18 Lv. 19 52,000 66,400 82,600 100,600 6,000 Lv. 20 Lv. 21 Lv. 22 Lv. 23 Lv. 24 10,500 18,600 29,400 42,900 59,100 Lv. 25 Lv. 26 Lv. 27 Lv. 28 Lv. 29 78,000 99,600 123,900 150,900 7,000 Lv. 30 Lv. 31 Lv. 32 Lv. 33 Lv. 34 12,250 21,700 34,300 50,050 68,950 Lv. 35 Lv. 36 Lv. 37 Lv. 38 Lv. 39 91,000 116,200 144,500 176,050 8,000 Lv. 40 Lv. 41 Lv. 42 Lv. 43 Lv. 44 14,000 24,800 39,200 57,200 78,800 Lv. 45 Lv. 46 Lv. 47 Lv. 48 Lv. 49 100,400 132,800 165,200 201,200 0,000,000 総計 Lv10までの総計 204,000 Lv20までの総計 616,600 Lv30までの総計 1,235,500 Lv40までの総計 1,781,450 Lv50までの総計 2,603,050.

次の