いつも遊ぶ本体 変更。 価格.com

【Switch】「いつもあそぶ本体」の登録・確認・変更方法は?

いつも遊ぶ本体 変更

Nintendo Switch本体がされ、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツを、複数の本体にてダウンロードおよびプレイが可能となりました。 Nintendo Switch Onlineの利用に必須であるバージョン6. 00では、「ダウンロードできる本体」が「いつもあそぶ本体」に変更され、購入したコンテンツが複数の本体にダウンロード可能となりました。 利用に一定の制限はありますが(後述します)「友達のSwitchで手持ちのダウンロードソフトを遊びたい」ときの面倒さから解放されそうです。 合わせて本体バージョン6. 00以降は、ユーザーとニンテンドーアカウント連携の解除ができなくなるとのこと。 これは裏返せば、「Switch本体とダウンロードソフトとの厳密な紐づけ」が緩くなったことを意味します。 さて、従来はダウンロードソフト等を購入したSwitch以外の本体にダウンロードする場合は、まず元の本体、つまり「ダウンロードできる本体」からニンテンドーアカウントを削除。 購入情報の紐づけを解除し、新たな本体を改めて「ダウンロードできる本体」に登録し直す必要がありました。 Xbox LiveやPSN、Steamのように「複数の本体にダウンロード」は、簡単にできなかったわけです。 バージョン6. 00移行の新システムのもとでは、購入情報がSwitch本体ではなくユーザー=ニンテンドアカウントに紐付けられるため、そのユーザーが複数の本体に連携することで、別のSwitchでもダウンロード可能となったわけです。 細かな手順については、をご参照ください。 ここで「いつもあそぶ本体」とそうでない本体との違いは、後者で遊ぶ場合はインターネットに接続しておく必要があるということ。 起動時にインターネットに接続していても、その後接続せずにプレイし続けていると、一定時間経過後にプレイが強制中断されます。 また、同じニンテンドーアカウントを連携させたユーザーは、同時に複数の本体でダウンロードソフトをプレイできません。 さらにダウンロードソフトが保存された本体であっても、購入と紐付けられたニンテンドーアカウントを持つユーザー以外は、ソフトが起動できないとのこと。 要するに「1本のソフトで2人が(別のソフトとして)同時プレイ」や「ゲームの無限増殖は不可」というルールです。 こうした点から今回のポリシーは、あくまで「友達や家族などのSwitchで一時的にソフトを遊ぶ」的な運用を想定していると思われます。 しかし、データ引っ越しに関しては、これだけでもかなりシンプルになります。 同じユーザーがもう一台Switchを買ってダウンロードした上で、「いつも遊ぶ本体」に切り替えれば、事実上の「引っ越し」と呼べる状態になるため。 Nintendo Switch Onlineのセーブデータお預かり機能と合わせて、本体の買い替えがスムーズとなりそうです。 ただし注意点は、本体を譲渡・廃棄する前に「いつもあそぶ本体」の登録を解除しておく必要があるということ(インターネットに繋がった状態で「本体の初期化」を行っても同じ効果があります)。 もし解除し忘れて本体を廃棄したり、ないしは盗難に遭った場合は、任天堂への連絡などで少し手間がかかるかもしれません。 なお、本体バージョン6. 00のその他の変更点は以下のとおりです。 Nintendo Switch Online の正式サービス開始に対応• 「セーブデータお預かり」に対応• 「アルバム」に保存されている画面写真をSNSに最大4枚まで同時に投稿可能に(動画は一度にひとつだけ)• ユーザーに設定できるアイコンを追加(『進め!キノピオ隊長』より6種類)• 「みまもり設定」で設定されている年齢制限に応じて、「ゲームニュース」の視聴も制限• 「設定」でUSBキーボードのキー配列を指定可能に• ユーザーに連携しているニンテンドーアカウントを変更不可に• 任天堂ライセンス商品のコントローラーの動作を改善.

次の

2台目本体の購入後にやること|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

いつも遊ぶ本体 変更

コンテンツ• 購入済みダウンロードソフトを別のSwitch本体で遊ぶ方法 「ダウンロードできる本体」から「いつもあそぶ本体」へ変更 これまでの「ダウンロードできる本体」という設定項目は、バージョン6. 0への更新で「いつもあそぶ本体」に変更されました。 これはただ名称が変わっただけでなく、2台目以降のスイッチ本体でも一部条件付きで、購入済ダウンロードソフトを遊べるようになった、結構大きな仕様の変更。 「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウント」を複数本体のユーザーと連携している場合、一定の条件の下で、「いつもあそぶ本体」以外の本体でも遊ぶことができます。 詳しい情報は任天堂サポートページにされています。 「いつもあそぶ本体」ではない別の本体で遊ぶまでの手順 仮に『 デラックス』を別の本体で遊ぶ場合の設定手順は次の通りです。 本体(A)のユーザーが、ニンテンドーアカウント(a)と連携し、さらにニンテンドーアカウント(a)で『マリオカート8 デラックス』を購入している場合。 【本体(B)側の操作】本体(B)のユーザーとも、本体(A)と同じニンテンドーアカウント(a)と連携します。 【本体(B)側の操作】手順1でニンテンドーアカウント(a)と連携したユーザーでニンテンドーeショップを起動し、「アカウント情報」から『マリオカート8 デラックス』を再ダウンロードします。 ここまでで遊ぶ準備は完了します。 購入済ダウンロードソフトを遊べる条件 遊ぶ本体が「いつもあそぶ本体」に登録されているかどうかによって、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツが遊べるタイミング、ユーザーが異なります。 「いつもあそぶ本体」に設定してある本体 「いつもあそぶ本体」(A)に設定してあるスイッチ本体では、これまで通りいつでもソフトを開始することができます。 遊べるユーザーは、本体に登録されているすべてのユーザー。 ユーザーとニンテンドーアカウントの連携解除ができなくなった以外は何も変わりません。 「いつもあそぶ本体」ではない本体 「いつもあそぶ本体」に設定されていない別の本体(B)で、ダウンロードしたソフトを遊びたい場合は、一定の条件付きで遊ぶことができます。 本体(B)のユーザーがニンテンドーアカウント(a)と連携を行ってダウンロードしたソフトは「インターネットに接続している間のみ」遊ぶことができます。 またソフトを遊べるユーザーも、ニンテンドーアカウント(a)の連携を行ったユーザーのみとなります。 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶ際の注意点 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶときは、常時インターネット接続が必要 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶとき、その本体がインターネットに接続されていないと、ダウンロードソフトを起動できません。 起動時だけインターネットに接続されていればいいんでしょうと、起動時のみインターネットに接続して、その後インターネット接続がない環境でプレイし続けていると、一定時間経過後にゲームソフトが中断されます(再度インターネットに接続してプレイを再開すると、中断したところから遊べます)。 同時に遊べるのは1台だけ Nintendo Switch はバージョン6. 0で、「いつもあそぶ本体」ではない本体でもダウンロードソフトを遊べるようになりました。 ただし、同時に遊べる台数が1台までというのはこれまで通り変わっておらず、1つのニンテンドーアカウントから購入したダウンロードソフトを複数本体で同時に遊ぶことはできません。 複数の本体で同時にソフトを起動するとどうなるのかというと、後から遊ぼうとした本体でのプレイが優先されます。 そして最優先されるのは「いつもあそぶ本体」に設定されているメインのスイッチ本体です。 ダウンロードソフトを起動できるのは、「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウントが連携しているユーザー」のみ 「いつもあそぶ本体」に設定してある本体は、購入ソフトを本体に登録してあるすべてのユーザーで共有し遊ぶことができます。 これまで通りの仕様です。 「いつもあそぶ本体」でない本体の場合、ダウンロードソフトや追加コンテンツを利用できるユーザーは、その「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウントが連携されているユーザー」のみとなります。 他のユーザーは遊ぶことはできません。 同一のニンテンドーアカウントで購入したデジタルコンテンツを複数のNintendo Switch本体にダウンロードできるようになったとはいえ、1つのニンテンドーアカウントを利用するのは原則1人(1ユーザー)という考え方は変わらず。 同時起動台数は1台に限られます。 まとめ Nintendo Switch「ダウンロードできる本体」が「いつもあそぶ本体」へと変更され、条件付きですけれど、ニンテンドーアカウントを連携しておけば別の本体でも購入済ダウンロードソフトを遊べるようになりました。 同時に利用できるのは1台までという点は変わりません。 別本体で、購入済みDLソフトを遊ぶ際の利用条件 ざっくり• もともと使用していた本体のユーザーに連携したニンテンドーアカウントを、新しい本体のユーザーに連携させる• そのアカウントで購入したダウンロードソフトや追加コンテンツを、複数の本体で遊ぶことができる。 同時に遊べるのは1台(最優先は「いつもあそぶ本体」に設定してある本体)• 「いつもあそぶ本体」でない本体で遊ぶときはインターネット接続が必要(ソフト起動時も起動後も)• 別の本体でソフトを起動できるのは、ニンテンドーアカウントを連携しているユーザーのみ.

次の

【DLソフト2台同時起動?】2台目としてのNintendo Switch Lite購入/「いつもあそぶ本体」機能について

いつも遊ぶ本体 変更

先日我が家に2台目のPS4がやってきたのですが、 「え、じゃあソフトも2個買わないといけないの?」ってなってそんなことはなかったのでそのメモです。 もちろん モンスターハンターワールドも共有可能です。 ダウンロード版のソフトを購入することで共有可能! 結論からいうと可能なのですがちょっと面倒くさいです。 1時間位調べてようやくできました。 別の人が同じような苦しみを味わう必要はないのでこのページを見てさくっと幸せになってくれればと。 DL版を購入した側でやること まず【いつも使うPS4】の設定を外します。 その先の画面で登録解除しましょう。 それならそれでそのまま先に進みます。 やる側はこれだけでOKです。 DL版を共有される側でやること 1.DL版を購入したアカウントをPS4に登録 この画面の左側の【新しいユーザー】を押します。 上の【ユーザーを作成する】 次の画面が表示されたら【次へ】を押してください。 この画面でDL版を購入したアカウントのメールアドレスとパスワードを入力してください。 すると自動的にアカウントが作成されます。 2.【いつも使うPS4】として登録する 上に書いた解除方法と同じように画面を進めてここでは【登録する】を押します。 これで【いつも使うPS4】として登録されました。 僕の場合は、以前使ってたPS3が登録されてましたのでそこから解除して無事PS4を登録することができました。 これで設定自体は完了です 完了なのですが、注意点としては、 両方のPS4で同時にサインインできない というのがあります。 仮に両方でログインすると例えゲーム中であっても無慈悲にサインアウトされてPS4を起動したときの画面に戻されます。 上記誓約があるため、DLの仕方もちょっと工夫が必要なので引き続き説明していきますね。 DL版を購入する側でソフトを購入する これは普通にやっちゃってOKです。 購入したらそのままDLしちゃいましょう。 そしてDLが終わったらサインアウトしてください。 そしたら一番右の方に、【ライブラリ】という項目があるのでそれを押します。 左側に、【購入したコンテンツ】という項目があるのでそれを押します。 そこに購入したソフト等が表示されているのでソフトを選択すればDL可能です。 そしてDLが完了したら、別のアカウントに切り替えましょう。 先ほどDLしたソフトが表示されているはずです。 ここまできたら購入した側も普通にサインインしてOKです。 2つのアカウントで同時にプレイも可能です。 幸せいっぱいですね。 やってみた感想 DLするのに時間がかかる上にそれをふたつやらないといけないのがちょっと面倒な感じがしました。 ただソフトを2つ買うよりは全然マシなので当分はDL版を購入して嫁と一緒にゲームしたいと思います。 よくある質問 サブ垢は作れる? 共有される側はサブ垢でもプレイできますが、共有する側はサブ垢でのプレイはできなくなります。 垢BANされない? 今のところ僕自身されてもいないですし、されたっていう報告はないです。 が、 自己責任でお願いします。 今日の一言 とりあえず今はオーバーウォッチめっちゃはまってます。 質問です。 とても困っています。 友達のアカウントを教えてもらい、登録したはいいのですが、なぜかその友達のホーム 起動したライブラリとかがある画面 にいくと、自分のゲームやそのデータがあります。 友達のデータはありません。 ライブラリにいっても、自分のゲームしか無く、自分のゲームに鍵マークがついていて、そのゲームを入れようとするとこう出ます。 「このコンテンツは使えません。 このコンテンツはライセンスを持ってる以下のユーザー 自分の垢 だけが使えます。 あなたがコンテンツを使うにはstoreで購入して下さい。 」どうしてこうなるのだと思いますか? どうして友達のゲームが出ないのだと思いますか?対処法を教えて下さい! コメントありがとうございます! 結論から言うと可能だと思います。 解除の方法は記事内にかかれています。 以上です。 回答になっていますでしょうか。 彼女と一緒にPS4のゲームをするの楽しいですよね。 うちではテレビを2台並べて一緒にオンラインゲームをやってて楽しいですしなんか贅沢な感じがします。 笑 はじめまして。 別々のPS4というわけではなくあくまでひとつのPS4の中にある別々のアカウントでDLしたゲームをやりたいということでしょうか。 可能だと思います。 アカウントAとBがあるとして、 ・Aのアカウントを【いつも使うPS4】に登録。 もしでてこなければ下記を試してみてください。 ・Bのアカウントの【ライブラリ】にいきます。 (トップ画面の一番右側にあると思います) するとそこにAで購入したゲームなどがあってDLし遊ぶことができると思います。 回答になっていれば幸いです! こんにちは!昨日新しいPS4が来たのでここで書いてることやほかのブログなど参考にやってみましたが元々使ってた有料のダウンロードコンテンツを新しいPS4にサインインしてダウンロードを実行してる状態でも元のPS4でサインインするとサインアウトしましたという画面になりますがダウンロードは継続されますね。 サブアカウントも作った状態なので自動的にそのアカウントに切り替えられてました。 で、1台目にほかのアカウントでサインインしてもプレイはできないであってますよね? 「いつも使うPS4登録」することでダウンロードコンテンツが機器認証された状態になるのでそのPS4だとどのアカウントを使ってもプレイできるということですね。 同時にダウンロードできるかどうかは未知数ですね。 次回、何か購入時にやってみる価値はありますね。 BF4やっと30時間ぐらいかかってインストールできましたので今朝ふたりで同時プレイしてみました。 何か認証に時間差があるような感じですかね? ということで2台のPS4でダウンロードコンテンツを共有して尚且つ同時にマルチプレイもできるということが確認できました。 これからは積極的にダウンロード版購入したいと思います。 ガンダムバーサスはディスク版買っちゃいましたけど(笑) そうそう、追加のダウンロードコンテンツも共有できますよね?.

次の