イナズマ イレブン 打ち切り。 イナズマイレブン (アニメ)

イナズマイレブン オリオンの刻印、打ち切り後はネット配信などを検討

イナズマ イレブン 打ち切り

レベルファイブの「イナズマイレブン オリオンの刻印」について、アニメージュ2019年10月号で、レベルファイブの日野晃博社長が少しコメントしています。 これによると、アニメ放送の打ち切り後は、ネット配信などを検討しているそうです。 イナイレ オリオンの刻印、ネット配信など 「イナズマイレブン オリオンの刻印」は、復活後のイナズマイレブンシリーズの2期目として、テレビ東京系でアニメが放送されています。 ただ、この放送は、おそらく計画されていたであろう3期目の放送は実現せずに、2019年9月で打ち切りとなります。 今回、このアニメ放送の終了について、レベルファイブの日野晃博社長がコメントしています。 これによると、「イナズマイレブン オリオンの刻印」のテレビアニメが2019年9月で終了するのは事実であり、今後はネット配信など、別の媒体で皆にお届けすることを検討しているそうです。 また、テレビでのアニメ放送は終了するものの、イナイレのシリーズ自体が終わるわけではないということもコメントされています。 話は未定、自由度は増す 復活後の「イナズマイレブン」のアニメについては、このように、まだ決まったわけではありませんが、テレビでの「オリオンの刻印」の放送終了後も、何らかの形でアニメが提供される予定になっています。 ただ、今後、どのような内容のアニメを提供していくのかについては、まだ分からないとされており、「オリオンの刻印」の続きの話になるかどうかもまだ決まっていないと日野晃博社長が明らかにしています。 ちなみに、イナズマイレブンのアニメについては、テレビだと30分という形式に縛られるものの、他の媒体で配信するなら、そのあたりの制約はなくなるので、様々なキャラクターを主人公にしたスピンオフを作れるかもしれないなど、自由度が増すということもコメントされています。 また、最近のシリーズで批判が多かったからか、どのような内容になるにせよ、キャラクターの掘り下げはしっかりやっていきたいということも述べられています。 なお、「イナズマイレブン」のアニメの今後については、このように、具体的な内容はまだ決まっていないものの、その仕込みは既に始まっているということも明らかにされているので、それほど遠くない時期に何らかの続報が出そうな感じです。

次の

イナズマイレブン オリオンの刻印

イナズマ イレブン 打ち切り

無印はゲーム1が先に出てアニメはあとからやったそうです。 ゲーム2はゲームより先にアニメを放送しゲーム延期により半分アニメで放送済みという状況だったそうです。 漫画原作のアニメでもよく見られることですがまだ半分もストックがないのにアニメ化を早まると1クール、2クールしか出来ない。 無印やGOでアニメ100話以上ないときれいにまとまらないと分かっていたのに制作を焦りゲームより先にアニメをやったのも原因のひとつ。 個人的にはゲームもアニメもきれいに作ってもらえば焦らずゆっくり作ってもらってよかった気がする。 無印と脚本も違うのでそれも原因のひとつかもしれない。 ダンボール戦機またやんないかーと思っていましたがダメになりそうな気もしてくる。 シャドウサイドは個人的に好きですが他と違って話数が少ないので打ち切り感が否めなかったです。 GOでの失敗を生かせていない イナズマイレブンGOは何故大失敗したのかを理解せず、取り敢えず、化身とミキシマックスとソウルさえ省いとけばいっかって感じだったから。 2. 主人公の変更 これも、イナズマイレブンGOにも同じことが言える。 松風天馬に変わって、大コケして円堂守は監督として出たものの途中離脱。 その後復帰したが、熱血キャプテンは生かせていなかった 稲森明日人になって、成功する訳がない。 イナズマイレブンを見てた世代の多くは円堂守世代。 円堂守が主役じゃないイナズマイレブンなんてそもそも見る気にもなれない。 3. キャラ あからさまに、腐女子に媚びたキャラが多い。 無印は少年サッカーストーリーだったが、GOから変わった。 4. ストーリー性 アレスの天秤の発想は良かったと思う。そこは評価に値する。 それぞれが別の学校に行き、鬼道VS豪炎寺なんかは良かった。 でも、オリオンは最悪。 5. 技 技名もダサすぎるし、演出も変わった。 「マカロニスパゲティ」とかふざけすぎ。 まだまだあるけど、ざっと書くとこんな感じ コピペ 俺が今でも大好きなアニメが時を経て変わり果ててしまったので場違いを承知で愚痴を書かせてくれ。 スポーツ全般が嫌いな俺がイナズマイレブンにどハマりした、カードゲームが嫌いだからTCGはやらなかったけどアニメは毎週欠かさず観てたしゲームもカスカスになるまで遊びつくした。 好きなキャラを男女1人ずつ挙げるとすれば男キャラなら円堂一択で女キャラならゲームにしか出ないけど中目栞が好きだった、そんな俺が新しく始まったアレスの天秤を見たんだけどマジンザハンドのモーションと染岡がドラゴンクラッシュを打たなかった事を除けばなかなか良かった。 だからこそ次のオリオンの刻印も少し期待はしてたんだけど思いっきり期待を裏切るどころかイナイレを落としに落としまくった作品だった。 無茶苦茶すぎる。 昔の栄光にすがろうとしてるのかどうか知らんけどいつまでもとっくの昔に終わらせたもん引きずらないでほしい、イナGOで終わったままにしとけばまだ綺麗に締められたのに変に新作出したせいで神作だったイナイレが糞作に成り下がってて正直イナイレを末永く愛していた俺や知人達からしてみれば余計なことすんなって感じ。 アレスはまだ良しとするほど良くできてたから良かったけどオリオンは完全にOUT、流石にやり過ぎ、、、これ以上イナイレを壊さないでほしい。 アレスのゲームだって制作丸投げにしてたせいで全然できてないくせにオリオンなんか放送してマジで今のレベルファイブはマジで何考えてんの? このままいくとダンボール戦記さえも壊されかねないし10年くらいしたらネオ妖怪ウォッチとかやり始めてさらにめちゃくちゃになる事間違いなしかも シャドウサイドでジバニャンがあんな事になってる時点でもうめちゃくちゃかもね もしそうなったら今度こそレベルファイブはお終いだと思う。 とにかく何を言いたいかというとアレスはまだしもオリオンはイナイレとして認めないってこと、同じ風に考えてる人がいたら是非書き込んでくれ。 ちなみにお前何言ってんの的な回答やそれでもオリオンを好きになれよ、お前の大好きなイナイレだぞ的な回答はお断りだからそこんとこよろしく。 俺は決して考えを改めるつもりはないから、あんなのはイナイレじゃねぇ。 アレスはイナズマイレブンの醍醐味である仲間たちとの熱い特訓や友情がまったく感じられませんでした。 試合もとんとん拍子で終わっていって、正直つまらなかったです。 個人的には、先にゲームを作ってからアニメ制作を始める、または、アニメと同時にゲームを発売すればよかったんじゃないかと思います。 あと、アニメのストーリーやキャラクター設定は良かったのに脚本がイマイチだったので、そこを改善すればもう少しどうにかなったと思います。 すごく残念です。

次の

イナズマイレブン (アニメ)

イナズマ イレブン 打ち切り

レベルファイブの「イナズマイレブン オリオンの刻印」について、アニメージュ2019年10月号で、レベルファイブの日野晃博社長が少しコメントしています。 これによると、アニメ放送の打ち切り後は、ネット配信などを検討しているそうです。 イナイレ オリオンの刻印、ネット配信など 「イナズマイレブン オリオンの刻印」は、復活後のイナズマイレブンシリーズの2期目として、テレビ東京系でアニメが放送されています。 ただ、この放送は、おそらく計画されていたであろう3期目の放送は実現せずに、2019年9月で打ち切りとなります。 今回、このアニメ放送の終了について、レベルファイブの日野晃博社長がコメントしています。 これによると、「イナズマイレブン オリオンの刻印」のテレビアニメが2019年9月で終了するのは事実であり、今後はネット配信など、別の媒体で皆にお届けすることを検討しているそうです。 また、テレビでのアニメ放送は終了するものの、イナイレのシリーズ自体が終わるわけではないということもコメントされています。 話は未定、自由度は増す 復活後の「イナズマイレブン」のアニメについては、このように、まだ決まったわけではありませんが、テレビでの「オリオンの刻印」の放送終了後も、何らかの形でアニメが提供される予定になっています。 ただ、今後、どのような内容のアニメを提供していくのかについては、まだ分からないとされており、「オリオンの刻印」の続きの話になるかどうかもまだ決まっていないと日野晃博社長が明らかにしています。 ちなみに、イナズマイレブンのアニメについては、テレビだと30分という形式に縛られるものの、他の媒体で配信するなら、そのあたりの制約はなくなるので、様々なキャラクターを主人公にしたスピンオフを作れるかもしれないなど、自由度が増すということもコメントされています。 また、最近のシリーズで批判が多かったからか、どのような内容になるにせよ、キャラクターの掘り下げはしっかりやっていきたいということも述べられています。 なお、「イナズマイレブン」のアニメの今後については、このように、具体的な内容はまだ決まっていないものの、その仕込みは既に始まっているということも明らかにされているので、それほど遠くない時期に何らかの続報が出そうな感じです。

次の