アルゴ ナウ ティカ。 アルゴナウティカ アルゴ船物語の通販/アポロニオス/岡 道男 講談社文芸文庫

アルゴナウティカ / ロディオス,アポロニオス【著】/堀川 宏【訳】

アルゴ ナウ ティカ

概要 [ ] 「」の。 略歴 大西洋異聞帯においてと契約した異聞帯サーヴァントとして初登場。 カルデアの前に強敵として立ち塞がるオリュンポスの神々の一員。 人物 兄カストロと妹ポルクスの二人組のサーヴァント。 二者で一個の英霊。 本来は古き神霊であったが、後にオリュンポスのゼウスの神話体系に組み込まれた。 それに伴い、後世の伝説では純粋な人間のカストロと半神半人のポルクスの兄妹とされた。 実際にその伝承の影響を受けて神核スキルのランクが低下している。 サーヴァントとしては、ギリシャ神話の双子座の英雄ではなく、本来の双子神の神霊としての側面が強い。 カストロは元々神であった自身を後付けの伝承で人へと零落させた人間たちへ強い怒りを抱いている。 そのため常に尊大で不機嫌そうにしており人間であるマスターへの対応も辛辣。 一方のポルクスは穏やかな常識人。 彼女が気難しい兄をたしなめるストッパー役を果たしているため、マスターとの関係はさほど問題になることはない。 能力 同一の存在でありながら二つの肉体に異なるクラスの性質を宿す特殊なサーヴァント。 ある種のダブルクラスとも言える。 カストロは神から人へと零落させられた屈辱を怨念に変えたアヴェンジャー、ポルクスは傷付くことなき肉体と凄絶な剣技を以て戦うセイバーとしての性質を持つ。 主武装としてはカストロは円盤、ポルクスは剣を用いている。 元は「現存する神」であったが、キリシュタリアとの戦いに敗れて命を失い神霊サーヴァントとなっている。 その際、キリシュタリアと契約したことで「汎人類史における自分たち」の伝説を知ったカストロは自らを貶めた人間への深い憎悪を抱くに至った。 汎人類史とは異なり、ポルクスもまたカストロ同様に兄を貶めた人間を敵視し、兄の在り方を全面的に肯定している。 結果、兄妹共に人間を激しく嫌悪しており、人間に対しては徹底して傲慢にして残虐非道。 ステータス [ ] クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 備考? 絶大なまでの信頼が生み出す連携技は宝具の域にまで昇華されている。 真名解放時には、二人は古代の神としての神格をほぼ完全に取り戻し、一時的に神核が最高ランクのものとなる。 神霊規模の魔力を行使した上での攻撃は、物理的・魔術的なあらゆる障害と防御とを無視して対象を粉砕する。 『Grand Order』では「自身に無敵貫通状態を付与 &敵単体に超強力な防御力無視攻撃[Lv1. ~]&Quick攻撃耐性をダウン &Arts攻撃耐性をダウン 」という効果のArts宝具。 真名:ディオスクロイ [ ] ギリシャ神話に登場する双子の英雄。 ディオスクロイは「ゼウスの子」を意味する。 元来は古き双神であったというが、『イリアス』、『アルゴナウティカ』など後世の伝説においては神ではなく、人の英雄であったとされた。 多くの伝説を持ちそれぞれに語られる背景は異なるが、よく知られている伝説においては、人間の父テュンダレオスと母レーダーの子で神の血を引かないカストロと、母は同じだが父親がゼウスで半神のポルクスとされる。 イアソン率いるアルゴノーツの一員でもあり、後に航海者の守護神としても信仰を集めた。 アルゴノーツの冒険などを経た後、純粋な人間で神の不死性を持たないカストロは争いの中で死んでしまう。 嘆くポルクスの願いに応えたゼウスは二人を共に天へ上げ、ディオスクロイは天の双子座になったのだという。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] Lostbelt No. 5前編「神代巨神海洋 アトランティス」にて異聞帯サーヴァントとして初登場。 後編の「星間都市山脈 オリュンポス」配信に合わせて恒常実装。 忠実に仕えるが、真の理解者からは程遠く、キリシュタリアもまたディオスクロイに信頼を置いてはいなかった。 大西洋異聞帯では神霊を騙る愚か者と見下しており犬猿の仲。 双子姉妹の片割れ、ヘレネーを攫った張本人。 今のところ言及はなし。 生前 [ ] 、、、、、カイニス アルゴノーツ。 共に冒険したかつての仲間。 そのうちイアソン、ヘラクレス、アスクレピオスはケイローンの門下生だった頃の兄弟弟子でもある。 カストロが馬術を学んだ師。 ヘレネー、クリュタイムネーストラー ディオスクロイの妹たちにあたる双子の姉妹。 クリュタイムネーストラーはカストロと同じく人間、ヘレネーはポルクスと同じく半神半人と言われている。 後にヘレネーはパリスに攫われてトロイア戦争に、クリュタイムネーストラーもまた夫のアガメムノン王を巡る諍いに巻き込まれることになる。 アミュコス ベブリュクス人の王で、アルゴナウタイの前に立ち塞がったボクシング王。 ボクシング王を名乗るだけの力量だったが、ポルクスとの試合に敗北して死亡した。 ……何だ人間ではないか。 つまらん! 死ね!」 ポルクス「死ななくて結構です。 我らディオスクロイ、お力になりましょう」 召喚時。 カストロはのっけから塩対応である。 そしてポルクスのフォローが光る。 カストロ「人理、人類史……成程、消え果てたか。 はは、ざまあないな! 人の世など滅ぶがままにさせておけ」 ポルクス「いけません。 滅ぼさせませんよ」 カストロ「む、むう……」 絆レベル1。 まだそれほど仲良くなっていないから当然かもしれないが、人理修復には協力的なサーヴァントが多い中、ここまで人理を罵倒しているサーヴァントも珍しい。 カストロ「妹よ、我らはかの船で冒険した事もあったな」 ポルクス「ええ、兄様。 あったわ。 ヘラクレスは、実に良き戦士でありました」 カストロ「全くだ。 ……いや待て、妹よ。 お前まさか、俺の知らぬ間にヘラクレスと……!」 ポルクス「違います。 殺しますよ兄様」 アルゴー号メンバーがいる場合。 彼らにとってもアルゴー号の思い出は大切なようである。 そしてカストロのシスコンっぷりが酷い。 普段はフォローするポルクスも怒っている。 メモ [ ]• 戦闘時はポルクスが前に立ち、カストロが背後を守っているが、被ダメージの瞬間だけ立ち位置が入れ替わり、カストロが攻撃を受け止める動きになっている。 攻撃モーションでポルクスは剣を使って攻撃するが、のマイルーム会話では、彼女はボクシングも得意としている様子。 実際、アルゴナウタイの冒険ではベブリュクス人の王のアミュコスをボクシングの試合で打ち倒している。 原典ではポルクスは男性で弟。 FGOシナリオ内でも登場前には「兄弟」と記述されている箇所があったが、本格登場に伴い「兄妹」へと変更されたりもしている。 話題まとめ [ ]• ディオスクロイの担当声優の二人は実際の姉弟である。 つまり姉の内田真礼氏が妹のポルクスを担当し、弟の内田雄馬氏が兄のカストロを担当するというややこしい状態。 しかもこの二人、リアルでもブラコン(シスコン)姉弟として有名である。 ローマ神話での呼び方はジェミニ。 「とがジェミニの疑似サーヴァントとして実装されるのでは?」と予想する者もいた。 実装されたら、になりそうだが。 霊基再臨による見た目の変化が非常に少ない。 ほとんど間違い探しのレベルである。 ただでさえ一騎で2人分の戦闘モーションを作らなければいけないため、開発の負担を軽減するために差異を抑えたのでは、という説も。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

アルゴナウティカ

アルゴ ナウ ティカ

Phyxsius は別の形では、Phyxius(ピュクシウス)で、こちらの方(Phyxius)が一般的なはずです。 「ピュクシオス」とは何かというと、ゼウス神につく「定型修飾辞・称号」ですが、またゼウス神の「別名」とも言えます。 次のURLのページに、「ギリシアの宗教:ゼウスの崇拝」として、ゼウスが様々な機能を持つ神として崇拝されていたことが出てきます。 >Greek Religion: CULT OF ZEUS > このページにたくさんの表があり、「CULT TITLES OF ZEUS(ゼウスの崇拝称号)」として、多数のものが列挙されています。 「雨の神(オンブリオス)」がゼウスの称号になっています。 ここの表での英訳では、「 Of Refuge 」となっっています。 これは、直訳すると、「避難・避難所の神ゼウス」という意味になります。 「ゼウス・ピュクシオス(Zeus Phyksios)」という呼び方は、「アルゴナウティカ(アルゴー号の航海の物語)」のなかで出てきます。 次のURLのページに「アルゴナウティカ」の物語(または「金羊毛の物語」)の一部が出てきます: >Greek Mythology: KHRYSOMALLOS the Golden Fleeced Ram aka... > 次のように、アポロドーロスから引用しています(英訳ですが): >… [and he] Phrixos sacrificed the golden-fleeced ram to Zeus Phyxios, but gave its fleece to Aeetes, who nailed it to an oak tree in a grove of Ares. " -Apollodorus 1. 80 ここで、「 Zeus Phyxios 」という表現が出てきて、ゼウスの称号としての「 Phyxios 」が出てきます。 この部分は、岩波文庫のアポロドーロスの『ギリシア神話(ビブリオテーケー)』の翻訳では次のようになっています: >そしてプリクソスは金毛の羊を厄除け(やくよけ)の神としてのゼウスに捧げ、その皮をアイエーテースに与えた。 アイエーテースは皮をアレースの杜の中にある樫の木に打ちつけた。 「 Zeus Phyxios 」は、ここでは「厄除けの神としてのゼウス」と訳されています。 「Phyxios(ピュクシオス)」はどういう意味なのかというと、「避難・回避・流浪・亡命に関係する(者)」というような意味です。 「流浪者・亡命者・逃亡者」などに「避難の場所」を与え、「保護する神」としてのゼウスの称号または別名です。 名詞「ピュゲー(phygee)」には、英語だと、flight という意味がありますが、この flight は、「飛翔・飛行」という意味の flight ではなく、英語の辞書を引くと分かりますが、第二の意味の「逃亡・逃避・避難」などの意味です。 theoi. html,.

次の

アルゴナウティカ / ロディオス,アポロニオス【著】/堀川 宏【訳】

アルゴ ナウ ティカ

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに6冊在庫がございます。 (2020年06月28日 19時38分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 内容説明 ヘレニズム期を代表する学匠詩人による叙事詩。 世界の東涯の地コルキスにある金羊皮を持ち帰るよう命ぜられたイアソンは、巨船アルゴー号を駆って航海へ乗り出すことになる。 彼を助けるべく、その許にはギリシア各地から、オルペウスやヘラクレスをはじめとする多くの英雄たちが参集した。 アルゴナウタイ物語の決定版である本作は古来広く愛読され、ローマの詩人らにも大きな影響を与えた。 著者等紹介 堀川宏[ホリカワヒロシ] 京都大学他非常勤講師。 1981年山梨県生まれ。 2012年京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。 出版社内容情報 アポロニオス・ロディオス/堀川 宏 訳;0903;03;金羊皮を求め、アルゴー船で航海へ乗り出す英雄たちの冒険譚。 ヘレニズム期を代表する学匠詩人による、アルゴナウタイ物語の決定版。 ;20190301.

次の