小松 マテーレ 株式 会社 マスク。 小松マテーレ洗えるマスクインナーはいいからどこで買える?予約/ネット販売(通販)/購入方法/価格/使用方法についても

【小松マテーレ】ウイルスを酸化分解する新素材「ウイルスシールド®」を開発|小松マテーレ株式会社のプレスリリース

小松 マテーレ 株式 会社 マスク

小松マテーレは、ウイルスを酸化分解する光触媒の新技術を用い、抗ウイルスのマスクインナーを開発した。 すでに本生産を開始しており、地元の病院には数千枚単位で寄付する予定。 東芝マテリアルが技術協力し、1年半がかりで開発した。 一般的な光触媒には酸化チタンが使われるが、効果が発現するのは紫外線領域のみのため、暗い場所では効果が出にくいのが難点だった。 今回の新技術は特殊な酸化タングステンを使用、可視光領域を含む幅広い光で効果が期待でき、微弱な光でもウイルスを短時間で分解する。 抗ウイルス性を測る評価では、日本繊維製品品質技術センターによるインフルエンザウイルスを使った接触試験で、昼間の室内レベルに相当する1000ルクスの明るさで6時間後に感染能力が99%低減する効果が確認された。 小松マテーレは酸化タングステンを特殊な吸着剤と組み合わせることで繊維上に固着させる方法を編み出し、量産加工技術を確立。 市販マスクの内側に挟むマスクインナーとして製品化し、小松市民病院への寄付を決めた。 今後、同技術を使って生活資材、病院介護用資材、マスク、車両内装材、インテリア関連、ユニフォームなどに展開し、3年後10億円の販売を見込む。 インフルエンザウイルス試験で、6時間後の感染能力99%低減.

次の

接触冷感、抗菌防臭、UVカット...小松マテーレが高機能マスク「ダントツマスクール」発売:マピオンニュース

小松 マテーレ 株式 会社 マスク

設立75周年の節目を迎え、さらなる事業の拡大と多角化を目指す 「株式会社」が「小松マテーレ株式会社」へ社名変更 ~第3次創業の幕開け~ 2018年10月1日(月)より 小松精練株式会社(本社:石川県能美市、代表取締役社長:池田 哲夫)は、2018年10月1日(月)に「小松マテーレ株式会社」へと社名を変更いたします。 また、今回の社名変更に伴い、コーポレートロゴおよび事業ロゴ、コーポレートスローガンも一新いたします。 , Ltd. 当社は、1943年に「小松織物精練染工株式会社」として設立し、1963年に「小松精練株式会社」と社名を変更いたしました。 「小松織物精練染工」を第1次創業、「小松精練」を第2次創業とすると、今回、新社名として改める「小松マテーレ」からは第3次創業と位置づけられます。 当社では、第3次創業にあたる「小松マテーレ」において、さらなる飛躍を目指してまいります。 また、旧社名にある「精練」は繊維加工プロセスの一部を意味しておりますが、当社のビジネス領域は、現段階でファッション・スポーツ衣料のみならず、医療・福祉・生活資材・建築建材など、多岐にわたっております。 そのため、もはや繊維加工にとどまらない事業領域の拡大が図られてきたビジネス環境をふまえ、今回の社名変更に至りました。 さらに、新社名のもと、社内に向けては常に「提案型企業」たらんとする意識改革、構造改革を促す契機としております。 "MATERE"とは、「素材を意味する"material(マテリアル)"」と「繰り返しを意味する接頭語"Re"」の組み合わせによる造語です。 "material"に"Re"を組み合わせた"マテーレ"に、創業の地名であるとともに欧州を中心に事業ブランドとして認知が進む"小松"を加え、新社名を「小松マテーレ」としました。 "material"は、繊維加工メーカーから化学素材メーカーへの事業進化を表しております。 また、"Re"には創業当初から築いてきた、信頼や優れた技術をこれからも受け継ぎながら、「新技術・新素材」を繰り返し生み出し、ユニークな化学素材メーカーへ向かおうとする決意が込められています。 また、新社名「小松マテーレ」に込められた、新技術・新素材を繰り返し生み出そうとの意味を持つ"Re"を強調させるため、日本の国旗「日の丸」の"紅色"を"R"に用いました。 新事業ロゴは、旧事業ロゴでも用いられていた、日本一の象徴"富士山"を洗練させ、スマートなデザインとしております。 すでに、旧事業ロゴの"KOMATSU"と"富士山"は、日本国内のみならず欧州を中心とした海外でも、「小松精練ブランド」の象徴として、認知を広めてまいりました。 そのため、新事業ロゴは、旧事業ロゴを踏襲し今後の長期使用にも耐えうる、奇をてらわないデザインへと進化させました。 「Art in Technology」は、日本語では「美しい技術」と意訳されます。 当社設立50周年時に提唱された「技術と感性の融合」とかねてから当社が表現してきた「芸術の工業化」という二つの基本コンセプトを「美しい技術」という言葉に収れんさせました。 さらに、将来のグローバル展開を見据え、英語表記し新コーポレートスローガンは「Art in Technology」に決まりました。 新コーポレートスローガン「Art in Technology」は、繊維分野のみならず、建築、土木、車輌をはじめ、化学薬品及び化学素材など、今後の拡大が見込まれる事業領域においても、当社が確固たる「美しい技術」を備えている旨を表現しています。 新コーポレートロゴ・新事業ロゴ 参考画像.

次の

小松マテーレ 抗ウイルスの新光触媒技術でマスクインナー開発

小松 マテーレ 株式 会社 マスク

詳細は以下のとおりとなっております。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 今回の緊急対策は、何よりも当社グループ社員及び家族の健康と安心を第一に考え、お客様のみならず社会に信頼される、誠実な会社を目指して行くためのものです。 当社グループにご関係の皆さまにおかれましては、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 感染症患者2名については2月24日及び、2月27日に発症が判明、3人目の感染者については2月28日に陽性が判明し、それぞれ同日中に、石川県により発表されました。 3名とも仏・パリで開催された国際見本市に参加するため2月10日~2月15日の間、海外渡航しておりましたが、帰国後に体調不良を訴え、専門検査機関において受検した結果、感染が確認されました。 現在、石川県の指示にしたがい指定病院に入院しております。 こうしたことから、弊社では、事態を真摯に受け止め、新型コロナウィルス感染に対する拡大防止策として、潜伏期間である2週間、生産及び営業活動を全面的に停止することとしました。 これは、社内外への感染被害の拡大を防ぎ、社員の安全確保を最優先に行動するためのみならず、社員及びお取り引き先の皆さまに多大な不安を与えないよう誠実な対応を図るためのものです。 停止期間後、安心して事業を継続できる社内体制のもと、生産及び営業活動を再開してゆく心構えでおります。 5日(多くは5-6日)とされております。 また、未感染者については14日間にわたり健康状態を観察することが推奨されています。 また、構内一斉放送により、全社員にむけ感染防止に向け注意喚起いたしました。 また、「感染」に関わる正確な知識と情報について説明し、感染者については重篤ではないものの帰国後からの発症であることから、日本国内での2次感染の可能性は低い旨を話しております。 また、人混みを避けるための措置として、「時差出勤」を導入することとし、本件にかかる「濃厚接触者」へは在宅勤務を命じました。 また、停止期間中はグループ全社員の体温チェック等、体調管理を徹底し、健康管理状態を記録します。 不要不急の外出は控え、原則として自宅待機とします。 また、工場の停止期間に対する振替操業につきましては、ご関係の皆さまへ別途ご連絡いたします。 今後につきましては、社内外への感染被害抑止及び社員の安全確保を最優先に行動するとともに、引き続き、社員及びご関係の皆さまの健康状態の把握をはじめとする情報収集に努めてまいります。 以 上.

次の