アメリカ 大統領 選挙 予想。 アメリカ大統領選挙2020に関するトピックス:朝日新聞デジタル

アメリカの大統領選挙とドル円相場の関係性は?

アメリカ 大統領 選挙 予想

このような標本調査では、母集団の姿をできるだけ正確に反映する標本を抽出すること、つまり標本の「偏り」をできるだけ少なくすることがカギになります。 今日までに何通りもの標本抽出の方法が考案され、実際に統計調査や世論調査で使われていますが、ここでは標本抽出の方法で明暗が分かれた1936年のアメリカ大統領選挙予測の例をご紹介します。 1936年のアメリカ大統領選挙は、「暗黒の木曜日」(1929年10月24日)に端を発した世界大恐慌、ヨーロッパ、アジアなどにおける世界的な政情不安の中、再選を目指す民主党のフランクリン・ルーズベルト候補と、共和党のアルフレッド・ランドン候補によって争われました。 ルーズベルト候補は、現職大統領とはいえ、保守的色彩が強く、大恐慌を食い止めるには力不足との評判から、再選の見込みはないと目されていました。 実際、世論調査において当時最も信頼に足ると思われていた「リテラリー・ダイジェスト」(The Literary Digest)という総合週刊誌は、200万人以上を対象から回収した調査結果を基に共和党のランドン候補が57%の得票を得て当選することを予想していました。 これに対して、前年に世論調査の業界に参入したばかりのジョージ・ギャラップが率いる「アメリカ世論研究所」(the American Institute of Public Opinion)は、わずか3000という少ない対象者からの回答を基にルーズベルト候補が54%の得票を得て当選することを予想したのです。 リテラリー・ダイジェストはこれに先立つ5回の大統領選挙において予測を外したことがないという実績がある上に、回答を得た標本の数もギャラップ側とは文字どおりケタ違いです。 11月の大統領選挙に先立って9月に行われたメーン州の選挙において共和党は勝利していました。 過去の大統領選挙の結果からメーン州の結果は全米の結果を先取りするというジンクスがあり、それもリテラリー・ダイジェストの予測が正しいことを示しているようでした。 人々は、小さなオフィスしか持たないギャラップの研究所が行った調査を笑いました。 しかし、最後に笑ったのはギャラップだったのです。 実際の結果では、ルーズベルト候補が60%の得票を得て全米48州中46州を手にするという地滑り的に圧勝しました。 リテラリー・ダイジェストが勝利を予想したランドン候補は、地元カンザス州でも敗れ、わずか2州(メーン州とバーモント州)で勝利したのみに終わりました。 なぜこのような大番狂わせが起こったのでしょうか。 そのカギは両者の調査方法、特に標本抽出の方法にありました。 現代のアメリカなら事情は違うでしょうが、1930年代当時、自動車を保有したり、電話を利用できるのは平均的な収入を相当程度上回る人々に限られていました。 過去5回の大統領選挙では、豊かな人々と貧しい人々が同じような投票傾向だったため、リテラリー・ダイジェストの調査手法でも予想が外れることはありませんでした。 しかし、大恐慌の収まらない不安定な時代に誰を大統領に選ぶのかという厳しい選択を迫られた1936年の選挙では事情が異なりました。 比較的豊かな人々は共和党が推すランドン候補を、それほど豊かでない人々は民主党が推すルーズベルト候補をそれぞれ支持する傾向に分かれたのです。 リテラリー・ダイジェストは、この標本の偏りに何の手も打ちませんでした。 これに対して、市場調査の経験を経て世論調査の世界に参入したギャラップは、市場調査の分野で時間をかけてテストが繰り返されてきた、標本の偏りをより少なくする科学的な抽出方法を用いたのです。 その方法は、母集団全体(この場合は大統領選挙の投票権を持つ人の全体)を「収入中間層・都市居住者・女性」「収入下位層・農村部居住者・男性」のように互いに重ならないグループに分け、それぞれのグループに対して決まった割合で対象を抽出するというものです。 このような方法(この方法を「割り当て法」といいます)をとることで、抽出された標本の姿は母集団により近いものとなり、結果としてギャラップ側はリテラリー・ダイジェストの1%にも満たない小さい標本から正しい結果を予測することができたのです。 しかも、ギャラップは大統領選挙の4か月も前に、リテラリー・ダイジェストがランドン候補の勝利を予測するであろうこと、その予測は外れるであろうことを新聞で予言していました。 選挙予測を外したリテラリー・ダイジェストの評判は地に落ち、間もなくして経営が危うくなり他の雑誌社に吸収されてしまいました。 一方で、ギャラップの世論調査は一躍にして政治のシーンで重きを置かれるようになり、1945年のイギリス総選挙においても、ほとんどの識者が現職首長ウィンストン・チャーチルが率いる保守党の勝利を予測する中、労働党の勝利を正しく的中させてみせました。 (とはいえ、ギャラップも1948年の米大統領選挙では民主党のトルーマン候補の勝利を読み切れず予測を外しています。 これについては後編を参照してください。 ) 世論調査や標本抽出の方法とは関係ありませんが、ジョージ・ギャラップは統計を引き合いにした面白いセリフを残しています。 I could prove God statistically. Take the human body alone - the chance that all the functions of the individual would just happen is a statistical monstorosity. 少し意訳すると「私は神の存在を統計的に証明できる。 神の存在が証明できるかどうかはともかく、人類の進化の過程を振り返るとき、ギャラップのいうとおり統計的には奇跡としか思えない偶然が積み重なってきたのかもしれません。

次の

「アメリカ大統領選挙2020『本命バイデン』はなぜ復活したのか」(時論公論)

アメリカ 大統領 選挙 予想

そこで今回は、アメリカ大統領選挙の予想の最新版をいくつかまとめてみました!! アメリカ大統領選挙の最新の支持率は? アメリカ大統領選挙の 最新の 支持率はどうなっているのでしょうか? ワシントンポストとABCの最新の世論調査による支持率 ワシントンポストとABCの最新の世論調査によると、何と初めてトランプ氏がヒラリー・クリントン氏を支持率で逆転した模様です。 10月27日から30日に行われた世論調査結果で、 トランプ氏の支持率は46%で、ヒラリー・クリントン氏の45%を1%上回り、支持率逆転となりました。 FBIがヒラリー・クリントン氏のメール問題の再捜査に乗り出す事を発表したのは10月28日ですから、明らかに、ヒラリー・クリントン氏のメール問題のFBIによる再捜査の影響が見て取れます。 つまり、ヒラリー・クリントン氏の支持者がそれを問題視してトランプ氏の支持に回ったか、または無党派層がメール問題によりトランプ氏支持に回った可能性があると考えられます。 ニューヨーク・タイムズとCBSによる最新の世論調査による支持率 ニューヨーク・タイムズとCBSによる、 10月28日から11月1日に行われ3日に公表となった世論調査によると、 トランプ氏の支持率は42%に対して、ヒラリー・クリントン氏の支持率は45%とワシントンポストの世論調査結果を覆し、クリントン氏が支持率を巻き返した結果となりました。 ただ ニューヨークタイムズは、どちらかと言えばクリントン寄りなので、結果をどう見るか?どうなんでしょうね? ツイッターでも、こんなツイートが...。 ニューヨークタイムズ紙と米国務省とクリントン選対がズブズブの関係にあることを示すメールが出てきた。 リビアのベンガジ事件のことである。 — 藤原直哉 naoyafujiwara という事で、世論調査を誤魔化すという事まではしないと思いますが、そういう感覚でニューヨーク・タイムズの論調に惑わされない様に注意が必要だと思います。 ウォールストリートジャーナルとNBCによる最新の世論調査による支持率 ウォールストリートジャーナル誌とNBCによる最新の世論調査によると、 アリゾナ州では、トランプ氏支持率45%でクリントン氏40%、テキサス州ではトランプ氏支持率49%でヒラリー・クリントン氏40%とリードし、また ジョージア州でもトランプ氏の支持率は45%で、ヒラリー・クリントン氏の支持率44%を1%の僅差でリードしています。 アリゾナ州は選挙人の数は11人で、支持率が2ポイント差という激戦州の一つです。 またテキサス州は選挙人の数が38人とカリフォルニア州の55人に次いで2番目に多い州で、テキサス州で僅差でも勝利出来れば、勝者総取り方式により選挙人獲得数が大幅に増えるので、かなり有利になると思われます。 アメリカ大統領選挙の予想の最新版 さて、 アメリカ大統領選挙の 予想の 最新情報ですが、どちらが勝つのでしょうか? それは、「神のみぞ知る」事だと思いますが、それを言ってしまえば終了なので、敢えて語弊覚悟で予想してみたいと思います。 今NHKでもアメリカ大統領選挙のニュースをしていて、 接戦州=スイングステートを紹介していました。 どうやら、最近のトランプ氏の追い上げと、ヒラリー・クリントン氏のメール問題で自ら支持率を下げた事が恐らく要因で、 接戦州が10州から13州に増えた様です。 オハイオ州を制するのが、アメリカ大統領選挙を制すると言われています。 というのも、オハイオ州の人種構成比などがアメリカのそれと同じで、アメリカの縮図と言われている州だからです。 また、オハイオ州を落とした候補者でアメリカ大統領になった候補者は居ないと言う事で、これがオハイオ州を制するのがアメリカ大統領選挙を制すると言われている所以です。 アメリカの 接戦州=スイングステート の動向で、特に選挙人の人数が多いフロリダ州(29)、オハイオ州(18)、アリゾナ州(11)でどれだけ勝てるかが肝だと考えます。 (勝者総取り方式の為) リアル・クリア・ポリティクスが主な世論調査の平均値をまとめています。 それによると、11月2日時点では、ヒラリー・クリントン氏の支持率は47.2%、対するトランプ氏の支持率は45.5%とその差は1.7%と視聴率はほぼ拮抗している状況です。 さて、そろそろお時間の様なので、結論です。 このサイトとしての予想としては、 トランプ勝利と予想します!! 理由は、ヒラリー・クリントン氏のメール問題にFBIが再捜査した事で、ある意味FBIは本気で本丸のヒラリーに乗り込むつもりだと感じますので、この時期に支持率が減少しているのは、もっと支持率が残り3日だともっと減少する可能性があると個人的に見ています。 対して、トランプ氏はというと、女性蔑視の発言があってもっと支持率が減少してしかるべきですが、その減少幅が意外に小さい事、更にこう言っては失礼ですが、もともと下世話な話が多いトランプ氏なので、今更そういう類のスキャンダルが出てきても、支持者はもう既にその種の免疫(?)があるので、大幅な支持率低下の可能性は少ないだろうという見立てです。 さてさて、アメリカの有権者の選択は如何に? その結果は、来週の中盤には決していると思います。 アメリカ大統領選挙の投票日は日本時間でいつ? そうなると アメリカ大統領選挙の 投票日が いつなのか?という事が当然気になってくるかと思います。 アメリカ大統領選挙の投票日はいつなのでしょうか? 2016年のアメリカ大統領選挙の投票日は、現地時間で 11月8日(火曜日)となっています。 これは、アメリカのによって、11月の第1月曜日の翌日と決められています。 では、その投票日は日本時間ではいつごろなのでしょうか? アメリカの投票所は、午前6時から7時にオープンし、閉まるのが午後7時から8時の様です(アイオワ州とノースダコタ州は夜9時まで開いている) 日本時間の 11月8日(火曜日)の午後2時過ぎには、ニューハンプシャー州の結果が恐らく出ているでしょう。 そして、日本時間8日の午後8時ころから、東部の州の投票所がオープンとなります。 その後、日本時間で翌9日(水曜日)の午前9時ころには、投票所が閉められて、最初の州の出口調査による予測がなされます。 アメリカ大統領選挙の結果は日本時間でいつ? アメリカ大統領選挙の 結果は 日本時間で いつなのでしょうか? 結果としては、ほぼ現地時間11月8日(火曜日)の選挙人への投票で雌雄が決します。 その選挙結果が判明するのは、 日本時間では11月9日(水曜日)の午後1時過ぎになるかと思います。 その頃には、勝利した候補者の勝利宣言、または敗北した候補者の敗北演説がなされることになります。

次の

アメリカ大統領選挙の番狂わせ(前編)〜

アメリカ 大統領 選挙 予想

そこで今回は、アメリカ大統領選挙の予想の最新版をいくつかまとめてみました!! アメリカ大統領選挙の最新の支持率は? アメリカ大統領選挙の 最新の 支持率はどうなっているのでしょうか? ワシントンポストとABCの最新の世論調査による支持率 ワシントンポストとABCの最新の世論調査によると、何と初めてトランプ氏がヒラリー・クリントン氏を支持率で逆転した模様です。 10月27日から30日に行われた世論調査結果で、 トランプ氏の支持率は46%で、ヒラリー・クリントン氏の45%を1%上回り、支持率逆転となりました。 FBIがヒラリー・クリントン氏のメール問題の再捜査に乗り出す事を発表したのは10月28日ですから、明らかに、ヒラリー・クリントン氏のメール問題のFBIによる再捜査の影響が見て取れます。 つまり、ヒラリー・クリントン氏の支持者がそれを問題視してトランプ氏の支持に回ったか、または無党派層がメール問題によりトランプ氏支持に回った可能性があると考えられます。 ニューヨーク・タイムズとCBSによる最新の世論調査による支持率 ニューヨーク・タイムズとCBSによる、 10月28日から11月1日に行われ3日に公表となった世論調査によると、 トランプ氏の支持率は42%に対して、ヒラリー・クリントン氏の支持率は45%とワシントンポストの世論調査結果を覆し、クリントン氏が支持率を巻き返した結果となりました。 ただ ニューヨークタイムズは、どちらかと言えばクリントン寄りなので、結果をどう見るか?どうなんでしょうね? ツイッターでも、こんなツイートが...。 ニューヨークタイムズ紙と米国務省とクリントン選対がズブズブの関係にあることを示すメールが出てきた。 リビアのベンガジ事件のことである。 — 藤原直哉 naoyafujiwara という事で、世論調査を誤魔化すという事まではしないと思いますが、そういう感覚でニューヨーク・タイムズの論調に惑わされない様に注意が必要だと思います。 ウォールストリートジャーナルとNBCによる最新の世論調査による支持率 ウォールストリートジャーナル誌とNBCによる最新の世論調査によると、 アリゾナ州では、トランプ氏支持率45%でクリントン氏40%、テキサス州ではトランプ氏支持率49%でヒラリー・クリントン氏40%とリードし、また ジョージア州でもトランプ氏の支持率は45%で、ヒラリー・クリントン氏の支持率44%を1%の僅差でリードしています。 アリゾナ州は選挙人の数は11人で、支持率が2ポイント差という激戦州の一つです。 またテキサス州は選挙人の数が38人とカリフォルニア州の55人に次いで2番目に多い州で、テキサス州で僅差でも勝利出来れば、勝者総取り方式により選挙人獲得数が大幅に増えるので、かなり有利になると思われます。 アメリカ大統領選挙の予想の最新版 さて、 アメリカ大統領選挙の 予想の 最新情報ですが、どちらが勝つのでしょうか? それは、「神のみぞ知る」事だと思いますが、それを言ってしまえば終了なので、敢えて語弊覚悟で予想してみたいと思います。 今NHKでもアメリカ大統領選挙のニュースをしていて、 接戦州=スイングステートを紹介していました。 どうやら、最近のトランプ氏の追い上げと、ヒラリー・クリントン氏のメール問題で自ら支持率を下げた事が恐らく要因で、 接戦州が10州から13州に増えた様です。 オハイオ州を制するのが、アメリカ大統領選挙を制すると言われています。 というのも、オハイオ州の人種構成比などがアメリカのそれと同じで、アメリカの縮図と言われている州だからです。 また、オハイオ州を落とした候補者でアメリカ大統領になった候補者は居ないと言う事で、これがオハイオ州を制するのがアメリカ大統領選挙を制すると言われている所以です。 アメリカの 接戦州=スイングステート の動向で、特に選挙人の人数が多いフロリダ州(29)、オハイオ州(18)、アリゾナ州(11)でどれだけ勝てるかが肝だと考えます。 (勝者総取り方式の為) リアル・クリア・ポリティクスが主な世論調査の平均値をまとめています。 それによると、11月2日時点では、ヒラリー・クリントン氏の支持率は47.2%、対するトランプ氏の支持率は45.5%とその差は1.7%と視聴率はほぼ拮抗している状況です。 さて、そろそろお時間の様なので、結論です。 このサイトとしての予想としては、 トランプ勝利と予想します!! 理由は、ヒラリー・クリントン氏のメール問題にFBIが再捜査した事で、ある意味FBIは本気で本丸のヒラリーに乗り込むつもりだと感じますので、この時期に支持率が減少しているのは、もっと支持率が残り3日だともっと減少する可能性があると個人的に見ています。 対して、トランプ氏はというと、女性蔑視の発言があってもっと支持率が減少してしかるべきですが、その減少幅が意外に小さい事、更にこう言っては失礼ですが、もともと下世話な話が多いトランプ氏なので、今更そういう類のスキャンダルが出てきても、支持者はもう既にその種の免疫(?)があるので、大幅な支持率低下の可能性は少ないだろうという見立てです。 さてさて、アメリカの有権者の選択は如何に? その結果は、来週の中盤には決していると思います。 アメリカ大統領選挙の投票日は日本時間でいつ? そうなると アメリカ大統領選挙の 投票日が いつなのか?という事が当然気になってくるかと思います。 アメリカ大統領選挙の投票日はいつなのでしょうか? 2016年のアメリカ大統領選挙の投票日は、現地時間で 11月8日(火曜日)となっています。 これは、アメリカのによって、11月の第1月曜日の翌日と決められています。 では、その投票日は日本時間ではいつごろなのでしょうか? アメリカの投票所は、午前6時から7時にオープンし、閉まるのが午後7時から8時の様です(アイオワ州とノースダコタ州は夜9時まで開いている) 日本時間の 11月8日(火曜日)の午後2時過ぎには、ニューハンプシャー州の結果が恐らく出ているでしょう。 そして、日本時間8日の午後8時ころから、東部の州の投票所がオープンとなります。 その後、日本時間で翌9日(水曜日)の午前9時ころには、投票所が閉められて、最初の州の出口調査による予測がなされます。 アメリカ大統領選挙の結果は日本時間でいつ? アメリカ大統領選挙の 結果は 日本時間で いつなのでしょうか? 結果としては、ほぼ現地時間11月8日(火曜日)の選挙人への投票で雌雄が決します。 その選挙結果が判明するのは、 日本時間では11月9日(水曜日)の午後1時過ぎになるかと思います。 その頃には、勝利した候補者の勝利宣言、または敗北した候補者の敗北演説がなされることになります。

次の