千と千尋の神隠し幻のエンディング。 千と千尋の神隠し 幻のエンディング、ラストシーンのイメージ動画が話題に!!【動画あり】

千と千尋の神隠しのエンディングに関する都市伝説!引っ越しは嘘? | マジマジ情報局

千と千尋の神隠し幻のエンディング

放映後は毎回、ストーリーについて熱い意見が交わされることで有名なジブリ作品。 「 千と千尋の神隠し」もそんな作品の1つですが… 特にヒロイン・千尋を助ける美少年ハクの「 その後」については視聴者の間で頻繁に舌戦が繰り広げられる程。 千尋がもとの世界に戻った後ですが、確かに彼の行方が気になりますよね。 なので、今回は「千と千尋の神隠し」におけるハクの「その後」について筆者なりに詳しく検証してみました! Sponsored Link 「千と千尋の神隠し」で一番の謎と言えば…ハクの「その後」 まずは余談ですが、「千と千尋の神隠し」で千尋を助けるハクの年齢は 12歳と設定されています。 千尋とあまり差がないにも関わらずだいぶ大人びて見えますね。 中性的で謎めいた雰囲気を放つ彼には女性ファンも多いのではないでしょうか? また千尋に対する振る舞いも優しく、時に献身的で同じ男性目線から見てもカッコ良く写るハク。 そんな彼の声優を務めたのは 入野自由さん。 入野さんは劇団ひまわりに所属する俳優でありながら声優としても知られています。 「千と千尋の神隠し」でのハク役は彼にとって大きな転機になったでしょうね。 声とキャラクターが上手くマッチしていたように思います。 その要因として、入野さんは当時13歳。 ハクと近い年齢だったわけです。 彼の思春期独特の声色がハクの存在を引き立てたのだと感じています。 で、話を元に戻すと… 銭婆による傷から回復したハクは湯婆婆に対して、彼女が愛する1人息子・坊を連れ戻す代わりに「 千と両親をもとの世界に戻して欲しい」と迫ります。 その願いに対し、湯婆婆は「 お前は八つ裂きになるけどいいのか?」とハクに問うのです。 彼らのやりとりはハクの「その後」がうかがえる重要な場面ですよね。 その後、銭婆から魔法の力が込められた髪留めを受け取った千尋。 彼女は湯婆婆のもとへ戻る途中、迎えにきた白竜の上で彼の正体を知ることに。 ハクの正体とは昔、千尋が溺れかけた「 川」だったのです。 湯婆婆から出された試練に見事答えた千尋は皆に見送られながらもとの世界へと帰っていき、2人は離れ離れになってそれぞれの道を歩んでいきます。 千尋は両親と共に人間世界へ、元の暮らしへと戻っていきますが…残されたハクの「その後」は一体どうなったのか? 彼の「その後」については本編で詳しく描かれていないので気になるところ。 ここで気がかりなのが、湯婆婆との契約について。 湯婆婆が言い放った「 八つ裂き」というワードから自ずと悲しい「その後」が予想されます。 ファンにとっては悲しい結末ですが、順当に考えればやっぱり八つ裂きにされた可能性が高そうです。 Sponsored Link ハクの「その後」については、色々想像できる… では肝心な、千尋と別れたハクの「その後」について。 先述の通り、八つ裂きの姿になってしまったことも考えられますが… 「千と千尋の神隠し」における「その後」。 それはズバリ、見る人によって様々だということ。 これは多様なメッセージ性を持つ宮崎作品ならではだと言えます。 なので考えようによっては、自分の名前を取り戻した2人が互いの世界で幸せに暮らす結末もあり得るでしょう。 しかし気になるのが映画のラストシーン。 最後にそれぞれの道を歩む場面や、「 自分はこの先へは行けない」「 絶対に振り向くな」といったハクのセリフは見逃せないところ。 筆者の視点から見たハクの「その後」ですが… この場面を考慮すると、やっぱり2人が再会する未来は考えられないと推測します。 まとめ 「千と千尋の神隠し」で注目を浴びた紳士な美少年・ハク。 彼はその後、あのお婆さんから八つ裂きの刑に処されたのか?気になるところですよね。 2人の「その後」については筆者もファンとして 2人の再会をただただ祈るばかりです。 もし彼らの再会が叶わなかった場合にも、せめて一緒に過ごした日々がふとした瞬間に蘇るような「その後」を期待してしまいます。 忙しい日常に疲れ果てている。 そんな時はこの淡い作品に癒されてみてはどうでしょうか?.

次の

知る人ぞ知る『千と千尋の神隠し』千尋とハクのもう1つの幻ラスト

千と千尋の神隠し幻のエンディング

新居に向かう途中、父親の好奇心で寄り道したトンネルを抜けて不思議な街に迷い込んでしまうところから始まります。 その街には神様たちが集まるお湯屋があり、経営者の魔女である湯婆婆が支配していたのです。 両親は魔法でブタの姿に変えられて1人ぼっちになってしまう千尋。 その後、この街で生きていくために湯婆婆と労働契約を結ぶ条件として名前を奪われて「千」になりました。 それまでは自分の意志で行動したり判断することができなかった千尋ですが、生き抜くために必死に働いて両親と一緒に元の世界に帰る方法を探し続けます。 様々な困難が次から次へと千尋を襲いますが、いつも助けてくれたのが ハク。 彼もまた湯婆婆に名前を奪われていましたが、その後、千尋はハクの正体が「 琥珀川」(こはくがわ)という川の神様だと気がついたことでハクも名前を取り戻したのです。 「千と千尋の神隠し」のラストでは、千尋は名前を取り戻して両親もブタの姿から解放されます。 その後、ハクと別れてから元の世界へ戻るため両親と車でトンネルを抜けるシーンで物語は幕を閉じています。 公式のラストではこれと言った言及がされなかったので、 2人のその後について気になるといった声が多く挙がっているのです。 その他にも 「ハクはその後、元の世界に戻れたのかどうか」 「千尋は人間の世界に戻ったことで以前の記憶をかき消されてしまったのか」 などなど…「千と千尋の神隠し」には気になる点が多数あるのです。 千尋が両親と車に乗り込んで去るシーンはまさしく「千と千尋の神隠し」のラストですが、 幻のエンディングは「その後」から始まるのです。 Sponsored Link まず、車に揺れていた千尋は自分の 髪留めが変わっていることに気がつきます。 それは「千と千尋の神隠し」の終盤、湯婆婆の双子の姉・銭婆からお守りとしてもらった髪留めでした。 しかし、元の世界に戻った千尋は不思議な街での記憶をなくしてしまったようで、 なぜその髪留めをしているのかわからない様子。 その後、お父さんの運転する車は引越し先の新しい家に到着。 お母さんが心配していた通り、引越し業者の人が先に着いて待っていました。 引越し業者と両親がやりとりしている間、千尋は新居の周りを散策しています。 すると、小さな橋のかかった 小川が目に入り眺めていると何かを思い出して終了。 (これは ハクのことですね) …以上が「千と千尋の神隠し」の幻のエンディングの内容になります。 時間にすると公式のラストに5分くらい加わった感じです。 その後が描かれた「幻のエンディング」が本当のラストならば、トンネルの向こう側で約束した通り再会を果たせたのでハッピーエンドと言ったところでしょうか。 まず「観た人」の証言をまとめていくと…どうやら劇場版のみ、しかも公開からわずか1週間のみ限定されたラストシーンだったとのこと。 その後、地上波で放送された時にはいわゆる皆が知るエンディングに戻っていて、放送後に「 私があの時観たラストと違う!」と声を挙げた人が続出したのです。 加えて 「千と千尋の神隠しのシーンをいくつか繋げると幻のエンディングの内容になる」 「映画館で幻のエンディングを観たのに、なかったことにされていて恐ろしい」 といった説もあり、真相は謎に包まれたままという点が不思議ですね。 まさに「幻のエンディング」という言葉がぴったり合う都市伝説。 このラストを観た人たちからすれば、まさに「 神隠し」にあった気分なのかもしれません。 cinemacafe. html と言うわけで、「千と千尋の神隠し」の その後を描いた幻のエンディングについて今回解説してきました! 筆者は「千と千尋の神隠し」のお馴染みのラストしか知らなかったものの、幻のエンディングのストーリーを知った後「あれ、私も観たことあるかも?」と思ってしまいました。 「千と千尋の神隠し」の幻のエンディングでも、最後は千尋が何かにハッと気がついて「 この川がハクなのでは?」という憶測を残すラストで幕を終えています。 いずれにせよ、作品のその後の考察に深い味わいを残すのがジブリ流。 皆さんが心に描く思い思いの結末、それこそが宮崎監督が望む「本当のエンディング」なのかもしれません。

次の

まさに都市伝説!千と千尋の神隠しにある別のラストシーン説を本気で考察した。

千と千尋の神隠し幻のエンディング

html 「千と千尋の神隠し」の油屋には多くの従業員が登場します。 その中でもお客様をもてなす女性たちは「 湯女(ゆな)」と呼ばれていますが… 湯女たちの正体は、なんと ナメクジでした。 確かに湯女たちの顔つきは少しのっぺりとして、なんだか柔らかそうな身体つきをしています。 そして男性たちの正体は カエル。 ちなみに、これらは日本の民族学的には神聖な生き物とされているのです。 彼らの正体は動物でありながら人間の姿をして働いています。 「千と千尋の神隠し」では正体であるカエルの姿のままの従業員もいますので、人間に化けて正体を隠しているというよりは人間の姿の方が働きやすいのかもしれませんね。 千尋の正体が人間であることは湯女たちにも知られていました。 人間特有の匂いがあるそうで、千尋は正体を隠し通すことができないまま湯女の見習いとして働き始めました。 それは「千と千尋の神隠し」でお馴染みの油屋のモデルが「 風俗」であるという都市伝説。 確かに湯女たちを見ると正体のナメクジのような妙にヌメヌメとした艶やかな雰囲気で、華やかな油屋の外観・内装にも合っている気がします。 それに、お客の神様たちも詳しい正体は不明ですが、 男性っぽい人が多いような… 都市伝説を裏付ける根拠は2つ。 まず1つ目として、湯女は「千と千尋の神隠し」の世界だけでなく現実世界にも存在していたこと。 Sponsored Link 湯女とは 江戸時代の銭湯で働いていた女性を指します。 当初、湯女の仕事はお客様の身体を綺麗にすることだけでしたが、次第に 大人の営みにまで発展するようになってしまい禁止令が出るほどになったとか。 これだけ見ても都市伝説の通り「千と千尋の神隠し」の油屋は風俗がモチーフになっていることは有力と言えそうです。 もう1つ、この都市伝説が確信となった根拠は他の誰でもなく、宮崎駿監督のインタビューがきっかけだそう。 「千と千尋の神隠し」について宮崎駿監督のインタビューで、 日本はすべて風俗みたいな社会になっている。 いまの世界として描くには何がふさわしいかといえば、それは風俗営業だと思う。 引用元: と答えています。 都市伝説の通り、 風俗という単語がバッチリ出てきていますね。 また、千尋も湯婆婆によって名前を「千」とされたように、湯女たちもそれぞれ 本名とは違う名前を持っているようです。 別の名前で働くということを考えると、現代の水商売でもある 源氏名と同じ意味なのかもしれません。 そう考えると千尋は10歳という年齢では考えられない場所に迷い込んでしまったわけです。 「千と千尋の神隠し」はどこにでもいる普通の女の子が主人公の物語。 彼女は文句やワガママを言ったり挨拶もろくにできませんでした。 現代のいわゆる「 夜のお店」をイメージしてみましょう。 そこで働く女性たちは皆コミュニケーション能力に長けていて お客様を楽しませるプロとして働いています。 もちろん初めて働く女性が最初からできるかと言えばそんなことはなく、他の従業員の様子から学んだりお客様から教えてもらいながら学んでいくと思います。 「千と千尋の神隠し」でも迷い込んだとはいえ、千尋は油屋に飛び込んだことで成長を遂げていきました。 正体が人間だということで対等に扱ってもらえない中、先輩のリンから礼儀や仕事の基礎を学びました。 また、最初に出会ったのは厄介者の オクサレ様という正体不明の客。 対応に苦戦しながらもなんとか満足してもらい、しかもその正体は名のある 川の神様だったことから皆に認めてもらえました。 そして「千と千尋の神隠し」のクライマックス、カオナシとの対峙でも自分の意志をはっきり伝えることができるようになりました。 油屋は千尋にとって過酷すぎる環境だったと思いますが、都市伝説にある通り、あえて風俗のような場所で働くことによって人間として成長を遂げることができたのでしょう。 uncyclopedia. 数ある「千と千尋の神隠し」の都市伝説の中でも驚きの内容でしたが、千尋の成長を見ると納得の設定でしたね。 都市伝説を思い出しながら、ぜひ油屋の外観や内装にも目を配ってみてはいかがでしょうか。

次の