ニューヨーク 人口 2019。 ニューヨーク

アメリカ都市の人口ランキングTOP20!日本都市と比較しながら│アメリカ info

ニューヨーク 人口 2019

地理と交通 ニューヨーク郡は、ニューヨーク州南東部のハドソン川(Hudson River)、イースト川(East River)、ハーレム川(Harlem River)に囲まれたマンハッタン島(Manhattan Island)とその周辺の小島、およびハーレム川を超えて本土側にあるマーブル・ヒル(Marble Hill)が含まれる()。 ニューヨーク州の州都ニューヨーク市には5つの行政区間があり、そのひとつ「マンハッタン区(Manhattan Borough)」がニューヨーク郡と同じ区域になっている。 なお、米国の地方行政区分は州の下に郡、郡の下に基礎自治体とすることが一般的で、ニューヨーク州も概ねこの区分に沿っているが、ニューヨーク市は例外的で、郡に相当する行政区が、ニューヨーク市の下位に位置づけられている。 最寄りの国際空港には、ニューヨーク州ロングアイランドにあるジョン・F・ケネディ国際空港()およびラガーディア空港()と、ニュージャージー州のニューアーク・リバティ国際空港()がある。 マンハッタンは公共交通機関が便利であり、生活に欠かせないものになっている。 全米で自動車を所有していない世帯の割合は1割に満たないが、マンハッタンに住む世帯では約8割が自動車を1台も所有していないほど(米センサス、2011-2015 American Community Survey)。 マンハッタンの公共交通としては、メトロポリタン交通局()が運行する地下鉄やバス路線がニューヨーク市内に張り巡らされている。 その他、近隣の郡や州からの通勤鉄道として、ロングアイランド鉄道()、メトロノース鉄道()、ニュージャージー・トランジット()、パストレイン()がある。 統計(人口、産業) ニューヨーク郡の人口は1,664,727人(2017年、米センサス)で、人口に占める白人の比率は64. 6%)。 一方、アジア系は13. 8%)。 25歳以上にしめる最終学歴が学士卒業以上の割合は60. 9%を30ポイント近く上回っている。 平均所得は79,781ドル(2013-2017年)で、全米平均の57,652ドルの約1. 4倍と比較的所得の高い地域となっている。 産業別では、専門的・科学的・技術的サービス業、金融及び保険業、情報産業における雇用数の全産業合計に占める割合が、全米平均と比べかなり高い()。 ニューヨークIT産業のイノベーションエコシステム ニューヨーク市は金融だけでなく、米国を代表するハイテク・クラスターとしてのプレゼンスも非常に高い。 全米商工会議所(US Chamber of Commerce)らによる新興企業ビジネス支援環境ランキング「イノベーション・ザット・マターズ()」の2017年版で全米トップ10に入っている。 マンハッタンから周辺地域に広がるIT産業クラスターは、西海岸のシリコン・バレーに対抗してシリコン・アレー(Silicon Alley)と呼ばれることもある。 ニューヨーク市はIT大手の活動拠点としても成長しており、New York Timesによると、Googleが約7,000人(半分以上はエンジニアやテクノロジー関連スタッフ)、Amazon. comとFacebookは2,000人以上を雇用しているほか、IBMでは、ワトソンの人工知能(artificial intelligence:AI)・クラウドコンピューティング部門の本社をニューヨークに置いているという(2018年11月14日付)。 これらの他にも、Microsoft、Apple、Twitter、VerizonといったIT大手もオフィスを構えている。 また、Warby Parker、Blue Apron、OscarHealthといったニューヨーク市出身のローカルIT企業も台頭しており、これらの企業の時価総額は10億ドル以上にのぼるという。 一方で、ニューヨークは銀行、小売業、広告、コンサルティングサービスといったサービス産業が盛んであるが、これらのセクターでもIT関連雇用を増加させる傾向が強まっている。 例えば、Goldman Sachsではデータアナリスト、アプリケーションデベロッパ、デジタルセキュリティ・ブロックチェーン専門家といったテクノロジー関連従業員約2,000人をニューヨークに配置している。 また、ニューヨークに拠点を構えるJPMorgan Chaseでは2018年5月、カーネギーメロン大学()の機械学習部門のトップであるヌエラ・ヴェローゾ(Manuela Veloso)教授をAI研究チームのリーダーとして迎えいれた。 さらに、ニューヨーク市政府では、ニューヨーク市IT通信局()を通じて、同市におけるITサービス・インフラを強化する取り組みを進めている。 DoITTのイニシアチブには、無料Wi-FiネットワークのリンクNYC()や、ニューヨーク市政府関連データの公共ポータルであるNYCオープンデータポータル()などがある。 ライフサイエンス・ハブ ライフサイエンス分野でも注目の地域となっている。 ニューヨーク市は全米で最大のバイオサイエンス関連労働力を有しているほか、国立衛生研究所(National Institute of Health:NIH)からの研究助成金受給額は、全米で2番目に多い年間約18億ドルとされる。 また、コロンビア大学()、ワイルコーネル医科大学()、ニューヨーク大学()、ロックフェラー大学()をはじめとする9つの大型大学病院の拠点であり、世界で最も学術機関が集中している都市とされている。 ライフサイエンス関連のイニシアチブとしては、総額5億ドルを10種類のライフサイエンス関連の人材育成や税優遇措置プロジェクトに投入するライフサイNYC()や、ライフサイエンス関連技術・製品の研究・開発にマッチングファンドを提供するニューヨーク市早期ライフサイエンス資金投資イニシアチブ()などがある。 LifeSci NYCには、ボストンやサンフランシスコに匹敵するような世界最高水準のライフサイエンスハブの創出に1億ドルを捻出する計画などが含まれており、ニューヨーク市経済開発公社()は2018年1月に同計画に関する提案依頼書(request for proposal:RFP)を発行している。 ニューヨーク市周辺のライフサイエンス系インキュベーション施設やラボスペースとしては、、、などがあり、隣接する行政区に位置するものも多い。

次の

2019年アメリカ 米国の総人口はいくつですか?

ニューヨーク 人口 2019

2019年01月29日 総務局 「東京都の人口(推計)」の概要(平成31年1月1日現在) この推計人口は、5年ごとに行われる国勢調査の間の時点における各月の人口を把握するため、平成27年10月1日現在の国勢調査人口(確報値)を基準とし、これに毎月の住民基本台帳人口の増減数を加えて推計したものです。 人口総数 13,857,443人 対前月比 2,321人(減) 対前年同月比 103,384人(増) 男 6,817,902人 女 7,039,541人 世帯総数 7,020,186世帯(参考) 平成30年中における人口の動き等について、トピックを下記に掲載しました。 1 人口の動き 平成31年1月1日現在の東京都の人口は、推計で13,857,443人となった。 地域別にみると、区部が9,569,121人、市部が4,205,936人、郡部が57,033人、島部が25,353人となっている。 前月と比べると、総数では2,321人(-0. 02%)減少している。 その内訳を地域別にみると、区部は2,090人(-0. 02%)の減少、市部は136人(-0. 00%)の減少、郡部は45人(-0. 08%)の減少、島部は50人(-0. 20%)の減少となっている。 図1 総人口(推計)の月別推移(平成29年~31年) 図2 対前月増減数の月別推移(平成29年~31年) 2 区市町村の人口 (1) 人口の多い区• 世田谷区 930,520• 練馬区 735,650• 大田区 734,616• 江戸川区 693,749• 足立区 680,579 (2) 人口の多い市町村• 八王子市 577,192• 町田市 434,034• 府中市 263,186• 調布市 237,939• 西東京市 203,960 (3) 人口増加の多い区市町村(対前月比)• 西東京市 375• 調布市 263• 品川区 229• 世田谷区 189• 千代田区 181 (4) 人口増加の多い区市町村(対前年同月比)• 世田谷区 8,800• 品川区 7,078• 大田区 6,193• 中央区 5,679• 江東区 5,282 詳細は、をご覧ください。 問い合わせ先 総務局統計部人口統計課 電話 03-5388-2531 〔トピック〕 平成30年中の人口の動きと総人口の推移 毎月公表している「東京都の人口(推計)」に基づき、平成30年中における東京都の人口の動きについて、1月中から12月中までを集計し、総人口の推移とあわせ主な特徴をまとめました。 主な特徴• 平成30年の1年間(平成30年中)で103,384人増加しており、平成9年以降、23年連続で人口が増加している。 社会増減(他県との移動増減)は77,908人増加している(うち日本人は81,323人増加、外国人は3,415人減少)。 自然増減は9,594人減少している(うち日本人は11,940人減少、外国人は2,346人増加)。 地域別人口増減でみると、区部では世田谷区、市部では調布市、町村部では神津島村が最も多く増加している。 東京都の総人口(推計)の推移(昭和31年~平成31年)各年1月1日現在 平成30年中の地域別人口増減数(総数).

次の

世界都市圏別・人口密度ランキングBEST25(2018年度)

ニューヨーク 人口 2019

アメリカの人口統計データ(US Census 2010、2019年時点で最新版)から、州別のアメリカ在住日本人人口マップを作成しました。 ここでいう日本人とは、「アメリカで生まれ育ったけれど日本の市民権をもつ人」も含まれています。 日本人人口を州ごとに集計してマップにした結果がこちら。 カリフォルニアとハワイが圧倒的で、それぞれ42万人、31万人となっています。 カリフォルニア州は日本人の多いサンフランシスコ、サンノゼ、ロサンゼルスの複数の都市があるのでその分人口も多くなっています。 続いてシアトルのあるワシントン州、ニューヨーク、テキサスとなっています。 逆に日本人が少ないのはノースダコタ、サウスダコタ、ミシシッピ、バーモント、ワイオミング州など、アメリカの田舎の州になっています。 次点のカリフォルニアは比率が一気に下がって1. 人口マップと少し異なり、西海岸の方が日本人比率が高くなっています。 マップ作成に使ったデータは表にして記事の最後に貼り付けてあります。 日本人が多いアメリカの都市はどこ? 外務省が毎年集計している海外在留邦人数調査統計で、都市別の日本人人口が集計されています。 2017年のアメリカ上位5都市がこちら。 カリフォルニア州から3都市もランクインしています。 ロサンゼルス:68,744人 ニューヨーク:46,137人 サンフランシスコ:18,862人 ホノルル:16,306人 サンノゼ:14,761人 北米在住日本人の職業構成 アメリカにいる日本人がどういった職業についているのかを示したグラフがこちら。 参考: 日系人口の構造 アメリカの国勢調査(US Census)と外務省発表のデータで日本人人口に違いがありますが、これは「誰を日本人と定義するか」によります。 Censusに合わせて2010年のデータを比較すると、Censusの定義する「Japanese」は130万人(US Census 2010)、そのうち日本語をしゃべれる人は47万人()、そのうち在留届を出している日本人が39万人(海外在留邦人数調査統計 2010 外務省)となっています。 (在留届を出している人がCensusやACSでカウントされていない可能性もあります) 州別のアメリカ在住日本人データ 最後に、日本人人口の州別マップを作成した際に準備したデータを貼り付けておきます。 1 428,014 37,292,564 Hawaii 23. 0 312,292 1,360,571 Washington 1. 0 67,597 6,713,900 New York 0. 3 51,781 19,262,122 Texas 0. 1 37,715 25,242,409 Illinois 0. 2 28,623 12,859,500 Florida 0. 1 25,747 19,102,767 Oregon 0. 6 24,535 3,801,653 Colorado 0. 5 22,714 5,015,919 Nevada 0. 8 21,364 2,699,067 Virginia 0. 3 20,138 8,033,831 New Jersey 0. 2 19,710 8,835,144 Arizona 0. 3 19,611 6,414,083 Michigan 0. 2 17,412 9,986,448 Ohio 0. 1 16,995 11,347,238 Massachusetts 0. 2 15,358 6,570,183 Georgia 0. 1 14,247 9,618,342 North Carolina 0. 1 12,878 9,714,808 Maryland 0. 2 12,826 5,781,938 Utah 0. 5 12,782 2,776,714 Pennsylvania 0. 1 12,699 12,580,844 Indiana 0. 1 8,437 6,337,500 Minnesota 0. 2 7,995 5,258,128 Missouri 0. 1 7,084 5,884,333 Tennessee 0. 1 6,955 6,299,889 Connecticut 0. 2 6,203 3,570,182 Kentucky 0. 1 6,197 4,430,643 Wisconsin 0. 1 5,967 5,611,593 Idaho 0. 4 5,698 1,563,053 Oklahoma 0. 1 5,580 3,825,909 New Mexico 0. 2 4,889 2,022,800 South Carolina 0. 1 4,745 4,729,625 Alabama 0. 1 4,336 4,788,286 Kansas 0. 1 4,178 2,894,138 Alaska 0. 6 3,926 709,887 Louisiana 0. 1 3,117 4,438,684 Nebraska 0. 2 3,106 1,843,682 Iowa 0. 1 2,854 3,072,000 Arkansas 0. 1 2,384 2,996,200 Montana 0. 2 1,854 952,909 New Hampshire 0. 1 1,842 1,327,769 Rhode Island 0. 1 1,455 1,050,371 Delaware 0. 1 1,196 886,868 Maine 0. 1 1,181 1,309,500 West Virginia 0. 1 1,159 1,829,444 Wyoming 0. 2 982 560,750 Vermont 0. 1 842 615,471 Mississippi 0. 0 807 2,960,000 South Dakota 0. 1 696 785,846 North Dakota 0. 1 628 656,643.

次の