カワウソ 寿命。 カワウソ(ペット)は大変!臭いや寿命は?トイレやなつく飼い方紹介!

カワウソをペットとして飼うのはどう?実は値段が○○万円!

カワウソ 寿命

あなたはカワウソを見たことがありますか?実物で見たことはないとしても、名前は聞いたことあるとか、姿のイメージがつく方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。 どことなく可愛さみたいなものを感じますよね。 カワウソは、南半球の一部 オーストラリアなど を除く 世界の広範囲に生息しています。 一方で、日本に住んでいたニホンカワウソは 乱獲や 開発などが原因となり、2012年に絶滅が宣言されてしまいました。 ニホンカワウソを県獣としている愛媛県では絶滅危惧種のまま扱われているようです。 ちなみに ネコの仲間です。 ネコ目イタチ科カワウソ亜科、と分類されていきます。 このようなカワウソですが、ペットとして飼うことは可能なのでしょうか?一度飼ってみたい、と動物好きの方なら思うのではないでしょうか。 その一方で多くの人は無理だろうと予想すると思います。 実際になかなか難しいのが実情のようです。 まずなにより個人が容易に出せる値段ではなく、当たり前ですが手間も結構必要です。 今回はそのカワウソのペットとしての一面を見ていこうと思います。 ペットとして飼えるカワウソの種類 当たり前の話ですが、ニホンカワウソなんかが出回っているわけではありません。 カワウソにはいくつか種類がありますが、ペットとして飼うことが可能といわれるのは、 コツメカワウソというカワウソです。 この種類は東南アジアに生息していて、カワウソの中では小型な部類です。 名前の通りですが爪が短いため、扱いやすいです。 そのため 動物園や 水族館なんかでもよく飼育されており、さらにはペットとしても出回っています。 体長は60cm程度となります。 体重は4~10kg程度です。 カワウソの餌は何? カワウソは 肉食です。 自然界ではカエルや魚なんかを食べて生きています。 生き餌ばかり与えるの?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、 生魚や、フェレット用のフードなどの ドライフードでも十分餌になるようです。 そう考えると餌面では意外と苦労することはないかもしれません。 スペースはどのくらい必要? コツメカワウソは先程述べた通り60cmにもなります。 また、非常に活発な動物なので、窮屈な状態はなるべく避けてあげるほうがいいでしょう。 そのため最低でもイヌ用などのきちんとしたケージを用意してあげる必要があります。 さらにはカワウソがストレスを溜めないよう ケージから出して遊ばせてあげたり、また水浴びが好きなので 水浴びや、或いはプールに入れてやるといったことを一日一回ほど定期的にしてやらないといけません。 カワウソは懐く!? カワウソは懐きますか?といわれれば懐きます。 意外と懐きやすい動物のようです。 トイレなどを覚えさせたりするのも可能です。 懐いてくれるのはうれしい要素ですよね。 カワウソの値段はどのくらい? これがカワウソを飼う上で最大の障壁となるような部分かもしれません。 コツメカワウソの値段は 60万円以上です。 繁殖が容易でないことに加え、海外の動物で輸入規制がかかっているようです。 そのため 流通も少ないのでどうしても高くなるようです。 どこで売っているの?といってもおいている店は非常に少ないです。 インターネットなんかを探して、置いてそうなショップを探すなりするしかなさそうです。 カワウソの寿命 寿命はおよそ7年から10年ぐらいになります。

次の

カワウソの値段:60万~100万円!必要な費用&購入前に知るべきこと

カワウソ 寿命

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。 実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。 ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。 哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。 つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。 そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。 TravelBookママ部 TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。 幼児から中学生までのママ達で構成。 世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。 カワウソってどんな動物?生態を紹介! カワウソは、ネコ目イタチ科のカワウソ亜科に属する哺乳動物です。 一言に「カワウソ」と言っても種類は様々。 大きく分けて「ツメナシカワウソ属」「カワウソ属」「オオカワウソ属」「ラッコ属」の4属13種が、北極・南極を除く世界全域の大陸に生息しています。 日本で一般的に流通しているカワウソは「コツメカワウソ」が大部分。 そのほかに「ユーラシアカワウソ」「オオカワウソ」「二ホンカワウソ」の4種がメジャーです。 日本では絶滅し野生のカワウソの姿は見られないとされていましたが、2017年2月に琉球大学が対馬に設置したカメラの前に、カワウソが姿を現しました。 フェレットのように長くほっそりした体に水かきの付いた短い四肢が特徴です。 肉食で、魚やエビなどの魚介類を中心にネズミやウサギ、鳥やカエルなどを食べます。 かなりの大食漢で自分の身体の15~20%の量を1日に食べます。 川辺や海辺に生息し、夜行性で昼間は川岸や海岸の岩穴や土穴、茂みの陰で静かに過ごしています。 10頭前後の家族で集団生活をしていることから、ペットとして飼えば次第に人にもよく懐きます。 膝の上に甘えて乗ってきたり、ソファやラグの上で仰向けに寝転がったり、餌を小さな手でつかんで食べたりと、どんな姿もキュートで赤ちゃんのような存在になりますよ。 カワウソの寿命はどのくらい? カワウソは生後1年~1年半で性成熟します。 野生のカワウソの寿命は10年から12年ですが、飼育下にいるカワウソは12年から15年ほど生きます。 稀に20年ほど生きる個体もいます。 平均寿命を12年として、人間の年齢(平均寿命84歳)に換算するには、年数に7を掛ければOKです。 例えば5年生きているカワウソは人間に換算すると35歳ということになります。 より長くカワウソと暮らすためには、日ごろのケアを念入りに行いましょう。 特に食欲不振と寄生虫には注意が必要。 ペットフードも与えられますが、生きた餌を与える場合は寄生虫の対策が大切になります。 食欲不振はストレスが原因の場合もありますが、思わぬ病気の可能性もあるので動物病院を受診するのが一番です。 カワウソを診てもらえるかかりつけの動物病院を探しておくことはマストです。 カワウソをペットショップで買うときの値段は? カワウソは現在ワシントン条約で輸入が制限されているので、流通しているのは人工的に繁殖したカワウソがほとんどです。 野生では年に1・2度出産しますが飼育下での繁殖は難易度が高く、多くは流通していないのが現状です。 日本では珍しい動物を多く扱うペットショップや小動物専門の店で年に1・2頭が販売される程度です。 爆発的に流通量が増える見込みもなく、今後も値下がりすることはなさそうです。 その希少価値から販売価格も最低でも約60万円、平均すると約80万円で売られています。 近年のカワウソ人気で、赤ちゃんだと100万円近く価格が高騰している場合もあります。 カワウソを扱うペットショップを見付け、根気よく入荷を待ちましょう。 また2019年8月に「コツメカワウソ」と「ビロードカワウソ」について、ワシントン条約にて商業目的での国際取引が禁止され、11月に日本国内でも売買や譲渡には国への登録が必須となりました(所有者が変わらない場合は登録の必要はありません)。 違法なカワウソを手にしてしまわないよう気をつけましょう。 広告 カワウソの鳴き声は?動画で紹介 カワウソの種類は? 4属13種いるカワウソのうち、カナダカワウソを除く12種が国際自然保護連盟(IUCN)によって数の減少が確認されています。 特に5種は既に絶滅危惧種になっています。 日本で流通しているのは、大部分がコツメカワウソです。 以下では比較的メジャーなユーラシアカワウソ、オオカワウソ、二ホンカワウソの4種類のカワウソを紹介します。 コツメカワウソ 南アジア・東南アジアに生息するカワウソです。 河川の湿地帯に住んでいます。 日本でペットとして飼えるのは大部分がこの品種です。 爪がほとんど無いのが特徴で、けがをする心配がなく飼いやすいとされています。 前足の指先が非常に敏感で器用です。 体全体は暗い灰褐色ですが、お腹の側は白っぽい毛が生えています。 カワウソの中では小さい品種ですが、体長130cm、尻尾の長さ65cm、体重5. 5kgほどに成長します。 正確は人懐こくて甘えん坊、やんちゃで愛嬌たっぷりです。 せわしなく落ち着きがないほど動くのが大好きです。 毎日たっぷりフレンドリーに触れ合うことができますよ。 ユーラシアカワウソ ユーラシア大陸全域と北アフリカに生息する品種。 別名ヨーロッパカワウソとも呼ばれています。 世界的に見て最も数が多い種類です。 それでも近年は数を減らしていて、絶滅危惧種に指定されています。 カワウソには珍しく群れでは生活せず、単体で行動します。 あしの水かきがよく発達していて、大きなカギ爪を持っています。 太い尻尾を盛んに打ち付け、尻尾の付け根の臭腺から出るにおいをしきりに匂い付けします。 体長約50~70cm、体重約7kg~10kgが平均です。 日本の一部の動物園や水族館でそのかわいらしい姿を見られます。 オオカワウソ 南アメリカのベネズエラ、ブラジル、ウルグアイなどの河川に生息するカワウソです。 その名の通り体長2m、体重30kgにも成長する最も大きなカワウソで、昼行性です。 美しい毛並みが特徴で毛皮が高値で取引され、20頭ほどの大きな群れで行動するため狩猟が容易だったことから乱獲され、個体数が激減しました。 極めて大きな足で肉付きがよく、1日3~4kgもの川に住む様々な生物を食べるので「川のオオカミ」と称されます。 好物は何と猛魚・ピラニア。 獰猛なワニやカイマンまで食べることがあるというから驚きです。 「そっちじゃない」など意味のある22種類の鳴き声をもつことが近年確認されています。 ニホンカワウソ かつては北海道・本州・四国・九州・対馬など日本全国に広く生息していたカワウソの一種です。 ユーラシアカワウソの亜種です。 かつては川で泳ぐ姿が普通に見られたそうですが、乱獲により数が激減。 30年間姿を確認できないことから、2012年に絶滅種に指定されました。 2017年2月に琉球大学が長崎県の対馬に設置したカメラにカワウソが映っていたことは大きなニュースになりました。 二ホンカワウソが生き残っていた可能性が高いと言われています。 体長65~80cm、尻尾の長さ45~50cmで、体の60~70%におよぶ長い尻尾が特徴です。 体重は5~10kg。 カワウソの餌(エサ)は? 広告 肉食で、主に生魚や貝などを好むカワウソ。 餌を調達するのも大変そうですが、意外にも市販のフェレットフードまたはキャットフードを主食に与えればいいので用意がしやすいです。 それもいわゆる「カリカリ」と呼ばれる小さな固形のタイプでOKなので、ペットショップやホームセンターのペット用品売り場、コンビニなどでも簡単に手に入ります。 両手でつかんで夢中で食べる姿は何ともキュートですよ。 副食として、魚類や甲殻類、貝類を与えましょう。 量は1日に体重の15%を目安にしましょう。 好む食べ物やカリカリの種類、食べる量などは個体差があります。 様子をよく観察して好みを把握するとともに、ペットショップやかかりつけ医と相談しながらバランスよく与えるのがベストです。 カワウソの性格。 ペットとしてなつくの? カワウソは群れで生活していることもあり、社会性があって飼い主にも心を開きやすいペットだと言われています。 また、生まれた時は泳ぐことができず、母親から泳ぎを教えてもらって泳げるようになるカワウソ。 しつけもしやすく、トイレや食事のマナーなどもよく覚える賢さがあります。 ただし飼い始めてすぐにしつけをしようと焦るばかりに恐怖心とストレスを与えてしまうのはNGです。 まずは日常生活に必要な最低限のしつけだけにし、人間と共に生活するリズムを作ったうえで少しずつ学習させることがポイントです。 慣れさせるには、カワウソの好きな水場を利用しましょう。 お風呂や小さなプールなど水遊びできる場所を確保し、水遊びをさせながら一緒に手足を濡らすことで、自然にカワウソのテリトリーに入ることができます。 カワウソが慣れてきたら、毎日フレンドリーに遊んであげましょう。 カワウソはとにかく遊ぶのが大好き。 手先が器用なので、自然界でも小石を拾ってジャグリングのように投げて遊ぶ姿が目撃されています。 ペットショップの店員さんと相談しつつ、気に入ったおもちゃを用意すれば、遊びの幅も広がります。 カワウソは臭い?うるさい? カワウソの体臭は、結構強いとされています。 犬や猫と同じ獣臭があり、生魚や貝を食べた後の口臭は生臭いです。 尻尾の付け根に臭腺もあり、意図的に匂いを発することはないものの何かのタイミングで発した時はかなりの匂いを放つので注意が必要です。 糞は比較的いい匂いと言われていて「ジャスミンティーの香りに似ている」と言う専門家もいます。 体臭対策としては毎日洗ってあげることが1番です。 水遊びが好きなカワウソなので基本的に嫌がることはありません。 コツメカワウソは、「キューキュー」とかわいらしい声で何かを訴えかけてくることが多いです。 飼い続けることで何を訴えているのか分かるようになりますよ。 カワウソをペットとして飼うために必要なもの 犬や猫などのメジャーなペットと違い、飼育方法などの情報が少ないカワウソ。 迎え入れるにあたって、必要なグッズはしっかり事前に用意しておきましょう。 ケージ 好奇心旺盛で動きも活発なカワウソ。 たっぷり遊んだ後はケージに入れておく習慣をつけましょう。 常に放し飼いにしてしまうと、思わぬ怪我につながるほか、部屋も荒らされてしまうのでご用心。 ケージはカワウソ専用の物は販売されていませんが、一般的な犬用ケージの大きめサイズでOKです。 トイレ カワウソはしつければしっかりトイレの場所を覚えるので、トイレの場所を決めて置きましょう。 トイレは犬や猫用の物で構いません。 ペットシートは吸水性抜群なのでおすすめです。 おもちゃ 活発なカワウソと毎日遊んでやるために、おもちゃは大切なツールになります。 カワウソ用のおもちゃはありませんので、ペット用のおもちゃや赤ちゃん用のおもちゃから、動きのあるもの、丈夫なボールなどを色々与えて気に入るかどうか観察しましょう。 カワウソのまとめ 入手も難しく飼育もなかなか大変なカワウソ。 それでも一緒に暮らせば、そのかわいらしさに毎日癒され、かけがえのない存在になることでしょう。 賢いので色々なことを覚え、懐いてくれるので飼う側としてもやりがいもかんじるでしょう。 生活に潤いを与えてくれるパートナーとして、カワウソの飼育を検討してみてはいかがでしょうか。 日本 - ペット ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。 一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。 飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。 毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。 そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。 これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。 日本 - ペット 背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。 でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。 TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。 針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。 そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。 日本 - ペット ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。 かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。 ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。 また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。 もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。 そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。 日本 - ペット 昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。 ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。 北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。 とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。 そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。 日本 - ペット 小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。 小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。 飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。 なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。 ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。 モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。 愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。 日本 - ペット テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。 人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。 動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。 また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。 日本 - ペット つぶらな瞳とフサフサのしっぽが可愛らしいリス。 近年の小動物ペットランキングにも登場する人気ぶりです。 ただ犬や猫に比べポピュラーではないし、小動物の中でも馴染は薄く「飼うにはどうかな?」と興味はあってもなかなか飼うまでに至りませんね。 でも、リスは人間と共存できるので飼い方をしっかりマスターすればペットとして一緒に暮らすことができます。 なつけば肩に上ったり、手から餌を食べたり時にはパーカーのフードの中でお昼寝もしたりその愛くるしいい姿に心奪われるなんてことも日常に起こり得るんです。 リスをもっと身近に感じられるよう種類や生態・飼い方まで紹介していきます。

次の

カワウソの寿命は?赤ちゃんから飼育すればなつく?

カワウソ 寿命

スポンサーリンク ペットとしての魅力 出典: 頭がどちらかというと平べったく鼻が突き出ていて、耳が小さいのがコツメカワウソの特徴です。 指先が丸く愛らしい表情が魅力です。 毛色は全体的に暗い灰褐色ですが、おなか側に行くにつれて白っぽくなります。 コツメカワウソは人なつっこく、よく遊びますし、表情が豊かで愛らしい仕草が魅力的です。 また、群れで生活するためコミュニケーション能力が高く、頭が良い動物なので、トイレのしつけや芸を覚えさせることもできるかもしれませんね。 犬に匹敵するパートナーとしても期待できそうです。 夜行性ではないので、夜に騒がしいという悩みも無縁です。 1歳半で大人になります。 家族単位で生活する生き物なので複数飼いの方がオススメです。 販売価格 出典: コツメカワウソは世界的に数が減少してきており、絶滅危惧種に指定されいます。 ワシントン条約により輸入は不可能に近いので、日本では人工繁殖された個体だけが流通しています。 野生では一年に一回程度、一度に2頭ほど子どもを産みますが、飼育下での繁殖は難しいので希少性が高く、お値段は安くとも 60万円以上と考えた方が良いでしょう。 人気上昇中なこともあり、赤ちゃんを購入したいなら100万円以上する場合もあります。 ちなみにコツメカワウソに似ているフェレットの場合、毛色にもよりますが2万円から購入できます。 金銭的な余裕と、フェレットじゃなくて絶対にコツメカワウソが飼いたい!という意思がなければ飼育はあきらめた方が良いかもしれませんね…。 コツメカワウソの飼い方 出典:動物園写真クラブ愛媛 水浴び 水辺に棲む動物ですので、一日一回の水浴びが必要となります。 浅く水を張ったお風呂に入れて遊ばせてあげるとストレス発散にもなります。 ただ、水浴びをしないとストレスが溜まってしまうので、残り湯で構わないので毎日欠かさず遊ばせてあげましょう。 ぬるめのお湯に一緒に入ることも可能です。 ただしその場合は、のぼせないように後で水を浴びさせて体を冷やしてあげましょう。 スポンサーリンク お散歩 コツメカワウソはイヌと違って、首と頭の太さに差があまりありません。 お散歩をする場合は首輪ではなく、ハーネスタイプのものを使用すると良いです。 餌の与え方 出典: 野生では魚やザリガニ、貝、カエルなど、水中の動物を捕まえて食べます。 稀に森林の小動物を食べることもあります。 フェレットフードを中心に、• ドッグフード• キャットフード• 新鮮な魚介類• 貝類 などを組み合わせて与えましょう。 そして可能であれば、生きたドジョウやカエルなどを池に放し、狩りをさせた方が良いでしょう。 生餌の方が栄養がありますし、活発なコツメカワウソの欲求を満たすことができます。 また、前足で獲物を捕まえるという野生の姿を見ることもできます。 温度管理 コツメカワウソは東南アジアなどの日本より暖かい地域に生息する動物ですので、室温に気を付ける必要があります。 特に寒い地域にお住いの方は、冬の光熱費がかさむことを念頭に置いておきましょう。 ゲージ コツメカワウソは活発ですので、犬、猫用のしっかりした広めのゲージを用意しましょう。 好奇心旺盛ですので、放し飼いにしておくと、思わぬ怪我や部屋を荒らしてしまう可能性があります。 ストレスが溜まると食欲不振に陥りやすいですが、他の病気が原因であまり餌を食べないという事も考えられます。 カワウソはペットフード以外に魚介類が必要ですが、魚や貝に寄生虫がいる場合があります。 体調が変だと感じたらすぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。 体臭 テレビや写真を見る限りとっても可愛いコツメカワウソですが、実は 体臭が結構強いのです…。 これは盲点だったのではないでしょうか。 触れていて臭いがうつることもあります。 コツメカワウソは遊びが大好きですので、触れないわけにはいきません。 飼育する際は、事前に動物園やペットショップで臭いを確かめ、我慢できるかどうか充分考えてからにした方がよさそうですね。 病院を見つけておく カワウソを診られる獣医さんは、あまり多くありません。 もしもの事故や病気の際に、病院が見つからない!と慌てることになってはいけませんよね。 飼い始める前に、お近くにカワウソを診てもらえる動物病院があるかどうか調べておきましょう。

次の