腸 もみ 大阪。 美腸エステサロンLily

腸smile

腸 もみ 大阪

弊社では、約20年前より腸の働きの重要性に着目し、腸の研究及び施術をしてまいりました。 そのデータは約3万件に及びます。 弊社代表であり「腸もみ健康法」及び「腸セラピー」の生みの親である砂沢佚枝(いさざわやすえ)は、現在も腸セラピーの研究を続けております。 サロンでの症例と共に、刻々と変化する研究の世界、最新の情報を常に取り入れ、ここでしか学ぶことが出来ないカリキュラム及び実技構成になっております。 講座内容は、ご自分の知りたいレベルに応じた5つのコースとなっております。 ご検討の際は、詳しいコース内容などお気軽にお問合せください。 講座のご案内 2019年6月より2か月に1度の開催といたします。 内容:自分で自分のケアする簡単な方法をお教えいたします。 この測定結果で、お客様の腸もみが正しく行われているかを考えます。 時間:10:00~12:00 2時間 受講料:¥8. 000(消費税別) 【開催日】:2019年予定• 2019年06月02日(日)10:00~12:00• 2019年08月04日(日)10:00~12:00• 2019年10月06日(日)10:00~12:00• 2019年12月01日(日)10:00~12:00• 2019年12月01日(日)10:00~12:00• 参加料金:5,000円(税別) 指導者:セラピスト 内容:本講座は、家族に対して行う「おなかのリハビリ」方法を詳しくお教えいたします。 000 消費税別 【日程】• スケジュール調整いたします。 1名様から受講受け付けております。 また、この講座を受講されたい方は、プライマリー講座を受けずにアドバンス講座を受講することも可能です。 その際は試験(有料)を受けていただきます。 詳細は、 までご連絡ください。 内容:本講座は、プライマリー講座とアドバンス講座の2つのレベルに分かれております。 カリキュラムについては、お問合せください。 講座では症例発表及び講座終了後には症例のご提出が必要となります。 年間2回の実技フォロー及び研修会、SNSでの症例相談や相互情報交換、医師からのアドバイスのフォローが受けられます。 【日程】 プライマリー講座:• 第1回 2020年1月25日・26日(土曜日・日曜日)• 第2回 2020年3月21日・22日(土曜日・日曜日)• 第3回 2020年4月22日・23日(水曜日・木曜日)• 第4回 2020年5月30日・31日(土曜日・日曜日)• 第5回 2020年6月27日・28日(土曜日・日曜日)• 第6回 2020年9月9日・10日(水曜日・木曜日)• 第7回 2020年10月24日・25日(土曜日・日曜日)• 第8回 2020年11月22日・23日(土曜日・日曜日)• 第9回 2021年1月30日・31日(土曜日・日曜日) アドバンス講座:• 第1回 2020年2月22日・23日・24日(土曜日・日曜日・祝日)• 第2回 2020年9月20日・21日・22日(日曜日・祝日・祝日)• 第3回 2021年2月21日・22日・23日(土曜日・日曜日・祝日) 詳しいお問合せは、 までお気軽にご相談ください。 1 お申込みをもって、キャンセル料などの本受講規則に同意されたものとみなします。 受講契約が成立しキャンセル料及び受講規則が適用となります。 よって受講料全額をご請求させていただきます。 貴重品や一時的保管などご自分の判断でお願いいたします。 その際、お顔の撮影を拒否される方はその場でお申し出ください。 風邪や皮膚トラブル、お腹の状態によっては実技ができない場合がございます。 その際は必ず事務局までお申し出ください。 1 個人情報とは、個人に関する情報で個人を識別することを言います。 また許可なく個人情報を第三者に開示及び漏洩いたしません。

次の

腸もみ専門店”ここいろ”(大阪市福島区吉野2ー2ー)|エキテン

腸 もみ 大阪

腸もみセラピー 便通異常は、一般的に便秘、下痢および便秘と下痢を繰り返す交替性便通異常に分けられます。 便秘・・・腸の中での異常な停滞あるいは腸管内通過時間の異常に長い状態。 下痢・・・水便量が多くなりお通じが本来の固形状の形を失って、水様または粥状となった状態。 交替性便通異常・・・便秘と下痢が交互にたびたび反復するもの。 便秘の分類 正常な便秘は、1日1回。 1日2~3回、4~5日に1回の場合もあるが、それなりに規則性があり苦痛がなければ正常の排便異常と考えて良いと言われています。 医学的な定義は、「正常時の便通よりも回数が減少、かつ排便感覚が不規則になった状態。 便が硬く排便困難を伴う、また排便があっても残便感が残る状態。 」としています。 便秘には器質性便秘と機能性便秘があります。 器質性便秘 通過障害 大腸ガン、腸閉塞、腹膜癒着など 症候性 巨大結腸症、急性虫垂炎など 代謝性 甲状腺機能低下症など 神経障害 糖尿病、脳血管後遺症、脊髄疾患、パーキンソン病など 薬剤性 利尿作用のあるもの(降圧剤)、副交感神経抑制作用のあるもの(潰瘍治療薬)など 器質性便秘を改善するには、原因疾患の治療が大原則です。 機能性便秘 弛緩性 腸の蠕動運動の低下。 便は太く硬い。 高齢者や経産婦に多い。 原因は大腸の緊張低下、運動の鈍化により、腹筋の筋力が低下し排便時に十分な腹圧が得られない。 習慣性 直腸壁の排便反射低下。 太くて硬い分割便。 直腸性や単純性ともいう。 下剤連用者、痔疾患、便意抑制性習慣のある女性に多い。 度重なる排便刺激の無視。 下剤・浣腸の誤用・乱用。 痙攣性 腸の蠕動運動低下で、痙攣性収縮(狭窄)による通過障害。 コロコロした小さく硬いウサギの便に似ている。 若年者や神経質な人に多く、主に過敏性腸症候群に見られる。 原因は、副交感神経の過緊張など。 腸管(特にS状結腸)の過緊張で便の移送が妨げられる。 (過敏性腸症候群) 腸もみセラピーは、患者着の上から胃や腸をやさしくもみほぐします。 ベビーパウダーを使用する方法もありご希望に合わせて行います。 お腹がリラックスしてくると胃腸が本来のはたらきを戻します。 様々な不調の改善につながります。 効果 新陳代謝を盛んにし食欲を増進する。 胃腸などの蠕動運動を盛んにし、消化液の分泌を高め消化吸収作用を促進する。 飲食物を輸送し便の排泄を促進する。 腹部の血管・リンパ管の循環を促進し冷え・むくみが改善、腹圧を高める。 自分で出来る生活改善 便秘 1日1回、決まった時間にトイレに座ってリズムをつくる。 便意を抑制しない。 適度な運動(特に腹筋の強化) 食物繊維の豊富な食品、十分な水分の摂取(注、痙攣性には逆効果) 起床空腹時に一杯の冷水、または炭酸を飲む 下痢 過労・睡眠不足を防ぐ。 適度な運動。 過度な香辛料・刺激性の食品は避ける。 効果の実感には個人差があります。

次の

腸もみマッサージ・腸セラピー資格講座 サロンメニューが学べる1日講習

腸 もみ 大阪

腸べっぴんセラピー(腸もみマッサージ)とは、腸の状態を整えることを目的とした腸のマッサージです。 腸を外部からマッサージすることで、腸の蠕動運動を活性化させたり、腸の位置を整えます。 腸は人間の身体の中で消化や吸収、排便などの役割を担っている他、最大の免疫器官という重要な役割を持っています。 また、自律神経のバランスを整えるため上でも大切な器官です。 しかし、このように重要な器官でありながら、きちんとしたケアをされている方が少ないのが現状です。 不規則な生活、肉類過多の食生活、運動不足などが日々腸に負担をかけています。 大きな病気になる前に腸をケアしてみてはいかがでしょうか。 腸の状態を整えることで免疫力を上げ、健康的な身体作りを目指しましょう。 そして、腎経のツボを刺激し、流れを整えます。 腸もみは腸をマッサージする他、腸の位置を整えますので、マッサージの前に身体の中心を整えることから始めます。 また、体温が 1 度上がると免疫力は 6 倍アップすると言われています。 手のひらや指を使って腸全体を動かしていきます。 腸だけでなく、周辺の臓器のマッサージも行います。 便通を整えるため、便の滞りやすい部分を流します。 最後にお腹全体をマッサージして状態を整えます。

次の